ドコモやauからソフトバンクへの乗り換えを検討していて、「安くなるって聞いたけど、本当にMNPするべきだろうか」「MNPの手続きはどうやってやるのだろうか」と気になっていませんか?

結論から言うと、ソフトバンクにMNPでの乗り換えをすると、ほとんどの場合はデメリットを上回るメリットがあります。

さらに、いくつかのポイントを守ると、知らない場合よりも最大8万円ほどお得にMNPすることができます。

この記事を読んでいただければ、ソフトバンクに乗り換えする全てのメリットとデメリット、さらにお得にMNPを実現する方法から、実際の手続き方法までわかります。

ソフトバンクの機種変更|最新機種にも使える3万円お得に購入する方法

ソフトバンクへ乗り換えるときはオンラインショップを利用しましょう

通常のソフトバンクショップだと損をする?

ソフトバンクショップで乗り換えをしてこのような経験をした方は多いはずです。

ソフトバンクショップで乗り換えた失敗談
  • 有料コンテンツには強制加入させられ、知らないうちに無駄な料金を払い続けることになった
  • 受付の列で待たされた挙句、店員から何時間もしつこい営業をされ、手続きや機種変更の審査にも時間がかかった
  • ソフトバンク公式キャンペーンの適用外になったり、頭金を請求された
  • もちろんキャッシュバックも無かった

特に有料コンテンツや、関係の無い商品まで一緒に契約させられて嫌な思いをした方は多いのでは無いでしょうか。

そういった失敗をしないために、ソフトバンクへ乗り換えや機種変更はソフトバンクオンラインショップを利用しましょう。

ひと昔前には、機種変更するときにはソフトバンクショップなどに行くのが当たり前でしたが、有料コンテンツ問題などもあり、多くの人がオンラインショップで機種変更するようになりました。

結論として、ドコモやauからソフトバンクへ乗り換えるもっともお得な方法は、『おとくケータイ』か『SMARTPHONE STORE』を利用することです。

最高額のキャッシュバックを保証してくれて、不要なオプションへの強制加入などもないため、もっともお得に乗り換えることが出来ます。

ソフトバンクへ乗り換えるとMNPキャッシュバックがもらえる

携帯の買い替えは、『おとくケータイ』や『ソフトバンクオンラインショップ』、「ヤマダ電機」などの家電量販店、「テルル」や「カメラのキタムラ」などの携帯ショップなど様々な方法があります。

どこのショップで携帯を買い替えるかによっては、機種代金と月額料金とは別にショップによってはキャッシュバックを受けることができます。

MNPキャッシュバックで最高に得するための全知識!乗り換え方法で金額がこんなに違う!?

そして、どの方法を選ぶかによってキャッシュバックの金額は最大3万円程度違ってくることがあります。

ショップ 特徴
おとくケータイ
公式サイト
  • キャッシュバック金額の目安:20,000〜50,000円
  • キャッシュバック最高額を保証
  • 店舗運営費を抑えた分、キャッシュバック金額が大きい
  • ソフトバンクへの乗り換えに特化

ソフトバンクへ乗り換えするなら一番おすすめ

ソフトバンクオンラインショップ
公式サイト
  • キャッシュバック金額の目安:0〜20,000円
  • ショップ店舗ではなく、自宅で受け取る方が便利でお得
  • ソフトバンク/ドコモ/au直営のため最優先でiPhone7を入荷
  • キャッシュバックは出ないが料金キャンペーンが充実

機種変更(ソフトバンク→ソフトバンク)なら一番おすすめ

テルル, カメラのキタムラなどの併売ショップ
  • キャッシュバック金額の目安:5,000〜30,000円
  • MNPで乗り換えてもキャッシュバックを期待できない
  • 月額の「有料オプション」を契約させられる場合も多い

店舗によって大きく異なる

ヤマダ電機, ヨドバシカメラなどの家電量販店
  • キャッシュバック金額の目安:5,000〜20,000円
  • ソフトバンクのスマホを実際に触れること
  • キャッシュバックではなくポイントで還元される場合もある

店員への交渉が必要

ソフトバンクショップなど専売ショップ
  • キャッシュバック金額の目安:0〜20,000円
  •  店舗によってスマホ端末の入荷の偏りが大きい
  • キャッシュバックが出ない場合が多い
  • 混雑している場合が多い

メリットの少ない店舗も多い

比較表の通り、ドコモやauからソフトバンクへ乗り換え(MNP)て後悔しないためにもっとも賢い方法は『おとくケータイ』を利用することです。

MNPは機種代金が圧倒的に安くなる

MNPの大きなメリットとしては、購入する携帯の機種代金が圧倒的に安くなることがあげられます。

iPhone7(32GB)など機種代金が0円になるケースもあり、そういったケースを「実質0円」と表現することがあります。

iPhone7 32GBの場合

iPhone7 実質機種代金 24ヶ月合計
auのまま機種変更する場合 855円 20,520円
ドコモのまま機種変更する場合 1,107円 26,568円
ソフトバンクにMNPする場合 450円 10,800円

Xperia Z5の場合

Xperia Z5 実質機種代金 24ヶ月合計
auのまま機種変更する場合 1,674円/月 40,176円
ドコモのまま機種変更する場合 2,133円/月 51,192円
ソフトバンクにMNPする場合 0円 0円

料金プランの見直しで月額料金が安くなることも

ソフトバンクには、MNPをしただけで月額料金から割引をしてくれるキャンペーンがあります。

具体的には、以下の2つのキャンペーンを合わせて、1万円〜3万円の割引が可能です。

のりかえ割

主要なスマホへのMNP乗り換えであれば、「のりかえ割」という以下の特典を受けることができます。
スマ放題の場合(基本プラン+データ定額パック)
通信料金より10,000円割引(1,000円×10ヵ月)

「ホワイトプラン」+「パケットし放題フラット」の場合
ホワイトプラン基本使用料2年間0円(1,008円×2年)
※ホワイトプランの新規受付は終了しています。

のりかえ下取りプログラム

iPhone 、スマートフォン、2つ折り携帯へのMNP乗り換えであれば、現在使っている機種を下取りし、その対象機種に応じて毎月の通信料金から1万円〜2万円ほど割引するキャンペーンです。

いま古い携帯を使っている方でも1万円以上割引を受け取れるのでかなりお得です。

MNPでソフトバンクへ乗り換えれば電話番号を変更する必要がない

今使っている電話番号を乗り換えた後も、そのまま利用することができるので、

  • 携帯電話番号が変わったことを友人に連絡する必要がない
  • LINEなど電話番号と連動しているサービスでも継続して利用できる

というように面倒な手間はありません。

ソフトバンクへ乗り換える前に確認する5つの注意点と解決策

それなら今すぐにソフトバンクへ乗り換えよう!と思い立って行動してはいけません。

MNPは簡単に手続きは可能ですが費用はタダではありません。

また、契約内容によっては違約金がかかって大損することもありますので事前に確認することを知っておきましょう。

1. MNPには解約金と手数料がかかる

MNPには、下図のように3種類の費用がかかります。ただし、それ以上に機種代金や月額料金の割引を受けることができるので、気にする金額ではないでしょう。

MNPにかかる3つの費用

MNP転出手数料
現在契約中の携帯会社へのMNP手数料です。ドコモ・auいずれの場合も2,000円かかります。

契約解除料
携帯は基本的に2年契約です。契約の更新する月(更新月)のタイミングで解約しなければ「契約解除料」として9,500円がかかります。

契約事務手数料
MNP先での手数料として「契約事務手数料」が3,000円かかります。これは、初月の請求の中に自動的に加算されます。

名目 ドコモ au ソフトバンク
転出料 2,000 2,000 3,000
事務手数料 3,000 3,000 3,000
名目 ドコモ au ソフトバンク
違約金 9,500 9,500 9,500

契約解除料をなくせばMNPをよりお得に

契約解除料の9,500円は大きなデメリットです。ただし、契約の更新する月(更新月)のタイミングで解約することで、この契約解除料の支払いを避ける事ができます。

MNPには手数料がかかる?携帯解約手数料を抑える2つの方法

注意点2. 今の携帯会社で使っているアドレスが変わる

MNP乗り換えをすると、今使っている 「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」などのアドレスが利用できなくなります。そのため、改めてソフトバンクでアドレスを取得し、アドレス変更通知を友人・知人に送付しないといけません。

そこで、その面倒な作業を簡単にできる方法があるのでご紹介します。

・GmailやYahooメールをメインのアドレスにする

スマートフォンであれば、いま使っているGmailやYahooメールを受信することができます。

なので、そのメールアドレスをメインのメールアドレスにしてしまって、PCでも携帯でも両方受信できるようにしてしまうのが一番手軽でおすすめです。

・アプリを使って、簡単にアドレス変更を送る方法

アドレス変更通知は、手入力だと面倒ですが以下のアプリを使うとラクラク行うことが可能です。

iPhoneの場合:GroupMail
Androidの場合:メアドピッカー

注意点3. 貯まっていたポイントが失効する

MNPで乗り換えに伴い、それまでその携帯会社で貯まっていたポイントが失効してしまいます。

そのため、乗り換え前に、ポイントを確認し、全て使い切ってしまうことがおすすめです。

・現在のポイントを確認する方法

  • ドコモの場合:「My docomo」→「ポイント・優待サービス」で確認可能
  • auの場合:「au WALLET 」と「auお客さまサポート」のトップページから確認可能

・乗り換え前にポイントを賢く使う

新しく購入する機種のモバイルバッテリー、スマホケースなどを購入しておくことをおすすめします。

注意点4. 家族割(ファミリー割)が失効する

ドコモ、auでも、基本使用料が25%オフ、家族間の通話料30%オフの家族割は、MNPで乗り換えてしまうと失効してしまいます。

基本使用料は、MNPのキャンペーンやキャッシュバックを利用して割引を受けることができるので問題ないですが、家族間通話は電話を多用されるご家族にとっては気になるでしょう。

しかし、この家族間通話のデメリットを解消するおすすめの方法が2つあります。

・家族でまとめて乗り換え(MNP)する

一番のおすすめは、家族全員でMNPで乗り換えてしまうことです。家族で乗り換えれば、MNP先の携帯会社でも家族割引を適用できます。

もちろん、ソフトバンクであれば、「ホワイト家族24」で家族間の通話を0円にすることができます。

さらにおすすめする一番の理由として、家族でまとめて複数台MNPすることでキャッシュバックの金額が跳ね上げるケースが多いからです。

例えば、1台だと2.5万円のキャッシュバックであっても、2台以上であれば1台あたり3.5万円キャッシュバックを出す販売会社が多いので、ぜひMNPするときは家族まとめてご検討されてみてはいかがでしょうか。

・「LINE」を利用する

家族が全てスマートフォンの場合は、「LINE」という無料アプリを使いましょう。

「LINE」の大きな特徴は、通話もチャットも無料というところです。つまり、ソフトバンクはLINEでの通話、チャットにかかる通話料は一切発生しません。

もちろん、通話の音質などもストレスを感じることのないレベルなので、おすすめです。

注意点5. 長期優待割引が失効する

ドコモ、auを長く利用されている方は、長期優待割引が失効してしまいます。

ただし、割引額は5年以上継続利用し続けたユーザーでも基本使用料の15%なので、現在仮に1,000円だとすると、150円ほどの小額になります。

MNPにすると、それ以上の恩恵は必ず受けることができるので気にすることはないでしょう。

ソフトバンクへ乗り換える手順|オンラインショップなら簡単2ステップ

MNPの手続きというと難しく感じるかもしれませんが、機種変更と比較しても10分ほどしか変わりません。

具体的には、下記の「MNP予約番号の取得」と「新規申し込み」の2ステップしかありません。

MNPの2ステップ

「MNP予約番号の取得」に関しては、ネットや電話を利用すれば、10分ほどで簡単に完了してしまいます。

【全キャリア】MNP予約番号をたった5分で取得する3つのポイント

まとめ|ソフトバンクへ乗り換えるときはMNPキャッシュバックを最大限利用する

MNPがとてもお得な制度であることを、感じていただけましたでしょうか。

ソフトバンク・ドコモ・auは、常にお互いにユーザー数を競っています。そのため、ライバルからユーザーを1人減らし自社のユーザーを1人増やすことは、新規に獲得することの2倍近く価値があることなのです。

そのため、携帯各社はMNPに力を入れ、機種変更や新規獲得よりも手厚くキャンペーンを行い、多くの販売報奨金を販売店に支払っているためキャッシュバックも出すことができるのです。

ソフトバンクへの乗り換え(MNP)なら、『おとくケータイ』を利用することで今よりお得に利用できます。

今、ドコモやauを利用している方で最新スマホをお得に手に入れたいのならソフトバンクへ乗り換え(MNP)のがもっともお得です。

最高額のキャッシュバックを保証してくれて、不要なオプションへの強制加入やショップの待ち時間などわずらわしいことも軽減されますのでおすすめです。

Pocket