最新機種をなるべく安く欲しい方は、MNPで携帯キャリア乗り換えを契約すると良いでしょう。

MNPとは、Mobile Number Portabilityの略で、携帯キャリアを乗り換えて携帯やスマホを新しくしても電話番号を変えずに使うことが出来ます。

一見、MNPの手続きや手順が面倒そう、難しそうと思っている人も多いかもしれません。

しかし、実際はMNPはそんなに難しいこともなく、乗り換えの手続きは簡単で完了までとてもシンプルです。

そこでここでは、au・ドコモ・ソフトバンクのMNP手続きを容易に、かつ時短で効率的に完了する方法を徹底解説します。

MNP=携帯乗り換えにはお得がたくさんある!
賢くお得に最新機種を購入したいのならMNPがお得って聞いたことがありませんか?

MNPには、携帯キャリア会社にとってメリットがあるため通常の機種変更よりも特典が厚く、携帯キャリア公式のキャンペーンもMNPはポイント還元やキャッシュバックがあります。

また、携帯キャリアの販売代理店の一部オンラインショップにおいては現金キャッシュバックがあるなど最大で6万円も得することがあるなど、知らないと損をしていることもあります。
詳しくは、MNPキャッシュバックで最高に得するための全知識!乗り換え方法で金額がこんなに違う!?

結論として、MNPキャッシュバックを最大化したいののであれば、『おとくケータイ』『スマホ乗り換え.com』の2社に連絡して見積もりをとることをオススメします!

店舗や家電量販店での契約で、不要なオプションに勧誘されることがありますが、おとくケータイでは強制加入がない上に最高額のキャッシュバック保証があるのでお得に携帯の乗り換え可能になります。

携帯乗り換えのショップ選びはとても重要です。詳しくは、携帯乗り換えで5万円得するショップ選びとMNPキャンペーンの使い方

携帯乗り換えはとても簡単!MNP手続きの2ステップを理解しよう!


MNP(乗り換え)はたった2ステップで完了なので、とても簡単です。下記の2つの工程で進めていきます。

  1. 今契約している携帯会社のMNP予約番号(受付番号)を取得する
  2. これから契約する携帯会社に行って、新規申し込み・機種購入をする

忙しい人にとってMNPの手続き時間は気になるところですが、下記の「WEB・電話でMNP予約番号を取得するコツ」を実践することで、たった5分程度でMNP予約番号をゲットできるのです。

携帯乗り換えに必要なMNP予約番号を取得する

MNP手続きには「予約番号」取得が必須であり、ゲットした予約番号を乗り換え(MNP)したい携帯会社に提出することで完了します。

予約番号は昔で言うところの「通行手形」のような存在であり、取得の仕方はWEB・電話番号で行えるのでとても簡単でしょう。

予約番号の取得手順は今契約している携帯会社によって異なり、その時に必要なものも違ってくるので、ここでは取得手順や必要なものを紹介します。

どのキャリア(携帯会社)でもWEBからの申請がおすすめであり、時間がかからず簡単にMNP番号が取得可能です。

こちらの記事もおすすめです!
【全キャリア乗り換えガイド】MNP予約番号をたった5分で取得する方法!

ドコモのMNP予約番号取得方法

ドコモでMNPをする際は特に用意するものがありません。My Docomoにて取得するのが最も簡単な上、24時間受付可能なので、時間を気にする必要は無いのです。

My Docomoでの取得手順


24時間いつでもパソコン・スマホからたった5分程度で完了するので、My Docomo利用がお勧めでしょう。

My Docomo→My docomoサービス一覧→各種お申込・お手続き一覧→ご契約内容確認・変更→携帯電話番号ポータビリティ予約→申し込み

その後にMNP予約番号・有効期限が表示される為、しっかりとメモを取ってください。

一括請求/一括送付サービスの代表番号か3回線以上でファミリー割引をご契約の主回線の場合は、パソコンから手続きが出来ないので注意が必要です。その時は、ドコモショップ・電話にて申し込みをしましょう。

iModeでの取得手順

iModeでのMNP手続きは、24時間いつでも受付可能で、所要時間もたった5分程度です。

取得手順は、
iモード→i-menu→お客様サポート→申込・手続き→各種申込・手続きとなっています。

電話での取得手順

パソコン等が無くてネットが使えない、しかし早くMNP予約番号取得が必要な場合は、電話で取得することが推奨されます。

受付時間は9:00〜20:00となっています。

ネットよりも電話がお勧めの理由は、直接オペレーターと話をすることで、注意点の説明や解約する理由等を聞かれながら番号発行ができる点です。

分からないこともすぐに確認できるので、疑問点をそのまま放置することなく解決に導き、本人確認の後に解約に必要な説明を受けて、スピーディに予約番号を発行されます。

ドコモショップ窓口での取得手順

スタッフと対面するので、混雑してしまうと待ち時間も長くなり、解約理由を聞かれて気まずい雰囲気になってしまう為、あまりお勧めできない方法です。

どうしてもドコモショップ窓口に行く必要がある場合、本人確認が必要なので契約者本人と分かる身分証明書を忘れずに持っていきましょう。

ソフトバンクのMNP予約番号取得方法

ソフトバンクで契約する時は、契約時に決めておいた「ネットワーク暗証番号」4桁を事前に準備しておきましょう。そうするとスムーズに解約が出来ます。

また、ソフトバンクはパソコン・スマホでMNP予約番号を取得できないので、基本は電話かソフトバンクショップで取得するようにしてください。多忙でお店になかなか行けない時は、電話での取得がお勧めです。

電話での取得手順

今使っているスマホから取得する場合、電話が最も便利で手っ取り早いです。

  • 携帯電話からの場合: *5533へ電話
  • 一般電話からの場合: 0800-100-5533へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

「ネットワーク暗証番号」を忘れてしまうと、入力を要求されるので後々面倒ですが、電話での対応なのでオペレーターとのやりとりで何とか解決するでしょう。ただし、その分時間がかかることを認識しておいてください。

その後本人確認が完了すると、ケータイ解約に必要な説明を受けて予約番号が発行されて、電話にて番号が伝えられます。忘れないようにしっかりとメモしておきましょう。

MySoftBankでの取得手順

3Gケータイを使っている人は、MysoftBankで取得しましょう。

MysoftBankでの取得はiPhoneやスマートフォンではできませんので注意が必要です。

MysoftBankの設定方法は、設定・申込→設定・変更→契約者情報の変更→番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き→番号ポータビリティ(MNP)予約で申込完了します。

これですぐに発行されて、予約番号を確認出来ますが、予約受付時間は9:00〜21:30となっているので、24時間対応ではない為、気を付けましょう。

ソフトバンクショップでの取得手順

居住地域の近くにショップがある場合は便利ですが、待ち時間がかかり、対面で解約をするのは若干気まずくなるのであまりお勧めできません。

どうしてもショップにいかなければならない場合、本人確認となる身分証明書が必要なので、必ず持参してください。

auのMNP予約番号取得方法

auの場合、PC・スマホからMNP予約番号を取得することはできません。なので、基本的には電話での取得がオススメです。

電話での取得手順

現在スマホをお使いの方は、電話での取得が選択肢の中では一番便利です。

  • 一般電話/携帯電話共通: 0077-75470へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)au携帯・一般電話共通

電話ではオペレーターとのやり取りになるので、ネットワーク暗証番号を忘れてしまっても、その分時間がかかりますが、特に問題なくMNP予約番号を取得出来ます。
本人確認が完了、携帯電話の解約説明後に即日予約番号が発行されて、すぐに教えてもらえるでしょう。

EZwebでの取得手順

ガラケーを使っている人は、EXwebから取得しましょう。
こちらはiPhone・スマートフォンからは申込出来ないので注意が必要です。

取得手順は、EZキーボタン→トップメニュー→auお客さまサポート→申込・変更する→au携帯電話番号ポータビリティ(MNP)

これですぐに発行されて、MNP予約番号を確認可能です。予約受付時間は、24時間対応ではなく9:00〜21:30なので気を付けましょう。

auショップでの取得手順

ショップでのMNP予約申込は、混雑することがあるのでどうしても待ち時間が出来てしまいます。また、対面での解約は理由を聞かれたりと気まずくなるので、お勧めできません。

どうしてもショップで予約申込をする場合は、身分証明書等本人確認が出来る書類を持参してMNP予約申込をしましょう。

乗り換え先の携帯会社でMNPの申し込みを行おう!

契約する販売店まで足を運び、契約しましょう。

携帯契約時に必要なもの

どの携帯会社にMNPする場合も必要なものは同じです。

ちなみに、支払い方法が「口座振替」と「クレジットカード」の場合で必要なものが異なります。

口座振替 クレジットカード
MNP予約番号
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類
口座名義、口座番号がわかるもの(通帳、キャッシュカードなど)
+金融機関届出印
クレジットカード
機種購入代金(店頭提示価格)
(未成年者の場合)別途書類

※契約者本人の名義の口座を登録する場合、金融機関の口座のキャッシュカードを持っていけば、金融機関届出印は必要ありません。(店頭で、金融機関にお届けの暗証番号の入力が必要です)
※キャッシュカードの種類によっては、受付できない場合があります。詳しくは、ご来店予定のショップにお問い合わせください。
※お支払いに設定できるクレジットカード(VISA・マスター・JCB・アメリカンエキスプレス・ダイナース)

携帯の契約にかかる時間

待ち時間を除いて、開通まで30分〜1時間程度です。

契約の流れは、「契約書類の記入」→「本人確認」→「契約プランの決定」→「登録」→「開通」が一般的です。

MNPにかかる費用

MNPにかかる3つの費用
MNPの手続きでは、転出元携帯会社にて

  • 契約解除料
  • MNP転出手数料

転出先携帯会社では

  • 契約事務手数料

と3つの費用がかかります。

MNP転出手数料

今契約している携帯会社から別の携帯会社にMNP(乗り換え)する場合、MNP手数料として「MNP転出手数料」がかかります。
詳しい金額は携帯キャリアによって異なり、ドコモは2,000円、au・ソフトバンクは3,000円必要です。

契約解除料

一般的に携帯契約では、2年更新が基本であり、更新月の時に解約すれば契約解除料は必要ありません。しかし、この時期を逃してしまうと、契約解除料として9,500円がかかるので注意が必要です。

契約解除料のかからない更新月がいつか把握する方法はこちら

契約事務手数料

新しく契約する携帯会社でも手数料がかかります。

MNP(乗り換え)する為に必要な費用「契約事務手数料」で、契約初月請求時に自動的に3,000円がプラスされているので確認しましょう。

MNPでさらに得する2つのポイント

解約金のかからない更新月で携帯を乗り換えする

MNPで一番難点となるのが、契約解除料9,500円でしょう。かなり高めの設定なのでMNPを躊躇してしまいがちですが、契約更新月の機会に解約すれば、この解除料は払う必要がありません。

契約更新月の確認方法は、MNPにかかる手数料と解約手数料を抑えるための2つの方法で詳しく紹介しています。
au・ドコモ・ソフトバンク3つのキャリア全てが記載されています。

MNPキャッシュバックがもらえる販売会社で携帯乗り換えの申込をする

携帯の契約をする場合、キャリア公式ショップ(ドコモショップ・ソフトバンク・au)を利用する人がいますが、5万円以上マイナスになってしまうこともあります。

MNPでは、実質無料の機種を購入できたり、キャッシュバックキャンペーンを行っている会社も多いので利用しない手はありません。

会社によってその額は異なりますが、大体数万円単位で変化するので、出来るだけ多くのキャッシュバックが行われている販売会社を選ぶことがポイントです。

お得にキャッシュバックをもらうコツは、冒頭でも説明した通り、MNPキャッシュバックがもらえるオンラインショップで見積もりを全てとり、比較することです

オススメのオンラインショップはこちら↓↓↓

おとくケータイ

業界最大手で実績も多く、キャッシュバック振込まで最短2か月と比較的早いのも特長。MNPキャッシュバックを考えるなら、まずは問い合わせするべきショップの1つです。

おとくケータイでキャッシュバックの見積もりをとる

スマホ乗り換え.com

2大競合にプラスして比較するなら迷わずここを選びましょう。特定条件下では、キャッシュバックの振込を翌週に対応可能とスピードが最大の特長です。

キャッシュバック額を比較して差がないのであれば選ぶポイントとなるでしょう。

スマホ乗り換え.comでキャッシュバックの見積もりをとる

MNP手続きは簡単!お得に携帯を乗り換えよう!

MNPの手続きは難しくなく、電話・ネットでMNP予約番号を簡単にゲット出来ます。

MNPで大事なことは、契約の時期や適用されるキャンペーン、お得な機種、安いショップ選びについてしっかりと頭に入れておくことです。

このポイントをきちんと把握しているだけで、お得にMNP(乗り換え)が出来るのです。

MNPキャッシュバックの関連情報はこちら

携帯乗り換えで損をしないためにも、抑えられる費用と、もらえるキャッシュバックやポイントをしっかりと把握することがポイントです。詳しくはこちらで紹介しています。
携帯乗り換えで5万円以上の現金キャッシュバックで得する10のポイント

Pocket