格安SIMのOCNモバイルONEの評価は?選ばれる理由を紹介

ocnモバイルone

OCNモバイルONEはMVNO(Mobile Virtual Network Operator)です。MVNOはドコモやソフトバンク、auなどの大手キャリアといわれる通信事業者のような通信網の施設を持たず、回線領域を安く買い取り通信サービスを行う業者です。格安SIMカードを提供しています。

MVNOには数多くの会社が参入しており、競争の激しい領域です。その中にあってOCNモバイルONEは料金の安さ、通信速度の早さだけではなく、データ容量の繰越しや共有など常にプランや機能について新しいものを提供しているMVNOです。

1.OCNモバイルONEとは?

「OCNモバイルONE」はNTTグループのNTTコミュニケーションズのプロバイダ事業で日本最大のインターネットプロバイダの会社であるOCNが運営しているMVNOです。OCN(Open Computer Network)の事業としてOCNモバイルONEのほか、OCN光、OCN ADSLがあります。

NTTの100%持株会社です。NTTは特殊会社として法律が適用されますが、NTTコミュニケーションズは民間会社として設立されており適用されません。収支決算については会計検査院の選択的検査対象となっています。経営の透明化という点では信頼できるのではないでしょうか。

NTTグループ内ではNTTドコモが同じ分類に入ります。言い換えればNTTグループは大手キャリアとMVNOの両方を持っているということになります。

特殊会社とは国策上必要な公共性の高い事業で行政機関が行うより会社形態の方が適当として設立され、特別法が適用される会社のことをいいます。

1-1.OCNモバイルONEはMVNOです。

MVNO(Mobile Virtual Network Operator)の大きな利点は大手キャリアのように通信施設にかかる多額の資金が必要ないということです。通信網の電話回線を借り受け販売すること(回線リセール)で設備投資を大幅に節約できます。

電話回線を借りる費用や必要な設備にかかる資金は自前で通信網を建設することに比べれば大幅に縮小できます。

MVNOが回線リセールしているのは、実質ドコモとKDDI(au)だけです。ソフトバンクはグループ内企業のY!mobileに対応しているだけです。現実的にはドコモ回線網を使っているMVNOが大半です。KDDIと両方の回線を使っているMVNOもあります。KDDI回線網を利用しているのは mineoとUQ mobileの2社です。

1-2.これからのMVNO

格安SIMカード=MVNOといわれるほどMVNOは格安SIMに力を入れています。さらにグローバル化に伴い海外でも共通に使えるような方向に向かっています。ソフトバンクのようにアメリカ企業を参加に入れそのまま携帯電話が使えるようになったり、SIMカードを日本用と海外用の2枚差し込み選択できるようなスマホなど、国内海外を気にすることなく使えるようになっています。

これからますます競争が激しくなってくる領域です。通話料が5分や10分以内であれば何回掛けても無料というプランもありますが、これからは通話料、データ通信料の区別がなくなり、両方込みで月いくらというシステムになるかもしれません。アメリカはその点ではプリペイド携帯やプリペイドSIMカードなど多種多様なプランがあります。

2.OCNモバイルONEが選ばれる理由

2-1.データ通信専用SIMカード

ポイント1 月1回自由にコース変更ができるので気軽にスタートできます。期間縛りや解約手数料もなし。

ポイント2 利用開始月が無料なので月初めに申し込むと1ヶ月分が無料になります。

ポイント3 データ容量を使い切っても追加オプションを申し込めばすぐ速度制限が解除されます。

ポイント4 ターボ機能で容量節約ができます。ターボ機能とは速度制限なしの最大速度262.5Mbpsと、通信容量にカウントされない速度制限ありの最大200Mbpsを切り替えられることです。時間がかかってもいい通信やニュースの確認、メールやメッセージ、待機中の時はターボ機能をOFFにしておくとデータ通信容量消費ゼロの200kbpsの速度で通信します。切り替えはアプリで簡単にできます。

ポイント5 前日、前月の基本容量を使い切れなかった分が翌月に繰り越しすることができます。

ポイント6 データ通信容量のシェアーができる。容量を5枚のSIMカードでシェアーすることができます。家族でシェアーできるので経済的です。スマートフォンやタブレット、ゲーム機など複数の端末を利用する場合なども経済的です。

2-1-1.SMS機能無しデータ通信

低料金から始められます。

コース 月額基本料


110MB/日*1 900円
(税込972円)
170MB/日*1 1,380円
(税込1,490円)


3GB/月*1 1,100円
(税込1,188円)
6GB/月*1 1,450円
(税込1,566円)
10GB/月*1 2,300円
(税込2,484円)
20GB/月*1 4,150円
(税込4,482円)
30GB/月*1 6,050円
(税込6,534円)
500kbps
(15GB/月*2
1,800円
(税込1,944円)

2-1-2.SMS機能有りデータ通信

OCN光との組み合わせでさらに安くなります。

コース 月額基本料


110MB/日*1 1,020円
(税込1,101円)
170MB/日*1 1,500円
(税込1,620円)


3GB/月*1 1,220円
(税込1,317円)
6GB/月*1 1,570円
(税込1,695円)
10GB/月*1 2,420円
(税込2,613円)
20GB/月*1 4,270円
(税込4,611円)
30GB/月*1 6,170円
(税込6,663円)
500kbps
(15GB/月*2
1,920円
(税込2,073円)

2-1-3.プリペイドSIMカード

期間型50MB/日20日間」2800円

OCNモバイルONEを試してみたいときや短期間での使用やできるだけ安く使いたい人には「期間型50MB/日20日間」2800円がおすすめです。期間延長やOCNモバイルONEへの移行もできます。

容量型1.0GB」3200円

日によって使わない日もある人には「容量型1.0GB」3200円がおすすめです。これで自分のペースを掴んでからプランを選択するのが心配なくいいですね。

2-2.音声対応SIMカード

ポイント1 MNP に対応

ポイント2 月1回自由にコース変更ができるので気軽にスタートできます。期間縛りや解約手数料もなし。

ポイント3 利用開始月が無料なので月初めに申し込むと1ヶ月分が無料になります。

ポイント4 データ容量を使い切っても追加オプションを申し込めばすぐ速度制限が解除されます。

ポイント5 ターボ機能で容量節約ができます。

ポイント6 前日、前月の基本容量を使い切れなかった分が翌月に繰り越しすることができます。

ポイント7 データ通信容量のシェアーができる。容量を5枚のSIMカードでシェアーすることができます。家族でシェアーできるので経済的です。スマートフォンやタブレット、ゲーム機など複数の端末を利用する場合なども経済的です。

通話料はOCNでんわアプリ発信の国内通話料金は10円/30秒です。通常通話は20円/30秒です。SMS送信料は国内は3円/通、国外は50円/通です。

コース 月額基本料


110MB/日*1 1,600円
(税込1,728円)
170MB/日*1 2,080円
(税込2,246.4円)


3GB/月*1 1,800円
(税込1,944円)
6GB/月*1 2,150円
(税込2,322円)
10GB/月*1 3,000円
(税込3,240円)
20GB/月*1 4,850円
(税込5,238円)
30GB/月*1 6,750円
(税込7,290円)
500kbps
(15GB/月*2
2,500円
(税込2,700円)

2-3.スマートフォンセット

OCNモバイルONEとスマートフォンやタブレット、Wi-Fiルーターセットがあります。ZenFone3やHUAWEI P9lite、HUAWEI nova liteなど人気スマートフォンなどいろいろ揃っています。

2-3-1.HUAWEI P9 liteセット 一括価格23800円24回、分割1050円

HUAWEI P9 liteは2016年6月17日夏モデルとして発売されていますが、人気スマートフォンランキングではベスト3に入っています。サイズ(146.8×72.6×7.5mm)、重さ(147g)、OS(Android6.0)、CPU(Huawei Kirin650)、バッテリー(3000mAh)、ディスプレイ(5.2inchFDA 1920×1080)、カメラ(1300万画素/800万画素)はHUAWEIの最新機種と比較しても同レベルのスペックです。

価格でも23000円ぐらいでHUAWEIの最新機種より13000円〜23000円安い価格です。他メーカーも含めた最新のスマートフォンと比べても決して劣ってはいません。劣っている部分があってもそれを補うほどのコストパフォーマンスがあります。

2-3-2.ZenFone3セット 一括価格42800円24回、分割1800円。

2.5d曲面コーニングゴリラガラスの透明感のあるボディ、4Kどうがの撮影が可能な1600万画素のカメラなどの機能が充実しています。

ZenFone3スペック

OS Android™ 6.0.1
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 625 (オクタコアCPU)/動作周波数:2.0GHz
ROM/RAM 64GB/4GB
記録装置 内蔵ストレージ※1※2:64GB/ASUS WebStorageサービス:5GB (永久無料版)/Googleドライブ:100GB (2年間無料版)※3
サイズ/重量 高さ約152.59mm×幅約77.38mm×奥行き約7.69mm/約155g
ディスプレイ 5.5型ワイド TFTカラータッチスクリーン Super IPS+液晶 (LEDバックライト)/フルラミネーションディスプレイ/Corning® Gorilla® Glass 3/アンチフィンガープリント
解像度:1,920×1,080ドット (フルHD)/グラフィックス機能:Adreno 506
カメラ アウトカメラ:1,600万画素Webカメラ内蔵/インカメラ:800万画素Webカメラ内蔵
レーザーオートフォーカス、デュアルカラーLEDフラッシュ
バッテリー容量 3,000mAh

3.OCNモバイルONEが選ばれる理由のまとめ

3-1.月額料金の安さ

大手キャリアに比べ携帯電話料金を大幅に節約できます。

3-2.自由に選べる豊富なプラン

データ通信容量も1日単位から設定されているのでオーダーメイド的な自分に合ったプランを選べます。使い方に合わせデータ容量の細かな設定ができ、毎月1回コースの変更ができます。

3-3.ドコモと同じ通信・通話エリア

OCNモバイルONEはNTTドコモ回線を利用しており、LTE、FOMAエリアをカバーしているので品質の高い通信環境で利用できます。

3-4.MNPもオンラインで簡単手続き

今まで利用していた番号をそのまま使えます。

3-5.安心サポート

落下や水没などの万が一の時は端末を保障します。 スマートフォンへのウイルスや不正なアプリから守るセキュリティー対策は万全です。スマートフォンに保存している写真、動画、アドレスなどのデータなどの大容量のデータも安全に保存します。

3-6.10分までかけ放題の定額オプション

10分以内の国内通話なら何回でもかけ放題が850円/月。

OCNモバイルONEを選ぶ理由のまとめ

MVNOは料金の安さ、容量の大きさ、通信速度の速さなどでいろいろなプランで競っています。OCNモバイルONEを選ぶ理由としては、もっと掘り下げたユーザー目線の機能を提供しています。そしてMVNO を選ぶ最初のポイントは企業としての安心感です。500以上ともいわれるMVNOの中には途中でサービス停止というところもあります。最後にOCNモバイルONEを選ぶべきポイントをまとめました。

1.国内MVNOシェアー№1

2.NTTグループ内企業としての安定性

3.プランに1日コースがありデータの使用容量を見極めることができる

4.プラン変更は期間のしばりがなく毎月でもできる

5.データ容量の繰り越しができる

6.ターボ機能ででーた使用容量を節約できる

7.NTTドコモのFOMAとXi両方に対応している

OCNモバイルONEは企業として安定したバックボーンを持っていることが信頼性と安定性はMVNOトップです。さらに常に新しいプランを提供し、常に進化しています。

参考記事:格安SIM10社のメリットとデメリットを徹底比較。本当にお得な会社はどれ?

Pocket


最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

【知っている人だけが得する話】

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ドコモはこちら
→ソフトバンクはこちら
→auはこちら

→おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ケータイ乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう

関連記事