MNPには手数料がかかる?解約手数料を抑える2つの方法【全キャリアガイド】

MNP手数料
Pocket

新しいスマートフォンが発売されるたびに、処理能力が向上し新機能が追加されていきます。新機種の情報を見るたびに新しい機種を購入したくなってしまいますよね。

新しい機種を購入する際に、今使っている携帯会社をそのままで「機種変更」の手続きをする方法の他に、他の携帯会社に乗り換えて新規で購入する方法があります。

後者は「MNP」と呼ばれており、携帯会社を変更しない機種変更に比較するとお得になると言われています。

全く同じ機種が複数の携帯会社から発売されており、機種代金の実質負担金が以下のようであった場合、みなさんならどちらの購入方法を選択するでしょうか。

・MNP
機種代金の負担額:450円×24ヶ月(総額10,800円)

・機種変更
機種代金の負担額:1,500円×24ヶ月(総額36,000円)

多くの方がMNPによる新機種の購入を選択されるのではないでしょうか。

しかし、すぐにMNPに飛びついてしまっては危険な場合があります。MNPをする場合には3つの手数料があるため、これら費用がどのようなものであるのかをよく把握しておき、どのようなタイミングでMNPをするのかが重要になります。

ここでは、MNPをする際に発生する手数料の内訳と解約時の手数料を抑えるための2つの方法を紹介します。

MNPでお得に新しい機種を購入したいとお考えの方は、これから紹介することを是非参考にしていただけたらと思います。

また結論としてはソフトバンクにMNPする場合、現時点で最もお得な方法は『おとくケータイ』です。

最高額のキャッシュバックを保証してくれていて不要なオプションへの強制加入なども無いため、一番お得に乗り換えることが出来ます。

おすすめの検索キーワード
最新iPhoneや2018年夏モデルなどの最新機種購入をお得に手に入れる方法!

機種変更や他社乗り換えでこんな失敗をしていませんか?
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

公式オンラインショップなら損することなく、どこよりも賢くお得に機種変更や乗り換え(MNP)ができます。迷っているなら、予約だけでも。オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。

→ ソフトバンクはこちら
→ ドコモはこちら
→ auはこちら

1. MNPには3つの手数料がかかる

MNPには、「MNP転出手数料」「契約解除料」「契約事務手数料」の3つがかかります。

MNPにかかる3つの費用

1-1. MNP転出手数料

現在利用している携帯会社から他の携帯会社に乗り換えする場合には、現在利用中の電話番号がそのまま利用できるようにMNPの手続きをする必要があります。ちなみにMNPとは携帯電話番号ポータビリティーの意味で、携帯会社が変更になったとしても電話番号をそのまま持ち込めるというサービスになります。

当然このサービスは有料となっており、大手携帯会社のMNP手数料は以下のようになっています。

  • ドコモ: 2,000円
  • au: 2,000円
  • ソフトバンク:3,000円

1-2. 契約事務手数料

MNPは現在利用している携帯会社を解約して乗り換え先の携帯会社で新規で契約するという流れになります。そのため、解約に関連する手数料だけではなく、乗り換え先での新規契約に関わる手数料も発生します。

携帯会社大手のドコモ、au、ソフトバンクでは契約時の事務手数料として3,000円を設定していますので、MNPをする場合には、契約事務手数料のことも考慮しておく必要もあります。

ちなみに契約事務手数料はその場で現金で支払うわけではなく初月の通信料金と合算し請求されます。

1-3. 契約解除料

◇ドコモのカケホーダイプラン
2年定期契約あり:2,700円
2年定期契約なし:4,200円

上記はドコモのカケホーダイプランを例として挙げていますが、通常どこの携帯会社も契約期間のないプランと2年の契約期間があるものの毎月の料金が安くなるプランを選択できるようになっています。

見てわかる通り価格差が大きく、あえて契約期間のないプランを選択するメリットもないことから、通常は契約期間のないプランが勧められることはありません。

そのため、大半の方が2年間の縛りのあるプランを選択していることになります。

この2年間の縛りのある契約の場合には、定められた期間以外に契約を解除してしまうと契約解除料が発生します。契約解除料が発生するかどうかは契約している携帯会社と乗り換える時期によって変わります。

MNPには3つの手数料があることがわかりましたが、お得にMNPをするためにはこれらの費用をいかに抑えるかというこになります。

MNP転出手数料と契約事務手数料はどのようなタイミングでMNPしたとしても必ず発生するため、この2つの手数料については諦めるとして、契約解除料については先ほども紹介したように解約のタイミングによっては支払いの必要がありません。しかも、9,500円と金額的にも大きいため、契約解除料を抑えられるかどうかによりMNPによるお得さの度合いは大きく変わってきます。

次の項目以降で各携帯会社ごとの詳細を紹介しますので確認して行きましょう。

Pocket

>>続きます(次ページボタンは下にあります)
【得する話】iPhone 8・iPhone Xの購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

iPhone 8・iPhone Xを予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 iPhone 8・iPhone Xなど最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ドコモはこちら
→ソフトバンクはこちら
→auはこちら

→おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ケータイ乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう

絶対お得にスマホを乗り換える!スマホ乗り換え方法の比較表!

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

乗り換え(MNP)おすすめ度

★★★★★

特徴
  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり
デメリット
  • 実際のデモ機を触れない

ドコモオンラインショップ

乗り換え(MNP)おすすめ度

★★★★☆

機種変更おすすめ度

★★★★★

特徴
  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い
  • 頭金なしで余分な費用がかからない
デメリット
  • 乗り換え(MNP)でもキャッシュバックが少ない

ソフトバンクオンライン

乗り換え(MNP)おすすめ度

★★★★☆

機種変更評おすすめ度

★★★★★

特徴
  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い
デメリット
  • 乗り換え(MNP)でもキャッシュバックが少ない

au online shop

乗り換え(MNP)おすすめ度

★★★★☆

機種変更おすすめ度

★★★★★

特徴
  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い
デメリット
  • 乗り換え(MNP)でもキャッシュバックが少ない
1 2 3 4 5 6 7

関連記事