Xperia X performanceの評価・評判は?スペックや操作感を辛口レビュー

Pocket

ソニーから発売されているXperiaシリーズは、Androidの中でも特に人気が高く、発売から1年以上が経過するXperia X Performanceも今だに高い人気を集めています。

なぜかというと、他社への乗り換えすると端末価格が安く購入できることがあり、旧モデルを選択することにより更に割引になる場合があります。

また、格安SIMへの乗り換えも、旧モデルや中古スマホを安く一括購入することで月々の支払いを抑える方が増えています。

多くの方が、月々の料金を見直し、発売から年数が経過したスマホでも高い性能を持っていることもあり、改めて人気を集めることになっています。


最新のXperia XZ1 は、『Xperia XZ1/XZ1 Compactの評価・評判は?スペックや操作感を辛口レビュー』をご覧ください。

おすすめの検索キーワード
最新iPhoneや2018年夏モデルなどの最新機種購入をお得に手に入れる方法!

機種変更や他社乗り換えでこんな失敗をしていませんか?
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

公式オンラインショップなら損することなく、どこよりも賢くお得に機種変更や乗り換え(MNP)ができます。迷っているなら、予約だけでも。オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。

→ ソフトバンクはこちら
→ ドコモはこちら
→ auはこちら

1. Xperia X Performanceってどんなスマホ?

Xperia X Performanceは、2016年6月にドコモ、au、ソフトバンクから発売されました。

当時、端末価格が9万円以上とiPhoneと変わらないほどの高価格帯スマホでしたが、今ではかなり安くお得に購入できます。しかし、ドコモ、auでは販売を終了しており、ソフトバンクか新中古を扱うショップでしか購入できません。

Xperia X Performanceの端末価格

Xperia X Performance ドコモ au ソフトバンク
端末価格 販売終了 販売終了 63,600円
割引額 -52,800円
実質負担金 10,800円

性能面もかなり高く、発売から1年以上経っているにもかかわらずカメラ性能や解像度は、最新のXperiaと比較してもさほど気にはならないでしょう。

Xperia X Performanceの性能早見表

Xperia X Performance Performance
機種画像
OS Android6.0
ディスプレイパネル 約5.0インチ液晶,解像度1080×1920ドット、FULL HD
プロセッサ Snapdragon 820、2.2GHz+1.6GHz(クアッドコア)
内蔵メモリー(RAM) 3GB
ストレージ 32GB
外部メモリ microSD / microSDHC / microSDXC(2GB,32GB,200GB)
メインカメラ 2300万画素、1/2.3型 Exmor RS、0.03秒AF、電子式手ぶれ補正、Clear Image Zoom
インカメラ 約1320万画素 / Exmor RS for mobile
防水 / 防塵 IPX5/8 / IP6X / お風呂防水
ビデオ撮影 前面動画撮影:1080p / 背面動画撮影:4K
その他 指紋認証 / VoLTE / おさいふケータイNFC(FeliCa搭載) / ハイレゾ
サイズ(幅×高さ×厚み) 71×144×8.6mm
重さ 160g
バッテリー容量 2570mAh
カラー ホワイト / グラファイトブラック / ライムゴールド / ローズゴールド

2. Xperia X Performanceの評価は?4つのメリット


Xperia X Performanceは前モデルであるXperia Z5に比較してどれだけ進化したのか、そして現行モデルであるXperia XZ1と比較するとどうなのかを比較して行きます。

2−1. カメラ性能の向上をみていきましょう

Xperiaシリーズはソニーのデジタルカメラの技術をカスタマイズし移植しているため、スマホとしては飛び抜けた性能を誇っています。

この進化は「対デジカメ」ではなく、「対ミラーレス」「対一眼レフ」といってもいいほどです。

具体的にどのような面で性能が向上しているのかを次の項目で掘り下げて行きます。

デジカメ顔負けの画素数をフロントカメラにも

Xperia X Performanceのメインカメラは約2,300万画素となっており、iPhoneシリーズの最新モデルであるiPhone Xの1,200万画素と比較してもはるかに高い数値になっています。

画素数の高さが必ずしも画質に反映される訳ではないと言われる場合もありますが、大きく引き伸ばして利用する場合などはこの画素数が高いほど有利となります。

Xperia X Performanceには前述の通り「α」や「サイバーショット」で培われた技術が投入されているため、画素数だけではなくイメージセンサーの質や、各種処理能力の面でもデジタルカメラを凌ぐほどです。

そして、フロントカメラも前モデルであるXperia Z5の510万画素に対して1320万画素と大幅に改善されています。ちなみにフロントカメラの画素数については現モデルのXperia XZ1も変わらず1320万画素のままです。

これだけの画質があれば、フロントカメラでのセルフィーも、一般的なスマホのメインカメラあるいはちょっとしたデジカメ並みの画質で撮影することができます。

動画の手振れ機能がすごい

インテリジェントアクティブモードでは走りながら撮ってもブレないという利点があります。サイバーショットやハンディカムの動画手ブレ補正技術を応用。

手持ちで走りながら被写体を追いかけても、なめらかで自然な動画を記録できます。
細かい振動によるブレを低減できるので、自転車などに取り付けて撮影する場合でも、非常に安定した動画を記録できます。

一瞬のシャッターチャンスを逃さないAFの素晴らしさ

もともとAF(オートフォーカス)には定評がありましたが、
Xperia X PerformanceはXperia史上最速の約0.6秒起動・撮影を可能にしました。
カメラキーの長押し起動からオートフォーカス、撮影までが最速約0.6秒ですので、驚異的なスピードといえるでしょう。

オートフォーカスのみでは0.03秒です。

また、先読みオートフォーカスではソニーのデジタル一眼カメラαの技術を応用し、追尾フォーカス機能が進化しています。

タッチした被写体の動作を予測してフォーカスを合わせ続けるので、じっとしていられない子どもや動物もクリアに撮れます。

スマホのカメラは動くものに対しては弱い傾向にありますが、Xperia X Performanceではその点が強化されています。

そして、現行モデルXperia XZ1のオートフォーカス機能を見てみると、カメラボタンの長押しからオートフォーカス、撮影までが0.6秒となっておりXperia X Performanceと変わらない性能となっています。

2−2. バッテリーが進化

Xperia X Performanceではスマホ初のバッテリー技術を搭載しています。
novo社と共同開発した充電の最適化技術を世界ではじめて採用し、バッテリーの長寿命化を実現しました。

この技術は単にバッテリーを長持ちさせるだけでなく、長期間の使用でもバッテリーの劣化を少なくさせる技術です。

具体的には、2年使ってもバッテリーが劣化しにくくなっています

なぜバッテリーが長持ちするのかというと、充電をする際に、「電池の状況を見ながら充電する」技術を搭載しているからです。

バッテリー性能の保持能力試験を従来機種であるXperia Z2にて実施した結果、最大約2倍の長寿命化を実現したといわれています。

電池持ちはどのスマホも従来に比べて格段と上がってきましたが、
バッテリーの寿命に関してはまだ進化が必要な段階ですので、これは嬉しい進化といえるでしょう。

このバッテリー技術は現行モデルXperia XZ1にも引き継がれています。

2−3. CPUがさらに高性能に

CPUはスマホの操作感に大きく影響をあたえるパーツです。グラフィックを多用したゲームをプレイする場合などは、CPUの処理能力が遅いとプレイ中に動作がカクカクしてしまい快適にプレイできないということが起こります。

そして、ブラウザやメモ帳など複数のアプリを起動しながら調べ物をしたいという場合でも、CPUのパワーが不足していると動作が重たくなってしまうこともあります。

また、そのような凝った使い方はしないという方であっても、スマホの起動や各種アプリの起動時間にも大きく影響がでるため、快適にスマホを使いたい場合には、特に注目するべきパーツとなります。

Xperia Z5はMSM8994、Xperia X PerformanceはMSM8996、Xperia XZ1はMSM8998のCPUを搭載していますが、型番だけを見てもどれぐらいの違いがあるのかがよくわかりません。

そこで、AnTuTuベンチマークの結果を紹介します。

◇AnTuTuベンチマーク結果
Xperia Z5:63,000
Xperia X Performance:130,000
Xperia XZ1:170,000

数値が高いほど、処理能力が高いということになります。

スマホの利用目的がゲームで快適さを求めるなら最新機種を選択することになりますが、基本的にはメール、電話などの利用が主でたまにゲームをする程度であれば、Xperia X Performanceでも十分なスペックと言えるでしょう。

2−4. 洗練されたデザイン

端末背面にフロストガラスを一貫して採用してきたフラグシップモデルのXperia Zから一転して、背面をメタル素材に変更しました。

「人に寄り添う、洗練されたデザイン」というキャッチコピーに違わぬ美しいデザインです。

メタルの質感を際立たせるヘアライン加工とサンドブラスト加工を施しており、ラウンド形状を採用しています。

ホワイト、グラファイトブラックには繊細な輝きで高級感のあるヘアライン加工を、ライムゴールド、ローズゴールドにはやわらかい輝きで上質感のあるサンドブラスト加工を施しています。

ラウンド形状の利点として、液晶とサイドパネルの一体感、背面の丸みを帯びた形状がグリップ感を高めています。

また、Xperia X Performanceはバックパネルやフレーム、ディスプレイ面も同じカラーで仕上げており、更に一体感が増しています。

このデザインの変化は今まで何世代も続けてきた背面ガラスデザインからの脱却となります。

デザインの変化は新機種を購入する楽しみでもありますがから、大胆に素材を変えたXperia X Performanceは冒険した端末といえるでしょう。

そして、これらデザイン面は現行モデルであるXperia XZ1にも受け継がれており、良くも悪くもXperiaらしさを損なわない外観を維持しつづけているということになります。

デザインと使いさすさを追求し行き着いたところがこのデザインということも言えるのかもしれませんね。

3. Xperia X Performanceの2つのデメリット

ここまで、Xperia X Performanceのメリットについて記述してきましたが、やはり気になる点がないわけではありません。

3−1. スペックでの進化が大幅ではない

Xperia X Performanceは前モデルのXperia Z5に比較すると、CPUの処理能力、インカメラの画素数、バッテリーのソフト的な面で大きく進化をしました。しかし、大幅な進化をしたとは言い切れない側面も多く見られます。

例えば、ディスプレイの解像度、メインカメラの画素数、メインメモリなどです。バッテリー持ちに比例する訳ではないと言われていますが、バッテリーの容量も若干減っている状態です。

そのため、前モデルに比較して劇的に高性能なスマホを使っているという感動は薄いものとなるかもしれません。

しかし、これは裏返すとメリットと捉えることもできます

ここまでの項目の中で、現行モデルであるXperia XZ1との比較も行なっていますが、大きく違うところというとCPUの処理能力が向上しているところ以外では、Xperia X Performanceそれほど大きな進化が見られないということになります。

ということは、Xperia X Performanceのあたりで、スマホの性能面では多くの機能が頭打ち状態となっており、各項目ともに大きな進化の余地がなくなっているということになります。

カメラ性能やディスプレイのサイズが解像度の面でも、Xperia X Performancの性能があれば十分、大抵のことが無難にできてしまうということになります。

3−2. デザインは賛否両論

Xperia Z5を実際に手にしたことのある方は、光の角度により深みのある表情を見せるフロストガラスを採用された背面をみて感動を覚えたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

高級感あるガラス素材を採用したXperia Z5はデザイン面でも評価が高く、Xperiaイコールガラス筐体というイメージが定着したモデルでもあります。

それが、Xperia X Performancの大になってメタル筐体になったことで、これまでのXperiaのイメージが変わってしまったと感じている方も多く、メタル素材のXperia X Performanceのデザインや質感を嘆く声も多く聞かれました。

しかし、Xperia X Performanc以降はメタル筐体が受け継がれており、現行モデルのXperia XZ1もメタル筐体を採用しています。相変わらずの人気を誇っていることからこのメタル筐体も多くのユーザーに受け入れられたということが言えます。

Xperia X Performancの現行モデルXperia XZ1はドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアで発売されています。

次のページでは、Xperia X PerformancとXperia XZ1の性能と価格を比較します。

Pocket

>>続きます(次ページボタンは下にあります)
【得する話】iPhone 8・iPhone Xの購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

iPhone 8・iPhone Xを予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 iPhone 8・iPhone Xなど最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ドコモはこちら
→ソフトバンクはこちら
→auはこちら

→おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ケータイ乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
1 2 3

関連記事