毎シーズン最新型の機種が多く登場するスマホ業界。誰しもが新機種が登場すれば、機種変更を考えるものです。

そこで皆さんは、機種変更をする際に気をつけていることはありますか?

実は、スマホ契約は損をすることが多く、また多くの方は損をしていることに気づいてないことがあるのです。

そうならないためには、機種変更における知識・対策をしなくてはいけません!

この記事では、最新機種の紹介からソフトバンクで機種変更をする際に初心者が失敗しやすい気をつけるべき5つのポイントと対処法を解説していきます。

ソフトバンクで機種変更を考えている方は必見の内容となっていますので、参考にしてみてください!

3万円得する!ソフトバンクの機種変更時の完璧な3ステップ

ソフトバンク最新機種のおさらい


画像引用元:ソフトバンク

本題に入る前に、最近発売されたモデルや直近で発売予定のスマートフォンの機種を整理しておきましょう。

気になっている機種のスペックなどを比較し、欲しい機種が決まったら、発売日に合わせて購入計画を立てると良いでしょう。

iPhone XS / XS Max


画像引用元:ソフトバンク

iPhoneシリーズの最新機種であるiPhone XS・iPhone XS Max。

前機種であるiPhone Xとの1番の違いはCPUが「A12 Bionic」に進化したことでしょう。

CPUが「A12 Bionic」になったことにより、性能が15%高速・消費電力が50%軽減されました。

iPhoneシリーズ最も賢く、パワフルなパフォーマンスが期待できるでしょう。

【iPhone XSのスペック】

CPUA12 Bionicチップ
OSiOS12
ストレージ(ROM)64GB/256GB/512GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ高さ143.6 × 幅70.9 × 厚さ7.7 mm
重さ177g
ディスプレイ5.8インチOLEDディスプレイ
解像度2,436 × 1,125
カメラ画素数メイン:1,200万画素(広角/望遠)デュアルカメラ
サブ:700万画素
カラーバリエーションゴールド・ブラック・シルバー
フレーム素材ステンレス

【iPhone XS Maxのスペック】

CPUA12 Bionicチップ
OSiOS12
ストレージ(ROM)64GB/256GB/512GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ高さ143.6 × 幅70.9 × 厚さ7.7 mm
重さ177g
ディスプレイ5.8インチOLEDディスプレイ
解像度2,436 × 1,125
カメラ画素数メイン:1,200万画素(広角/望遠)デュアルカメラ
サブ:700万画素
カラーバリエーションゴールド・ブラック・シルバー
フレーム素材ステンレス

iPhone XR


画像引用元:ソフトバンク

iPhone XS・iPhone XS Maxと共に登場した「iPhone XR」。

こちらもCPUが「A12 Bionic」に進化しました。

「iPhone XR」の1番の特徴としては、何と言ってもカラーバリエーションでしょう。
上記の画像の通り、6色展開(レッド、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルー)となっています。
今までのiPhoneシリーズになかった新色の登場もあり、かなりの注目が集まっています。

【iPhone XRのスペック】

CPUA12Bionicチップ
OSiOS12
ストレージ(ROM)64GB/128GB/256GB
メモリ(RAM)3GB
本体サイズ高さ150.9 × 幅75.7× 厚さ8.3 mm
重さ194g
ディスプレイ6.1インチLCDディスプレイ
解像度1,792 × 828
カメラ画素数メイン:1,200万画素(広角/望遠)シングルカメラ
サブ:700万画素
カラーバリエーションゴールド・ブラック・ブルー・レッド・コーラル・イエロー
フレーム素材アルミ

Google pixel 3 / 3 XL


画像引用元:ソフトバンク

海外で好評であるGoogle pixelシリーズが、なんと日本で初めて発売されることになりました。
Androidの原型であるGoogle pixelシリーズ。

人気Google pixelシリーズからGoogle pixel 3 / 3 XLの2機種が発売されています。

カメラ性能やバッテリーの持ちなど、各スペックが高スペックなので使いやすさはかなり期待できます。

【Google pixel 3のスペック】

CPUQualcomm® Snapdragon™ 845
OSAndroid 9 Pie
ストレージ(ROM)64GB/128GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ高さ約145.6 × 幅68.2 × 厚さ7.9
重さ148 g
ディスプレイ5.5 インチFHD+ フレキシブル OLED ディスプレイ
解像度2,960 x 1,440
カメラ画素数メイン:1,220万画素
カラーバリエーションClearly White
Just Black
Not Pink

【Google pixel 3 XLのスペック】

CPUQualcomm Snapdragon 845
OSAndroid 9 Pie
ストレージ(ROM)64GB/128GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ高さ158 × 幅76.7 × 厚さ7.9mm
重さ184g
ディスプレイ6.3インチFHD+ フレキシブル OLEDディスプレイ
解像度2,960 x 1,440
カメラ画素数メイン:1220万画素
カラーバリエーションClearly White
Just Black

Xperia XZ3


画像引用元:ソフトバンク

Xperiaシリーズには、「Xperia XZ3」が登場しました。

「Xperia XZ3」は、Xperiaシリーズ初の有機ELディスプレイを起用しており、多くの方が驚いたのではないでしょうか?

ディスプレイ面と背面がアーチ状になっているので、手にフィットしやすく快適な使用感を実現しています。

【Xperia XZ3のスペック】

CPU2.8GHz+1.8GHzオクタコア
OSAndroid 9
ストレージ(ROM)64GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ高さ158 × 幅73 × 厚さ9.9 mm
重さ193g
ディスプレイ6.0インチ有機ELクワッドHD+ディスプレイ
解像度2880 x 1440
カメラ画素数メイン:1920万画素
サブ:1320万画素
カラーバリエーションボルドーレッド・ホワイトシルバー・ブラック・フォレストグリーン

AQUOS zero


画像引用元:ソフトバンク

AQUOSシリーズには2機種が登場しました。

最初に「AQUOS zero」の紹介からしていきましょう。

「AQUOS zero」は約6.2インチの国産の有機ELディスプレーを搭載しながらも、世界最軽量ボディーを実現しています。
側面に軽量なマグネシウム合金、背面に高強力アラミド繊維「テクノーラ」を採用しているので、高い強度を備えているのです。

【AQUOS zeroのスペック】

CPUSDM845(オクタコア)2.8GHz+1.7GHz
OSAndroid 9
ストレージ(ROM)128GB
メモリ(RAM)6GB
本体サイズ高さ154 × 幅73 × 厚さ8.8 mm
重さ146g
ディスプレイ6.2インチ有機ELクワッドHD+ディスプレイ
解像度2992×1440
カメラ画素数メイン:2260万画素
サブ:800万画素
カラーバリエーションアドバンスドブラック

AQUOS R2


画像引用元:ソフトバンク

次に「AQUOS R2」の紹介です。

「AQUOS R2」は2つのレンズを搭載しています。
静止画専用と動画専用の2つのレンズを使い分けることにより、撮りたい瞬間を撮り逃すことなくブレのない綺麗な撮影を可能としています。

【AQUOS R2のスペック】

CPUSDM845(オクタコア)2.8GHz+1.7GHz
OSAndroid 8.0
ストレージ(ROM)64GB
メモリ(RAM)4GB
本体サイズ高さ156× 幅74 × 厚さ9 mm
重さ181g
ディスプレイ6.0インチIGZO液晶ワイドクアッドHD+ディスプレイ
解像度3040×1440
カメラ画素数メイン:約2260万画素+約1630万画素
サブ:約1630万画素
カラーバリエーションブルーシルバー・ピンクゴールド・ローズレッド・プレミアムブラック・プラチナホワイト

機種変更はどこでするべきなのか

ソフトバンクで機種変更をする場合、多くの方が最寄のソフトバンクショップ(実店舗)で手続きされるのではないでしょうか。

しかし、実際には実店舗だけではなくソフトバンクオンラインショップという選択肢もあり、最近ではソフトバンクオンラインショップでスマートフォンなどを購入する方も増えていいます。

ソフトバンクオンラインショップを利用する方が増えているのは、それなりの理由があります。

そこでソフトバンクオンラインショップで機種変更をする場合、実店舗に比較してどのようなメリットがあるのかを確認してみましょう。

メリット1.発売日に受け取ることができる

iPhoneシリーズのように人気の高い機種の場合、発売日当日に購入するためには発売日当日に並んで買いに行くか、事前に予約しておきソフトバンクショップに受け取りに行く必要があります。

しかし、欲しい機種の発売日が必ずしも休日であるとは限りません。また、予約して受け取りに行こうと思っていても、仕事などが忙しくショップの営業時間内に行くことができなくなってしまうという可能性もあります。

ソフトバンクオンラインショップの場合、発売前に予約しておくことで発売日当日にスマートフォンを受け取ることができます。

スマートフォンの発売日に合わせて、休みを取ることができない場合や、ショップの営業時間内に受け取りに行くことが困難な方の場合には、ソフトバンクオンラインショップでの機種変更がお勧めです。

メリット2.24時間待ち時間なしで注文ができる

機種変更をするためにソフトバンクショップに足を運んだら、沢山のお客さんが並んでいて座るところもできないという経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

iPhoneシリーズが発売になった直後は顕著で、1時間以上待たされることも珍しくはありません。

今の時期も正にこの時期で、iPhoneに限らず2017年冬モデルの予約や機種変更の手続きであっても、混雑のため待ち時間が長くなってしまう可能性が高いです。

その点ソフトバンクオンラインショップなら、24時間いつでも予約や機種変更の手続きをすることができます

ショップでの待ち時間が節約できるばかりではなく、ソフトバンクショップに足を運ぶ必要もないことから、近くにショップがないという方にもソフトバンクオンラインショップでの機種変更がお勧めですです。

メリット3.不要なオプションへの加入を勧められずにすむ

ショップで機種変更の手続きをして、数ヶ月経過した後に突然利用料金が高くなっていて驚いた経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうです。

契約時に確かにこのオプションは「3ヶ月は無料ですよ」という説明を確かに聞いていたのですが、オプションの解約をすっかり忘れてしまっていたのです。

とりあえず無料だからと言われると、断りきれずに店員さんの言われるままにオプションに加入してしまうことがあります。

進められるがままに、オプションに加入したことを後悔してしまうこともありますか、ソフトバンクオンラインショップなら自分で必要なオプションのみを選択することができるため、不要なオプションに加入し解約忘れによる不要な料金を支払うことがなくなります。

メリット4.Tポイントが使える

すでにTポイントを利用している方には説明不要かもしれませんが、TポイントはTSUTAYAをはじめとして提携している、お店やサービスを利用することでポイントが貯まり、溜まったポイントはTSUTAYAや提携しているお店で代金の一部として支払いに使用することもできます。

Tポイントと提携しているお店は、ファミリーレストランの「ガスト」ガソリンスタンドの「エネオス」コンビニの「ファミリーマート」などかあります。

様々な提携サービスで貯めた、Tポイントはソフトバンクオンラインショップで機種変更をする場合にも機種代金の一部として支払いに当てることができます

既にTポイントを貯めているという方は、これを機にソフトバンクオンラインショップでの機種変更を検討されてはいかがでしょうか。

機種変更のたびにTポイントが利用できるため、まだTポイントカードを持っていない方は、Tポイントカードを作ることで今後の機種変更がお得になるかもしれませんね。

ソフトバンクオンラインショップ【初心者が注意すべき5つのポイント】

ソフトバンクオンラインショップで機種変更をすることによるメリットがわかってきたので、次回の機種変更はソフトバンクオンラインショップにしようと思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ソフトバンクオンラインショップで機種変更する場合には、注意しておかなければならないこともいくつかあります。

次に紹介するソフトバンクオンラインショップで機種変更をする際に注意しておくべき5つのポイントをしっかりと抑えておくことで、スムーズに機種変更をすることができるでしょう。

【初心者が注意すべきポイント1】料金プランを決めておく

ショップであれば店員さんが、機種選びから料金プランの設計まで親切に説明しながら進めてくれますが、ソフトバンクオンラインショップでは全て自分で判断して決定しなければなりません。

また、申込の段階で料金プランを選んでいては、時間がかかってしまうので購入する機種選びとともに料金プランも事前に決めておいた方がより手続きをスムーズにすることができます。

以下はソフトバンクの基本的な料金プランになるので、予めどのプランが自分に適しているのかを確認しておくと良いでしょう。

◇スマ放題
基本料金:2,700円
ウェブ使用料:300円
データプラン:以下から選択

・データプラン一覧
データ定額 50GB:7,000円
データ定額 30GB:8,000円
データ定額 20GB:6,000円
データ定額 5GB:5,000円
データ定額ミニ 2GB:3,500円

スマ放題は国内の固定電話や携帯電話ての通話が24時間どの時間帯でも、回数や1回あたりの通話時間を問わず定額となるプランになります。

最近ではLINEなどのSNSアプリでの通話を利用する方が増えてはいるものの、仕事などの都合上、固定電話や携帯電話との通話が必須の方はスマ放題一択となるでしょう。

◇スマ放題ライト
基本料金:1,700円
ウェブ使用料:300円
データプラン:以下から選択
・データプラン一覧
データ定額 50GB:7,000円
データ定額 30GB:8,000円
データ定額 20GB:6,000円
データ定額 5GB:5,000円
データ定額ミニ 2GB:3,500円

スマ放題ライトプランは、1回あたりの通話が5分までは定額で利用できるプランになります。

固定電話とのやりとりが殆ど無い場合、携帯電話の相手とは先ほど紹介したようなLINEなどのアプリを使った通話を利用することで、ほぼ定額内で利用することが可能です。

【初心者が注意すべきポイント2】割引プランを把握しておく

ソフトバンクでは様々な割引を提供しています。

ソフトバンクショップの場合には店員さんが割引を活用したプラン設計をしてくれますが、ソフトバンクオンラインショップの場合には、自分で適応条件を確認してお得になるプラン設計を行う必要があります。

以下は現在ソフトバンクで提供されている主な割引になりますので、適応条件などもしっかりと確認してプラン選びなどを検討しておくと良いでしょう。

◇おうち割 光セット

おうち割 光セットはソフトバンクのスマートフォンなどを利用している方が、ソフトバンクの指定する「SoftBank 光」などの固定回線をセットで契約することで、料金プランに応じた金額を毎月の通信料金から割引いてもらうことができます。

・対象プランと割引額

<スマ放題>
()内は3年目以降の割引額
データ定額 50GB:1,080円(1,080円)
データ定額 30GB:2,000円(1,080円)
データ定額 20GB:1,522円(1,080円)
データ定額 5GB:1,522円(1,080円)
データ定額ミニ 2GB:500円(500円)

<スマ放題ライト>
()内は3年目以降の割引額
データ定額 50GB:1,080円(1,080円)
データ定額 30GB:2,000円(1,080円)
データ定額 20GB:1,522円(1,080円)
データ定額 5GB:1,522円(1,080円)
データ定額ミニ 1GB:500円(500円)

割引金額が料金プランにより異なる他、スマートフォンと同時に契約する固定回線の種類により割引の継続する期間が以下のように異なっておりますので、固定回線も利用している方は固定回線のサービス選びの参考にするとよいでしょう。

・割引期間が永年のサービス
SoftBank 光、SoftBank 光 ファミリー・ライト、SoftBank Air、Yahoo! BB ADSL、SoftBank ブロードバンド ADSL(Nexyz.BB)、SoftBank ブロードバンド ADSL(エンジョイBB)、ケーブルライン、ひかりdeトークS(ケーブルライン)、NURO 光 でんわ(ケーブルライン)、Yahoo! BB 光シティ

・割引期間が2年間のサービス
ホワイトBB、Yahoo! BB バリュープラン

◇下取りプログラム(機種変更)

ソフトバンクで機種変更をする際に、それまでに利用していた端末を下取りに出すことで、下取りに出す機種に応じた金額を割引いてもらうことができます。

主な下取り機種と割引金額は以下の通りです。

【iPhoneの下取り価格】


画像引用元:ソフトバンク

【Android搭載スマートフォン、従来型携帯電話(ケータイ)の下取り価格】


画像引用元:ソフトバンク

下取り金額を24回に分けて割引してもらえる他、プリペイドバリューチャージとも受け取ることができます。

プリペイドバリューチャージはプリペイドタイプのソフトバンクカードに残高としてチャージされるため、通常のクレジットカードのように支払いに利用することができます。

そのため、実質的にキャッシュバックになるため、とてもお得なプログラムになります。

【初心者が注意すべきポイント3】データ移行の準備をしておく

機種変更をする際に料金プランなどに並んで重要なことといえば、今まで使ってきたスマートフォンの中に記録されている連絡先や写真などの重要なデータをどのようにして新しく購入したスマートフォンに移行するかを考えておかないと、大切なデータを失ってしまうことになりかねません。

ソフトバンクでは、データを移行するためのサービスである「あんしんバックアップ」を提供していますので、iPhoneからAndroidスマートフォンへの機種変更あるいはAndroidスマートフォンからAndroidスマートフォンに機種変更するという方は「あんしんバックアップ」を使ってデータ移行をすると良いでしょう。

AndroidからiPhoneに機種変更|データ移行に役立つアプリと使い方

使い方は以下からそれぞれ機種変更前のスマートフォンにアプリをインストールしておきます。

◇iPhone用アプリ
https://itunes.apple.com/us/app/anshinbakkuappu/id1101539822?l=ja&ls=1&mt=8

◇Android用アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.softbank.mb.pim

アプリをインストールしてたら、保存ボタンを押して、ソフトバンクのサーバーかSDカードのどちらかにデータを保存しておきます。

保存が完了したら機種変更後のスマートフォンにも同様に上記アプリをインストールしておき、戻すボタンを押してデータを復元します。

また、iPhoneからiPhoneへの機種変更の場合には、iCloudにデータをバックアップしておくことで、簡単に機種変更後の端末にデータを引き継ぐことができます。

iCloudへのバックアップの設定方法は以下になります「設定」アイコンをタップし、ユーザー名の部分をタップします。

続いて「iCloud」を選択し「iCoudバックアップ」をオンにします。

あとは、機種変更後の端末で、初期設定の項目で「iCloudバックアップから復元」を選択することで復元をすることができます。

スマホのデータ移行に失敗しないために、データ移行の前に確認すべき手順【保存版】

【初心者が注意すべきポイント4】機種変更前の機種の代金の残債を調べておく

機種変更をする場合には、ソフトバンクの契約自体を解約するわけではないので、解約違約金は発生しません。

しかし、スマートフォンなどを新規購入や機種変更をした場合、購入した機種の代金は多くの方が分割で支払う契約になっています。

通常は24回の分割となっており、24回の支払い満了前に機種変更をする場合には、機種代金の残金を一括あるいは引き続き分割で支払うことになります。

また、実際に毎月機種代金として支払っているのは実質負担金と呼ばれる部分になります。

実質負担金 = 機種代金 – 月月割

もしも、24回の割賦回数が終了する前に機種変更をする場合には、残金は「実質負担金×残り回数」ではなく「機種代金×残り回数」の金額を一括又は継続で月払いにする必要があります。

残り月数が多い場合には、機種変更の時期を再検討しても良いでしょう。

ちなみに、ソフトバンクで機種代金の残金を確認したい場合には、ソフトバンクショップの店員さんに確認してもらうこともできますが、オンラインで確認することもできます。

ソフトバンクオンラインショップで確認する場合には、以下URLから「My SoftBank」にログインし「○月の請求」を選択 をタップします。

次の画面で 「請求情報・設定」を選択し「割賦情報」の項目の「確認」をタップします。

  • My SoftBank
  • ソフトバンクオンラインショップ

機種変更の手続きをする前に、端末の残金の有無や金額を把握しておくことで機種変更後に思わぬ出費に驚くこともなくなることでしょう。

【初心者が注意すべきポイント5】機種代金の支払い方法を考える

ソフトバンクに限らずですが、先ほどの項目で紹介したように多くの携帯電話キャリアでは、端末代金の支払いを24回の割賦契約で販売する方法が一般的でした。

しかし、ここ最近ソフトバンクでは機種代金の支払い方法の選択肢が増えており、48回払いという方法も選択できます。

当然のことながら、分割回数が増えるので毎月の支払い額を抑えることができます。

先日発売されたばかりのiPhone XS 64GBモデルを例に見てみると機種代金136,800円を24回の分割で購入すると5,700円×24ヵ月となりますが、48回の分割で購入すると2,850円×48ヵ月となり1ヵ月あたりの負担は大きく違ってきます。

しかし、48回の分割ということは4年間も端末代金を支払わなければならないということになります。

そのため、途中で新しいモデルに機種変更したくなったらどうしようと心配される方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そこは心配いりません。

ソフトバンクでは「半額サポート for iPhone」「半額サポート for Android」と呼ばれる割引プログラムを提供しており、25ヵ月目に新しいモデルに機種変更するタイミングでこれまで使っていたモデルをソフトバンクに返却することで、残り24回分の支払額がゼロになります。

しかも、これらプログラムには月額料金は発生しません

2年周期で新しいモデルに機種変更したいけど、毎月の支払いは少なくしたいという方の場合は、ソフトバンクの半額サポートをうまく活用することで、お得に新しいモデルに機種変更をすることが可能になります。

初心者が失敗するソフトバンク機種変更の注意点と対処法を解説のまとめ

ここまで、ソフトバンクの最新機種を紹介しつつ、ソフトバンクで機種変更をする際に注意しておくべき5つのポイントを紹介してきましたがいかがでしょうか。

ソフトバンクで機種変更をする場合、ソフトバンクショップでの購入に比較すると、ソフトバンクオンラインショップで購入することに多くのメリットが存在しているということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

また、ソフトバンクでは「半額サポート for iPhone」「半額サポート for Android」を利用して48回の分割払いにすることにより、端末代金をお得にする方法も選択が可能になっています。

さらに固定回線とのセットによる割引である「おうち割 光セット」や「下取りプログラム」を併用することにより、お得に機種変更をすることが可能になります。

ソフトバンクで機種変更を検討されている方はここで紹介した内容を参考に、お得に機種変更をしていただけたらと思います。

Pocket