スマホを乗り換えがお得?現金キャッシュバックもらう10のポイント

ポイント2 スマホ乗り換えでキャッシュバックが貰えるわけ

そもそも新規契約や機種変更で貰えない「キャッシュバック」が乗り換えで貰えるのはなぜでしょうか。
高額なキャッシュバックが貰えるのはうれしい限りですが、なにか裏があるのではないか?
そう思うことはありませんか?
実はこれにはちゃんとした理由があります。

順番に見ていきましょう。

理由1 ドコモ、au、ソフトバンクの契約数争い

日本の3大キャリアと呼ばれるドコモ、au、ソフトバンクは常にお互いで契約者数を競っています。
以下は各キャリアの契約数累計とキャリア別シェアです。

  • NTTドコモ 68,493,600人 45%
  • KDDI(au) 44,640,500人 29%
  • ソフトバンクモバイル 39,760,500 26%

(2015年12月末調べ)

上記から分かるように3キャリアの契約者数は年々縮まっています。
ドコモが契約者数を独占していた時代は終わりを迎え、3社がしのぎを削る状況が近年続いているのです。
どのキャリアも新規顧客を取り入れたいのは同じですが、「乗り換え」るということは、
自社にひとりの契約者がプラスされるばかりでなく、他社の契約者をひとりマイナスにすることが出来ます。
ですからキャリアはこの「乗り換え」を軽視できないのです。
そういった乗り換え顧客を獲得するために、
高額なキャッシュバックや、新規や機種変更では決して出来ないお得なキャンペーンを「乗り換え」に提供してくるのです。

理由2 販売手数料をキャッシュバックへまわす

「50,000円キャッシュバック!」
こういったポップをみかけることはありませんか?
「5万円もキャッシュバックしたら、利益がでるのだろうか?」
そう思うのが普通だと思います。
ところが、それだけの高額なキャッシュバックをしてもキャリアは利益をだすことが出来るのです。
web販売店や家電量販店、併売店では実際に高額なキャッシュバックをおこなっています。
このキャッシュバックは各店舗の販売手数料をキャッシュバックにまわしています。
そのため、店舗ごとにキャッシュバック金額が違います。
利益を削ってその分をお客様へ還元する。
そういったカラクリがあります。
キャリア公式ショップでは基本的にそういった競合を避けるために、キャッシュバックを原則的に行っていません。

理由3 Web販売店のキャッシュバックが高額なわけ

「販売店は販売手数料をキャッシュバックにまわすことで、ユーザーに還元している」わけですが、
その中でもっとも高額なキャッシュバックを行っているのがWeb販売店です。
では、なぜWeb販売店のスマホ乗り換えキャッシュバックがもっとも高額になるのでしょうか?
高額なキャッシュバックを行っているweb購入サイト(前述した、スマホルームやおとくケータイ.net)は
併売店や量販店のように駅前の一等地に販売店舗を所持していないため、
店舗運用にかかるコストを抑え、その分キャッシュバックにまわしています。
路面店や公式キャリアショップでは決して真似できない高額キャッシュバックをおこなえるのは、
維持費を最大に抑えるという理由があるのです。
店舗費や人件費を削り、キャッシュバック金額をあげる。
スマホ乗り換えキャッシュバックが高額な理由が少しずつ見えてきませんか?

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!
携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


【知っている人だけが得する話】
最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

関連記事