ソフトバンク「ギガモンスター」は本当にお得?ポイントと注意点

ソフトバンク料金プラン「ギガモンスター」

2016年9月に最新のiPhoneである「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」が発売されましたね。どちらもCPUなどの基本性能が進化し、より速い高速通信にも対応しました。そうなることで、ますます利用頻度が増えていきそうですね。

利用頻度が増えることでまず心配になる点が、データ通信容量。コストパフォーマンスがよいと言われている7GBでは容量不足が懸念されます。しかしながら、容量を大きくするとその分料金もアップ。高額になってしまうのが心配です。

そこでソフトバンクから登場したのが、「ギガモンスター」。20GBと30GBという大容量を提供するパケット定額サービスです。今回はこの「ギガモンスター」が本当にお得なのか、「ギガモンスター」を利用する際のポイント・注意点について詳しくご紹介します。

現在ソフトバンクを利用中の方はもちろん、乗り換えや新規契約でソフトバンクを検討中の方も、この記事を「ギガモンスター」を含めたパケット定額サービス選びの材料としていただけたら、幸いです。

1. 「ギガモンスター」とは?

ソフトバンク料金プラン「ギガモンスター」

冒頭でも簡単にご紹介しましたが、改めて「ギガモンスター」というサービスについて詳しくご紹介します。

「ギガモンスター」について

  • ソフトバンクが提供するパケット定額サービスの1つ
  • iPhone 7シリーズが発売された2016年9月より開始
  • ギガモンスターのプランには、20GBと30GBがある
  • 20GBプランの月額利用料は、6,000円(税別)
  • 30GBプランの月額利用料は、8,000円(税別)

20GBと30GBという大容量プランが突如発表されたのは、衝撃的でしたね。しかし、ソフトバンクではこの容量自体が新プランとして登場したわけではありません。「スマ放題」をスタートした段階で、20GB・30GBのプランは組まれていました。

これらのプランは「ギガモンスター」登場とともに姿を消し、現在のデータ定額サービスのラインナップとなっています。

1-1. 20GBでどれぐらい楽しめるの?

一言で「20GB」と言われても、簡単にイメージできる方は少ないと思います。そこで、20GBをコンテンツで計算してみましょう。

(1) 動画の場合

YouTubeの標準画質(1分あたり約4MB程度)で計算してみると、1ヶ月で約83時間も楽しめます。日付換算すると、約3日半。外出時のすき間時間に視聴することを考えると、存分に楽しめますね。

iPhone 7では、動画ダウンロードや画像・映像処理性能も向上しています。そのため、ついつい長時間動画を見てしまいそうです。「ギガモンスター」なら、その「ついつい」も気にせず動画を楽しめそうですね。

(2) 音楽の場合

iTunesで配信されている音源は、256kbpsのAAC VBR音源。256kbpsの場合1分あたり約2MB使用するため、1曲あたり4分と計算すると毎月2,500曲ダウンロードできる計算になります。これだけ多くダウンロードできれば、音楽好きな方も満足ですね。

1-2. 旧データ定額プランとの比較

旧プランも含めてその他のパケット定額サービスとデータ容量・金額を比較してみましょう。
「(旧)」表記があるものが、すでに廃止されているパケット定額サービスです。

(1)「スマ放題」「スマ放題ライト」プランの場合

データ定額ミニ 1GB 2,900円
データ定額ミニ 2GB 3,500円 (「スマ放題ライト」では選択不可)
データ定額 5GB 5,000円
(旧)データ定額・標準 8GB 6,700円
(旧)データ定額・大容量 10GB 8,000円
(旧)データ定額・大容量 15GB 12,500円
(旧)データ定額・大容量 20GB 16,000円
(旧)データ定額・大容量 30GB 22,500円
※金額は、すべて税別

(2)「ホワイトプラン」の場合

パケットし放題フラット for 4G LTE (7GB) 5,700円
パケットし放題 for 4G LTE (7GB) 2,000円〜6,200円
※金額は、いずれも税別

こうして見ると、「ギガモンスター」がいかに破格値であるかが分かっていただけると思います。8GB以上のプランよりも、ギガモンスター20GBの方が割安です。さらに、5GBに1,000円・7GBに300円プラスするだけで、約3〜4倍もの容量が使えます。

そのため、ソフトバンクでは8GB以上のデータ定額サービスを廃止し「ギガモンスター」へと改編。料金上の矛盾をなくしています。

では、20GBプラン・30GBプランの新旧でどれだけの差が開くのでしょうか? 2年間の利用料金を計算し比較してみましょう。

[20GBプラン]
(旧)データ定額・大容量 20GB 16,000円×24ヶ月=384,000円
ギガモンスター 20GB 6,000円×24ヶ月=144,000円
差額 240,000円

[30GBプラン]
(旧)データ定額・大容量 30GB 22,500円×24ヶ月=540,000円
ギガモンスター 30GB 8,000円×24ヶ月=192,000円
差額 348,000円
※料金は、すべて税別です。

2年間で、ギガモンスター利用料金以上の差がついてしまうのには驚きですね。プラン名のとおり、モンスター級にお得なパケット定額サービスといえるでしょう。

2. 「ギガモンスター」のメリット

大容量のデータ通信サービス「ギガモンスター」。そのメリットとして挙げられるのは、以下の3つです。

2-1. 容量に対するコストパフォーマンスに優れている

meitenss_TP_V

「ギガモンスター」の最大の特徴は、そのコストパフォーマンスのよさにあります。

『1. 「ギガモンスター」とは? 』でも取り上げましたが、かつての「データ定額・大容量」プランの同じ容量と比べると料金はどちらも半分以下。つまり、リーズナブルに大容量プランを使えるようになったのです。

ただし、ここまでのプランを適用している方もかなり少ないでしょう。そこで、契約者数が相対的に多い2つのプランと「ギガモンスター 20GB」との価格差を比較してみましょう。今回は基本使用料が安い「スマ放題ライト」にて比較します。

[スマ放題ライト+ギガモンスター 20GB]
基本使用料(スマ放題ライト) 1,700円
ウェブ使用料 300円
ギガモンスター データ定額20GB 6,000円
合計:8,000円

[スマ放題ライト+データ定額 5GB]
基本使用料(スマ放題ライト) 1,700円
ウェブ使用料 300円
データ定額5GB 5,000円
合計:7,000円
ギガモンスタープランとの価格差:−1,000円

[ホワイトプラン+パケットし放題フラット for 4G LTE]
基本使用料 934円
ウェブ使用料 300円
パケットし放題フラット for 4G LTE 5,700円(容量:7GB)
合計:6,934円
ギガモンスタープランとの価格差:−1,066円
※料金は、すべて税別です。

この3プランを比較してわかるように、実は月々1,000円程度プラスするだけでこれまでの3〜4倍のデータ容量を利用できるようになります。これはデータチャージ1GB分(1,000円/回)と同額ですから、いかにお得であるかがわかりますね。

2-2. 「データくりこし」にも対応

fig_main

余ったデータ容量を翌月に繰り越せる「データくりこし」に対応。大手キャリア各社で「ギガモンスター」同様の大容量プランを展開しています。しかし、繰り越しができるのはauの「スーパーデジラ」とこの「ギガモンスター」のみです。

申し込みもいらず、余れば自動的に繰り越します。これなら、使いきれなかった月があっても安心ですね。大容量のデータにプラスアルファして楽しめる、お得なサービスの1つです。

ただし、繰り越せるのは翌月分まで。2ヶ月以上連続で余ったからといって使い込むと速度制限にかかってしまう可能性もあります。定期的に「My Softbank」でデータ使用量を確認しておくとよいでしょう。

2-3. 25歳以下なら、月々1,000円の値引がある!

gakuwari-monster

現在、25歳以下の方は「ギガモンスター 20GB」を1,000円引きの5,000円/月でできる「学割モンスターU25」が適用できます。外でもYouTubeなどの動画コンテンツを見ることが多いといわれている若年層には、うれしいキャンペーンですね。

名前に「学割」とありますが、こちらは年齢条件を満たしていれば学生でなくても適用可能。25歳以下の方はぜひ申し込んでおくべきキャンペーンでしょう。ギガモンスターのコストパフォーマンスのよさを、さらに大きくできますよ。

2-4. 3日間での通信速度制限も気にせず使える!

fig_giga-monster_3points-1

「3日で3GB以上使うと速度制限かかるのでは? 」と心配する方も多いかもしれません。実は「ギガモンスター」、3日間で3GB以上使うと速度が落とされる通信速度制限の対象外。つまり、1ヶ月に割り当てられる20GB・30GBまではそのままの速度で利用できます。

これなら、契約初日から速度制限を気にせず、データ通信で動画をたくさん楽しめますね。「データくりこし」にも対応しているため、繰り越し分も活用すればさらに楽しむことができます。

なお、「スマ放題」「スマ放題ライト」と契約できるデータ定額サービスであれば、現在はどの容量でも3日3GB速度制限の対象外となっています。(3G端末は除く)

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!
携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


【知っている人だけが得する話】
最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

1 2 3 4 5 6

関連記事