ソフトバンク HUAWEI Mate 10 Proの辛口実機レビュー評価|2018年夏モデル

2018年のソフトバンクの夏モデルとして発売中のHUAWEI Mate 10 Pro

現在様々な夏モデルが登場している中でもHUAWEI Mate 10 Proは注目を集めており、購入を検討している人も多いのではないでしょうか。

購入したいけどスペックも気になる…それは当然のことですね。

せっかく購入するのに自分の欲しいスペックなどがない機種だったら悲しいとですよね…。

そこで、今回は、ソフトバンクから発売されているHUAWEI Mate 10 Proを実機レビューします。

もし購入を検討している人がいたらぜひ参考にしていただければ幸いです。

ソフトバンク 2018年夏モデルが発売!おすすめ最新6機種の特徴まとめ

ソフトバンクの2018年の夏モデル「HUAWEI Mate 10 Pro」とは?

ソフトバンクからHUAWEI Mate 10 Proが発売されることはわかっていても、どんな機種なのか知らないという人もいるでしょう。

ですので、どれくらい魅力的な機種なのかを知るためにも基本スペックなどからしっかり確認してみましょう!

HUAWEI Mate 10 Proの基本スペック

それではソフトバンクから公式で発表されている基本スペックを確認してみましょう。

一覧表にするだけでもHUAWEI Mate 10 Proの魅力がわかるはずです。

最大通信速度(下り/上り) 400Mbps/37.5Mbps
サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ 約75×154×7.9mm/約178g
連続通話時間/
連続待受時間
FDD-LTE網 約950分/約435時間
AXGP網 -/約426時間
W-CDMA網 約1,140分/約522時間
GSM網 約1,980分/約585時間
フルセグ/ワンセグ -/-
ディスプレー 約6インチ フルHD+(2,160×1,080ドット)
OLED
モバイルカメラ
(画素数/タイプ)
メイン デュアルカメラ
(有効画素数約2,000万画素+約1,200万画素)
サブ 有効画素数約800万画素
防水/防じん IPX5、IPX7/IP6X
Bluetooth® Ver.4.2
外部メモリー/推奨容量
内蔵メモリー ROM 128GB
RAM 6GB
CPU(クロック数/チップ) オクタコア(2.36GHz+1.8GHz)/Kirin 970
電池容量 4,000mAh
Wi-Fi(対応規格、周波数) IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz、5GHz)
OS Android™ 8.0
カラーバリエーション ミッドナイトブルー、チタニウムグレー

HUAWEIの独自のAIシステムや、Leicaの最新ダブルレンズカメラを搭載し、幅広い写真撮影も楽しめると期待を集めている機種です。

内部メモリやCPUも引け劣らずのスペックです。

では、それぞれをメリットとデメリットに分けて確認してみましょう。

ソフトバンク HUAWEI Mate 10 Proのメリット

では、ソフトバンクから発売されるHUAWEI Mate 10 Proの実機レビューをしてみたいと思います。

まずは、HUAWEI Mate 10 Proのメリットからレビューします。

ソフトバンク HUAWEI Mate 10 Proのメリット①:18:9の大型ディスプレイ

画像引用元:HUAWEI公式サイト

スマホを購入する際には、画面サイズがどうしても気になるという人も多いはず。

近年のスマホは大型化が進んでいますが、HUAWEI FullView ディスプレイは、18:9のアスペクト比となっているため、まだまだ浸透していないほど大きいディスプレイになっています。

さらにベゼルレスディスプレイなので、前面はほぼディスプレイで、HDR10テクノロジーを搭載した6インチスクリーンになっていることも特徴といえるでしょう。

ディスプレイサイズが小さく見にくいと悩んでいる人にはおすすめです。

ソフトバンク HUAWEI Mate 10 Proのメリット②:美しいデザインと最先端のマテリアル使用

画像引用元:HUAWEI公式サイト

スマホ購入時にやっぱり気になるのは本体のデザイン、そんな人もいるはずです。

シグネチャーストライプといって、センターに配置されたデュアルカメラを強調するデザインとなっている他、完璧なシンメトリーを持つデザインを表現しているため美しさも際立ちます。

さらに、人間工学に基づき手馴染みが良く作られた湾曲したガラスにより、ストレスなく自然にスマホを持つことができるので、デザインだけでなく使いやすさでも魅了してくれることでしょう。

注目したいのはスマホのマテリアルです。

最先端のものを利用しているHUAWEI Mate 10 Proは、美しいデザインを実現するため、前面と背面の両方が強く丈夫なガラスで覆われています。

しかもHUAWEIの技術を要して、丈夫なリアガラスを700°Cまで加熱し成形しているため、美しいデザインを表現しているようです。

美しく洗練されたデザインだけでなく、防水にも対応しているため、生活のあらゆる場面でHUAWEI Mate 10 Proは役に立ってくれるはずです。

ソフトバンク HUAWEI Mate 10 Proのメリット③:少ない電力で素早い対応

画像引用元:HUAWEI公式サイト

スマホがかくついて悲しい思いをしたことがある人も多いのではないでしょうか。

HUAWEI Mate 10 Proは世界初のKIRIN AIプロセッサを搭載しているため、より速く、より強く、シームレスな体験をすることができるようです。

Kirin 970プロセッサは、専用のNPUを使用して、AI コンピューティングプラットフォームを通じることで、速度の向上をはかっています。

最先端の10nmプロセスによるオクタコアCPUと12コアGPUを搭載しているため、無駄な電力は使わず、少ない電力消費で素早い処理速度を実現しています。

専用のNPUのおかげで、AIの計算における電力効率を50倍、パフォーマンスを25倍に向上させることができているというのも嬉しいポイントです。

そしてHUAWEI Mate 10 ProのNPUは一般的なクラウドベースのAIから独立して処理することができるため、プライバシーも保護され、安全性も期待できるはずです。

そのおかげもあって、スマホをいつも最高の状態に保つことができるため、常にかくつくことなく快適にスマホを利用し続ける事ができるはずです。

ソフトバンク HUAWEI Mate 10 Proのメリット④:大容量のバッテリー

画像引用元:HUAWEI公式サイト

充電の持ちが悪いと感じている人も多いはずです。

機能は向上しているにも関わらず、バッテリー容量が少ないことから画面などを明るくしすぎているとすぐに電池がなくなってしまったり、常に充電器を持ち歩いている人もいるはずです。

そんな人におすすめできるのがHUAWEI Mate 10 Proです。長持ちするように設計されたバッテリーは、4000mAhの大容量。

さらに、大容量バッテリーとスマートなバッテリー管理を組み合わせることで、ユーザ挙動の学習することで、電力の無駄を最小限に抑え、バッテリー時間を最大化することができます。

そして、充電し忘れて充電がない!でももう外出しないといけないなんて時にもおすすめなのがHUAWEI Mate 10 Pro。

急速充電に対応しており、HUAWEIのスーパーチャージは、約20分の充電で丸1日使える急速充電技術を搭載している他、その15層の安全システムはテュフラインランドにより認定もされています。

ソフトバンク HUAWEI Mate 10 Proのメリット⑤:AIで進化した撮影機能

画像引用元:HUAWEI公式サイト

近年のスマホはデジタルカメラ並みにカメラ機能が向上しているものが多く、HUAWEI Mate 10 Proもカメラ機能が向上しているスマホの一つです。

通常のカメラだけでなく今流行のデュアルカメラ搭載で、AI機能と組み合わせることで美しくより優れた画質を簡単に捉えることができます

開口部f/1.6の新しいLeicaダブルレンズカメラにより、背景のぼかしや暗いところでも鮮明な写真撮影ができること、そして動きのある被写体でもぶれのないのが特徴です。

さらに、2000万画素モノクロセンサーと1200万画素RGBセンサーと、光学手振れ補正機能が、より多くの光を取り込むことにより高い描写力を実現し、AIによるリアルタイムのシーン・被写体認識も可能です。

インテリジェントな写真アルゴリズムにより、自動判別し、色やコントラスト、明るさなどを調整することで、鮮明でシャープな画像を生成することができます。例えば、以下のようなものを美しく撮影できます。

HUAWEI Mate 10 Proのカメラ機能
      • 青空
      • 植物
      • 夜景
      • フード
      • 日の入り/日の出
      • 文字
      • ビーチ
      • ポートレート

HUAWEI Mate 10 ProはAIが画像のデータキャッシュからポートレートを識別することができるので、背景ぼかし効果の範囲などを調整する他、ピントもしっかりと合わせることができます。

そこで、カメラ機能を重視してスマホを購入したい人におすすめです。

ソフトバンク HUAWEI Mate 10 Proのメリット⑥:安定の高速通信

画像引用元:HUAWEI公式サイト

そしてHUAWEI Mate 10 Proの最大の特徴は超高速のダウンロード速度と優れた通話品質です。

通話やネット環境を利用していて、遅いと感じたり音切れを感じてしまうことがある人もいるはずです。

インテリジェントなセルサーチとハンドオーバー技術を搭載しているHUAWEI Mate 10 Proなら、高速移動中でもネットや通話などのの通信が安定します。

さらに安定するだけでなく、クリアで聞き取り易い音も特徴です。

HUAWEI Mate 10 Proに向かって話された音は、かすかな囁き声でも相手側にしっかりと伝えることができます。

そのため、大きな声が出せない場面でも通話相手にはしっかりと内容を聞き取ってもらえるのでストレスのない通話が可能です。

ノイズも気にせず通話できるのもメリットでそれは、AIにより進化した環境ノイズキャンセル機能が搭載されているためです。

AI処理を加速しているため、テキストや音声だけでなく、会話や画像などを50以上の言語に即座に翻訳できます。

プリインストールされている翻訳アプリでは、1対1・グループの対話中に迅速に翻訳できるので安心。

ソフトバンク HUAWEI Mate 10 Proのデメリット

たくさんのメリットを持ち合わせているHUAWEI Mate 10 Proですが、デメリットはないのでしょうか。

人によってはデメリットに感じている部分もしっかりとレビューしていきましょう。

ソフトバンク HUAWEI Mate 10 Proのデメリット①:カラーが少ない

画像引用元:HUAWEI公式サイト

今回、ソフトバンクで発売される際に用意されているカラーは以下の2色です。

  • ミッドナイトブルー
  • チタニウムグレー

どちらも大人っぽい色合いでとてもステキですが、カラーを重視する人からすると少し物足りないかもしれません。

さらに、レッドやピンクなどの暖色系を求めている人には少しおすすめできません。

とはいえ、洗練されたデザインはシックでとても魅力的です。

ソフトバンク HUAWEI Mate 10 Proのデメリット②:全画面対応していないアプリも

HUAWEI Mate 10 Proは近年のスマホの大型化にのり、ディスプレイもベゼルレスディスプレイになっているため画面比率が18:9と大きいのも特徴です。

ですが、それにより、アプリによっては全画面対応していないものもあるかもしれません。

まだまだ浸透していない画面比率のため対応していないとなると全画面でアプリを楽しむことができないため、今利用しているものとは見え方が変わってしまうかもしれません。

とはいえ、この画面比率が浸透していけばアプリも順次対応してくるのではないかと思いますが、それまでは全画面で楽しめないものがあることは覚えておいた方が良いかもしれません。

ソフトバンク HUAWEI Mate 10 Proのデメリット③:人によっては手馴染みが悪いと感じることも…

画像引用元:HUAWEI公式サイト

約75×154×7.9mmと、大きめのHUAWEI Mate 10 Proは、成人男性でも片手操作は利用しにくいと感じてしまうかもしれません。

SNSの縦の情報量にはしっかりと対応してくれているものの、手が小さいと感じている人には片手での操作が難しく感じられ、逆にストレスになってしまうことも…。

さらに、無理に操作したときに手が変なところに当たってしまい操作を阻害してしまう可能性もあるため、手馴染みが気になる場合には実店舗で実機に触れてみるのもおすすめです。

ソフトバンク HUAWEI Mate 10 Proの価格は?

お金

目立ったデメリットも少ないHUAWEI Mate 10 Proが購入したいと思った人も多いはずです。

そこで皆さんが気になるのが本体価格。

ソフトバンクで購入するとしたらいくらで月々維持することができるのでしょうか。

機種変更
1,240円/月
分割48回払い
新規契約
1,240円/月
分割48回払い
MNP(乗り換え)
340円/月
分割48回払い

新規機種ですが、元々ソフトバンクユーザーという人や、新規の人は1,240円で月々利用することができます。

注目したいのはMNP乗り換えした際の月々の価格です。

破格の340円が月々の本体価格となるので、様々な機能をつけたとしても今のスマホよりも安く維持することができそうです。

ソフトバンクオンラインショップで購入すればもっとお得!

画像引用元:SONY公式サイト

ソフトバンクからは公式のオンラインショップが用意されており、そこで購入すれば頭金0円などのお得な特典がいっぱいです。

ソフトバンクオンラインショップのメリット
      • 日本全国、送料・代引手数料無料
      • 24時間好きなときに注文可能
      • オンラインショップ限定キャンぺーンあり
      • 公式だから購入前も購入後も安心
      • 受け取り方法が選べる

上記の様なメリットがあるため、ソフトバンクオンラインショップでの購入はおすすめです。

仕事が忙しくて実店舗に足を運ぶ余裕がない…そんな人でも、気軽に安く新機種を購入することができるのがポイントです。

ソフトバンクオンラインショップで乗り換え(MNP)するメリットとデメリット

ソフトバンク HUAWEI Mate 10 Proの総合評価

画像引用元:HUAWEI公式サイト

ということで今回は、ソフトバンクから発売中のHUAWEI Mate 10 Proを実機レビューしてみましたがいかがでしたでしょうか。

手馴染み、そしてディスプレイサイズ、カラーがデメリットといえますが、それ以外には目立ったデメリットはなかったように感じます。

急速充電などにも対応しているため、うっかり充電し忘れていたということが多い人にもおすすめできる機種です。

快適なスマホライフを提供してくれるHUAWEI Mate 10 Proで快適な毎日を過ごしてみて下さいね。

次に読んで欲しいソフトバンク関連情報

ソフトバンクでHUAWEI Mate 10 Proの機種変更を考えている方は、ソフトバンクの機種変更|最新機種にも使える3万円お得に購入する方法も合わせてご覧ください。

ソフトバンクへ乗り換えでHUAWEI Mate 10 Proの購入を考えている方は、ソフトバンクへ他社から乗り換え(MNP)する前に読みたい全知識も合わせてご覧ください。

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!
携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


【知っている人だけが得する話】
最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

関連記事