今や誰もが持っているスマートフォン。iPhone派とAndroid派がいますよね。そのAndroid派の多くが愛用しているのが、SONYが出しているXperiaシリーズではないでしょうか?やはり、日本人だったら日本ブランドでという声も多いです。

最新Xperiaシリーズで、現在ドコモから好評発売中なのが、「Xperia XZ1・Xperia XZ1 Compact」です。

カメラ、テレビ、ゲームなど各ジャンルで第一線を走るSONYならではの技術も満載で、SONY好きにはたまらないスマホです。

 

『Xperia XZ1・Xperia XZ1 Compactが気になるけど、どんな進化をしたの?どんなスマホなの?』
という人向けに、「Xperia XZ1・Xperia XZ1 Cmpactのメリットとデメリットをレビュー」します。
また、このページではXperia XZ1・Xperia XZ1 Cmpactがどんな人におすすめなのかも紹介していますので参考にしてください。

実機レビューもあわせてご覧ください!

Xperia XZ1 Compactについて

Xperia XZ1 Compactを買えるのはドコモだけ!

現段階では、Xperia XZ1 Compactはドコモのみの販売になります。Xperia XZ1 Compactが欲しい方はドコモへ乗り換え(MNP)するのがおすすめです。

MNP含む機種変更は、ドコモショップを始め、家電量販店、ケータイショップなど各地でできますが、断然便利なのはドコモオンラインショップ。そう、公式のネットショッピングサイトです。

どうして、ドコモオンラインショップがお得なのでしょうか?

 

  • 24時間365日好きな時に購入が可能(料金プランの変更なども含む)
  • 余計なオプションサービスなどの勧めがなく、自分のペースで申し込みができる
  • 頭金がかからない
  • 事務手数料が(実店舗と比べて)格安
  • 待ち時間がない   など

色々あるのです。ドコモショップなどでは、特に土日は夕方などだと2~3時間待つのが普通ですが、それがないだけでも大きいですが、お金的にもオンラインショップのほうが安くなるなら、間違いなく料金面も時短としてもこちらがお得というわけです。

ただ、デメリットもゼロではありません。

  • 設定を自分で行う必要がある
  • スタッフに相談ができない
  • 本体が郵送もしくはドコモショップに受け取りに行くため、申し込んだ日には開通しない など

は言えます。分かったうえで、オンラインショップを利用するようにしましょう。

 

ドコモの売れ筋Android機種ランキング(2018年1月後期)

  1. 第1位 Xperia XZ1 SO-01K
  2. 第2位 AQUOS sense SH-01K
  3. 第3位 V20 PRO L-01J
  4. 第4位 Galaxy S8 SC-02J
  5. 第5位 Xperia XZ1 Compact SO-02K

 

海外では人気のGalaxyシリーズなどを押さえ、Xperia XZ1が1位、Xperia XZ1 Compactは5位と圧倒的な人気を誇っています。

 

Xperia XZ1のスペック

Xperia XZ1の基本スペック

【画面サイズ】5.2インチ

【OS】Android8.0

【カメラ】メイン(フロント)1920万画素、サブ(インカメラ)1320万画素

【バッテリー容量】2700mAh

【内蔵メモリ】RAM4GB、ROM64GB

【サイズ】約148(H)×73(W)×7.4(D)mm 厚さ約8.1mm

【カラーバリエーション】Black、Warm Silver、Moonlit Blue、Venus Pink(4色展開)

【その他機能】指紋認証、おサイフケータイ、ワンセグ/フルセグ

Xperia XZ1のサイズやカラーデザイン

IMG_1088 fullsizeoutput_7ea

表面はサラサラとした高級感のあるメタリックな質感ですね。
指紋はほぼつかないと思います。カラーはどれも落ち着いた印象。

特にヴィーナスピンクはカッパーに近い感じで、女性はもちろん男性が持っても違和感のない大人っぽいピンク。
ムーンリットブルーも彩度が低めの落ち着いたシルバーのようなブルーです。
いかにもな青を想像すると少しイメージが違うかもしれません。シルバーブルーのような感じ。

fullsizeoutput_7e6 fullsizeoutput_7e8 fullsizeoutput_7e9

側面はつなぎ目がなく、美しい滑らかさがあります。
右側面はボリュームボタンが上部に、中部には電源ボタン、下部にはカメラボタンが配置されています。
少しだけ気になるのが、電波のためのラインが多少目立ちます。

端末上部はヘッドフォンジャックがあり、下部にはUSBポートがあります。
左側面にはSIM差込口以外は何もありません。

fullsizeoutput_7e7

黒は本当に真っ黒です!

個人的にはヴィーナスピンクが気に入りました。
大人っぽさがとても素敵です。

何と言ってもデザインがブラッシュアップしていますね。
つなぎ目のなさはデザインにとってとても重要です。

Xperia XZ1 Compactのスペック

Xperia XZ1の Compactの基本スペック

【OS】Android8.0

【カメラ】メイン(フロント)1920万画素、サブ(インカメラ)800万画素

【バッテリー容量】2700mAh

【内蔵メモリ】RAM4GB、ROM32GB

【サイズ】約129(H)×65(W)×9.3(D)mm 厚さ約9.5mm

【重量】143g

【カラーバリエーション】Black、White Silver、Horizon blue、Twilight pink(4色展開)

【その他機能】指紋認証、おサイフケータイ、ワンセグ/フルセグ

Xperia XZ1 Compactのサイズやカラーデザイン

IMG_1098

こちらはドコモから発売される小型端末「Xperia XZ1 Compact」です。
個人的にはこのXperia XZ1 Compactに大きな期待と興味があります。
性能はほぼXperia XZ1と同じ!なのに小型!かなり需要がありそうです。

IMG_1105 IMG_1104

こちらも表面はサラサラしていてメタリックな素材を採用しています。指紋は一切つきません。
黒が少しだけつきますが、ほぼ気にならないところは素敵です。

色は4色展開です。
Xperia XZ1と同色ですが、色味が違うカラーがあります。
ここ、注意点です。

ムーンリットブルーはXperia XZ1 Compactの方がXperia XZ1に比べると明るい水色+シルバー、
ヴィーナスピンクはXperia XZ1 Compactの方がXperia XZ1に比べるとより濃いピンクになります。

全体的にXperia XZ1 Compactの方がポップな色味になってます。
その辺を含めて女性ユーザーは嬉しいところ。もちろん男性でも所有して違和感のない色味です。

シルバーが個人的には品があって大好きです。他の小物類と違和感なく溶け込みそう!

IMG_1103 IMG_1102 IMG_1101

右側面、上部、下部はXperia XZ1と同じ配置になっています。
右側面:上から順にボリュームボタン、電源ボタン、カメラボタン
上部:イヤホンジャック
下部:USBポート

左側面はSIMカードの差し込み口ですね。それ以外はありません。
継ぎ目もなく、電波をつかみやすくするラインなども一切ないすっきりしたフォルムです。

少し残念なところは厚みがそこそこあるところです。
ですが、ここまで小さいAndroidも少なくなっているので、Xperia XZ1 Compact新規ファンが増えそうです。

IMG_1098 IMG_1095

可愛いデザインでありながら最新機能である3Dクリエーターもしっかり搭載しています。
インカメラには超広角機能も搭載されているので、インスタユーザーには重宝されそうです。

 

Xperia XZ1、Xperia XZ1 Compactはなんと言ってもカメラ性能

sm_img_03-2

 

カメラ性能は前機種であるXperia XZsでも定評のあるソニー最大の強みの部分です。
今やインスタ映えも流行語になるなど、スマホのメインの使い方がカメラという人も多いので、カメラ機能に注目している人も多いですよね。
画質の美しさだけでなく、ピントをあわせるスピード(AF)や解像度は他のスマホを大きくリードしています。もはや一眼レフカメラ級、ミラーレスカメラ級といっても良いほどだと思います。

本格的なデジカメにも負けないXperiaシリーズのカメラですが、
Xperia XZ1・Xperia XZ1 Cmpactではカメラ機能がさらに向上しています。

sm_img_04

Xperia XZ1・Xperia XZ1 Compactメインカメラは約1920万画素
これはiPhone Ⅹの1200万画素、Galaxy Note8の1220万画素を大きく上回っています。

ところが、Xperia XZsも1920万画素でした。
画素数が変わっていないので、あれ?と思われた方も多いのではないでしょうか?

しかし、Xperia XZ1・Xperia XZ1 Compactのカメラの画質は前機種であるXperia XZsを上回っているのです。

では、他機種ではなく、前モデルと比べて、Xperia XZ1・Xperia XZ1 Cmpactの進化ポイントはどこでしょう?

①3D搭載

sm_img_02

ついに、Xperiaに3Dカメラが搭載されました。
ソニー独自の技術により、Xperiaで3D撮影が実現。人物や物などを360°の3D撮影が可能。

アバターを作ってARで遊んだり、3DアニメーションをSNSでシェアしたり、多彩に3Dを楽しめます。やはりフラットは見た目的にも、機能的にも優れているといえます。

3Dスキャン

ソニー独自開発のアプリ「3Dクリエーター」を使って、人物やお気に入りの人形、食べ物などを360度の3D撮影が可能。人の顔であれば1分ほどで3Dが撮影できます。

3Dプリント

3Dプリンターを使ってフィギュアも作れます。
DMM.make 3Dプリントサービスで、スキャンしたデータからオリジナルのフィギュアを作成できます(有料)。

この3Dカメラ機能はアップデートで今までの機種にも搭載されるとこと。
古い機種のユーザーにも嬉しいニュースです。

3D撮影はアプリを利用すれば今まででも出来ましたが、こちらはXperia内にてすべて完結するところがポイントです。

➁Xperia XZ1 Cmpactには超広角カメラが搭載

こちらはXperia XZ1 Cmpactだけの機能になりますが、超広角のカメラを搭載しています。
従来よりも広い画角での撮影が可能になりました。
角度は約80度から約120度になったため、大人数での撮影には効果を発揮しそうです。
もちろん従来の標準画角と超広角を選択できます。

③新開発のMotion Eye™カメラシステム

Motion Eye™カメラシステム

Xperia XZ1・Xperia XZ1 Cmpactはイメージセンサーにメモリを搭載することで、従来比約5倍の高速データ読み出しが可能になりました。人間の目では追えない被写体の一瞬の動きを高精度にとらえます。

これにより、「スーパースローモーション」や「先読み撮影」といった、これまでにないクリエイティブな撮影を実現しています。

「先読み撮影」も進化しています。人間の笑顔を感知して自動撮影する機能が追加、最大で4枚の写真を残せます。

オートフォーカスが連写モードに対応しています。これは連写しても常にピントがあう機能ですので、便利と言えるでしょう。

④スーパースローモーション

スーパースローモーションテレビや映画で見るような1秒960コマのスーパースロー映像で残せます。
通常映像(1秒30コマ)からスーパースローへの緩急が印象的な、大迫力の映像を撮影できます。

1秒間に960コマのスロー撮影はXperia XZ1・Xperia XZ1 Compactの特徴的な機能です。世界中どのスマホを探してもこれ以上のスロー撮影はできません。

スーパースローの操作方法

  1. 1. 録画ボタンを押して、録画を開始します。
  2. 2. 録画が開始されたら、スローにしたい瞬間に中央のボタンを押します。
  3. 3. 停止ボタンを押したら録画終了。

簡単にスパースローの撮影ができます。

⑤先読み撮影も進化

先読み撮影
カメラが被写体の動きを検知すると、センサーのメモリに自動で画像を一時保存。
シャッターを押すと、撮影時と一時保存していた画像から最大4枚の写真を記録できるので、シャッタータイミングが遅れてもベストショットを選んで残せます。

被写体の前後を自動認識する先読み撮影が進化、さらに、人間の笑顔を感知して自動撮影をします。
お家にいながら楽してXperia XZ1・Xperia XZ1 Cmpactを手にすることの出来る、お得で便利な公式オンラインショップを活用しましょう!

Xperia XZ1のその他の特徴

2年使っても劣化しにくいバッテリー

2年経っても快適に使える長生きバッテリーを搭載。
バッテリーを長持ちさせるSTAMINA®機能はより進化し、バッテリー切れの時間を予測して賢く通知してくれるようになりました。

平均2年で新しいスマホにサイクルする人が多いですから、使っている途中にスタミナ切れなんて話は無用でしょうね。

Qnovo社(米国・カリフォルニア州)と共同開発した充電の最適化技術を搭載。充電中の電流を調整することで負荷を軽減し、バッテリーの寿命を延ばします。

2年使っても劣化しにくいバッテリー

CPUがさらに高性能に

高速CPU/高速GPU

Xperia XZsと比較してCPUは約1.2倍、GPUは約1.25倍に処理速度が向上。アプリの起動や文字入力、ゲームなどのレスポンスが速く、動作も軽快です。よって最新スマホゲームなどが好きな人もストレスなくサクサク動きます。

内蔵メモリ

4GBの大容量内蔵メモリ(RAM)を搭載。複数のアプリを立ち上げた際でも、ストレスを感じることなく操作できます。

スマートクリーナー

スマートクリーナー

アプリの使用頻度に応じて、自動でストレージや内蔵メモリを最適化。内蔵メモリの容量を常に一定量確保することで、快適な操作環境を維持します。キャッシュを保持したいアプリを設定することも可能です。

sm_img_05

デザインとサイズ感がいいが人気

性能面でも申し分のないXperia XZ1はデザイン性もかなり凝っています。Xperia XZシリーズごとにデザインの特徴を紹介します。

Xperia XZ1はシームレスで美しいデザイン

sm_img_05-2

プレミアムなメタル素材に、マットな質感のサンドブラスト加工を施しました。
ディスプレイ面から側面、背面へのラインに継ぎ目がない、シームレスなデザインです。

背面から側面にかけてメタル素材を使用し、上品な高級感を演出。シームレスで美しい形状を実現し、手になじみやすいデザインに仕上げました。

こちらは、実機が手に入り次第、詳しくレビューしたいところです。
カラーはブラック、ウォームシルバー、ムーンリットブルー、ヴィーナスピンクの計4色です。

継ぎ目は以前よりずっと気になっていた部分ですから、この改善は嬉しい限りです。

Xperia XZ1 Compactはコンパクトながら高性能機種

Xperia XZ1 Compactはドコモからしか発売されない小型端末です。
びっくりすることに、カメラの画素数こそ劣りますが、その他CPUやメモリは上位機種と全く同じになっています。

小型なのに高性能!
それがXperia XZ1 Compactです。4.6インチは女性の手にすっぽり収まる操作しやすいサイズです。もともと大人気の機種ですから今回も確実に人気になることでしょう。

RAMは従来の2Gから4Gへと大幅アップ。RAMは従来の2GBから4GB>へ大幅性能がアップしています。インカメラの画素数は510万画素から約800万画素へ画質も向上です。

新カラー登場!最強性能を誇るXperia XZ Premium

まだまだ最強性能を独走するXperia XZ Premiumに新色が追加されました。カラー名はロッソです。

ロッソとはイタリア語で赤という意味。
赤はソニーファンに人気のカラーですから、Xperia XZ Premiumもまだまだ人気が続きそうです。

Xperia XZ Premiumは乗り換え(MNP)することで月額648円というかなり安い価格が設定されていますので、大きさが気にならなければ買いでしょう!
性能はXperia XZ/X Compact同等以上です。

Xperia XZシリーズを選ぶポイント
性能やデザインでは、どのXperia XZシリーズも使い勝手がよく美しいデザインを兼ね備えています。
ですから、Xperia XZシリーズでどれを購入するか迷われているならサイズで決めてしまうのもポイントでしょう。
最新Xperiaシリーズで、サイズの違う3タイプが発売されています。

  • 少し大型機種ならXperia XZ Premium
  • 一般的な中型機種ならXperia XZ1
  • 手に収まりやすい小型機種ならXperia XZ1 Compact

 

Xperia XZ1・Xperia XZ1 Cmpactの2つのデメリット

ここまで、Xperia XZ1・Xperia XZ1 Cmpactのメリットについて記述してきましたが、やはり気になる点がないわけではありません。

Xperia XZ1、Xperia XZ1 Cmpact、Xperia XZ Premiumどれを選ぶか、それが問題だ

Xperia XZ1、Xperia XZ1 CmpactではCPU、3Dカメラなど性能が大幅に進化しましたが、それ以外の点で大幅な進化をしたとは言い切れない側面もあります。

ディスプレイの解像度や、メインカメラ・フロントカメラの画素数などXperia XZ Premiumと同等のものとなっていますし、RAMも4Gから増えることはありませんでした。
XZ1 Cmpactは大幅に性能アップしています。

数年前のスマホは発展途上の状態でしたので、新機種が出るたびに大きく性能が上がっていましたが、近年では成熟期にあたるため、目を見張るような性能アップが行えないのが現状です。

ただし、スマホサイズがそれぞれ違うので自分の手で選ぶのがいいかもしれません。
デザインは好みが分かれるところですが、Xperia XZ1の継ぎ目のないシームレスデザイン、XZ1 Cmpactの可愛らしいコンパクトさが、それぞれで際立った特徴です。

カタログの性能だけを見て機種の良し悪しを決めるのではなく、デザイン性や人それぞれに合った使いやすさで比較してみるのがいいですね。

実はデザインは賛否両論なところがある

Xperia XZ1ではXperia XZsをブラッシュアップさせたデザインを採用しています。

もともとデザインに定評のある Xperiaシリーズですが、今回のデザインには賛否両論あります。背面のメタル素材は高級感こそあるのですが、どんどんとXperiaぽさを失っているようにも感じます。

というのも、端末背面にフロストガラスを一貫して採用してきたフラグシップモデルのXperia Zのイメージが強く、背面ガラスがXperiaシリーズの代名詞になっていた部分もあり、なかなか受け入れることが出来ないユーザーがいるのも頷けます。

ソニーの方はガラス素材はデザインこそ人気があれど、故障や破損が大変多いとのこと。毎日使うスマフォですからできるだけ耐久性の高いものを採用していくように思います。

iPhone 8でガラスを再び採用しました。Xperiaシリーズはこのメタルデザインをさらに追及していくのかもしれません。

mainvisual

 

Xperia XZ1・Xperia XZ1 Compact・Xperia XZsの機能や性能を比較

Xperia XZ1
XZ1 Compact
Xperia XZs
機種画像 sm_img_03-2  mv_01
OS Android 8.0 Android 8.0 Android 7.0
ディスプレイパネル 約5.2インチ トリルミナスディスプレイ® for mobile/LCD(Full HD) 約4.6インチ トリルミナスディスプレイ® for mobile/TFT(HD) 約5.2インチ液晶,解像度1080×1920ドット、FULL HD
プロセッサ MSM8998/2.45GHz×4コア+1.9GHz×4コア MSM8998/2.45GHz×4コア+1.9GHz×4コア Snapdragon 820 2.2GHz(デュアルコア)+1.6GHz(デュアルコア)クアッドコア
内蔵メモリー(RAM)  4GB  4GB  4GB
ストレージ  64GB  32GB  64GB
外部メモリ microSD/microSDHC/microSDXC(2GB/32GB/256GB) microSD/microSDHC/microSDXC(2GB/32GB/256GB) microSD/microSDHC/microSDXC(2GB/32GB/256GB))
メインカメラ Motion Eyeカメラシステム 有効画素数約1920万画素
裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS® for mobile
Motion Eyeカメラシステム 有効画素数約1920万画素
裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS® for mobile
有効画素数約1920万画素
裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS® for mobile
インカメラ 有効画素数約1320万画素
裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS® for mobile
有効画素数800万画素
裏面照射型CMOSイメージセンサー Exmor R® for mobile
有効画素数約1320万画素
裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS® for mobile
防水/防塵 防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)
防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)
防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)
ビデオ撮影 前面動画撮影:1080p
背面動画撮影:4K
前面動画撮影:1080p
背面動画撮影:4K
前面動画撮影:1080p
背面動画撮影:4K
その他 指紋認証、VoLTE、
おさいふケータイNFC
(FeliCa搭載)、フルセグ、ハイレゾ
指紋認証、VoLTE、
おさいふケータイNFC
(FeliCa搭載)、フルセグ、ハイレゾ
指紋認証、VoLTE、
おさいふケータイNFC
(FeliCa搭載)、フルセグ、ハイレゾ
サイズ
(幅×高さ×厚み)
約148mm×約73mm×約7.4mm(最厚部 約8.1mm) 約29(H)×65(W)×9.3(D)mm
(最厚部 約9.5mm)
約146mm×約72mm×約8.1mm
重さ 約156g 143g 161g
バッテリー容量 2700mAh 2700mAh 2900mAh
カラー ブラック
ウォームシルバー
ムーンリットブルー
ヴィーナスピンク
ブラック
ホワイトシルバー
ホライゾンブルー
トワイライトピンク

プラチナ
ウォームシルバー
アイスブルー
シトラス

Xperia XZ1はこんな人におすすめです

  • 高性能カメラと高性能なインカメラの付いたスマートフォンに買い換えたい人
  • シームレスデザインに興味がある人>
  • なるべく高性能なスマホが良い人
  • あまり大きすぎないスマホがいい人

Xperia XZ1 Compactはこんな人におすすめです

  • コンパクトなものが好みな人
  • 性能も妥協したくない人
  • シンプルで可愛いデザインが好きな人
  • 超広角カメラが気になる人

カメラ性能においては、他機種と比べても圧倒的な性能差を誇るXperia XZ1・Xperia XZ1 Compact。
カメラを多用するのであれば、Xperia XZ1・Xperia XZ1 Compactが買いであることは間違いなさそうです。
また、バッテリー持ちとともにバッテリー自体の寿命もながいため、買い替えのサイクルを2年以上で考えている人にはお勧めです。
悩みの種はXperia XZ1・Xperia XZ1 Compactのどちらかを選ぶかということでしょう。

カメラ性能はどちらも同じなので、見た目選んでもいいかもしれません。

価格と機種変更を最安にする4ステップ

ここからは、Xperia XZ1・Xperia XZ1 Cmpactに機種変更する最安の4ステップをご紹介します。
『なるべく早く、なるべくお得に、なるべく簡単に機種変更する方法を4つのステップ』で見ていきましょう。

ステップ1:Xperia XZ1、Xperia XZ1 Compactの機種価格を3キャリアで比較してみましょう

機種価格は、携帯各社の割引サービス(月々割など)なしでは大きな差はありません。具体的には各携帯キャリア会社によって下記の代金がかかります。

ドコモ au ソフトバンク
Xperia XZ1
          価格 MNP:26568円~、

新規・機種変更31104円~

MNP:45360円~、

新規・機種変更45360円~

MNP:16320円~、

新規・機種変更45120円~

Xperia XZ1 Compact × ×
       価格 MNP:26568円~、

新規・機種変更26568円~

 

同じXperia Xz1では、キャリアによって全く値段が違うのです。特にMNPだとかなり格安になる場合が多いですね。メールアドレスの変更など困らない人だったらやはり断然MNPでの機種変更がお得ですね。

上記の価格はあくまでも本体代です。プラスして、『月々の通信料の割引』『乗り換えキャッシュバック』『下取りサービス』など各キャリアごとに出しているので、トータルでチェックすると良いでしょう。

個人的には利便性に長けている『ドコモオンラインショップ』がオススメです。

乗り換え(MNP)についてはこちらも参考にしてください。

ちなみにコンパクトさが売りのXperia XZ1 Compactを選ぶ場合は、ドコモ一択になります。ドコモでしか販売していないからです。

機能や性能が上なため、Xperia XZ1より安めの価格設定になっています。機種変更でも下取りを利用すれば、実質無料で乗り換えることが可能です。

やはり、お得に乗り換えには『ドコモオンラインショップ』がオススメです。

知って得するワンポイント

機種変更ではなく、今使っている携帯会社以外に乗り換え(MNP)を検討するのも選択肢としておすすめです。

 

ステップ3:最大3万円お得な「MNP引き止めポイント」をもらおう

ドコモショップなど各携帯会社では絶対に教えてくれませんが、「MNP引き止めポイント」とよばれるものを手に入れれば、最大3万円お得に機種変更することができます。

「MNP引き止めポイント」とは、簡単にいうと以下の通りです。

他社にMNP(乗り換えること)するとソフトバンクのオペレーターに伝えることで、ソフトバンク以外への乗り換えを思いとどまってもらうために発行してくれる「機種変更に使える割引ポイント」のこと

もちろん、全ての場合で「MNP引き止めポイント」がもらえるわけではありませんが、以下の方法であれば高確率でもらえますので、ぜひ実践してみてください。

MNP引き止めポイントを発行してもらうための2ステップ

(1)まずは電話をかける

「MNP予約番号」を取得するという体裁で、いまお使いの携帯会社(ドコモ、au、ソフトバンク)に電話をします。

<ドコモの場合>
  • 携帯からの場合:151へ電話
  • 一般電話からの場合:0120-800-000へ電話

(受付時間:9:00~20:00)

<auの場合>
  • 一般電話/携帯電話共通: 0077-75470へ電話

(受付時間:9:00~20:00)

<ソフトバンクの場合>
  • 携帯電話からの場合: *5533へ電話
  • 一般電話からの場合: 0800-100-5533へ電話

(受付時間:9:00~20:00)

(2)「MNP予約番号」を取得したいという旨を伝える

電話に際に注意したいことは、あくまでも気持ちの上では、「私は、MNP(=他社に乗り換えること)したい」と信じ込まないといけません。

本当は機種変更がしたいのだろうという気持ちが伝わってしまうと、オペレーターの人も「MNP引き止めポイント」を発行してくれない可能性が高まってしまいます。

自信をもって「MNP予約番号の発行をお願いします」とだけしっかり伝えましょう。(※「MNP予約番号」とは、乗り換えに必要なIDのこと)

その時のポイントとしては、「他社への乗り換えであれば、2万円程度キャッシュバックが出るみたいなので迷っている」という雰囲気を伝えることです。「絶対に乗り換えをするぞ」という固い気持ちではなく、発行したら思いとどまってくれるかもという話し方が重要です。

<使えるフレーズ例>
  • MNP予約番号の発行をお願いします
  • au(ドコモ、ソフトバンク)の「Galaxy Note8」に乗り換えようと考えています
  • 乗り換えると3万円くらい安くなるとネットで見ました
注:
ここでもし「MNP引き止めポイント」がもらえず、「MNP予約番号」を発行される流れになっても、特に費用がかかるわけではないのでご安心下さい。

またXperia XZ1・Xperia XZ1 Cmpactの購入は必ず『おとくケータイ』を利用しましょう。
キャッシュバック最高額を保証していて不要なオプションへの強制加入なども無いため、もっとも賢くお得な方法です。

どうしても今のキャリアのまま機種変更するなら、必ず公式オンラインショップから申し込みましょう。
機種変更する際におすすめな3ステップも併せてご紹介しますので参考にしてください。

お家にいながら楽してXperia XZ1・Xperia XZ1 Cmpactを手にすることの出来る、お得で便利な公式オンラインショップを活用しましょう!

ステップ3:10倍簡単なオンラインショップで申し込もう

docomo Online Shop

「MNP引き止めポイント」を入手したら、次に各社のオンラインショップから申し込むのが一番おすすめです。

 

お家にいながら楽してXperia XZ1・Xperia XZ1 Cmpactを手にすることの出来る、お得で便利な公式オンラインショップを活用しましょう!

オンラインショップを使うべき5つの理由

au Online Shop

(1)店頭でのあの長い待ち時間がない

オンラインショップで機種変更すると、店頭での契約と違って待ち時間がありません。

店頭での機種変更は、1時間以上待たされることもざらにあります。

一方、オンラインショップでの手続きは、自分のペースでWebから入力フォームに入力するだけで、簡単に利用可能です。

(2)24時間いつでも申し込みすることができる

24時間申し込み可能なので、学校やお仕ことの忙しい方も、自宅に帰ってきてからゆっくりと申し込むことができます。

「せっかくの休日にわざわざ店頭に行かないといけない」ということもなくなるのでおすすめです。

(3)日本全国、どこでも送料無料で受け取ることが出来る

地方の方など、自宅の近くにドコモショップなどの店舗がなくても、全国送料無料で受け取ることができます。

(4)無駄なオプション加入の必要性がない

店頭で機種変更すると、本来必要でないオプションをつけられてしまう可能性があります。

例えば、ソフトバンクでは以下のようなことが実際に起こっています。

  • 「ホワイトプラン」のまま維持したいのに、強制的に「スマ放題」プランで契約させられる
  • 「着うた」などの有料コンテンツに強制的に加入させられる

参考:ソフトバンクショップ、iPhone6予約・契約時にスマ放題やオプション、不要な契約を強制。直営店でもやってます

もちろん、全ての店舗という訳ではないですが、そういった店舗もあるのでオンラインショップの方が安全です。

(5)その他

その他、下記のメリットがあります。

  • ドコモポイント(ドコモ)、auWallet(au)、Tポイント(ソフトバンク)が使える
  • 各社オンラインショップ限定のグッズがもらえる
  • 商品の品質、お客さま情報の管理方法、購入後のサポートも当然受けられる

オンラインショップの契約の流れ

793d1_1223_f61696c1_cfafd762-m

契約にあたっては印鑑などは特に必要なく、5分程度で簡単に契約することができます。

例えば、ソフトバンクの場合、「ソフトバンクオンラインショップ」にアクセスして、申し込みする機種を決めます。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

あとは、ナビゲーションに進んで、フォームを入力していけば5分ほどで機種変更が完了します。

先ほど取得した「MNP引き止めポイント」を、入力する欄も出てくるのでご安心下さい。

なお、機種の発送は、ドコモ、au、ソフトバンクどれも、申し込み完了から2~3日で届きます。

キャンペーンを把握しよう

ドコモなど各キャリアとも、ユーザー確保のために多くのキャンペーンを展開しています。なかには、エントリーが必要で、知らないと損をしてしまうものも結構あります。

今、ドコモで展開中のキャンペーンを紹介します。随時、新しいキャンペーンは始まりますので、機種変更(MNP)すると決めた時は、まずドコモの公式サイトからキャンペーン情報はチェックしましょう。

【主な展開中のドコモキャンペーン】

ドコモのご家族紹介キャンペーン(~2018年3月31日)

他社からドコモへ乗り換え、または新規契約する家族を紹介すると、1人の紹介につき、dポイント(期間・用途限定)10,000ポイントを進呈!

ドコモの学割(~2018年5月31日)

25歳以下の人には、1年間毎月の利用料金を1,500円割引、同じシェアグループの方全員には、dポイント3,000pt(期間・用途限定)をプレゼント!

シニアはじめてスマホ割(~2018年2月28日)

60歳以上の人で、ケータイからスマホに変えて、家族と一緒にドコモなら、月額800円からスマホが使える!

ネットトータルサポート割(~2018年2月20日)

「ドコモ光」のお申込みと合わせて「ドコモ光ルーター 01」を購入すると、「ネットトータルサポート」の月額使用料が最大8,880円割引!

まとめ:毎日使うものだから契約は慎重に

スマホは、多くの家電の中でも、ここまで毎日のように使うものはないのではないでしょうか?

それだけに、やはり適当には決められないですよね。

 

SONYの技術が凝縮しているXperia XZ1、Xperia XZ1 Compact。日本ではiPhone全盛ですが、人気だけに押されず自分向けのスマホなのかどうか見極めて、スマホライフを満喫したいですね。

 

Pocket