ソフトバンクのXperia XZ1に機種変更|お得な手順とおすすめキャンペーン

「スマホの契約なんてどこも一緒」

そんな風に思っている人多くないですか?確かに大手キャリアと言われるドコモ、au、ソフトバンクは料金プランは違いを見つけるほうが大変なくらい似たりよったりだし、どこが違うの!?って感じですしね。

ただ、アメリカ・スプリント社を買収したことで、アメリカ本土やハワイなどが通話やモバイルデータ通信、メールがし放題の「アメリカ放題」など独自サービスで話題なのがソフトバンクです。

そう、あの犬のお父さんCMでもお馴染みのソフトバンク。このソフトバンクでお得に今、話題の新スマホ「Xperia XZ1」を手に入れましょう。

では、何故ソフトバンクでXperia XZ1を手に入れるのがお得なのでしょうか?MNP(機種変更)を考えている方必見です!


ソフトバンクの機種変更について詳しく知りたい方は、ソフトバンクの機種変更で3万円得するために必要なものと完璧な3ステップをご覧ください。

1. ソフトバンクにするメリットは?

冒頭で「同じようで実は違う」と言っていた各キャリア。では、具体的にソフトバンクだとどんなメリットがあるのでしょうか?

1-1. データ繰り越しサービスがある

現在、大手キャリアどこも通話し放題プランを打ち出していることもあり、料金の違いはやはりパケット契約料の違いとなります。

言い換えれば、パケット量を上手に節約することでスマホ代は抑えられるのです。

まず、各大手キャリアのパケット料金をみてみましょう。

ソフトバンク=5GB=5000円 20GB=6000円

ドコモ=5GB=5000円 20GB=6000円

au=5GB=6480円~、~20GB=7480円~

auだけは通話のプラン(スーパーカケホ)も付いたスマホトータル料金プラン(ピタッとプラン※2年契約(誰でも割)適用時)のため、比較しづらいですが、ソフトバンクやドコモでも同じような通話プランを加えれば、ほぼ同額。

つまり、料金面では各大手キャリアとも差別化はできていないのです。格安SIMは別ですが、回線の安定などで不安に思っている人も少なくないですからね。

では、何がソフトバンクのメリットとか言うと…

データ繰り越しサービスがあるのです。

分かりやすく言うと、その月に上限までパケットを使わなかった場合、翌月に申し込みなど不要で自動的に繰り越されるのです。

例えば5GB契約中の場合、その月4GBしか使わなかったら、翌月は5GBに1GB加えて6GB使えるというわけ。

今月は仕事ばかりでWi-Fi環境にいるからあまり使わないけど、翌月は休みとって旅行行くからパケット使いそう…など毎月同じ容量使うわけではないですよね。データ繰り越しサービスで、効率的にパケットを消費できます。

他にもソフトバンク契約のiPadなどのタブレットがあれば、パケットを共有できるサービスや、もちろん同一家族間でパケットを分け合うこともできるので、他にもWi-Fiを多用するなど上手く効率的に使えば、節約できますので、ソフトバンクにMNPする機会にパケットの節約もトライしてみてはいかがでしょうか。

1-2. アメリカ放題

冒頭でも軽く触れた「アメリカ放題」。具体的にどんなサービスなのでしょうか。

アメリカ放題は、アメリカ(ハワイ含む)からの通話もパケット(ネット利用、メール、LINE)も無料で使えるということです。

これはアメリカのキャリアであるスプリント社をソフトバンクが子会社にしたため実現したサービスで、まさにオンリーワンのサービス。

例えばドコモの場合、例えばハワイから日本に電話(通話)をした場合、『海外1dayパケ』のような定額プランはありますが、どうしてもAT&TやT-Mobileなど海外キャリア経由となるため、無料になることは考えづらいのです。

ソフトバンク「アメリカ放題」だったら、今のところ無料でキャンペーン中。有料になっても月980円という料金体系なので、かなりお得と言えます。

1-3. キャッシュバックが生き残っている!?

数年前ではどこのキャリアショップや家電量販店などでも、ビックリするような高額キャッシュバックをうたい、ユーザーの確保(引き抜き)を行っていた印象でした。

しかし、近年は総務省様のお達しもあり、めっきりキャッシュバックは姿を見なくなってしまいました。果たしてキャッシュバックは絶滅してしまったのでしょうか?

実はそんなことないのです。

そもそも、まず根底的にキャッシュバックのシステムは、キャリアが出しているものではありません。

総務省が過当なシェア争いを防止するため、キャッシュバックには消極的な方針を出していることもあり、大手キャリアでは表立ってキャッシュバックを打ち出しにくいのです。

親方である総務省に睨ませてしまったら商売あがったりですからね。

しかし、キャッシュバックシステムは、キャリアが直接的に打ち出しているものではないのです。

では、どこが打ち出しているかと言うと、ずばり販売店です。

販売店と言っても様々なものがあります。一番メジャーなのはどこもソフトバンクショップのようなキャリアオフィシャルの店舗やオンラインショップです。

他にもビックカメラやヨドバシカメラのような家電量販店も販売店ですし、駅前などにある「ケータイショップ」ももちろん販売店です。

これら販売店は、キャリア間以上に熾烈なシェア争いを繰り広げています。これはオフィシャルの店舗も例外ではなく、1年ほど前にアンケート内容を強制させてよく書かせる問題は某キャリアショップで起きていましたよね。

何故、販売店がシェア争いを繰り広げるかと言うと、例えばiPhoneⅩやXperia XZ1のような発売当初に品薄となるような人気機種の場合、キャリアから評価が高い販売店が優先的に数を確保できるからです。

そりゃキャリアのほうも、実績があってより多く売ってくれる販売店に多く商品を流しますよね。これは資本主義の世界では常識です。

そのため販売店がより多くのユーザーを確保するため、高額のキャッシュバックキャンペーンを打ち出すというわけです。

ただ、販売店も赤字でキャッシュバックをするわけにはいきません。ここは公表はされていないものの、各キャリアは販売店に販売奨励費を出しており、そのお金をキャッシュバックに充てているのです。

キャリア側としても、MNPでライバルキャリアから一人自分のところの顧客になったら、事実上、ライバル-1、自分のところ+1で2名分シェアが動いた計算になりますから、MNPでの顧客獲得は大きいのです。

ただ、前述したように総務省のお目付けが厳しいので、公にキャッシュバックを打ち出せなくなってしまいました。特にオフィシャルの販売店では皆無と言ってよいでしょう。

昔はオフィシャルショップでも公然とキャッシュバックをうたっていて、よく店頭に「25万円キャッシュバック!!」など信じられないような高額が踊り出されていた時もありましたが、今ではすっかり見なくなりましたよね。

しかし、ここで注目したいのがネットショップの販売店。実店舗を持たない分、人件費も少なくて済むため、販売奨励費を全てキャッシュバックに充てることも不可能ではありません。

そこで、今キャッシュバックはネットショップに注目されているのです。実際、高額なキャッシュバックをうたっているネットショップがソフトバンク取扱店なのです。

そう、つまりソフトバンクにMNPすることで高額キャッシュバックもまだ夢の話ではないということ!になります。では、具体的なネットショップを見ていきましょう。

2-1. 『SMARTPHONE STORE』

ホームページでもでかでかと『45000円キャッシュバック』と掲載されているとおり、高額キャッシュバックが期待できます。

ただ条件があって、SMARTPHONE STOREでのスマホ購入、契約はもちろんのこと、みんな家族ご紹介キャンペーン分も含まれているので、誰か家族等を紹介する必要があります。

仮に家族紹介がなくともそれなりの金額ですから、それでも今のご時世だったらかなり高額なキャッシュバックだと思います。

ちなみに機種は、話題のiPhoneⅩ(話題のスマホⅩとして表記できないのですね)や、Xperia XZ1など売れ筋は揃っていますし、例えばXperia XZ1なら月々7311円と一般的なのでキャッシュバック分お得なのではないでしょうか?

また、嬉しいことにキャッシュバックは、契約時で、しかもプリペイドカード等ではなく現金でもらえると言う点です。プリペイドカードの場合、使えるところが限られてしまいますし、後々だと手続きが面倒臭いからその場で現金はありがたいです。

2-2. 『おとくケータイ』

ネット上での携帯電話販売の老舗店とも言えるサイトで、『おとくケータイ』もソフトバンク取扱店となります。

こちらのキャッシュバック額は、サイト上には明記しておらず、問い合わせをすることで教えてもらえるシステムです。公にしないためか、機種によって細分化されているからでしょうか。

他社からのMNPで違約金がゼロにとうたっていますが、これはキャッシュバックによって違約金分を補うという意味なので、実質キャッシュバックをしているということですね。

やはり購入する機種によってキャッシュバック額も異なるようですが、現在のところ、Xperia XZ1は売れ筋No,1なので、結構キャッシュバックが期待できるのではないでしょうか。月々8240円で分割払いも可能です。

具体的なキャッシュバック額ですが、あくまでも口コミ情報なので、信憑性は謎ですが、iPhone8、iPhoneⅩのような最新Apple機種で30000円程度、Android端末で40000円ほどが相場になっているようです。

まず問い合わせだけはお金がかからないわけですから、問い合わせだけでもしてみてキャッシュバック額だけでもチェックしてみて下さい。

※問い合わせフォームおとくケータイ

またあくまでも噂レベルですが、一度キャッシュバック額を提示されたあと、粘り強く再交渉を行うと、増額してもらえたなんて話も!一度チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

こちらのキャッシュバック受け渡し方法は、契約後、翌々月末に振り込みでもらえるシステムです。その場でもらってしまうとすぐに使ってしまうなんてタイプの人は銀行振り込みが良いのかもしれませんね。

また、こちらの特徴としては、ネット販売だけでなく東京や大阪など主要都市には実店舗があるので、万一のトラブル時には安心な点と豊富なスマホのラインナップでしょうね。

他にも電気料金との合算割引など他のキャンペーンなどの紹介も積極的に行っている印象がありますね。

1-4. お父さんグッズなどプレゼントが豊富

ソフトバンクと言えば、やっぱりお父さん犬という人も多いのではないでしょうか。

ソフトバンクの象徴であるお父さん犬のグッズがもらえるのは、やはりドコモやauでは決して無理なソフトバンクだけの特典。

ソフトバンクショップなどソフトバンク取扱店に行くだけで、抽選でお父さんグッズがもらえるのです。どんなものが当たるかというと

  • お父さん BIGストラップ
  • お父さん&ギガちゃん 人生ゲーム
  • お父さん トートバッグ
  • お父さん ウォーターボトル
  • お父さん パズル  など

「人生ゲーム」とかどんな項目があるのかすごく気になりませんか?今年は戌年だけに大盤振る舞いのようで、超レアものになりそうです。

お父さん犬グッズ以外にもソフトバンクはもれなくもらえるプレゼントが豊富なのです。例えば

  • SUPER FRIDAY(毎週金曜日に何か良いことが!詳しくは後述)
  • 「Pokémon GO Plus」購入特典!500円分デジタルクーポンプレゼントキャンペーン
  • 『週刊朝日MOOK「B’ B.LEAGUE × 井上雄彦」デカ判』(ソフトバンク限定仕様)※ソフトバンクにMNP(新規契約)のうえ、スポナビライブに契約の場合

1-5. 自宅もソフトバンクでもっとお得に

ソフトバンクというと、やはりスマホなど携帯電話事業が有名で、あとはやっぱりプロ野球ソフトバンクホークスなんて人も多いと思います。

しかし、ソフトバンクは多角経営をしていて、代表的なものが「ソフトバンク光」などの自宅のインターネットサービス。

このソフトバンク光などにも加入することで、スマホ代も節約して、お得に使えるのです。

そのキャンペーンが『おうち割光セット』。

ソフトバンク光(もしくはソフトバンクAir)といった自宅インターネットサービスとスマホの両方ソフトバンクにすることで

  • 月々のスマホ代が2年間1522円割引×家族分(3年目からは1008円)
  • 工事費キャッシュバック
  • スマホや自宅インターネットの他社の解約違約金を還元

とサービスが充実しているのです。このサービスの凄いところは、1人あたりではないところ。家族分増えていくので、仮に4人家族全員ソフトバンクにして、自宅もソフトバンク光にすれば、実質10万円以上お得になる仕組みです。

これは同じ住所ではなくともOKで、例えば田舎に住むおじいちゃん、おばあちゃんでも大丈夫なのです。結構ネットのプロバイダはどこでもとりあえず入っていればよいなんて人も多いですからチェックしてみる価値はありますよね。

1-6. モバイルWi-Fiも持つ人は注目

最近は、従来の使用目的である外出先で使うだけでなく、工事が不要なので、自宅のネット環境に使っている人も多いモバイルWi-Fiルーター。

Xperia XZ1などのソフトバンクのスマホとともにモバイルWi-Fiルーターを契約すると、月額1008円割引を受けることができます。

1-7. Tポイントが貯まる、使える

Ponta、楽天スーパーポイント、dポイントなど共通ポイントカードを採用しているお店が増えてきていて、お財布の中には複数のポイントカードでいっぱいなんて人も多いと思います。

そのなかでも、TSUTAYAやファミリーマート、ENEOSなど様々な業種の会社で採用している「Tポイント」。

ソフトバンクだったらこのTポイントが貯まる、使えるのです。月々のソフトバンク使用料1000円につき5Tポイントが入ります。もし毎月10000円程度だったら50Tポイント×1年=600Tポイント。

600Tポイントあれば、吉野家の牛丼食べても、ドトールでコーヒー飲んでもOK!(どちらもTポイント使用可)

もちろんファミマなど他のお店で貯めたTポイントをソフトバンクの機種変更の際の本体代などにすることも可能。

ソフトバンクグループであるYahoo!JAPANのサービス(Yahoo!ショッピング、ヤフオクなど)でもTポイントは貯められる、使えるので意外と使う機会が多いのではないでしょうか?

ポイントサービスを上手に貯めるコツで、よく「一つに集約すること」なんて言われますが、実店舗からネットショッピング、更にスマホ代にまで貯まる、使えるのTポイントは節約家計術のそれこそポイントかもしれませんね。

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!
携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


【知っている人だけが得する話】
最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

1 2 3

関連記事