Netflix(ネットフリックス)に使える格安SIMと格安スマホは?

映画やドラマをネットに接続されたあらゆるデバイスから視聴できる映像配信サービスNetflix(ネットフリックス)。アメリカの映画やドラマのみならず日本オリジナル作品も提供され人気があります。

もちろん、Netflix(ネットフリックス)はタブレットやスマートフォンでの視聴も可能なので、もちろん格安SIM、格安スマホでの視聴も可能です。しかし機種によってはNetflix(ネットフリックス)の視聴に向いてる格安SIM/格安スマホもあれば他の映像配信サービスの方が相性が良いものもあります。

今回はNetflix(ネットフリックス)についての解説、Netflix(ネットフリックス)用に最適な格安SIM/格安スマホについてお伝えいたします。

Netflix(ネットフリックス)とは?

Netflix(ネットフリックス)は、米国発の全世界で会員数9,300万人以上を誇る世界最大級の映像配信サービスです。映画やドラマをインターネットに接続されたあらゆるデバイスで視聴でき、日本でもユーザーが増えています。月額650円〜利用でき、初月無料です。

日本では2015年9月1日にストリーミングのみのサービスから開始されました。2015年以降に発売される一部のテレビはNetflix対応となり、リモコンにはNetflix専用ボタンもついていてその浸透ぶりが伺えます。

Netflix(ネットフリックス)で主に配信されているコンテンツ

アメリカとイギリスの人気ドラマが主体で、映画も多数視聴できます。最近はアニメも増えてきています。英語の字幕や音声も勿論ありますので英語が聴き取るのが苦手、或いは洋画自体が苦手な方でも充分に楽しめます。筆者の周囲ではヒアリングの練習に利用している人もいます。

当初はアメリカやイギリスの映画やドラマが中心でしたが、昨今では桐谷美玲主演のオリジナルドラマ「アンダーウェア」やフジテレビと提携した「テラスハウス」の新シーズン、芥川賞受賞作「火花」の実写版など日本オリジナル作品も増えています。

Netflix(ネットフリックス)でダウンロードできる?設定などは?

Netflixのような動画配信サイトで気になるのはコンテンツをダウンロードできるのか?それともストリーミング再生のみなのか?ってことですね、嬉しい事にNetflixでダウンロードが可能です。2016年11月まではストリーミング再生のみでしたが2016年11月末日にダウロード対応となりました、

全てのコンテンツがダウンロードできるようになってはいませんが、7割位の映画、ドラマ、アニメはダウンロードできます。ダウンロード可能になった事により自宅がWiFi環境下にあれば、スマホのNetflixアプリで観たいものをダウンロードしておけば、自宅映画、ドラマ、アニメを視聴できます。

自宅にWiFiがない場合、一例をあげるとUQ mobileの無制限プランの場合は、例えば寝る前などにp複数のコンテンツをダウンロードを指定しておけば朝にはダウンロードが完了しています。バックグラウンドでダウンロードを続けてくれ、スリーブモードでもダウンロードを続けてくれます。

但し、スマホやタブレットのNetflixアプリでダウンロードができますが、パソコンやテレビの場合はダウンロードはできません。

Netflixのダウンロードの設定と保存容量ですが、ダウンロード設定の場合はWi-Fiのみにチェックを入れておけば、WiFi接続時のみダウンロードすることができます。自宅がlはWi-Fi環境下にあるならば是非ともチェックを入れておきましょう。

ダウンロード画質はスタンダードか高画質の二択です。スタンダードでも画質に問題はなく、充分に楽しめますが、高画質だとかなり鮮明になります。高画質のデータ量はスタンダードの2倍弱ぐらいです。

高画質だとだいたい1時間で500MBくらいのデータ量になりますので、保存できる容量に不安を感じる場合は、iPhoneやNexus以外の格安スマホならばマイクロSDカードで保存できるデータ量を増やすことができるので心配しなくても大丈夫です。

保存先を内部ストレージからSDに変更する方法は機種によって異なりますが、格安スマホでの人気機種P9liteの場合は、設定→詳細設定→メモリとストレージ→デフォルトの保存場所→内部ストレージからSDカードヘ変更で設定できます

ダウンロードできる数は凡そ90〜100個までです。ダウンロードできる総数が90〜100個くらいまで達してしまうと。BRL.22002というエラーが出てきてダウンロードできなくなってしまいます。

この場合は、ダウンロード済みの作品でダウンロードした物を削除すれば削除した数だけダウンロードができます。

Netflix(ネットフリックス)の登録方法と料金詳細

Netflix(ネットフリックス)に登録するには、まずはクレジットカードが必要です。登録月(最初の月)の月額料金は無料です。そのプランはベーシックプラン、スタンダードプラン、プレミアムプランの3つです。プランの変更や解約はいつでも可能です。

それぞれの料金プランの特徴について解説しますと、月額650円のベーシックプランは標準画質(SD)で1度に1画面で観る事ができます。スマホやタブレットで観る場合、標準画質でも充分に綺麗観る事ができます。

パソコンやテレビで観た場合は標準画質レベルになり、標準画質以下の画質でもが視聴可能です。最低通信速度は0.5Mbpsで、1台のスマートフォンやタブレットに動画をダウンロードすることもできます。

月額950円スタンダードプランは同時に2画面、観る事ができ、また高画質(HD)で視聴できます。高画質(HD)で観るにはデスクトップパソコンやテレビでの視聴が必要です。

同時に2画面というのは、1人はスマホで、もう1人は他のスマホやタブレット、テレビなどで観るというような事ができるということです。2台のスマホやタブレットに動画をダウンロードすることもできます。

月額1450円にプレミアムプランは同時に4画面観る事ができ、超高画質(UHD 4K)で視聴できます。超高画質は大画面のテレビでキレイな画質で観られる画質です。

また、4人分のアカウントを作ることができ、それぞれがドラマや映画の視聴履歴や視聴途中のものを観る事ができます。4台のスマホやタブレットに動画をダウンロードする事も可能です。

Netflix(ネットフリックス)を利用するのに必要な通信速度とデータ量は?

Netflix(ネットフリックス)はスマホやタブレットで観る場合、パソコンやテレビで見る場合で必要な通信速度・データ量が違ってきます。

Netflix(ネットフリックス)が推奨するインターネット接続速度について格安SIM/格安スマホで利用する場合と併せてスマホ、タブレットで見る場合パソコンやテレビで観る場合も併せて説明いたします。

速度遅めの格安SIM/格安スマホで利用する場合のインターネット接続速度 は0.5Mbps です。若干、画質が荒くなりますが鑑賞するには充分、問題のない画質です。

標準的な速さの格安SIM/格安スマホの場合は接続速度 1.5Mbps です。このレベルになると前述の場合よりも画質はキレイになります。タブレットで観た場合もスマホほどではありませんが結構キレイです。

速めの格安SIM/格安スマホ、WiMax2+、光回線の場合の通信速度 3.0Mbpsもしくは 5.0Mbps です。このレベルだとスマホやタブレットはもちろん、パソコンやテレビで観ても画質は更にキレイです。

基本的にWiMAX 2+や光回線を使って観た方がより美麗な映像を楽しみながら鑑賞できます。または速めの格安SIM/格安スマホをテザリングしてパソコンやテレビでも観ることも可能です。(但しデータ容量がかなりかかります。)

光回線では通信速度 25Mbpsでも視聴可能です。ここまでくれば液晶テレビや4K対応テレビで美麗な画質で楽しめます光回線を使って見ます。しかし現在、この通信速度に対応した画質で提供している映画やドラマは少ないです。推奨する接続速度はあくまで目安なので気にしなくても大丈夫です。

続いてスマホやタブレットで観る場合に必要な通信速度とデータ量について説明いたします。スマホやタブレットでNetflixのアプリで観る場合に便利なのがモバイルデータの使用量を変更が可能なことです。

モバイルデータ使用量はWi-Fi接続時のみはオフです
低画質は1GBあたり約4時間 (約0.5Mbps)、中画質は1GBあたり約2時間 (約1.0Mbps)高画質1GBあたり約1時間 (約2.0Mbps)です

WiMAX2+を使用する場合ですがWiMAX2+はモバイルデータ使用量の設定を無視するようです。実際、アニメやドラマなどをWiMAX 2+で、オフと低で試みても両方とも中で再生されるとの事です。何故かというとWiFiの場合、モバイルデータ使用量からではデータ制限することができず、WiFiの通信速度により、自動で画質が変わるからなのです。

さて、格安SIM/格安スマホ使う場合ですが、格安SIM/格安スマホならば、テザリングした場合を除き、モバイルデータ使用量の設定を反映します。

格安SIM経由で再生した場合、オフにしてしまうと動画の再生ができません。低画質に設定すれば低で再生することができます。画質のみならず消費するデータ量も低いです。中に設定すれば中のデータ量になるのですが、低でもアニメならば問題なく楽しめる画質です。

中ならばより鮮明な画質になりますが、低の方が使うデータ量が半分ですみます。このため格安SIM/格安スマホの場合は主に低で観るのが一般的です。高に設定した場合、ネットフリックスはアニメの高画質がないため強制的に中で再生されます。

中設定でも充分にキレイな画質で観る事ができます。無制限の場合は格安SIM/格安スマホの通信速度によって、自動で画質が変わる設定との事なので。殆どの格安SIM/格安スマホならば中での再生になるでしょう。

格安SIM/格安スマホなら設定によりアニメならば低か中を、ドラマや映画なら高を設定することができます。WiMAX2+を使えば設定に関係無くほとんどの場合が中で再生になります。WiMAX2+の場合、ドラマや映画はややデータを使用量が増えるようです。

WiMAX2+は2017年2月から制限について変更がありました。3日間で10GB使えますが、10GBをそれを超えると1Mbpsに制限されてしまうので長時間(1日6時間以上)使う方は注意が必要かもしれません。

しかし、スマホやタブレット等でNetlixを再生し続けたとしても3日間で10GBを突破することはそれほどないと思われますので、ヘビーユーザーでない限りは気にしなくても良いでしょう。

格安SIM/格安スマホの場合は、低に設定すればデータを抑えることができます。月10GBあれば、1日1時間くらいNetflixを低画質にはなりますが楽しめます。ちなみにパソコンやテレビで見る場合の必要な通信速度とデータ量は下記の通りです。

低:0.3GB/時間 (約700kbps)
中:SDで0.7GB/時間 (約1.6Mbps)
高:HDで3.0GB/時間 (約6.8Mbps)、UHDで7.0GB/時間 (約16Mbps)

パソコンでNetflixを見る場合は低では動画の画質が少々荒くなります。パソコンで観る場合は、一般的に中が動画を楽しめる画質と言われています。

もちろん、高のHDでの動画は更に 美麗になりますが、パソコンで視聴は中が丁度いいでしょう。テレビで見る場合は高のHDならキレイな画質で観る事が出来るにで高のHDを推奨いたします。

UHD対応のテレビをお持ちならば、是非とも高UHDでの視聴を推奨いたします。物凄く綺麗な画質で視聴できます。

格安SIMでテザリングしてパソコンやテレビでNetflixを見る場合は中までが限度です。格安SIMの動画再生時の通信速度の平均値1.5Mbpsくらいのためです。

中の場合は16時間程度の視聴で10GBのデータに達します。Netflixを1日30分程、格安SIMのテザリング経由でテレビやパソコンで観ると月10GBの制限に達してしまいます。パソコンやテレビで観たい場合は格安SIMでのテザリング使用はあまりオススメではないです。

Netflix(ネットフリックス)利用に最適な格安SIM/格安スマホは?

では本題にうつりましょう。この項目ではNetflix(ネットフリックス)利用に最適な格安SIM/格安スマホについてお伝えしていきます。

2017年5月の時点ですが、格安SIM/格安スマホを取り扱っているMVNO(仮想移動体通信事業者)は約15社あります。一時期はプロ野球球団のファン専用のものなども併せて30社近くあったのですが半分はサービスを終了しています。しかし、格安SIM/格安スマホユーザーは増えつつあります。

次の項目ではプランなどからNetflix(ネットフリックス)利用に最適な格安SIM/格安スマホをピックアップして紹介します。

Netflix(ネットフリックス)利用に最適な格SIM/格安スマホその1:UQ mobile

UQ mobileには月額1980円で月最大60GB使うことができる無制限プランがあります。3日間で6GB超のデータを使うと翌日速度制限になります。UQ mobileの無制限プランは、通信速度が500kbps程にで抑えられているのですが、Netflixの場合は再生途中でもほぼ止まることなく視聴ができます。

UQ mobileはNetflixだけでなくYoutubeの視聴にも適しています。Youtubeの場合も普通画質でほぼ止まらずに視聴できます。無制限プランですが3日間で6GB超のデータを使うと翌日速度制限になりますので、この点においては注意が必要です。

とはいえ、通信速度を抑えて再生することができるので、長時間の動画視聴も可能です。Netflixな毎日9時間くらい見れるデータ量と通信速度です。UQ mobileは通信速度が超安定しているので、500kbps程度の速度でも問題なく観ることができます。

Netflixは動画の事前ダウンロードも可能ですので、視聴する前など作品を選択しておけば、動画を観たい時にはダウンロードが完了しています。スタンダードの画質で1時間の動画のダウンロード時間は約1時間、高画質だと1.5時間くらいかかります。

この便利な事前ダウンロードにもUQ mobileは通信速度、プランなどから総合して適していると考えられます。

事前ダウンロードの注意点ですが、事前ダウンロードに限らず充電しながらダウンロードすると電池の劣化が進みやすくなります。極力ダウンロード中の充電は避けた方が賢明です。

UQ mobileのオススメ格安スマホを紹介いたしましょう。

まずはHUAWEI P9 lite PREMIUM

非常に人気のある格安スマホです。スペックは以下の通りです。

メーカー名 HUAWEI
サイズ:(高さ×幅×厚さ) 約146.8×72.6×7.5mm
重量:約147g
ディスプレイ:(サイズ/タイプ/解像度) 5.2インチ, (フルHD)IPS液晶,1920×1080
カメラ :メイン 約1300万画素 サブ 約800万画素
電池容量 :3,000mAh
OS Android™ 6.0
チップセット Qualcomm® Snapdragon™617
クロック数/コア数 1.2GHz+1.5GHz/オクタコア
本体メモリ:容量 ROM 16GBRAM 3GB
対応外部メモリ:(規格/最大容量) microSDXC 128GB
防水 ×
防塵 ×
対応言語 日本語 ○
英語 ○
ネットワーク(LTE)
最大下り速度 220Mbps
国際ローミング(データ通信は不可) ○
Bluetooth Ver4.1
Wi-Fi規格 IEEE802.11b/g/n
テザリング ○
緊急地震速報○

全国エリアで使えるWiMAX 2+のキャリアアグリゲーション採用で220Mbpsの快適な高速通信が可能です。バッテリーも3000mAhと大容量ですので、長時間使用も可能です。ディスプレイも5.2インチのフルHDで鮮明な映像を楽しめます、Netflizには売ってつけでしょう。

続いてAlcatel IDOL 4

スペックは以下の通りです。

サイズ:高さ×幅×厚さ) 約147×72.5×7.1mm

重量:約135g

ディスプレイ: 5.2インチ, フルHD,1,920×1,080ドット

カメラ :メイン 約1300万画素サブ 約800万画素
電池容量 :2,610mAh
OS:Android™ 6.0
チップセット Qualcomm® Snapdragon™617
クロック数/コア数 :4×1.5GHz +4×1.2GHz,オクタコア
本体メモリ容量 :ROM 16GB RAM 3GB
対応外部メモリ :microSD/512GB
防水 ×
防塵 ×
対応言語 日本語 ○
英語 ○
ネットワーク(LTE):最大下り速度 150Mbps
国際ローミング(データ通信不可) ○
Bluetooth Ver4.2
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
テザリング ○
緊急地震速報※
※緊急速報○

両面ガラスでエレガントですごくスタイリッシュなデザインです。格安とは言いがたい高級感すら漂っています。業界初のVRヘッドセット「VR Box」が標準搭載されています。

最大出力3.6WのデュアルスピーカーとWAVES MaxAudioによるエンハンサー技術を搭載しています、

非常にいい音で音楽を楽しめるのももちろんですが、netflixで映画やアニメ、ドラマを楽しむ際も良い音とともに視聴ができるということですね。

Netflix(ネットフリックス)利用に最適な格SIM/格安スマホその2:OCNモバイルONE

OCNモバイルONEの特徴は、カウントフリー機能でしょう。カウントフリー機能とはOCNモバイルONEが提供する050plus、マイポケット、モバONEアプリ、マイページなどどれだけ使ってもデータ容量を消費しない機能です。

データ容量がなくなってきて、データ容量の追加購入するか翌月まで待ち、来月分のデータ容量が増えるのを待つか悩むことは多いですが、カウントフリー機能はデータ容量を消費せずに一部のサービスが利用できるためデータ容量の節約にも役立ちます。

さらに、このカウントフリー機能は昨年、Netflixも対象になるという話が2016年の3月頃に出ていました。OCNモバイルONEの公式サイトを確認したところ、まだ実現されていないようです。

Netflixがカウントフリー機能の対象になると嬉しいですね。ちなみにカウントフリー機能を提供しているMVNOはほとんどないです。カウントフリーの対象が広がれば、さらにシェア拡大しそうですね。

OCNモバイルONEは使い方に合わせてプランを選べ毎月1回コースを変更できます。その辺りも便利ですね。

OCNモバイルONEのオススメ機種はVAIOのVAIO Phone A です。

VoLTE、キャリアアグリゲーションにも対応で最大約225Mbpsでインターネットに接続も可能です。デュアルSIM同時スタンバイ(DSDS)に対応な上にLTEと3Gの同時待ち受けも対応しています。

ビジネスとプライベートで電話番号を使い分けたり、音声通話とデータ通信で契約する通信会社を分けたりできます。VAIO Phone Aも人気機種ですが 取り扱いMVNOは少ないです。

VAIO Phone Aのスペックは以下の通りです。

メーカー名 VAIO

サイズ:幅77.0 mm x 高さ156.1 mm x 奥行8.3 mm
ディスプレイ:画面サイズ:5.5インチ、Full H、解像度:1080 x 1920
カメラ :メイン約1300万画素。サブ約500万画素
電池容量 :2800 mAh
OS Android™ 6.0

プロセッサー Qualcomm Snapdragon™ 617 オクタコア1.5 GHz (クアッドコア) + 1.2 GHz (クアッドコア)
メモリー:内蔵 (ROM) : 16 GB / 内蔵 (RAM) : 3 GB / 外部メモリ最大対応容量:64 GB (microSD)
チップセット Qualcomm® Snapdragon™617
クロック数/コア数 1.2GHz+1.5GHz/オクタコア
本体メモリ:容量 ROM 16GBRAM 3GB
対応外部メモリ:(規格/最大容量) microSDXC 128GB

無線WAN 3G:WCDMA対応 (バンド 1,5,6,8,11,19)
4G/LTE:LTE対応 (バンド 1,3,8,19,21)
LTE-Advanced受信:225 Mbps
LTE受信:150 Mbps
3G受信:42.2 Mbps
無線LAN:IEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠
Bluetooth Bluetooth4.2 準拠
テザリング Wi-Fi、Bluetoothは対応

USB:対応
入出力 SIMスロット:microSIM×1、nanoSIM×1(デュアルスタンバイ対応) / microUSB:USB 2.0 x 1 /ヘッドセット接続端子:ステレオミニ端子 x 1 (ヘッドセット対応) / SDカードスロット4:microSD x 1(nanoSIMと同時使用不可)

スピーカー:内蔵モノラルスピーカー
その他機能:GPS搭載、 地磁気センサー搭載 、ジャイロセンサー搭載、加速度センサー:搭載
充電ケーブル:付属
連続通話時間3G:約11H
連続待受時間:約500H
充電時間:約4H

前述の通り、VAIO Phone の取り扱いMVNOは少ないので、「格安スマホにするならVAIOがいい」と決めている方には特にオススメのMVNOです。

Netflix(ネットフリックス)利用に最適な格SIM/格安スマホその3:エキサイトモバイル

自宅がWiFi環境下にあったり、Netflixの視聴時間が日に1時間程だという方には、エキサイトモバイルをオススメいたします。

エキサイトモバイルは定額制ではなく、その月額料金は1GBごとの従量制(最適料金プラン)になっています。実際に使ったデータ量に応じて月額料金が変わる仕組みです。

この体制だとNetflixの視聴時間が、月によって多かったりすくなかったりする場合も柔軟に対応でき、月額料金を簡単に安くすることが可能です。

上限は月10GBですので月10GBに達すると止まるので使い過ぎを気にすることなく安心して使えます。

また、UQmobileの無制限プランは500kbps(0.5Mbps)ですが、エキサイトモバイルは平日のランチタイムなどの混雑する時間帯を除けば、通信速度は1.5Mbps〜25Mbps程出ます。

Netflixの視聴が毎日1時間にも満たない場合などは、UQ mobileの無制限プランよりも月額料金が安くなるので、Netflixのライトユーザーや自宅にWiFiがある方にはエキサイトモバイルが最適でしょう。

エキサイトモバイルでオススメの格安スマホはarrows M03です。

キャッチコピー「上質なデザインに、手になじむフォルム。使いやすく美しい飽きない存在目指したのは、彫刻家が鉱石から削り出したかのような造形。」の通り、デザインも手馴染みも良いです。

アルミフレームによってクールな触感と鉱石のようなカラーリングが、さらに上質感を醸しています。見ていても持っていても飽きのこない形状です。

さらに手にスッと収まり、吸い付くような握り心地の実現のために丸みを帯びた曲面、確かな触感をつくりだす為に角を設けたフォルムをデザインされています。

横持ちでも縦持ちでも、しっかり指がかかりグリップ感があります。手馴染みよく、きちんとグリップ感もありながら、その形状はクセがなく計算されたフォルムと言っても大げさではありません。

ロッドアンテナ内蔵ですので、外付けパーツ無しでもワンセグ視聴が可能です。外出先でも快適にテレビ視聴が楽しめ、観たい番組や見逃したくないスポーツの試合なども見逃さずすみます。

気になるスペックは以下の通りです。

サイズ:約144 ×72 ×7.8mm
重さ 約141g
ディスプレイ: 約5.0インチ720×1280ドット (HD)、IPS液晶
ストレージ 16GB
メモリ 2GB
OS Android™ 6.0
CPU MSM8916 1.2GHz Quad Core
カメラ :メイン約1,310万画素、サブ:約500万画素
対応外部メモリ: microSD/microSDHC/microSDXC
SIMスロット :nano SIM
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n
Bluetooth® Bluetooth® 4.1
テザリング、GPS対応
FeliCa対応
ワンセグ対応
連続通話時間 :LTE約770分 3G約700分
連続待受時間: LTE約640時間、3G 約780時間
バッテリー 2,580mAh

美しいフォルムでありながらも、防水防塵機能だけでなく耐衝撃機能も備えています。米国国防総省が定めたMIL規格の14項目に準拠した耐久試験をクリアしています。日常使いはもちろん、豪雨や雪山などのさまざまな環境下で安心して使えます。

バッテリーは 2,580mAhですが、電池持ちに影響の大きいディスプレイ電流を電源回路の工夫で従来より低減させています。充電しにくい旅行中、出張中でも動画やWebサイトの閲覧を安心して楽しめます。

まとめ

以上、Netflixに最適な格安スマホ、格安SiMとNetflixについての解説でした。格安SiM/格安スマホの取り扱い機種や機能、サービスやプランは日々向上しています。格安と銘打っていますが、質は格安ではありません。お気に入りの格安スマホを使ってお得に楽しみましょう。

Pocket


【知っている人だけが得する話】
最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

関連記事