ソフトバンクへ他社から乗り換え(MNP)する前に読みたい全知識

Pocket

おすすめの検索キーワード
最新iPhoneや2018年夏モデルなどの最新機種購入をお得に手に入れる方法!

機種変更や他社乗り換えでこんな失敗をしていませんか?
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

公式オンラインショップなら損することなく、どこよりも賢くお得に機種変更や乗り換え(MNP)ができます。迷っているなら、予約だけでも。オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。

→ ソフトバンクはこちら
→ ドコモはこちら
→ auはこちら

2. MNPにおける5つの注意点と解決策

注意点1. MNPには解約金と手数料がかかる

MNPには、下図のように3種類の費用がかかります。ただし、それ以上に機種代金や月額料金の割引を受けることができるので、気にする金額ではないでしょう。

MNPにかかる3つの費用

  • MNP転出手数料:現在契約中の携帯会社へのMNP手数料です。ドコモ・auいずれの場合も2,000円かかります。
  • 契約解除料:携帯は基本的に2年契約です。契約の更新する月(更新月)のタイミングで解約しなければ、「契約解除料」として9,500円がかかります。
  • 契約事務手数料:MNP先での手数料として「契約事務手数料」が3,000円かかります。これは、初月の請求の中に自動的に加算されます。
名目 ドコモ au ソフトバンク
転出料 2,000 2,000 3,000
事務手数料 3,000 3,000 3,000
名目 ドコモ au ソフトバンク
違約金 9,500 9,500 9,500

・契約解除料をなくせばMNPをよりお得に

契約解除料の9,500円は大きなデメリットです。

ただし、契約の更新する月(更新月)のタイミングで解約することで、この契約解除料の支払いを避ける事ができます。

注意点2. 今の携帯会社で使っているアドレスが変わる

MNP乗り換えをすると、今使っている 「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」などのアドレスが利用できなくなります。そのため、改めてソフトバンクでアドレスを取得し、アドレス変更通知を友人・知人に送付しないといけません。

そこで、その面倒な作業を簡単にできる方法があるのでご紹介します。

・GmailやYahooメールをメインのアドレスにする

スマートフォンであれば、いま使っているGmailやYahooメールを受信することができます。

なので、そのメールアドレスをメインのメールアドレスにしてしまって、PCでも携帯でも両方受信できるようにしてしまうのが一番手軽でおすすめです。

・アプリを使って、簡単にアドレス変更を送る方法

アドレス変更通知は、手入力だと面倒ですが以下のアプリを使うとラクラク行うことが可能です。

iPhoneの場合:GroupMail
Androidの場合:メアドピッカー

注意点3. 貯まっていたポイントが失効する

MNPで乗り換えに伴い、それまでその携帯会社で貯まっていたポイントが失効してしまいます。

そのため、乗り換え前に、ポイントを確認し、全て使い切ってしまうことがおすすめです。

・現在のポイントを確認する方法

  • ドコモの場合:「My docomo」→「ポイント・優待サービス」で確認可能
  • auの場合:「au WALLET 」と「auお客さまサポート」のトップページから確認可能

・乗り換え前にポイントを賢く使う

新しく購入する機種のモバイルバッテリー、スマホケースなどを購入しておくことをおすすめします。

注意点4. 家族割(ファミリー割)が失効する

ドコモ、auでも、基本使用料が25%オフ、家族間の通話料30%オフの家族割は、MNPで乗り換えてしまうと失効してしまいます。

基本使用料は、MNPのキャンペーンやキャッシュバックを利用して割引を受けることができるので問題ないですが、家族間通話は電話を多用されるご家族にとっては気になるでしょう。

しかし、この家族間通話のデメリットを解消するおすすめの方法が2つあります。

・家族でまとめて乗り換え(MNP)する

一番のおすすめは、家族全員でMNPで乗り換えてしまうことです。家族で乗り換えれば、MNP先の携帯会社でも家族割引を適用できます。

もちろん、ソフトバンクであれば、「ホワイト家族24」で家族間の通話を0円にすることができます。

さらにおすすめする一番の理由として、家族でまとめて複数台MNPすることでキャッシュバックの金額が跳ね上げるケースが多いからです。

例えば、1台だと2.5万円のキャッシュバックであっても、2台以上であれば1台あたり3.5万円キャッシュバックを出す販売会社が多いので、ぜひMNPするときは家族まとめてご検討されてみてはいかがでしょうか。

・「LINE」を利用する

家族が全てスマートフォンの場合は、「LINE」という無料アプリを使いましょう。

「LINE」の大きな特徴は、通話もチャットも無料というところです。つまり、ソフトバンクはLINEでの通話、チャットにかかる通話料は一切発生しません。

もちろん、通話の音質などもストレスを感じることのないレベルなので、おすすめです。

注意点5. 長期優待割引が失効する

ドコモ、auを長く利用されている方は、長期優待割引が失効してしまいます。

ただし、割引額は5年以上継続利用し続けたユーザーでも基本使用料の15%なので、現在仮に1,000円だとすると、150円ほどの小額になります。

MNPにすると、それ以上の恩恵は必ず受けることができるので気にすることはないでしょう。

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

【知っている人だけが得する話】

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ドコモはこちら
→ソフトバンクはこちら
→auはこちら

→おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ケータイ乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう

1 2 3

関連記事