スマホの機種変更で得する10の秘策。おすすめショップを比較

Pocket

おすすめの検索キーワード
最新iPhoneや2018年夏モデルなどの最新機種購入をお得に手に入れる方法!

機種変更や他社乗り換えでこんな失敗をしていませんか?
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

公式オンラインショップなら損することなく、どこよりも賢くお得に機種変更や乗り換え(MNP)ができます。迷っているなら、予約だけでも。オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。

→ ソフトバンクはこちら
→ ドコモはこちら
→ auはこちら

4. スマホの機種交換キャンペーンを利用する

4-1. キャリアの保障サービスを利用する

スマホの機種変更をする理由には、「調子が悪いな」というものもあると思います。

通常は修理、もしくはその機会に機種変更を検討されるかと思いますが、キャリアによっては「別の機種」に格安で交換出来ることもあります。例えばドコモではケータイ補償サービスというものを利用します。

事前にサービスに加入(月額500円)と交換時に費用(初回5000円)が必要ですが、携帯に異常が起きた際に、サービスセンターもしくはWEBから交換手続きが行えます。

一例ですが、Xperia Z1という旧式の携帯は、交換するタイミングによっては上位機種が提示(Xperia XZ1されることがあります。

狙って好きな機種を選ぶのは難しいですが、タイミングによってはお得な機種に出会えるかもしれません。

docomo ケータイ保証サービス
au 安心ケータイサポート
softbank あんしん保障パック

4-2. 随時オフィシャルのキャンペーンをサイトでチェック

前述したように各キャリアはなんとかユーザーを引き留めて、シェア率を上げようと必死です。そのため、かなり魅力的なキャンペーンを結構打ってきます。

特に機種変更(MNP)では最大のユーザー獲得のチャンスですから、キャンペーンが多いと言えます。

例えば、家族まとめて機種変更割引サービスだったり、シニアや学生など年齢限定割引、古いスマホやケータイの下取りサービスなど多種多彩あります。機種変更を考えている時は、まず各キャリアのサイトをチェックして、自分に有益なキャンペーンはないかチェックしてみましょう。

キャリアのキャンペーンを確認するならこちら。
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
auオンラインショップ

5. 白ロムを入手し携帯端末料金を節約する

SIMカード

白ロムとは、SIMカード(電話番号などの情報が記録されている)を抜いた状態の携帯電話端末の事を指します。

あなたが契約中のお使いの携帯からSIMカードを抜けば、その携帯は白ロムとなります(※)。
※ただし携帯の本体代を分割払いしている場合、支払いを滞納すると赤ロム(通信を制限された状態)となります。

後述しますが、このような端末を購入しないよう気を付けて下さい。
この白ロム、場合によっては安価で入手することができます。入手方法は主に

  • ネットショップやゲオ等の白ロム取り扱い店舗で直接購入
  • ヤフオクやメルカリなどのネットオークションやフリマアプリで購入
  • 友人や家族から使っていないスマホを貰う(購入する)
    です。

欲しい携帯が型落ちやちょっとした傷ありでお得になっている可能性が有り、携帯の本体だけ変更したい人は検討する価値アリです。

ただし、重要な注意点があります。
– SIMカードのサイズ(全部で3種類。mini-SIM、micro-SIM、nano-SIM)が合っているか。ただし、変換アダプターも別売りであり
– 同社の携帯を入手する場合、そのまま使えるか
– 前述した赤ロム(未払いなどでロックがかかっている)の状態になっていないか
※上記3点についてこちらのサイトで詳しく記載されています
– 他社の携帯を入手する場合、そのまま使えるか

購入時はこれらを必ず確認するようにして下さい。

スマホの機種変更なら各キャリアの公式オンラインショップがおすすめ!
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
auオンラインショップ

ドコモやauからソフトバンクへスマホを乗り換えるなら『おとくケータイ』がおすすめ!
おとくケータイ

6. 格安SIMにMNPで乗り換え月額料金を節約する

機種変更したい理由が月額料金の場合、格安SIMの利用も検討しましょう。
格安SIMとはその名の通り格安で通信サービスが利用出来るSIMカードです。

この格安SIMをネットや店舗で入手し、今持っている携帯に差し替えることで料金を見直すことができます。

その引き換えとして契約するキャリアやプランによって通信料や通信速度に制限があったり、困った時に直接店舗に向かえないなどがありますが、それでも魅力的な料金で利用出来ます。
場合によりますが大手キャリアと比較して半額からそれ以上月額料金が節約出来るケースもあります。

こちらのサイトから各種格安SIMのプラン比較が出来ます

6-1. 所有する端末のSIMロック解除が可能か、解除済みか

格安SIMを利用するには事前に「SIMロック解除」と呼ばれる作業が必要です。(SIMフリースマホを除く)SIMロックとは、例えばドコモならドコモのSIMしか利用出来無いようになった状態です。この解除をすることで格安SIMが利用出来るようになります。SIMロック解除については必ず契約しているキャリアのHPもしくはサポートに問い合わせて確認しておきましょう。その機種が解除か、オンラインもしくは店舗に向う必要があるか、費用が必要かが条件によって変る為です。

6-2. 入手するSIMカードが利用出来るか

例えば、ドコモのスマホではau系格安SIMは利用出来無い、といった制約があります。契約時に必ず確認するようにしましょう。
前述したプラン比較サイトからも確認出来ます
– 入手するSIMカードのサイズ(全部で3種類。mini-SIM、micro-SIM、nano-SIM)が合っているか

これらを必ず確認するようにして下さい。

Pocket


最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

【知っている人だけが得する話】

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ドコモはこちら
→ソフトバンクはこちら
→auはこちら

→おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ケータイ乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう

1 2 3

関連記事