OCNモバイルONEでは、格安SIMの提供を行なっています。
OCNの格安SIMは、NTTドコモのエリアで利用できる、NTTドコモの回線を利用して運用するというものです。

これを利用することにより、節約を行なうことができるんです!

また、既にOCN光を利用している家庭の場合は、OCNモバイルONEの格安SIM契約と合わせて、更に高い節約効果を期待できます。

ちなみにOCNモバイルONEの格安SIMは、郊外でも便利に活用できるものです。

他の格安SIMでは、電波の受信がなかなか難しい。
かろうじて電波は受信できるものの、通信が不安定な気がする・・・。

そんな地域でも、ドコモ回線を利用したこの会社が提供するカードであれば、無理なくスマホを運用できるようになるかもしれませんよ。

ちなみに今回は、
・OCNモバイルONEのSIMカードのおすすめポイント
・OCNモバイルONEで契約をする上でのメリット
・複数枚のSIMを使う方法
・契約、解約時の注意点
などについてご紹介していきます。

通信費の節約を検討されている人はもちろんのこと、話題の格安SIMやOCNモバイルONEについて知りたいと考える人は、是非最後まで内容を確認してみてくださいね。

1.OCNモバイルONEってどんな会社?

社員教育 会議

OCNモバイルONEは、NTTドコモの電波を利用して事業を運営している通信会社です。

格安SIMの取扱いも実施しており、このSIMカードにてOCNモバイルONEで契約をすることにより、通信費の節約に繋げることができます。

キャリア契約を行なうよりも、半額以下の維持費でスマホを運用できるようになるケースも!

更にこの会社のSIMカードは、全国の幅広い地域で通信電波を受信できるとのことで、大変人気を得ているようです。

では今回の初めに、この会社がどのような会社であるかについて、簡単にご紹介していきますね。

.通信費節約のサポートをしてくれる

さまざまなグラフ

OCNモバイルONEは、格安SIMと呼ばれるスマホを運用する上で欠かせない存在の、SIMカード(モバイル電波を受信するカード)の提供を行なっています。

この会社の格安SIMを利用することにより、通信費の節約に役立てることができます。

・データ通信専用SIM:月々972円(税込)~
・音声対応SIM:月々1,728円(税込)~
上記のような低料金にて、スマホを運用できるようになります。

現在キャリア契約を行なっており、月々5,000円や10,000円といった、高額な通信料の請求をかけられている方。

毎月の通信費が高すぎると、悩んでしまうことはありませんか?

とくに家族でスマホやタブレットを数台運用しているような場合は、この通信費がたとえ1,000円でも安くなってくれれば、とても嬉しいと思うのではないでしょうか?

国内三大キャリアにて契約を行なうことにより、高額な請求をかけられてしまう通信費。

しかし、OCNモバイルONEにて契約を行なうことで、キャリア契約時の半分以下の通信費にてスマホを運用できることも!
これが年間を通すと、大変高額な節約へと繋がるわけです。

現在、家族4人で40,000円程度の請求をかけられていた家庭があったとします。

キャリア契約の場合は、スマホ1台運用するだけで、約10,000円程度の維持費を必要とすることも珍しくはありませんよね。

しかし、OCNモバイルONEのデータ通信専用SIMにて契約を変更すると、家族4人で月々5,000円程度にてスマホを運用できる可能性も大です。

月々35,000円もの節約に繋がれば、年間で420,000円もの費用が浮いてくることになります。

家族が多い場合は、こうやって考えると月々の通信費を節約することも、大変重要なことだと言えますよね。

キャリア契約はサポート面が充実しています。
もちろん品質面でも、キャリア契約に勝てるものはないのかもしれません。

しかしOCNモバイルONEは、通信費の節約を行なうという面ではピカイチの存在!

ここを重視した契約を行なうのであれば、OCNモバイルONEの存在は見逃せないと言えるでしょう。

.ドコモの電波を借りて事業を行なっている

ノートパソコン

格安SIMは、全て国内三大キャリアの電波を借りて運用しているものです。

どこの会社の格安SIMで契約をしても、必ず三大キャリアの電波を利用するというポイントが異なるということはありません。

ちなみにOCNモバイルONEの格安SIMの場合は、NTTドコモの電波を借りて事業を行なっています。

この会社の格安SIMをスマホやタブレットに挿入することで、NTTドコモのLTE・FOMAの電波を受信できる両方のエリアにて、スマホなどを運用できるようになります。

NTTドコモの電波は、三大キャリアの中で最も広範囲に及ぶエリアで受信できると言われており、都心部のみならず郊外でも電波を受信しやすいと言われています。

その為、NTTドコモの電波を利用し、更にキャリア契約を行なうよりも通信費を抑えることができるOCNモバイルONEの格安SIMは、今大変注目度が高まっているのですよ。

高速LTE回線を、より広範囲で快適に電波を受信したい人(郊外への出張などが多い人も含む)や、通信費を少しでも抑えたいと考えている人は、一度OCNモバイルONEの格安SIMも視野に入れた上で、契約を行なう会社を選定されることをおすすめします。

2.OCNモバイルONEの格安SIMの特徴は?

電話をするキャリアウーマン1

OCNモバイルONEが選ばれる理由。
それは、他社とは異なる魅力を持ち合わせているからです。

OCNモバイルONEの格安SIMの特徴を知り、これを利用する上でのメリットを把握しておくことで、より良い契約を行なえるようになることでしょう。

ここからは、OCNモバイルONEの格安SIMのメリットと共に、この格安SIMの特徴についてご紹介していきます。

.選べる2種類のSIMカードが用意されている

ポイント

OCNモバイルONEでは
・データ専用SIMカード
・音声対応SIMカード
上記2種類のSIMカードが用意されています。

データ専用SIMカードをスマホに差し込むと、インターネットの電波を受信できるようになります。

通話には対応をしていませんので、このSIMカードにて契約をした場合には、インターネットの検索・閲覧のみしかできません。

データ専用SIMカードのメリットは、月額利用料が安価であるというところにあります。
※最安プラン:月額900円

これにより、通信費の節約効果を高めることができるのです。

・普段から音声通話機能を利用することが少ない人
・別途通話専用の携帯を持っている人
・毎月のインターネット利用率が高すぎる人
このような人には、お得なデータ専用SIMカードの利用がおすすめです。

対して音声SIMカードは、通話もインターネットも行なえるようになるSIMカードです。

データ専用SIMカードと比較すると、月額利用料が割高になるというデメリットはあるものの、キャリアで契約を行なうよりは通信費を大幅に抑えて、通話とネット利用を行なえるようになります。

OCNモバイルONEでは、このように異なる2種類の格安SIMカードが用意されているため、ニーズに合わせた契約を行ないやすくなっています。

格安SIMを提供している会社の中には、データ専用SIMの取扱いしか実施していないところもあるようなので、お得に通話も行ないたいと考えるのであれば、OCNモバイルONEもおすすめですよ。

.MNP乗り換えを利用することができる

笑顔のビジネスウーマン(お任せください)

OCNモバイルONEの音声対応SIMは、MNP乗り換えにも対応しています。

キャリア契約時に利用していた電話番号をそのまま引き継いで新しい契約を行なえるので、新たな電話番号を知人に知らせるといった手間も省けるようになります。

また、長年使用していた携帯番号をそのまま利用できるようになるため、不正利用された可能性も否定できないスマホの電話番号を引き継ぐなんて心配も不要です。

ちなみに他社の格安SIMの場合は、MNP乗り換え手続きを完了させるまでに、1週間程度の期間が必要になることもあります。

しかしOCNモバイルONEでは、最短で即日に手続きを完了させることができるのだそうです。

※他社の格安SIMにて契約を行なう場合は、MNP乗り換えに対応していないこともあります。

・MNP乗り換えを利用できること。
・素早く手続きを終えられること。
この辺りも、OCNモバイルONEの格安SIMの特徴であると言えるでしょう。

.幅広い端末に対応している

スマホとコーヒー

格安SIMにて契約を行なう場合、
・SIMフリー端末
・ドコモ端末(ドコモ系格安SIMの場合)
上記のどちらかの端末が必要になります。

また、これらの端末であったとしても、この会社の格安SIMに対応をした端末であることは、OCNモバイルONEの格安SIMを利用する上で必要不可欠になります。

もしあなたが現在使用しているスマホが、この会社の格安SIMに対応をしていない場合で、新たにこの会社にて格安SIMを契約する場合、スマホの購入から始めていかなければいけません。

OCNモバイルONEの格安SIMは、比較的幅広い端末に対応をしています。

その為、この会社で契約するのであれば、新たにスマホを購入せずとも、今使用しているドコモ端末・SIMフリー端末で運用できる可能性は非常に高いと言えます。

ちなみに、OCNモバイルONEの格安SIMに、今お使いのスマホが対応をしているかどうかを確認するには、公式サイトの『動作確認済み端末一覧』を押下して専用ページに入り、検索横に自分の端末の名称を入力するか、下部にある一覧から探します。

各々の端末の格安SIM設定方法についても、このページで確認することができます。

・iPhone
・Xperia
・AQUOS PHONE
・GALAXY
これらの他にも、幅広いドコモ端末にて動作してくれますよ。

.セット割を利用できる

打ち合わせ

OCNモバイルONEでは、お得なセット割を実施用意しています。

※セット割は、スマホと自宅のインターネットなど、複数の回線をOCNモバイルONE契約することにより、適用される割引のことです。

セット割には、
・スマホセット割
・光セット割
上記のようなものがあります。

スマホセット割は、
・端末購入
・OCNモバイルONE契約
上記を行なうことにより、OCNでんわの利用料が半額になるというものです。

通常であれば、30秒20円(税抜)の請求をかけられます。

しかし、スマホセット割が適用されることにより、30秒10円(税抜)にて通話を楽しめるようになるのです。

格安SIMでは、通話料の高さが気になると話す人がいますが、スマホセット割にて格安で通話を行なえるようになれば、きっと通話料に対するストレスも軽減されることでしょう。

更にOCNモバイルONEでは、光セット割と呼ばれるものも用意しています。

光セット割りは、
・OCNモバイルONE
・OCN光
上記回線を契約することにより、OCNモバイルONEの月額料から月々200円(税抜)の割引が実施されます。

この割引は最大5回線まで適用されるので、家族5人に光セット割が適用された場合、月々1,000円(税抜)もの高額な割引が実施されることになります。

格安SIMを利用することにより、高い節約効果を期待できることに合わせて、月々最大1,000円もの割引が実施されることになれば、ONEモバイルONEで契約することによるお得度は増すばかりですよね。

その他、
・OCNモバイルONEの音声対応SIM
・OCN光
上記を同時契約することにより、OCN光の利用料から300円(税抜)の割引が実施されるのだとか!

※300円(税抜)の割引は、最大24か月間

・OCNモバイルONEの音声対応SIM:月々200円(税抜)の割引
・OCN光:月々300円(税抜)の割引
上記の割引が実施されれば、合計500円(最大1,200円)もの割引が実施されるようになります。

セット割も複数実施している、とってもお得なOCNモバイルONE!
通信費の節約を考える上では、この会社は見逃せない存在となること間違いなしです。

3.OCNモバイルONEの容量シェアとは?

外国人ビジネスマン20

OCNモバイルONEでは、SIMカードを追加することにより、お得にスマホを運用できるようになるというサービスを実施しています。

これを『容量シェア』と呼んでいます。
※シェア=共有

通信費の節約を考えるのであれば、是非この容量シェアも視野に入れて契約されることをおすすめします。

ここからは、この容量シェアのおすすめポイントや、SIMカードの追加方法などについてご紹介していきますよ。

.容量シェアのおすすめポイントは?

クエスチョン

容量シェアは、主回線にて契約をしたインターネットの容量(データ容量)を、子回線に分けることができるというサービスです。

容量シェアにて大容量契約を行なうことにより、1台のスマホ毎に小容量や中容量のプランにて契約を行なうより、通信費が抑えられるというメリットがあります。

家族でスマホを数台運用する場合には、この容量シェアが節約に一役買ってくれるのです。

.どのくらいお得なの?

は ?マーク 2

容量シェアがどのくらいお得なのか、OCNモバイルONEの価格を元にして考えてみましょう。

・3GB:1,800円(1GB:600円)
・30GB:6,750円(1GB:225円)
上記のように、大容量契約を行なうことで1GB当たりの料金が安価になります。

単純に、10台のスマホを3GBにて契約するよりも、主回線で30GB契約して10台のスマホにデータを分ける方が、お得にスマホを運用できるようになるということです。

・3GB×スマホ10台=18,000円
・30GB=6,750円
よって、18,000円-6,750円=11,250円もお得になります!

※容量シェアが行なえるのは、格安SIM最大5枚まで

大容量契約をして容量シェアをすることがどのくらいお得なのか、なんとなくでもわかって頂けたのではないでしょうか?

.SIMカードを追加する方法は?

SIMカードとスマートフォン1

SIMカードを追加する方法は、
・最初に主回線を申込み、後日シェア回線を追加する
・主回線契約時に、一緒にシェア回線も契約する
上記のように、2通りの方法があります。

ちなみにOCNモバイルONEでは、主回線契約時にシェア回線のSIMカードを契約すると、シェア回線の追加手数料が0円になるというキャンペーンを実施しています。

このキャンペーンが適用されることにより、
・音声SIM初期手数料:3,000円
・データ専用SIM初期手数料:1,800円
上記の手数料が0円になるのです。

家族4人で音声SIMの容量シェアを利用する場合
・手数料3,000円×SIMカード4枚=手数料12,000円
上記が今なら0円!

こんなにも高額な割引が実施され、大変お得に契約できるようになるのですね。

家族皆で容量シェアにて契約することで、国内三大キャリアで家族割を組んで契約するよりも、大変お得に済ませることができます。

更に今なら、手数料まで0円になるわけですから、OCNモバイルONEで契約するお得度は高いですよね。

もし家族の中で、1人でもOCNモバイルONEの格安SIMに変更される予定であれば、この機会に家族皆でこの会社の格安SIMに変更されることをおすすめします。

※2017年5月1日以降は、SIMカード1枚毎に手配料の394円(税抜)が必要になります。

※SIMカード手配料は、5月1日に申込完了分より必要になります。

.SIMカード追加時の注意点は?

て テクノロジーイメージ【ブルー】

SIMカード追加時の注意点は
・親回線と子回線は、同じ種類のSIMカードでなければいけない
・OCNモバイルONEで追加できるSIMカードの数は、最大4枚である
・SIMカード追加時には、各種手数料の支払いが必要になる
・シェアSIMの枚数分、月額利用料が発生する
・毎月1枚ずつしか追加することができない
上記の5点です。

1つめの注意点としては、容量シェアにてSIMカードを追加する場合、親回線と子回線のSIMカードの種類は、必ず同じでなければいけません。

親回線がデータ専用SIMを利用しているにも関わらず、子回線で音声SIMを利用することは不可能です。

もしデータ専用SIMにて契約をしている場合で、他の家族が音声SIMを利用したいと強く希望する場合は、
・親回線を解約して、音声SIMにて再契約を行なう
・音声SIMを利用したい人のみ、別途音声SIMにて容量シェアを行なう
・個別に音声SIMにて契約する
上記の選択肢から、最も便利かつお得にスマホを運用できる方法を選出する必要があります。

2つめの注意点は、OCNモバイルONEでは、追加できるSIMカードの枚数を最大4枚までとしていることです。

主回線の格安SIMと合わせると、最大5枚のSIMカードにて容量シェアを行なえるわけです。

追加できるSIMカードが最大4枚なため、家族が6人以上である場合には、家族間で複数のグループに分けて容量シェアを行なう必要が出てきます。

ちなみに、容量シェアを行なえるSIMカードの数は通信会社毎に異なり、最大3枚までしかSIMカードを追加できないケースもあります。

家族が4~5人いる場合で、この5人が一つのグループにて容量シェアを行ないたい場合には、OCNモバイルONEの格安SIMも視野に入れて、格安SIMの利用を検討されると良いです。

3つ目の注意点は、容量シェアにてSIMカードを追加する場合、追加するSIMカードの枚数分、初期手数料が必要になるということです。

※2017年5月1日より、別途SIMカード手配料が必要になります。

ちなみにOCNモバイルONEでは、親回線契約時に子回線を契約することにより、初期手数料を0円に実施してくれるのですが、これは同時契約の場合に限ります。

親回線を契約して、後日子回線のSIMカードを追加する場合には、追加したSIMカードに発生する初期手数料の支払いを免れることはできません。

手数料に関しては、先程もご紹介しました通り
・音声SIM初期手数料:3,000円
・データ専用SIM初期手数料:1,800円
上記手数料に合わせて、手配料がSIMカード1枚毎に必要になります。

親回線と別途契約を行なう場合で、更に容量シェアを行なうSIMカードの枚数が多い場合には、契約時にかなり高額な手数料が発生することになりますので、十分注意しておきましょう。

4つ目の注意点は、容量シェアにてSIMカードを追加する場合、初期手数料以外にもSIMの枚数分、月額利用料の請求がかけられるということです。

・親回線は、データ容量に応じた金額が毎月請求される
・子回線は、SIMカードの種類に応じた月額料が毎月請求される
月々の料金としては、上記のような内訳になります。

ちなみに子回線の種類別月額料は
・データ専用SIMカード:400円
・SMS対応SIMカード:520円
・音声SIMカード:1,100円
上記のようになっています。

音声SIMにて容量シェアを行ない、4枚のSIMカードを追加した場合には、約4,400円の月額利用料が発生するので、この辺りも頭に入れておきましょう。

5つの目の注意点は、1度に追加できるSIMカードの枚数は、1枚だということです。

SIMカードは最大4枚まで追加することができますが、1回に追加できるSIMカードの枚数は、1枚に限るとされています。
※WEBから契約を行なう場合

更にもう1枚追加したいとなれば、翌月まで待たなければ追加することができませんので、4枚SIMカードを追加するには、単純に4カ月もの期間が必要になるということです。

もし同じ月に複数枚のSIMカードを追加したい場合には、カスタマーサービスに電話をして契約をすると良いです。

.SIMカード解約時の注意点は?

ストップ!

SIMカード解約時には
・親回線のみの解約は不可能
・違約金が発生することもある
・SIMカード毎に最低利用期間が異なる
・端末返却違約金が発生することもある
上記の4点です。

1つ目の注意点は、容量シェアにて契約を行なう場合、親回線のみの解約は不可能だということです。

親回線を解約する場合には、自動的に子回線も解約することになります。

家族皆で他のキャリアへ乗り換えを行なうなんて場合以外は、まずは子回線を順番に解約してから、親回線を解約すると良いでしょう。

2つ目の注意点は、解約時には違約金が発生することがあるということです。

OCNモバイルONEでは、
・データ専用SIM:最低利用期間1ヶ月
・音声SIM:最低利用期間6ヶ月
上記のように定めているようです。

ただし、データ専用SIMは最低利用期間内に解約をしたとしても違約金は発生せず、1ヶ月分の利用料や月額料のみ請求がかけられることになるそうです。

対して音声SIMの場合は、最低利用期間内に解約を行なうことで、SIMカード毎に8,000円の違約金が請求されます。

シェアSIMにもSIM毎に最低利用期間が設けられており、この期間内に解約を行なうことで、SIMの枚数分違約金の請求をかけられてしまいます。

最低利用期間内に解約するSIMカードの枚数が多ければ多いほど、解約時の負担は大きくなりますので、この期間内の解約はなるべく避けた方が無難であると言えるでしょう。

3つ目の注意点は、シェアSIM毎に最低利用期間が異なるという点です。

OCNモバイルONEでは、WEBを通じてシェアSIMを追加する場合、1ヶ月に1枚しか追加ができないという決まりがあります。

これにより、最低利用期間の最終月が異なってしまうのです。

たとえば
・1月にシェアSIMを1枚追加した場合:違約金なしで解約するには7月以降
・2月に更にシェアSIMを1枚追加した場合:2枚目のSIMを違約金なしで解約するには8月以降
上記のように、違約金なしで解約できる月が少しずれてしまうのですね。

最後に追加したSIMカードが6か月の利用期間を超えるまでは、解約違約金が最低でも8,000円は必要になるので、解約時にはこの辺りも注意しておかなければいけません。

4つ目の注意点は、端末返却時に違約金が発生することがあるというポイントです。
OCNモバイルONEでは、Wi-Fiルータなどのレンタルを行なっています。

容量シェアを行なって追加したSIMカードは、OCNモバイルONEでレンタルしたWi-Fiルータを経由して、スマホやタブレットなどに電波を飛ばすことも可能です。

しかしながらWi-Fiルータをレンタルした場合、これに生じる最低利用期間(24ヶ月間)は利用しなければいけません。

最低利用期間内に解約をしてしまった場合には、最大12,700円もの違約金の請求がかけられてしまいますので、この辺りも忘れずに頭に入れておきましょう。

以上のことから解約時には
・格安SIMの最低利用期間
・レンタル端末の最低利用期間
上記に注意をした上で、解約を検討されることをおすすめします。

まとめ

PC小物と筆記用具とコーヒーとメガネ2

今回は、大人気格安SIMの取り扱いを行なう、OCNモバイルONEの格安SIMについてご紹介しました。

また、ここで実施されている容量シェアによって、家族で月々の通信費を抑えることができるという点にも触れていきました。

では今回の内容について、簡単に振り返ってみましょう。

◎1.OCNモバイルONEってどんな会社?
ここでは、OCNモバイルONEのことを知らない人に向けて、この会社がどのような会社であるかについてご紹介しています。

この会社は、
・通信費節約のサポートをしてくれる
・ドコモの電波を借りて事業を行なっている
上記のような会社です。

◎2.OCNモバイルONEの格安SIMの特徴は?
ここでは、OCNモバイルONEの格安SIMの特徴についてご紹介しています。
通信会社の比較を行なう時には、ここに記載している情報を元にして、比較を行なって頂ければと思います。

・選べる2種類のSIMカードが用意されている
・MNP乗り換えを利用することができる
・幅広い端末に対応している
・セット割を利用できる

◎3.OCNモバイルONEの容量シェアとは?
OCNモバイルONEで用意されている容量シェアの、おすすめポイントやどのくらいお得なのかについてご紹介しています。
容量シェアを行なうか、家族が個々に契約を行なうかについて迷っているのであれば、是非ここに記載している内容を参考にしてください。

いかがでしたか?

キャリアSIMにて契約を行なうよりも、大変お得にスマホを運用できる格安SIM。
これを取り扱う通信会社は、現在約30社もあると言われています。

ちなみに、この約30社の中でもサービス面が充実していて、大変お得にスマホを運用できるようになることで評判の良いOCNモバイルONE!

ここで実施しているサービスの一つに、容量シェアと呼ばれるものがあり、これを利用する上では、契約・解約時の注意点も複数存在しているという情報をご紹介しました。

容量シェアプランにて契約を行なう場合には、シェアSIMの追加を行なうタイミングや、解約時に発生する違約金などにも十分に注意して、最終的に損をすることなく、総合的にお得に契約を終えることができるようにしてくださいね。

Pocket