後悔しないスマホの選び方|機種変更はどこがお得?おすすめショップを紹介

スマホの機種変更は、どこでするかによって、契約内容やキャンペーン内容が大きく変わります。

今まで、通常のショップで機種変更したら、契約に何時間もかかった挙句、ほとんどキャンペーンを付けてくれなかったという場合も多いはずです。

それだけならまだしも、有料のオプションや有料アプリを加入させられた。知らないうちに無駄な料金を払い続けていた。という方も多いのではないでしょうか。

ほとんど知られていませんが、全国にあるドコモショップ、ソフトバンクショップ、auショップなどは全て、代理店が運営しています。

もちろん契約内容やサービスは均等ではありません。

だからこそ、どの店舗でスマホを機種変更しても有料オプションや有料アプリを勝手に加入させられてしまうのです。

続きを読む

BIGLOBE SIM|最新キャンペーンと注意点とは

【 ◆BIGLOBEは30周年◆ 】

ご存知でしたでしょうか?

1986年4月にパソコン通信「PC-VAN」が1996年に統合され、総合インターネットサービス「BIGLOBE」を開始。それからもたくさんのサービスを展開しつつ時は流れ、2016年4月で30周年を迎えたBIGLOBE。

実は、日本初の格安スマホ「ほぼスマホ」で、高速モバイル通信事業を始めたのもBIGLOBEなんです。「MEDIAS for BIGLOBE」から始まった格安スマホとSIMの道は、現在どんどんと進化して、選択肢もググッと広がっています。

そこで今回は、30周年を迎えてさまざまなキャンペーンを展開中のBIGLOBEのサービスの中から、BIGLOBE SIMとはどんなものなのか?実施中のお得なキャンペーンや注意点、サービスの特徴・料金プランなど中心に、詳しくお伝えいたします。

続きを読む

【2017】ドコモの学割は本当にお得?一番得する賢い機種変更のコツ教えます!

スマホに賢く機種変更するためには、各キャリアが提供しているキャンペーンを利用するが鉄則です。
時期により様々なキャンペーンを提供していますが、その中でもお得なのが「学割」というキャンペーン。

ドコモでは「ドコモの学割」を開始しました。
「ドコモの学割」は25歳以下のユーザーにとってはおトクに機種変更できるキャンペーンの一つです。
「ドコモの学割」はどのくらいおトクなのか? また適用条件とはどういったものなのか?

学割の中身を徹底分析すると共に、一番得する賢い機種変更のコツを教えます!

 

auの学割天国についてはこちら

ソフトバンクの学割についてはこちら

3社の学割プラン比較はこちら

をお読みください。

ドコモで機種変更する方は、その前に『3万円もお得!ドコモで機種変更するときの完璧な3ステップ』を、

au、ソフトバンクからドコモへの乗り換え(MNP)をされる方は『ドコモ MNPのメリット・デメリットと4万円お得な方法』を、

機種で迷われている方は『ドコモのスマホ おすすめ新機種ベスト17』を是非参考にしてください。

 
また、ドコモユーザーで『dカード GOLD』をまだ持っていないなら、無条件で持っておくべきでしょう。

年会費1万円というと一見高く思えますが、携帯料金の10%が還元される上、ローソン・マクドナルドなどの特約店で5%還元されるため、年に1万円なら十分過ぎるほど回収できるはずです。

dカード GOLDの詳細はこちら

 

続きを読む

【2017】ソフトバンクの学割モンスターは本当にお得?一番得する賢い機種変更のコツ教えます!

スマホに賢く機種変更するためには、各キャリアが提供しているキャンペーンを利用するのが鉄則です。
時期により様々なキャンペーンを提供していますが、その中でもお得なのが「学割」というキャンペーン。

ソフトバンクでは「学割モンスター」を開始しました。
「学割モンスター」は25歳以下のユーザーにとってはおトクに機種変更できるキャンペーンの一つです。
「学割モンスター」はどのくらいおトクなのか? また適用条件とはどういったものなのか?

学割の中身を徹底分析すると共に、一番得する賢い機種変更のコツを教えます!

 

auの学割天国についてはこちら

ドコモの学割についてはこちら

3社の学割プラン比較はこちら

をお読みください。

ソフトバンクで機種変更する方は、その前に『3万円得する!ソフトバンクの機種変更時の完璧な3ステップ』を、

au、ドコモからソフトバンクへの乗り換え(MNP)をされる方は『8万円もお得に?ソフトバンクにMNPする前に読みたい全知識』を、

機種で迷われている方は『ソフトバンクのスマホ おすすめ新機種ベスト10』を是非参考にしてください。

 

 

 

続きを読む

auのおすすめスマホ新機種ベスト10【2017春モデル】

auはKDDI(NTTドコモ・ソフトバンクと同じ電気通信事業者)と沖縄セルラー電気(株)が提供している携帯電話ブランドです。
最近は、NTTドコモ・ソフトバンクと携帯電話事業で競り合っているKDDIは、2016年冬モデル・2017年春モデルを発表しました。

2017年春モデルは2月・3月に発売された機種について紹介していきましょう。

ソフトバンクのスマホ おすすめ新機種ベスト10はこちら

ドコモのスマホ おすすめ新機種ベスト17はこちら

を是非お読みください。

auで機種変更する方は、その前に『3万円もお得!auで機種変更するときの完璧な3ステップ』を、

ドコモ、ソフトバンクからauへの乗り換え(MNP)をされる方は『auへの乗り換え(MNP)で後悔しない4つのポイント』を是非参考にしてください。

続きを読む

【2017】auの学割天国は本当にお得?一番得する賢い機種変更のコツ教えます!

スマホに賢く機種変更するためには、各キャリアが提供しているキャンペーンを利用するが鉄則です。
時期により様々なキャンペーンを提供していますが、その中でもお得なのが「学割」というキャンペーン。

2017年、auでは「auの学割天国」を開始しました。
「auの学割天国」は25歳以下のユーザーにとってはおトクに機種変更できるキャンペーンの一つです。
「auの学割天国」はどのくらいおトクなのか? また適用条件とはどういったものなのか?

学割の中身を徹底分析すると共に、一番得する賢い機種変更のコツを教えます!

 

ドコモの学割についてはこちら

ソフトバンクの学割についてはこちら

3社の学割プラン比較はこちら

をお読みください。

auで機種変更する方は、その前に『3万円もお得!auで機種変更するときの完璧な3ステップ』を、

ドコモ、ソフトバンクからauへの乗り換え(MNP)をされる方は『auへの乗り換え(MNP)で後悔しない4つのポイント』を、

機種で迷われている方は『auスマホ おすすめ新機種ベスト10』を是非参考にしてください。

 

 

続きを読む

【3社比較】2017年の学割プランで一番お得なのはどこ?

スマホに賢く機種変更するためには、各キャリアが提供しているキャンペーンを利用するが鉄則です。
時期により様々なキャンペーンを提供していますが、その中でもお得なのが「学割」です。

2017年、ドコモからは「ドコモの学割」を開始しました。
auでは「学割天国」、ソフトバンクでは「学割モンスター」をそれぞれ展開しています。

「学割」は基本的に18歳以下、または25歳以下のユーザーにとってはおトクに機種変更できるキャンペーンの一つです。
「ドコモの学割」、auの「学割天国」、ソフトバンクでは「学割モンスター」どのくらいおトクなのか?
また適用条件とはどういったものなのか?

学割の中身を徹底分析すると共に、2017年、もっとも得する学割はどのキャリアなのかご紹介します!

1.ドコモの学割
2.auの学割天国
3.ソフトバンクの学割モンスター
4.iPhone7(32G)の各社料金を比較!

 

ドコモの学割についてはこちら

auの学割天国についてはこちら

ソフトバンクの学割についてはこちら

をお読みください。

 

続きを読む

中古スマホで携帯料金を節約!選ぶべき中古スマホと乗り換え方法を解説

「スマホ欲しいけど、ホント高い。別に最新機種じゃなくてもいいし、なんかないの?」
と思っていて、
「毎月の携帯料金、高すぎるよ。もっと安くできないかなぁ・・・」
と考えているみなさん!

そんな時は【中古スマホ+格安SIM】の組み合わせにしてみてはいかがでしょうか?

『十分使える中古スマホを安く手に入れて』
『格安SIMに乗り換え、ガッツリ節約する』

これなら、先ほどのお悩みは解決できるはず!

・・・とは言え、中古スマホを購入する時には、新品購入とは違う注意点があるのも事実です。

そこで今回は、より良い中古スマホを手に入れて、さらに月々の携帯料金を節約するため、中古スマホの選び方のポイントや注意点、格安SIMへの乗り換え方法など、お役に立つ情報をまとめてみました。

続きを読む

BIGLOBE SIM徹底解説!メリット・デメリットとは?

あなたは今、スマホの維持費が高いことに頭を抱えていませんか?

スマホを運用する上では、万単位の請求をかけられてしまうこともしばしば。

家族で各自1台ずつスマホを持つともなれば、大変高額な請求をかけられるようになります。

しかし、BIGLOBEの格安SIMを利用して契約を行なうと、とってもお得にスマホを運用できるようになりますよ!

今回は、BIGLOBE SIMにて契約を行なう上での、メリット・デメリットについてご紹介していきます。 続きを読む

格安SIMの選び方とは?|必要な手続きやサービスを徹底比較!

最近では知名度が急上昇し、取扱店舗も増えてきた「格安SIM」。3大キャリアの料金プランと比べると全体的に安く抑えることができるため、2017年もモバイル市場で話題を呼ぶことが予想されています。

しかし、「格安SIMって何?」「格安SIMを契約するにはどうしたらいいの?」といった声もまだまだあるのも事実。今回は、格安SIMについて概念から業者の選び方、必要な手続きまで、各社を徹底比較しながらご紹介します。

この記事をきっかけに格安SIMについて詳しく知っていただき、スマートフォンやタブレット運用の比較材料にしていただければ、幸いです。

続きを読む

auの白ロムを買う前に知っておくべき全知識

auの白ロムの購入を考えている。最近噂になっている白ロムって何?

上記のような方々におすすめの情報を、まとめて記載しているのが今回のコラムです!このコラムでは、auの白ロムを購入する上でのメリットについてもご紹介していますよ。

あなたが知りたい情報が、きっとみつかるはず!?

これからauにて機種変更を考える人は、是非の今回のコラム内容もチェックしてみてくださいね。

続きを読む

スマホのデータ移行に失敗しないために、データ移行の前に確認すべき手順【保存版】

スマホの機種変更する前って、いろいろ不安なことがありますよね。不安なことのひとつが、データ移行だと思います。

スマホには、写真や電話帳やアプリのデータなど、重要なデータがたくさん入っています。

それらのデータを、新しいスマホにちゃんと引き継げるかどうかは、誰だって気になるところだと思います。ついついうやむやにして、勢いで機種変更してしまって、大切なデータが消えてしまったりということのないように、この記事でしっかりデータ移行について確認しておいてください。

この記事では、スマホを大きく「iPhone」と「Android」に分け、「iPhone同士」「Android同士」「iPhoneからAndroid」「AndroidからiPhone」の4パターンに分けて、データ移行の手順を紹介します。保存版ですよ!

続きを読む

arrows M03の評価・評判は?スペックや操作感を辛口レビュー

FUJITSU肝いりのスマートフォン「arrows」シリーズの「arrows M03」が2016年7月に発売されました。「arrows M03」は2015年10月に発売されたSIMフリースマートフォンarrows M02の後継機種となります。

今回はこの「arrows M03」について徹底的にレビューするとともに、お得な購入方法や機種変更時に気になる端末代金をご紹介します。

発売から約半年がたち、デザインや電池の持ちなどが注目を集めた「arrows M03」についての実際の使い勝手などの生の声を取り上げながら辛口に「arrows M03」についてレビューします。

今回特に力を入れてレビューするのは、

  • デザイン、操作性
  • カメラ機能
  • 電池3日持ち
  • ワンセグ・おサイフケータイなどの日本仕様

4つのポイントです。

現在iPhoneを使っているけれど、Androidに変えることを検討しているという人も、Androidをすでに利用しているけれど新しい機能を持った機種に変更したいという人にも役に立つ、実際に使ってみてわかるarrows M03のメリット、デメリットをレビューしていきます。

続きを読む

au ASUS MeMO Pad 8 AST21の評価辛口レビュー|格安タブレットは使えるのか?

auで販売されているエイスースのタブレット「ASUS MeMO Pad 8 AST21」。エイスースのタブレットは「NEXUS 7」が人気・知名度の大半を占めていますが、スペック面での基本性能はこちらも負けず劣らず。縦向きでも横向きでも使いやすい8インチ液晶を採用した点も、魅力の1つです。

格安SIMが普及してきた現在、タブレットのラインナップも少しずつ拡充しています。そのため、タブレットの購入を考えている方もどれがよいのか迷ってしまうことでしょう。端末もそうですが、契約する通信プランについても同様ですね。

そうした中で、端末価格がリーズナブルでなおかつauで簡単に通信契約できるAST21は手軽に持てるタブレットの1つ。今回は、この手軽に持てるタブレット「AST21」のメリットおよびデメリットをレビューします。

そして、AST21がどんな人におすすめかについても、ご紹介します。

続きを読む

SHARP AQUOS(アクオス)シリーズまとめ|最新・旧モデルの比較

SHARPのAQUOSは、2016-2017年秋冬モデルとして、国内三大キャリアから異なるスマートフォンを発売しています。
※一部未発売の機種あり

今季のAQUOSは、どれもバッテリーの持ちの良さを最大の魅力としている機種ばかり!

ハイスペックかつ機能が豊富な機種から、コスパが高くシンプル操作が魅力な機種に至るまで、5種類のスマホが発売されていますよ。
これから機種変更を考えるのであれば、AQUOSも見逃せません!

今回は、5種類の最新AQUOSのスペックと価格について徹底的に比較し、その魅力をご紹介していきます。

続きを読む

AQUOS mini SH-M03の辛口評価レビュー|2016年夏発売

以前は年末年始には大手キャリアでの一括0円やキャッシュバックなどの各種キャンペーンが大々的に行われており、この時期にスマホを購入することでお得に利用することが可能でしたが、昨年の春以降は総務省の指導により、そのようなお得な販売が行われなくなってしまいました。

契約期間満了や端末代金の割賦金の支払い満了に伴い、機種変更を検討されている方の中には、機種変更後の料金の高さから格安スマホへの乗り換えを検討検討されているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

特に国内メーカーのスマホを利用してきた方の場合には、おサイフケータイやワンセグなどの機能の有無も気になるところではないでしょうか。

AQUOS mini SH-M03は国内メーカーから発売されているSIMフリースマホであり、おサイフケータイやワンセグなどの基本的な機能を搭載していることから、キャリア発売のスマホから乗り換える場合にはシャープから発売されているAQUOS mini SH-M03が有力な候補となります。

ここでは、AQUOS mini SH-M03の特徴とメリットと合わせて本音の辛口レビューから分かるデメリットを紹介しつつAQUOS mini SH-M03の購入手順を紹介します。

続きを読む

AQUOS PAD SH-08Eの辛口評価レビューと歴代シリーズと比較

AQUOS PAD SH-08Eは2013年8月に発売されています。その後SH-06F、SH-05Gが発売されスペックにおいてSH-08Eを上回っている所も多く、購入するなら新しい機種を、と誰しも思うものです。

しかし、実用に十分答えられる機能があって、価格も安くコストパフォーマンスに優れているとしたら選択の余地はあるはずです。早さや軽量化だけでは無く、ディスプレイのきれいさやバッテリーの持続時間、価格などSH-08Eのまだまだ使えるセールスポイントをご案内します。

続きを読む

格安SIMのシェアランキングベスト5!人気の格安SIMを紹介

「格安SIMで家族全員のデータ容量をシェアしたいけど、どこがいいのだろう?」

家族全員分のモバイル通信費を抑えるのに格安SIMに家族まとめて乗り換えようにも、格安SIM事業者が乱立している現在では事業者選びだけでも大変です。

本記事ではデータ容量をシェア可能なプランを提供している格安SIM事業者を、サービスの使いやすさや費用面からランキングし、各社のサービスを紹介しています。

各社のおすすめポイントや料金プランをかみ砕いて解説しているので、自分に合った格安SIMを見つけることができるはずです。

続きを読む

イオンモバイルのメリットとデメリットを徹底解説|格安SIMの評価

スマホユーザーの皆様の中には月々のスマホ代の高さお悩みの方も少なくないかと思われます。実際のところ三大キャリアの場合、どんなにデータ容量や通話プランを変更し安くしても5千円位はかかってしまうのが現状です。

そこで注目を浴びているのが格安SIMです。今回は格安SIMの中でもイオンモバイルについて、そのメリットやデメリットを含めながらお伝えしていきます。

続きを読む

mineo(マイネオ)でiPhoneを使用する全知識

2016年はMVNO(格安SIMを提供する事業者)が大きく躍進した年でした。今までは携帯電話といえばdocomo、au、SoftBankの3大キャリアを利用することがほとんどでしたが、MVNOも着実にシェアを伸ばし、現在は契約回線数の1割ほどのシェアを持つと言われています(総務省発表 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban04_02000117.html で8.7%)。

実際のところ、端末さえ用意できれば維持費はメジャーなキャリアの3分の1程度。人気が出るのもうなずけますよね。

そのなかで、ケイ・オプティコムが提供するmineo(マイネオ)は、注目の格安SIMです。ICT総研による調査(http://ictr.co.jp/report/20160615.html)でも高い人気がわかりますし、直近の発表によればMVNOのシェアでは4位にまでなったとか(http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1612/14/news137.html)!まさに大躍進ですね。

そんなmineoの特長のひとつに、対応端末の多さが挙げられます。mineoは日本ではじめてauとdocomoの2キャリア対応をしました。simロックが掛かったままでも利用できる端末が多く、docomo系の端末しかMVNOを利用できないという状況に一石を投じたサービスでもあるのです。

続きを読む