現在、スマホなどを利用するにあたり必ず必要となるのが「パケット

アプリをダウンロードするにも、SNSを楽しむにも、そしてYoutubeをはじめとしたストリーミング再生を行うと使用データ量が急激に増加します。

そのため、動画などの視聴はWi-Fi環境下のみでしか楽しめないというユーザーも多いのですが、それを解決してくれるプランとしてソフトバンクから発表されたプランが「ギガモンスタープラス」です。

データ通信量に特化したサービスなので、毎月上限までいってしまっているという人にはおすすめですが本当にギガモンスタープラスを利用することがお得なのか疑問に思うユーザーの声もちらほらとあります。

そこで今回は、ソフトバンクのギガモンスタープラスのメリットとデメリットをご紹介します。

そもそも「ギガモンスタープラス」とはどんなプラン?

ギガモンスタープラスについてはテレビCMや動画サイトのCMでも起用されているため、ざっくりとどんなものか知っているユーザーも多いでしょう。

ですが、具体的にどのようなプランなのかわからないというユーザーのために中身を簡単にご紹介します。

データ通信量を気にすることなくコンテンツを楽しめる


画像引用元:ソフトバンク ギガモンスタープラス

冒頭でも紹介したとおり、スマホなどを利用する際に必ずといってもいいほど必要なものと言えば、データ通信です。

特に現在はアプリも高性能化しダウンロードも通常の回線ではなくWi-Fiをおすすめするゲームが増えてきているほど、データ通信を必要とするものが多いです。

その他にも、動画視聴の際にはストリーミング(リアルタイム再生技術)により、通信速度が遅いと動画を読み込むことさえできなくなってしまいます。

とはいえ、待ち時間になるとどうしても動画視聴をしてしまうという人も少なくないはずですが、そういう人はすぐにその月の最高パケットまで使い果たしてしまうことでしょう。

そうなると、外では思いっきりデータ通信を楽しむことができず、むしろWi-Fi環境下でないと楽しめなくなってしまいます

そんな人のためにできたのがこの「ギガモンスタープラス」です。


画像引用元:ソフトバンク ギガモンスタープラス

ギガモンスタープラスは、従来の利用料と同じ利用料で、データ通信量の容量が50GBに増えるというものです。

上記の例は家族4人で契約した場合のものですが、それでも<<> style=”color: #ff0000;”>従来型のプランのサイズの10倍になるため、パケットを気にすることなくデータ通信を楽しむことができるのではないでしょうか。

指定のサービスならデータ消費なし

YoutubeやAmebaTVなど、無料の動画配信アプリやサイトが増えてきたことから、ストリーミング再生を多用することでデータ消費をしてきたと思います。

ギガモンスタープラスはそこに着目し、人気の高いものに関しては、データ消費されないように設定されています。

例えば、Youtubeであればどんなときどんな場所でYoutubeを閲覧したとしても、データ消費にはカウントされないということです。

動画再生を行うことがもっとも多い人であれば「50GBでは足りないかもしれない」と思うユーザーも多いでしょう。

ですが、Youtubeで閲覧しているユーザーであれば、どこで見てもデータ消費にはカウントされないため、インターネットの操作にイライラすることもないでしょう。

その他にも、InstagramFacebookLINEまでもがデータ消費されないため、開放的な気持ちになるはずです。

家族で入ればもっとお得に


画像引用元:ソフトバンク ギガモンスタープラス

さらに、家族でソフトバンクユーザーという人はみんなでギガモンスタープラスに加入することで、2,000円程度の値引きをしてもらうことができるため、おすすめです。

中でも、ネットとセットでソフトバンクと契約しているユーザーや、ギガ使い放題キャンペーンを利用している人ならもっと割引されるため、利用している人は検討するのもよいでしょう。

ギガモンスタープラスのメリット

ギガモンスタープラスはデータ通信量が多い人であればメリット以外の何ものでもないでしょう。

その良さについてメリットとして改めて確認してみましょう。

ギガモンスタープラスのメリット1|データ通信量の心配が減る


画像引用元:ソフトバンク ギガモンスタープラス

前の項でも簡単に説明しましたが、ギガモンスタープラスの醍醐味といえばやっぱりその通信量の多さでしょう。

データ通信を利用したものをたくさん使用するユーザーにとって通信速度はとても重要です。

データマックスになってしまうとどうしても通信速度ががっくりと落ちてしまうはずです。

ギガモンスタープラスではそれを考慮して、50GBをマックスとしているため、データ通信量を気にすることなく様々なコンテンツを楽しむことができるのでおすすめです。

休憩時間、通勤時間なども大好きなコンテンツを楽しむことができるのは大きなメリットですね。

ギガモンスタープラスのメリット2|指定サービスはデータ通信量0


画像引用元:ソフトバンク ギガモンスタープラス

50GBでも不安…」データ通信のヘビーユーザーであればそう感じてしまう量かもしれません。

ですがご安心下さい、ギガモンスタープラスでは、幅広く利用されているコンテンツに関してはデータ消費のカウントとなりません。

ギガモンスタープラスの対象サービス
  • Youtube
  • AmebaTV
  • TVer
  • GYAO!
  • hulu
  • LINE
  • Instagram
  • Facebook

上記のコンテンツを使用する際には、どこにいたとしてもデータ通信を気にすることなく利用することができるため、50GBはもっとほかの事に利用することができおすすめです。

Youtubeはオフライン再生しているという人も、ギガモンスタープラスであれば気にすることなく閲覧することができでしょう。

ギガモンスタープラスのメリット3|「家族」の範囲が広い


画像引用元:ソフトバンク ギガモンスタープラス

ギガモンスタープラスは1人でも加入することができるため、家族内で1人がソフトバンクユーザーの場合でも利用することができます。

ですが、家族でソフトバンクユーザーである場合には、みんなで加入する方がギガモンスタープラスはお得になります。

そしてその“家族”の幅がものすごく広いのもソフトバンク気がモンスタープラスの特徴です。

同居している家族だけでなく、離れて暮らす家族は当然のこと、同居しているパートナーや友人、さらにはシェアハウスなどの仲間までもが家族として換算されます。

ですので、家族がソフトバンクユーザーでない場合も心配する必要は無く、上記に当てはまる人がいる場合にはその人数分の割引を受けることができます。

ギガモンスタープラスのメリット4|他のプランとの併用でもっとお得に


画像引用元:ソフトバンク ギガモンスタープラス

ソフトバンクで携帯のみの契約をしている人もいるかもしれませんが、ソフトバンクでは様々なプランやコンテンツが用意されているため、それと合わせて契約している人もいるでしょう。

その中でも、ソフトバンクでネット環境の契約をしている人であれば、1,000円程毎月利用料から引いてもらうことができますし、ギガ使い放題キャンペーンを契約していればさらに1,000円引いてもらうことができます

ギガモンスタープラスのメリット5|テザリング通信がもっと自由に

近年は、公共のWi-Fiスポットも増えてきたことから、外で自由に仕事をすることもできるようになりました。

ですが、全ての地域で公共のWi-Fiなどが飛び交っているわけではなく、まだまだ普及されていないところの方が多いです。

となると外でデータ通信をする際に必要となるのがポケットWi-Fiです。

ベット契約するとなるとその利用料もかかってしまうためお得とはいえませんが、現在の携帯端末にはそのテザリング機能も搭載されています。

そのため、携帯端末をスポットとして利用しているユーザーも多いですが、テザリング中に気になるのはやはりデータ通信量。

気がついたらその月の上限まで到達していたなんてことも普通にあると思いますが、ギガモンスタープラスはそれも解決してくれます。

テザリング機能は対象サービスとなっているため、利用してもデータ量として計算されないため電池の消費のみ気にすることができればどこでもネット環境を利用することができるのです。

ギガモンスタープラスのメリット6|機種の購入なら1年間1,000円割引

ソフトバンクに新規契約または、機種変更をして、ギガモンスタープラスに加入した人に限り、1年間は1,000円割引が続きます。

前の項で紹介したプランやキャンペーンなども併用すれば、最大で約4,000円も割引してもらうことができるため、お得といえるでしょう。

ギガモンスタープラスのデメリット

メリットも多いギガモンスタープラスですが、残念ながらある程度のデメリットもあります。

ギガモンスタープラスの利用を検討するのであればデメリットもきちんと知っておくことが大切です。

ギガモンスタープラスのデメリット1|データ量がかからないプランがわかりにくい

ソフトバンクのギガモンスタープラスにはデータ量がかからないコンテンツがいくつかあります

前の項で紹介しましたが、コンテンツだけではなくテザリングもデータ量はノーカウントとなっています。

当然確認すれば教えてもらうことはできますが、どのようなコンテンツがデータ量がかからないのかというラインがわかりにくいのが現状のようです。

そして、テザリングのデータ量自体はデータ量として数えられませんが、テザリングを行うためには月額500円がかかってしまうため、注意しましょう。

データ通信量に加えて500円かかるので利用料が高くなったイメージを受けるかもしれません。

ギガモンスタープラスのデメリット2|同居人などは確認が必要

ギガモンスタープラスには、家族や同居人がいることで利用料がぐっとお得になるのでおすすめです。

そしてその他にも同居中の人も家族としてカウントしてもらうことができますが、その際には確認書類の提出が必要となります。

同居人の確認書類として必要なもの

【同居している家族、親戚の場合】

  • 同住所が確認できる契約者を含めた本人確認書類

【離れて暮らしている家族、親戚の場合】

  • 契約者を含めた本人確認書類
  • 家族であることがわかる「住民票記載事項証明書」「戸籍謄本」

【同居している友人、パートナーなどの場合】

  • 同住所が確認できる契約者を含めた本人確認書類

それぞれ、提出する書類が必要となりますので、間違えないように提出しましょう。

上記が提出できない場合には、家族というくくりとして認めてもらうことができないため、申請する際には準備しておくことも大切です。

ギガモンスタープラスのデメリット3|月々サポートは受けられない

ギガモンスタープラスはとてもお得なプランといえますが、残念ながら月々サポートとは併用することができません

つまり、本体の機種代金などは割引なしの金額を支払い続ける必要があるのです。

ギガモンスタープラスの利用料が通常の通信料金と同じでも、端末価格が大きくなってしまうのであれば負担額が増えてしまう可能性もあります。

48回払いにすれば、月々の負担額はぐっと抑えることができますが、48回にするということは実質4年縛りになってしまうとの同じになるので新しい機種を購入したい人であればあまりおすすめできません。

ギガモンスタープラスのデメリット4|余っても繰越はない

50GBといえば、とても大きなデータ量です。

さらに、データ量として加算されないものもあるため人によっては50GBを使い切らないという人もいるでしょう。

通常のデータ量であれば次月に繰り越しできる制度を設けているプランもありますが、ギガモンスタープラスの場合は、データ量が余ってしまったとしても次月に繰り越すことはできません。

ですので、50GB使い切れなかったとしても、次月もまた50GBです。

ギガモンスタープラスのデメリット5|データ量を消費しないコンテンツでもデータ量を使用するケースも…


画像引用元:ソフトバンク ギガモンスタープラス

データ量を消費しないコンテンツがいくつか紹介されていますが、そのコンテンツの中でも動作によってはデータ通信量を消費してしまう可能性があります。

データ量を消費する動作
  • Youtube:広告クリックの移動先
  • AmebaTV:お知らせページの閲覧・FAQの閲覧・番組公式サイトの閲覧
  • TVer:広告・計測関連のビーコン・動画配信ソリューションのシステムに関する通信・トピックスの閲覧
  • GYAO!:広告の視聴または閲覧・画像やテキストの閲覧・一部の生配信映像の視聴・Webページの閲覧
  • Hulu:動画視聴やダウンロード以外の通信
  • LINE:音声通話・ビデオ通話
  • Instagram:音楽の再生
  • Facebook:音楽の再生・メッセンジャーの使用

上記の様な動作は、ソフトバンクの公式サイトにも書かれているようにデータ通信量を消費してしまいます。

そのため、コンテンツを利用しているから大丈夫と思うのではなく、動作によってはデータ通信量を使用してしまうと思っておく方がよいでしょう。

ギガモンスタープラスを上手に利用して楽しもう

ということで今回は、ギガモンスタープラスのメリットやデメリットについてご紹介してみましたがいかがでしたでしょうか。

メリットとしてはデータ通信量の使用が多い人はお得に感じる事も多いはずですし、データ通信速度の低下を考えないまま次月を迎えることもできるでしょう。

とはいえ、ギガモンスタープラスに関してはメリットばかりではなく月々サポートが受けられない、結果的に月額利用料が高くなってしまうというデメリットもありますので注意が必要です。

あまりデータ通信量が多くないという人は契約すると逆に利用料が高くなってしまいますし、安くしようと思えば48回払いの選択もやむを得なくなってしまいますので、契約前にしっかりと考えましょう。

逆にデータ量が多いという人は、様々なメリットもありますし、家族でソフトバンクユーザーであれば割引を受けることもできますので、検討してみるのもおすすめです。

Pocket