最新iPhoneは乗り換え購入が1番お得!?携帯キャリア価格情報

最新のiPhoneを購入しようと思うと、やはり1番気になるのは「どのキャリアがお得か」ということですよね。

現行最新モデル「iPhone X」の機種代金は、キャリアによって大きく異なります。

従来の感覚では乗り換え(MNP)をすると機種代金が安くなると思いますよね。
しかし、iPhone XはMNPでも機種代金はそう安くなりません。

さらに、利用方法によっては機種代金が多少高くとも、月額は最安値になるケースもあります。
機種代金だけを見ていると損する可能性があるということですね。

そこで今回は、利用方法によってどのキャリアがiPhone Xを1番お得に購入できるのか徹底的に解説します。

この記事を読めば、iPhone Xが最安値で買えるようになりますよ!

今回の流れ
  • 最新iPhoneの機種代金を比較
  • 使い方で最新iPhoneが1番安いキャリアが変わる!?
  • 最新iPhoneのスペックと注目機能

1 最新iPhoneの機種代金を比較


画像引用元:iPhone X – Apple(日本)

まず各キャリアの端末価格を比較します。
冒頭で触れた通り「機種代金が最安値=月額が最安値」ではない場合もあります。

しかし、機種代金を押さえないと最安値がわからないので、しっかりチェックしましょう。

iPhone X 64GBの機種代金

ドコモ au※1 ソフトバンク※2
機種代金 5,211円 × 24回 3,060円 × 24回 2,730円 × 24回
割引 -2,376円 × 24回 -1,605円 × 24回
実質価格 68,040円 73,440円 27,000円

※1:アップグレードプログラムEXを利用し、25ヶ月目に機種変更した場合
※2:半額サポート for iPhoneを契約し、25ヶ月目に機種変更した場合

iPhone X 256GBの機種代金

ドコモ au※1 ソフトバンク※2
機種代金 5,994円 × 24回 3,440円 × 24回 3,110円 × 24回
割引 -2,403円 × 24回 -1,605円 × 24回
実質価格 86,184円 82,560円 36,120円

※1:アップグレードプログラムEXを利用し、25ヶ月目に機種変更した場合
※2:半額サポート for iPhoneを契約し、25ヶ月目に機種変更した場合

こうして比較すると、ソフトバンクの機種代金が安いですね。
ただし、auとソフトバンクは48回分割払いの特殊なオプションを付けています。

auは「アップグレードプログラムEX」、ソフトバンクは「半額サポート for iPhone」というオプションです。

1-1 auとソフトバンクの機種代金半額オプションについて

auとソフトバンクの機種代金を「半額」にするためには、対応したオプションを契約して48回払いにする必要があります。

半額系オプションの月額料金
  • auの「アップグレードプログラムEX」:月額390円
  • ソフトバンクの「半額サポート for iPhone」:月額無料

48回払いに設定しますが、25ヶ月目(2年ピッタリ)以降に機種変更を行い、今まで利用しているiPhone Xをキャリアに引き渡すことで残りの支払いが免除されるという仕組みです。

つまり、2年以上使う場合やMNP、解約する場合は半額にならないのです。
簡単に考えればiPhone Xをレンタルするプランということですね。

・2年ピッタリで機種変更したくなる方
・2年後に解約・MNPをする予定のない方

アップグレードプログラムEXも半額サポート for iPhoneも、この条件を満たす方しかお得になりません。

安くなると思って契約して、結果的に損しないように注意しましょうね。
ここで、半額系のオプションを利用しない場合のiPhone Xの機種代金も確認しましょう。

iPhone X 64GBの24回払い機種代金

ドコモ Au ソフトバンク
機種代金 5,211円 × 24回 5,340円 × 24回 5,460円 × 24回
割引 -2,376円 × 24回 -3,210円 × 24回
実質価格 68,040円 128,160円 54,000円

iPhone X 256GBの24回払い機種代金

ドコモ Au ソフトバンク
機種代金 5,994円 × 24回 6,100円 × 24回 6,220円 × 24回
割引 -2,403円 × 24回 -3,210円 × 24回
実質価格 86,184円 146,400円 72,240円

依然としてソフトバンクが最安ですが、ドコモとの価格差はかなり縮みましたね。

次のページでは、ここまで解説した機種代金に各キャリアの利用料金を含め、月額料金を計算します。

機種代金だけに注目して見落とす方が多いのですが、使い方によっては機種代金が最安値のソフトバンクが高くなることもあります。

毎月の出費を最安値にしたい方は、次の項も必ずチェックしてくださいね!

2 使い方で最新iPhoneが1番安いキャリアが変わる!?

前のページで、機種代金はソフトバンクが最安値であることがわかりました。
しかし、実際に利用するには利用料金も必要になりますよね。

実は、家族構成や利用するプランによって最安値で使えるキャリアが変わるのです。

ここからは、各キャリアの料金プランと、利用方法別に最安値で利用できるキャリアがどこなのか算出しましょう。

2-1 各キャリアの料金プラン

キャリアによって、料金プランの特徴が異なります。

ドコモは段階制かつ家族でデータ量を共有するベーシックシェアパックがメインですし、auは段階制データ定額の一人用プランです。

また、ソフトバンクは従来通りのデータ定額制プランから選ぶことになります。

毎月の利用料金は通話プランプランの組み合わせでも変わるので、今回は通話をほぼ使わない方を想定して利用料金を計算しました。

各キャリアのデータ量別料金プラン

ドコモ ドコモ

(シェア)

au ソフトバンク※ ソフトバンク

(お手軽プラン)

〜1GB 4,180円 2,980円 4,900円 2,480円
〜2GB 5,280円 3,980円 5,500円 3,480円
〜3GB 4,980円 4,480円
〜5GB 6,280円 7,780円 5,980円 7,000円
5GB〜20GB 8,280円 6,980円 8,000円
5GB〜10GB 10,280円
10GB〜15GB 13,280円
15GB〜30GB 16,280円
50GB 9,000円

※:定額制プランです。例えば5~20GBなら20GBのプランを掲載しています。

従来の定額制では、契約したデータ量を使い切らない場合でも毎月の利用料金は同じでした。

しかし、ドコモとauピタットプラン、そしてソフトバンクの「お手軽プラン」は、使ったデータ量で毎月の利用料金が変動します。

そのため、今までデータ量が多く余った経験がある方は新プランに変更するだけで安くできますね。
また、ドコモのシェアプランは一人での利用では高いだけのプランです。

しかし、家族とデータ量を共有できるので、ドコモを利用する家族が多いほどお得になります。

家族4人で利用する場合の月額料金

ドコモ ドコモ

(シェア)

au ソフトバンク※ ソフトバンク

(お手軽プラン)

〜1GB 16,720円 11,920円 19,600円 9,920円
〜2GB 21,120円 15,920円 22,000円 13,920円
〜3GB 19,920円 17,920円
〜5GB 25,120円 12,120円 23,920円 28,000円
5GB〜20GB 33,120円 27,920円 32,000円
5GB〜10GB 15,620円
10GB〜15GB 18,620円
15GB〜30GB 21,620円
50GB 36,000円

家族4人で利用する場合は、ドコモのシェアプランが1番安く出来そうですね。
この各利用料金にiPhone Xの機種代金を足すことで、実際の月額がわかります。

2-2 利用量別の最新iPhone最安値キャリア考察

ここからは機種代金と利用料金を合計し、毎月の利用料金を算出します。
今回は次の条件で計算しています。

  • iPhone X 64GBを購入
  • スマホが故障した場合の補償オプションは加入
  • auはアップグレードプログラムEX利用
  • ソフトバンクは半額サポート for iPhone利用

ひとりで利用する場合の月額料金

ドコモ au ソフトバンク※ ソフトバンク

(お手軽プラン)

〜1GB 7,765円 7,230円 7,185円 4,765円
〜2GB 8,865円 8,230円 7,785円 5,765円
〜3GB 9,230円 6,765円
〜5GB 9,865円 10,230円 9,285円
5GB〜20GB 11,865円 11,230円 10,285円
5GB〜10GB
10GB〜15GB
15GB〜30GB
50GB 11,285円

こうして比較すると、ひとりで利用する場合は利用量に関わらずソフトバンクが最安値になることがわかります。

続いて家族4人で利用するケースを見てみましょう。

家族4人で利用する場合の月額料金

ドコモ

(シェア)

au ソフトバンク※ ソフトバンク

(お手軽プラン)

〜1GB 28,920円 28,740円 19,060円
〜2GB 32,920円 31,140円 23,060円
〜3GB 36,920円 27,060円
〜5GB 26,460円 40,920円 37,140円
5GB〜20GB 44,920円 41,140円
5GB〜10GB 29,960円
10GB〜15GB 32,960円
15GB〜30GB 35,960円
50GB 45,140円

家族で利用する場合は、データ利用量によって最安値のキャリアが変わります。

  • ひとり3GB以下ならソフトバンクのお手軽プラン
  • 5GB以上必要ならドコモのベーシックシェアパック

ドコモのベーシックシェアパックは、最大30GBまでです。
単純計算でひとり7.5GBまで利用できるので、Wi-Fi環境がある方ならまず困ることはないでしょう。

そのため、auやソフトバンクで5GB以上のプランを契約するより5,000円〜10,000円程度安くできるということですね。

iPhone Xをお得に購入する情報はこちら

ソフトバンクのiPhone Xに乗り換えを考えている方は、ソフトバンクのiPhone Xに乗り換え|お得なMNPキャンペーン徹底解説も合わせてご覧ください。

ドコモのiPhone Xに乗り換えを考えている方は、ドコモのiPhone Xに乗り換え|MNPお得なキャンペーンを徹底解説も合わせてご覧ください。

auのiPhone Xに乗り換えを考えている方は、auのiPhone Xに乗り換え|MNPお得なキャンペーンを徹底解説も合わせてご覧ください。

dカードGOLDを契約するとドコモはもっと安くなる


画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介

家族4人の利用ではドコモが最安値となりましたが、ドコモが提供するクレジットカード「dカードGOLD」を契約するとさらにお得になります。

  • ドコモ利用料金のポイント還元10%
  • ケータイ補償サービスの代替になる

iPhone Xのケータイ補償サービスは、月額750円です。
家族4人の場合月間3,000円、年間36,000円のコストになります。

しかし、dカードGOLDを契約すると、12,000円でケータイ補償サービスの替わりができます。
ポイント10%還元もあるので、単純な月額料金の比較よりも年間5万円はお得にできるのでオススメです。

次の項では、最新iPhoneのスペックや注目機能をおさらいしましょう。

3 最新iPhoneのスペックと注目機能

ここまでiPhone Xの機種代金と、利用方法別の最安値キャリアを解説しました。
最後にiPhone Xのスペックや注目機能をおさらいしましょう。

3-1 iPhone Xのスペック情報

画像引用元:iPhone X – 仕様 – Apple(日本)

本体サイズ 高さ143.6 × 幅70.9 × 厚さ7.7 mm
重さ 約174g
CPU A11 Bionicチップ
OS iOS11
ストレージ(ROM) 64GB、256GB
メモリ(RAM) 非公開
画面サイズ 5.8インチ OLED

2,436 x 1,125

カメラ画素数 メイン:約1,200万画素デュアルカメラ
サブ: 約700万画素

iPhone Xのメモリ(RAM)は非公開ですが、ベンチマークなどを見ると3GBになっています。
ストレージ容量は64GBと256GBの2種類です。

カメラ性能が高いこともあり、写真や動画が多い方は256GBを選んだ方がいいかもしれませんね!

3-2 iPhone Xの注目機能


画像引用元:iPhone X – Apple(日本)

iPhone Xは全画面になったことで、従来のiPhoneシリーズとは異なる特徴を持っています。

全画面だから液晶画面が大きい!


画像引用元:iPhone X – Apple(日本)

iPhone Xの最大の特徴は全画面になったことでディスプレイが大型化されたことでしょう。

全画面化の恩恵として、iPhone 8 Plusより大きな5.8インチディスプレイがiPhone 8とほぼ同じ本体サイズで実現しました。

iPhone 8 Plusは大きすぎるけど、iPhone 8のディスプレイサイズでは物足りない。
そんな方は両機種のいいとこ取りをしたiPhone Xがピッタリですね!

顔認証「Face ID」でセキュリティアップ!


画像引用元:iPhone X – Apple(日本)

iPhone Xは全画面になったことで、シリーズ伝統のホームボタンがなくなりました。

このことに連動して、画面ロックの解除やApp Storeでの購入に利用する指紋認証「Touch ID」が利用できませんね。

しかし、iPhone Xは赤外線で顔の形を認識する「Face ID」を導入しています。
3万本以上の赤外線を照射することで、立体的に顔全体の形を認識して画面ロックの解除が行えます。

更に、寝ている間に勝手に操作されないよう、目を開けている時しか認識しない設定も可能です。

髪型やメガネなどでガラッとイメージが変わっても正確にロック解除してくれるので、Face IDはかなり優秀と言えますね!

デュアルカメラで一眼レフさながらの写真が撮れる!


画像引用元:iPhone X – Apple(日本)

iPhone Xのメインカメラは、最近流行っているデュアルレンズを採用しています。

広角レンズと望遠レンズというオーソドックスな2枚構成で、各レンズ1,200万画素とかなり高画質な撮影が可能です。

デュアルレンズを搭載したことで、従来のiPhoneが苦手だった撮影も簡単に行えますね!

  • 背景をぼかした一眼レフカメラのような表現
  • 光学ズームを利用したノイズの少ないズーム撮影

また、フロントカメラでもポートレートモードを搭載し、疑似的に一眼レフの背景ぼかしを表現してくれます。

自撮りが多い方も、iPhone Xなら綺麗な写真が簡単に撮れますね!

急速充電に対応し、30分で50%充電可能!


画像引用元:iPhone X – Apple(日本)

地味な部分ですが、iPhone Xは急速充電に対応しました。

自宅で充電する時は寝る前が多いと思いますが、うっかり忘れても朝の身支度の時間だけで十分な充電ができるようになります。

また、外出中に電池が切れた場合も、ショップ等で少し充電するだけですぐ復帰できますね。
地味ですが、電池消費の多いアプリを利用する方には嬉しい機能と言えるでしょう。

4 最新iPhoneを最安値で買う方法まとめ

今回は最新iPhoneがどのキャリアで購入するのが1番お得かを解説しました。
機種代金の比較では、ソフトバンクが1番安くなりましたね。

機種代金まとめ
  • 機種代金はソフトバンクが最安値
  • auとソフトバンクの半額系オプションは25ヶ月目に機種変更しないと半額ではない

また、家族の人数や利用するデータ容量によって、利用料金を含めた最安値は変わります。

iPhone X最安値まとめ
  • ひとりで利用するならソフトバンクが月額も最安値
  • 家族で利用、ひとり3GBまでならソフトバンクが最安値
  • 家族で利用、家族で5GB以上ならドコモが最安値

ドコモはdカードGOLDと家族カードを契約することで、ポイント10%やケータイ補償などの特典が受けられます。

この特典をしっかり受けると、年間5万円前後お得に!

今回の解説を参考に、ぜひ最安値で最新iPhoneを手に入れてくださいね!

2018年発売予定の最新iPhoneの情報はこちら

2018年発売予定の最新iPhoneが気になる方は、2018年最新iPhoneの発売日はいつ?スペックや気になる新機能情報も合わせてご覧ください。

トップ画像引用元:iPhone X – Apple(日本)

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!
携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


【知っている人だけが得する話】
最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

関連記事