ドコモ、au、ソフトバンクなどの三大キャリアの1/2〜1/3程度の料金で利用できるとあり格安SIM/格安スマホを取り扱を利用するスマホユーザーが年々、上昇しています。

それに伴い、MVNO業者の数も増えています。中には諸事情により撤退、もしくは他社の傘下に入るMVNOもあり、その数に変動はありますがMVNO登場当初よりはユーザーも業者の数も着々と増えています。

そんな躍進目覚ましいMVNOの中で今回は、MVNOの中でも人気のあるUQ mobileについてレビューしていきます。

MVNOとは?安さの秘密は?

YUKA863_TEL15184846_TP_V

その前に なぜ格安SIM/格安スマホを扱う業者をMVNOと言うのか?なぜMVNOは安いのか?気になる方もいると察しますので簡単に解説いたします。

すでにご存知の方は飛ばして頂いても結構ですし、おさらいの意味でご一読頂いてもかまいません。

MVNOとはMobileVertialNetworkOperator(仮想移動体通信事業者)の略です。無線通信回線設備を開設・運用せずに、自社ブランドでスマホなどの移動体通信サービスを行う事業者のことを言います。

総務省の定義では、「MNOの提供する移動通信サービスを利用し又はMNOと接続して、移動通信サービスを提供する電気通信事業者であり当該移動通信サービスに係る無線局(基地局)を自ら開設しておらず、かつ、運用をしていない者」とされています。

つまり、MVNOは自社では通信サービスの提供に、いわゆる三大キャリアである移動体通信事業者(MNO)の回線を借り、そこに自社独自の価格やサービスを乗せて通信を提供しています。

「通信回回線をキャリアから借りてたら、その分、費用がかかってしまうんじゃない?」「あんまり安いと返って不安」という疑問・不安も湧きますね?MVNOの安さのカラクリについて解説致します。

自社で通信回線を持つ場合、基地局の整備等の年間数千億ほどの維持費がかかりますが、MVNOは通信回線を借りてサービス提供おしている為、回線の維持費がかかりません。

また、MVNOの多くは実店舗を設置せずにネット販売のみか、実店舗があっても、三大キャリアに比べると数は少ないです。こういった面でもコストを大幅に削り安く提供しているというわけです。

またMVNOは借りた通信回線を小分けにし、ユーザーの需要に応じたデータプラン設定を用意しているので業者によっては500MB、1GB から利用できます。加えて、通信速度を制限することで低価格を実現しています。

MVNOはいい事づくし?

AKANE072160353_TP_V

「MVNOにすると安く利用できるし、いい事づくしだ。よし、MVNOにMNPしよう」と思われた方も多いと思われたますが、MVNOへの移行は後述の解説をご覧になってからをお勧め致します。

スマホの利用方法にいってはMVNOに向く向かないがあります。場合によっては、むしろ三大キャリアのままだった方が得だったというケースもあります。

一般的なMVNOのデメリットは

・三大キャリアに比べ、人の多い場所などでは特に通信速度が遅くなる。
・かけ放題がない場合が多い、通話料は結構高い。長電話が多い人にはかえって割高になることもある
・実店舗がないケースが多いで故障など持ち込める場所が少ない。

などがあげられます。

実店舗に関しては、キャリアに比べ数は少ないですが、増えています。MVNO各社独自のサポートもあり、ネットでのチャット対応もあります。

スマホの利用方法のメインが電話で、長電話をする日が多い方、ネットよりも直接店舗で対応してもらいたい、店舗がどこにでもあればいいというタイプの方はMVNOよりは
キャリアのカケ放題プランを選択し、データ量を1番少ないプランにした方が良いでしょう。

とは言っても料金の安さですが、2年縛りがないなどは大きなメリットです。MVNOのデータSIMは殆どが最低利用期間や違約金が設定おらず、いつでも解約することができます。

音声通話SIMの場合は6ヶ月~1年程度の最低利用期間が設けられていますが、最低利用期間を過ぎればいつ解約しても違約金は発生しません。

ざっとMVNOについて解説してみましたが、次の項目でUQ mobileについて、解説レビューします。MVNOに決めている方も迷ってる方も参考にしてみてください。

UQ mobile(ユーキューモバイル)とは?

logo

さて、本題のUQ mobile(ユーキューモバイル)についての解説に入りますね。

UQ mobile(ユーキューモバイル)という社名を聞いてもピンとこない方も少なくないのではないでしょうか。わりとUネクストが提供しているU-mobileと混同する方もいるようです。

しかし、ピンクレディの往年のヒット曲「UFO」をBGMにガチャピン(母)とムック(父)と三姉妹が繰り広げる寸劇と「UQ!」という決めゼリフなどでインパクト大なCMは印象深いでしょう。

UQモバイル(ユーキューモバイル)はKDDIの子会社「KDDIバリューイネイブラー」によるau系のMVNOです。MVNOではあるのですが、直接通信網を利用しているため、高い通信品質を誇るMVNOです。

UQ mobile(ユーキューモバイル)の料金プラン

YUKA150701098458_TP_V

UQ mobile(ユーキューモバイル)の格安SIMの料金プランは以下の通りです。

プラン名:データ高速プラン
月額料金:980円
データ通信量:3GB

プラン名:データ高速+音声通話プラン
月額料金:1680円
データ通信量:3GB

プラン名:データ無制限プラン
月額料金:1980円
データ通信量:無制限

プラン名:データ無制限+音声通話プラン
月額料金:2680円
データ通信量:無制限

といった感じです。

スマホとSIMの料金プランは以下の通りです。音声通話には「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」が用意されています。

「おしゃべりプラン」はどの料金プランと組み合わせても5分かけ放題ですが、「ぴったりプラン」はプランによって無料通話時間が異なります。

プラン名:プランS
月額料金:〜13ヶ月目 1980円 14ヶ月目以降 2980円
データ量:〜25ヶ月目 2GB 26ヶ月目以降 1GB/月
ぴったりプランSの無料通話時間:〜25ヶ月目 60分/月 26ヶ月目以降30分/月

プラン名:プランM
月額料金:〜13ヶ月目 2980円 14ヶ月目以降 3980円
データ量:〜25ヶ月目 2GB 26ヶ月目以降 1GB
ぴったりプランMの無料通話時間:〜25ヶ月目 120分/月 26ヶ月目以降60分/月

プラン名:プランL
月額料金:〜13ヶ月目 4980円 14ヶ月目以降 5980円
データ量:〜25ヶ月目 14GB 26ヶ月目以降 7GB
ぴったりプランLの無料通話時間:〜25ヶ月目 180 分/月 26ヶ月目以降 90分/月

契約時にかかる初期費用は3000円、契約後12か月以内の解約でかかる手数料は9500円です。またMVNO他社では有料SMS機能が無料です。

オプション料金については
• 端末保証サービス 380円/月
• 留守番電話 380円/月
• メールサービス 200円/月
• 通話明細サービス 100円/月

といった感じです。

UQ mobileの通信速度制限・テザリングについて

512x512bb

UQ mobileには通信速度制限があります。通信量の上限値が設定されているプランの場合、その月の通信量を超えると、通信速度が200kbpsに制限されます。

200kbpsは容量の多くないテキスト中心のサイト、LINEやメールならば使える位の速度です。また前述の通信制限に加え、直近3日間の通信量の合計値が3GBを超えると日付が変わるまで200kbpsに制限されます。

テザリングについてですが、UQモバイルは追加料金なしでテザリングを使うことが可能です。三大キャリアと契約した場合と比べても遜色なく使えます。

UQ mobileの動作対応端末

スマホとコーヒー

UQモバイルが動作を確認している端末ですが、2012年から2014年冬までに発売されたauのスマホ(iPhone含む)はSIMロック解除をしなくても、そのまま使用できます。

2014年冬以降に発売のVoLTE対応機種を使いたい場合は下記の端末のみ、auにてSIMロック解除をしてUQmobileで使用できます。

• iPhone 5c / 5s / 6 / 6 Plus / 6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plus
•AQUOS SERIE SHV32、AQUOS SERIE mini SHV33、AQUOS SERIE SHV34、AQUOS U SHV35、AQUOS U SHV37
• isai vivid LGV32、isai Beat LGV34
• URBANO V02、URBANO V03、TORQUE G02

• Xperia Z4 SOV31、Xperia Z5 SOV32、Xperia X Performance SOV33、Xperia XZ SOV34
• Galaxy S6 edge SCV31、Galaxy A8 SCV32、Galaxy S7 edge SCV33
• DIGNO rafre KYV36
• HTC J butterfly HTV31、HTC 10 HTV32
• Qua phone、Qua phone PX
• BASIO2

VoLTEを使うにはVoLTE用のSIMカードを契約する必要があります。

なお
• AQUOS SERIE mini SHV31
• isai vivid VL LGV31
• INFOBAR A03
• BASIO

• URBANO V01
はauショップに持ち込んでもSIMロックを解除することができず、格安SIM自体を使うことができませんのでご注意下さい。

UQ mobileのメリットとデメリット

POINT

ドコモ系MVNOが多い中、珍しいau系のMVNOであるUQ mobileは、auの端末を使用していたユーザーを中心に人気を集めています。また、iPhone SEを取り扱い始めてからは更に評判も上々です。

そんなUQ mobileですが、メリット・デメリットもあります。この項目ではUQ mobileのメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

UQ mobileのメリット1:通信速度が早い!

14-3-2

まず、第一に挙げられるUQ mobileのメリットは通信速度の速さです。MVNOは一般的に、スマホを利用する人が増える平日のランチタイム、夕方の帰宅ラッシュの電車、夜の繁華街などの混雑した時間や場所等では速度が急激に遅くなります。

しかし、UQ mobileの場合は混雑時でもあまり速度を落とさずに通信できます。また格安SIMアワード通信速度部門で1位を獲得した実績もあり、ユーザーから高い信頼を得ています。

実際にUQ mobileを利用している知人や友人に聞いてみたところ、三大キャリアを使っていた頃と変わらない、時には三大キャリアのスマホがモッサリしている時でもサクサクだったとの意見がありました。

ネットや雑誌などで通信速度を確認すると平均速度は概ね20Mbs、平日のランチタイム時でも2.5Mbsほどの速度を出すことができたという話もあります。

また他のMVNOはサービス提供時から速度が変動することが多々ありますが、UQ mobileはサービス提供時から変動することなく速い速度を保っています。

この通信品質の良さの理由は、前述の通りMVNOであっても直接通信網を利用しているからです。

UQ mobileのメリット2:データ通信量の消費を防ぐターボ機能がある。

14-2-2

UQ mobileにはターボ機能なる便利な機能が備わっています。このターボ機能とは、通信速度が300Kbpsになる代わりにデータ通信量の消費を抑えるという機能です。

300Kbpsという速度は動画サイトなどを閲覧するにはかなり遅く厳しい速度ですがLINEやTwitter、FacebookなどのSNS、SmartNewsなどのニュースアプリ、Apple MusicやLINEミュージックなどの音楽ストリーミングアプリを使うには充分な速度です。

これら、SNS、ニュースアプリ、音楽ストリーミングアプリなどを使用する際にはターボ機能をONにしておけばデータ通信量の消費を抑えることになります。

UQ mobileのメリット3:>キャリアメールと同等のメールが使える

スマホメール

通常、MVNOの格安SIM/格安スマホにはキャリアメール(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp等)が使えないケースが殆どです。

そこで、フリーメールを利用するのですが、フリーメールでは登録できないサイトがあったり、送信メールがガラケーの迷惑フォルダに振り分けられてしまう事も多々あります。

独自のメールを使えるMVNOもありますが、扱いはキャリアメールではなくPCメール扱いになります。キャリアメールの登録が必須のサイトでは登録したくてもできなくて困る事もあります。

しかし、UQ mobileの場合、月額300円を払えばauのメールと同じ扱いとなりますので、キャリアメールの登録が必須のサイトでも登録可能なですし、ガラケーにメールを送っても迷惑メール扱いにはなりません。

2017年6月現在、MVNOでキャリアメールを使えるのはUQモバイルのみのようです。

UQ mobileのメリット4:MNP時にスマホを使えなくなる期間がない。

スマホ女子11

通常、三大キャリアやMVNO他社からMNPをする際は契約すると同時に、それまで使用していたSIMカードが使うことができなくなり、新たに契約したMVNOのSIMカードが届くまでの数日間はスマホの使用ができません。

しかし、UQ mobileは契約した1週間後、自動的に回線の切り替えが行われますのでMNPした場合でもスマホが使えなくなるということがありません。

また、回線が自動切替される前にUQ mobileのSIMカードが届いた場合はネット上で手動で回線を切り替えることができ、すぐにスマホを使えます。ちなみに回線切り替えを受付つけている時間は9時30分から20時30分です。

また、UQ mobileは15日間のお試しができます。無料です。15日間試用してみれば合う合わないがわかりますので、これも嬉しいサービスです。

UQ mobileのデメリット1:用意されているプランが少ない

クッションを抱えて考える女性2

メリットを挙げると良いこと尽くしに感じるUQ mobileですが、デメリットも当然あります。辛口レビューというタイトル通り、ここは辛口で行きます。

まず、第一に挙げられるのはデータ通信量のプラン数の少なさでしょう。UQ mobileにはデータ通信量が3GBのプランと無制限のプランしかありません。
通信量無制限プランは通信速度が500kbpsに制限されることがあります。無制限となのに通信速度が500kbpsに制限されることはやや厳しいですね。

大容量や無制限のプランは不要、UQ mobileのメリットを最大限に活かして利用したいという方には3GBプランをオススメします。

スマホユーザーの1ヶ月あたりの通信量の平均が約半分が3GB程度という統計もありますのでライトユーザーには3GBは丁度いいプランかもしれません。ヘビーユーザーには無制限プランが良いでしょう。

ただ、3GBも使用していない、もう少し容量の少ないプランを求めている方や3GB以上〜20GBなどの容量を求めている方には3GBか無制限の二択しかないのは厳しいですね。もう少しプランを増やして欲しいところです。

MVNO他社の中には500MBや1GBといった小容量プランがあったり、5GBや7GBと言った「3GBじゃちょっと不安。もうちょっと容量が欲しいな」と言う方に最適なプランもあります。

他社と比較するとこのあたりは、UQ mobileの弱点の一つでしょう。今後、プランをもう少し充実させてくれたらユーザーにとって嬉しいですね。

UQ mobileのデメリット2:3Gでデータ通信ができない

70a61574d73ccdcdd5fdc92c780f041b_s

この問題はUQ mobileに限らず、au回線の格安SIM全てに共通しますUQ mobileは3Gでインターネットに接続することができません。
3Gは都市部ならそれほど問題ではありません。

しかし、都市部ではない場所でスマホに「4G」や「LTE」の表示がされず「3G」や「1X」と表示されている場合、UQモバイルはデータ通信ができずネットに接続できなくなってしまいます。

さらにプラチナバンドに非対応のiPhone5、2012年にauで発売されたスBand 1に対応していないスマホは4GLTEエリアが狭い為、4G通信ができないエリアに入ってしまう可能性もあります。

所謂、都会と言われる場所、或いは地方都市で4GLTEエリアが狭く3G中心の地域に住んでいる方や行く機会の多い方には、UQ mobIleは残念ながら不向きかもしれません。

UQ mobileの評判と評価

指さす女性3

UQ mobileのメリット、デメリットについて解説いたしましたが、実際にUQ mobileを使ってみた人の評判や評価はどうなのでしょうか。

筆者の周囲では概ね高評価のUQ mobileですが、筆者の周囲という狭い世界だけの評価や評判だけでは情報不足ですので、口コミサイトやSNSで挙がっていたユーザーの声を集めてみました。

UQ mobileの良い評判・評価

女性 仕草15

良い評判・評価はこのような声がありました。

・月あたりの通信料が1600円で、元の金額より5000円以上安くなった。年間だと6万円以上お得になった。UQ mobileに変えてよかった。

・速度も良好。どの時間帯でも快適にサクサク動画が観られる。 大手キャリアよりも遥かに速く安い!

・すべての時間帯でメイン回線の大手キャリアより高速。ランチタイムも高速。これほど素晴らしい回線は他にはない。

・キャリアアグリゲーションすれば100Mbpsを超える。UQ以外使う気がしない。

・ターボ機能が便利

・キャリアメール同様にメールが使えるのはありがたい。

・MNPしてすぐ使えるので助かる。

と、通信の速さ、料金の安さについて特に好評です。

しかし、通信速度については好評とはいえ、

・動画を見たりデータをやり取りすると無制限プランでも直近3日間に1GB以上の利用があると通信制限されるので気を付けて使う必要がある。

・テザリングはできるが、むやみに使うと通信制限にかかってしまうのでお勧めはしかねる

・音声付きのプランもあるが、通話料金はそんなに安くはない。050アプリ等を使うなどの工夫が必要。

と言った声もあります。このあたりはUQ mobileにはもう一頑張りお願いしたいところですね。

UQ mobileの辛口な評判・評価

人物と吹き出し14

概ね高評価なUQ mobileですが、辛口な時には厳しすぎるかな?と思える評価・評判もあります。辛口な評価・評判は以下の通りです。

・一週間後故障。操作中に数回”SIMカード読み取り中”表示し画面が消えた。

・故障サポートに電話しても、修理と言われて、2週間たっても交換してくれな

・通信事情も非常に悪く(東京以外)、電波が届かない地域が多々あり、役にたたない。

・安いイメージだが、ルーターなどを買うと結局、安くない。

・ルーターの充電を繋ぐアダプター料金も、別料金なのは如何なものか。

・UQにNet契約をしたところ確認書類不備でキャンセルになり理由がわからず、サポートセンターに連絡を入れ本人確認をした上で問い合わせたらここでは出来ないと言われた。

・サポセンから返事がないので再びメールで問い合わせをしたら担当からメールをするとの返事はあったものの一日経った未だに何の回答もない。せめて審査中とか確認中とかあってもいいのではないか?

・他社と比較したいので15日間お試しを申し込んだが、
多忙で受け取りが2日程遅れていたのに、「感想を聞きたい」という電話があった。荷物追跡はしていないのか?

・自宅で電波が届かず、すぐ解約した。解除料もMNP転出料も通常通り請求され、カスタマーセンターは全く真摯な対応をしてくれなかった。

・Simを試しに申込をし新規お申込みの合格を頂いたが、認証先の住所と発送先の住所が異なっていた場合はだめということで新規申し込みができなかった。

・テレビで大々的に宣伝をしながら新規申込みの条件は厳しく、なかなか新規申し込みができない会社のようだ。

・イチキュッパ割が既契約者には適用されない件で、納得いかずカスタマーに問い合わせたところ「そんな不満を受けたのは初めてだ。他の人は納得している。既契約者が対象にならない理由は教えられない。納得いかず解約するなら、解除料もMNP転出料も通常通り請求する。」と、とにかく冷たい対応だった」

・問題があっても全く解決せず。オペレーターをたらい回しにされました。

・自宅に戻ると一切電波が入らずAppleとたらい回しにされました。通信速度をチェックするアプリで調べてみたところ、通信速度は0でした。

・UQを契約する際は自宅で電波が入るかどうか必ず確認をしたほうがいいです。

・問題が起きなければとても良い買い物ですが事が起きると、あっちこっちのたらい回しで解決せず。

・普通のショップ感覚購入は通用しない事を理解したうえで購入して

・契約時にデビットカードを提示したが、デビットは使えないの一点張り。とにかくお願いをしてカードを切ってもらったら、ちゃんと使えた。

・海外から着信を受けた場合、受信料は発生するの?と質問したところ、店員からは「一般常識としてどのケータイのキャリアでも受信料は発生します」と言われ、その後、サポートセンターに確認したところ、海外からの電話の受信料は発生しませんとのこと。なんで店頭とサポセンで話が違うのか?

・サポートセンターにもとても繋がりにくい。

・コスパは良いですが、店頭やサポートセンターの対応がイマイチなので自力で設定などできる人に向いてるかも・・・

などです。うーむ。厳しい意見が結構ありますね。

総合すると店舗の店員やサポートセンターのオペレーターの対応や知識についてが必要、アダプタなどが別料金など以外とスマホ以外のコストがかかる。地域によっては電波が全くは入らない場合もある・・

と言ったところでしょうか。店員さんやオペレーターの対応についてはUQ mobileだけでなく、他キャリアや他業界でも共通する課題でしょうね

。顧客満足度の高い会社であっても、一人の店員やオペレーターの印象で、その会社の評価も決まってしまう恐れがあるので、接客業の方は注意が必要ですね。

あと、これは筆者の見解なのですが、一人の店員さんやオペレーターさんの対応だけで、その会社全ての評価と判断するのは残念です。素晴らしい店員さんやオペレーターもいるのは確かです。

電波が入るかどうかは必ず確認しましょう。せっかく安く利用できるUQ mobileにしたものの「自宅では圏外」「3Gだと通信できない」なんて状況になってしまっては元も子もありません。

そこで是非とも15日間の無料お試しを利用しみましょう。電波は入るか?と言ったところや、使い心地や速さの体感なども確かめられます。

UQ mobileへMNPする方法

携帯電話で話している男性4

続いては実際にUQ mobilMNPをする方法をお伝えします。

MNPするには使用しているキャリアでMNP予約番号を受け取る必要があります。MNP予約番号のもらい方は以下の通りです。

auは0077‐75470、ドコモはドコモの端末から151にかける。ソフトバンクはソフトバンクの端末からなら*5533、一般の電話からなら0800-100-5533へ電話をしMNP予約番号を発行してもらいます。

前述の通り、auの一部のスマホはなにもしなくてそのまま使うことができます。2014年冬以降に発売されたスマホをUQ mobileでそのまま使う場合はauショップに持っていきSIMロックを解除してもらう必要があります。

docomo、ソフトバンクからUQモバイルに番号移行(MNP)した場合は新しくスマホを購入する必要があります。

まとめ

ビジネス 企業と希望のクローバー

如何でしたでしょうか?UQ mobileは安くお得なMVNOではありまえが、向いてる人をかなり選んでしまうMVNOだと思いますが 、通信品質の良さはお墨付きです。あとはプランが充実し、3Gのも対応できれば、なかなか最強なのでは?と感じております。

 

Pocket