ASUA Zen Padシリーズの評価辛口レビュー|使えるタブレットはどれ?

AndroidでもiPhoneみたいなタブレットが欲しいと思ったことはありませんか?
そんな人におすすめなのが、ASUSのZenPadです。

さまざまな種類が出ていて、それぞれ特徴を持っているので、自分に合ったタイプを選ぶことがポイントです。
そこで今回は、ZenPadの種類別の特徴や他機種との比較、辛口レビューについて紹介しましょう。

特徴やレビューを参考にしながら、自分に合ったタブレットを探してみてください。

1.ZenPadの種類は?

ZenPadにはいろいろな種類があります。どんな機種があるのでしょうか?

1-1.ZenPad C 7.0 Z170C

■スペックについて

OS Android 5.0.2 Lollipop
ディスプレイ 7インチ 1024×600
SoC Intel Atom x3-C3200
RAM 1GB
内蔵ストレージ 16GB
外部ストレージ microSDカード
カメラ アウトカメラ:200万画素 

インカメラ:30万画素

サイズ 高さ約189 × 幅約108 × 奥行き約8.4mm
質量 256g
バッテリー容量 3,450mAh

■特徴について

値段もお手頃で購入しやすいモデルです。
しかし、値段に比例して、高度な技術力はないので、電子書籍や動画閲覧などではない用途であれば、満足できるでしょう。

7インチの画面サイズなのですが、片手で持てるコンパクトサイズなので、持ち運びに適しています。
高度な技術を必要としない分、スマホ初心者でも手軽に使える為、初めての1台として購入しておくと便利です。

とりあえず使ってみたいのであれば、この1台はおすすめでしょう。

1-2.ZenPad 7.0 Z370KL

■スペックについて

OS Android 5.1.1 Lollipop
ディスプレイ 7インチ 1,280×800
SoC Qualcomm Snapdragon 210
RAM 2GB
内蔵ストレージ 16GB
外部ストレージ microSDカード
カメラ アウトカメラ:800万画素 

インカメラ:200万画素

サイズ 高さ約189 × 幅約110.9 × 奥行き約8.7mm
質量 268g
バッテリー容量 3,450mAh

■特徴について

この機種は、ZenPad C 7.0よりも性能が良いので、使い勝手が広がります。
又、モバイルネットワークを利用できる点も魅力の一つでしょう。

一般的にWi-Fiモデルは、Wi-Fi環境が無いとモバイルルーターを使ったり、テザリング機能でネット接続しますが、結構面倒なものです。
使いたい時にすぐに使えるのはちょっとした合間を利用したい人にとっては画期的な方法です。

ボディもコンパクトで薄いので持ち運びしやすい点でも女性受けしますし、割安価格なので、購入しやすい点でも人気があります。

1-3.ZenPad 8.0 Z380KNL/Z380M

■スペックについて

OS Android 5.0.2 Lollipop
ディスプレイ 8インチ 1,280×800
SoC Qualcomm Snapdragon 410
RAM 1GB
内蔵ストレージ 8GB
外部ストレージ microSDカード
カメラ アウトカメラ:500万画素 

インカメラ:200万画素

サイズ 高さ約209 × 幅約123 × 奥行き約8.5mm
質量 350g
バッテリー容量 4,000mAh

■特徴について

ZenPad 8.0は2種類あり、Z380M(Wi-Fiモデル)とZ380KNL(LTE対応モデル)となっています。
Z380Mが対応している周波数帯は、

LTE:Band1・ 3・8・9・18・19・26・41
W-CDMA(HSPA+):Band1・6・8・9
GSM/EDGE:850・900・1,800・1,900MHz

となっています。
普段よく使う場所によってどちらかを利用することになりますが、Wi-Fi環境があるところではZ380Mで、どこでも利用したいのであればZ380KNLを使うと良いと思います。

スペック自体はそう高くはないのですが、SNSなど軽い感じで使うのであれば問題ありません。

1-4.ZenPad S 8.0 Z580CA

■スペックについて

OS Android 5.0 Lollipop
ディスプレイ 7.9インチ 2,048×1536
SoC Intel Atom Z3560
RAM 4GB
内蔵ストレージ 32GB
外部ストレージ microSDカード
カメラ アウトカメラ:500万画素 

インカメラ:200万画素

サイズ 高さ約203.2 × 幅約134.5 × 奥行き約6.6mm
質量 298g
バッテリー容量 4,000mAh

■特徴について

この機種の画面サイズは、7.9インチで、大きすぎず小さすぎずの適したサイズが特徴です。
スペックも悪くないので、動画を観たりゲームをしたりすることもストレスを感じずに楽しめます。

ASUS VisualMasterが搭載されていることでより美しい映像で見ることができて、ブレを抑えるBlur-Free Motion機能で、激しい動きでもくっきり表現できます。
価格は若干高めですが、スペックの高さやディスプレイ性能を考えると、快適さを求める人にとってはおすすめでしょう。

1-5.ZenPad 3S 10 Z500M

■スペックについて

OS Android 6.0 Mrshmallow
ディスプレイ 9.7インチ 2,048×1,536
SoC MediaTek MT8176
RAM 4GB
内蔵ストレージ 32GB
外部ストレージ microSDカード
カメラ アウトカメラ:800万画素 

インカメラ:500万画素

サイズ 高さ約240.5 × 幅約163.7 × 奥行き約5.8~7.15mm
質量 430g
バッテリー容量 5,900mAh

■特徴について

ZenPadシリーズ中で高いスペックを持ち、唯一指紋認証ができるタブレットです。
機能性ばかりでなく、外観にも重要視しており、メタルボディでエッジ部分にはダイアモンドカットをあしらっているという美にもこだわっています。

ディスプレイ画面も9.7インチですから大画面で見やすく、VisualMasterテクノロジーによって映像もとてもキレイで満足度が高いのです。
音質も、イヤホンやヘッドホンを使うと、立体バーチャルサラウンドサウンドが楽しめるので、音の世界にぐっと惹き込まれてこのタブレットなしには生活できなくなってしまうかもしれません。

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!
携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


【知っている人だけが得する話】
最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

関連記事