U-NEXT光の評判と評価は?|辛口レビュー

自宅でインターネットを利用する際に必ず必要なネット回線ですが、種類も多いし、そもそもどういう仕組みになっているのかわからない!

そんなこんなでネット回線選びに苦手意識のある方も多いでしょう。

でも引越しや新生活を始めるためには必ず通らなければいけない道ですよね。

そんな方のために、今回はネット回線の基礎と合わせて、最近橋本環奈ちゃんがイメージキャラクターを務めるCMでも話題の、「U-NEXT光」の評判についてお伝えします。

他社との比較もするので、U-NEXT光への乗り換えや新規契約を考えている方必見です。

1.ネット回線の基本

それではまずU-NEXT光についてお話する前に、ネット回線選びをする前に知っておくべき基礎知識について解説していきます。

選ぶ際のポイントなどもまとめてあります。

1-1.有線回線と無線回線

そもそもネット回線とは、「インターネットとコンピューターをつなぐ通り道」で、その通り道の中を通るのがデータであったりインターネット上にある情報であったりします。

その通り道をどの会社のものを利用するか選ぶ、というのがネット回線選びですが、このネット回線にも種類があります。

ネット回線には有線回線と無線回線がありますが、それぞれ特徴が異なりますので詳しくみていきましょう。

1-1-1.有線回線の特徴

有線回線とはその名の通り、ネット回線が有線のもので、自宅近くの電柱から自宅まで回線を敷く工事を行います(引越しや解約の際にも工事が必要です)。

追ってに説明しますが、現在ほとんどの家庭で利用されている光回線も有線回線であり、通信速度が安定しているなどのメリットがあります。

しかし、回線を敷く工事のため別料金がかかったり、回線を敷くことができる範囲に限りがある(地方の山奥などは工事が困難)などのデメリットがあります。

1-1-2.無線回線の特徴

無線回線はポケットWi-Fi型の持ち運べるモバイルルーターや、自宅内で電源にさして利用するデータ通信用モバイルルーターなどを利用し、回線を敷く工事を行うことなくインターネットを利用できるようにする回線です。

自宅まで回線を敷く必要がないため工事費用もなく、引越しや解約の際にも回線を外す工事が必要ありませんので、より気軽に利用できるネット回線であると言えるでしょう。

しかし有線よりも通信が不安定であったり、3日間で何GBまで、という通信制限があるものが多い、というデメリットもあります。

1-1-3.どちらが便利?

一概にどちらが便利かというのは明言できませんが、自宅で動画を見たりネットサーフィンをしたい、という方には有線回線がオススメです。

ネット回線を利用している方のほとんどが有線回線を利用していますが、回線工事ができない事情がある、持ち運びをしたい、という方は無線回線を選ぶと良いでしょう。

1-2.ADSLと光回線

先ほどお話ししました光回線とは、有線回線の一つで、以前主流であったADSL(電話線を利用したネット回線)の代わりに近年主流になった回線です。

光ファイバーを使用しているため「光」回線と呼ばれ、ネット回線名に「光」がついているものは光回線である場合がほとんどです。(フレッツ光、ドコモ光、U-NEXT光など)

ADSLよりもはるかに通信速度が高いのですが、電話回線を利用するため工事をしなくてもインターネット接続ができるADSLとは違い、光回線を新しく敷く工事をする必要があります。

1-2-1.光回線の特徴

上記と重なるところがありますが、光回線の特徴を簡単にまとめると、

・通信速度が早く安定している
・回線の引き込み工事や引越し、解約時の撤去工事が必要
・価格はそれなりにかかる

となります。

1-2-3.ADSLの特徴

有線回線の引き込み工事が不可能な地域などで未だ重宝されているADSLの特徴は、

・光回線よりも通信は遅い
・回線引き込み工事がなく、電話線を使ってすぐに利用できる
・光回線よりもはるかに安くインターネットを利用できる

となります。

1-3.ネット回線とプロバイダー

さて、これまではネット回線、主にインターネットを利用する際の通り道についてお話しいましたが、もう一つ、インターネット接続を行う上で必要なものがあります。

それがプロバイダーです。

1-3-1.2つの関係

ネット回線が通り道であれば、プロバイダーは関所、もしくは扉であると言えます。

ネット回線を通してインターネットに接続する際のIDやパスワード、いわば扉の鍵を発行しているのがプロバイダーと呼ばれる会社(ISP…インターネット・サービス・プロバイダ)です。

1-3-2.ネット回線とプロバイダーはバラバラ?それとも同じ?

上記の通り、インターネットを利用するためにはネット回線と一緒にプロバイダーも契約する必要があるのですが、ネット回線と同じ業者がプロバイダーを兼ねている場合と、別の業者を自分で選択して契約する場合があります。

ネット回線によりプロバイダー契約の形態は異なりますが、auひかりやNURO光などはプロバイダー契約がネット回線と一緒になっています。

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら

1 2 3 4 5 6 7

関連記事