MNPを使って、最新機種のiPhoneやAndroid携帯に乗り換えようとしているけれど、実際にどこのショップで契約したらMNPキャッシュバックが1番お得にもらえるのだろうとわかりやすい情報を探していませんか?

携帯の購入というと、ドコモやソフトバンクなどの公式ショップを思い浮かべる方が多いと思います。

携帯の購入には、他にもヤマダ電機などの家電量販店、さらにMNPキャッシュバック最高額のお得な方法もあり、キャッシュバックの金額はどの方法を選ぶかによって最大5万円程度違ってくることがあります。

この記事では、携帯ショップで5年以上働いていた私が

  • 実際にどのような販売方法があるか
  • お得にMNPキャッシュバックをもらうためには、その中でどのショップを選ぶべきなのか
  • さらにMNPキャッシュバック金額を上げるための3つのコツ

について全力でご紹介します。

この記事を最後まで読めば、MNPキャッシュバックで1番得する方法が全て分かるはずです!

また結論として、乗り換え(MNP)する場合の、現時点で最もお得な方法は『おとくケータイ.net』『SMARTPHONE STORE』です。

最高額のキャッシュバックを保証してくれている上、不要な有料オプションへの強制加入なども無いため、1番お得に乗り換えることが出来ます。

注:MNPキャッシュバックがすでに廃止されたお店も…決断はお早めに!

総務省から携帯の割引に関するガイドラインが発表されました。

それに伴い、一部のお店ではMNPキャッシュバックや端末割引などが廃止されています。

今後、ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリア3社が足並みを揃えて完全に廃止してしまう可能性も高いと思います。

なので、「気がついたらMNPキャッシュバックがもらえなくなくなっていた…」ということがないように、乗り換えの決断はなるべく早めの方がオススメです。

乗り換え方法によってもらえる金額は最大5万円異なる

乗り換え方法パターン
MNPキャッシュバック金額
ショップの特徴
おとくケータイ.net
10,000〜50,000円
乗り換えなら1番オススメ!

  • 店舗運営費を抑えた分、キャッシュバック金額が大きい
  • 有料コンテンツの強制が無い
  • MNPキャッシュバックが高額保証
SMARTPHONE STORE
10,000〜60,000円
最高額のキャッシュバックを狙うならオススメ!

  • 店舗運営費を抑え他のサイトとも連動し、キャッシュバック金額が大きい
  • お得なパックをセットしてくれている。
  • MNPキャッシュバックが高額保証
公式オンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
0〜10,000円
キャリアを変えたくないなら1番オススメ!

  • ソフトバンク/ドコモ/au直営のため最優先で最新iPhoneを入荷
  • 既存ユーザーのための料金キャンペーンが充実
テルル, カメラのキタムラなど併売ショップ
0〜10,000円
店舗によって大きく異なる

  • MNPで乗り換えてもキャッシュバックされない
  • 月額の「有料オプション」を契約させられる場合も多い
ヤマダ電機, ヨドバシカメラなど家電量販店
0〜10,000円
店員への交渉が必要

  • 最新iPhoneを実際に触れる
  • キャッシュバックではなくポイントで還元される場合もある
ソフトバンクショップ、auショップ、ドコモショップなど専売ショップ
0〜10,000円
メリットの少ない店舗も多い

  • キャッシュバックが出ない
  • 混雑している場合が多い

現時点で、もっともお得な乗り換え方法は『おとくケータイ.net』です。

最高額のキャッシュバックを保証してくれていて不要なオプションへの強制加入なども無いため、1番お得に乗り換えることが出来ます。

MNPではなく、今のキャリアのまま機種変更をしたいなら公式オンラインショップの『ソフトバンクオンラインショップ』『ドコモオンラインショップ』『au オンラインショップ』がオススメです。

次の章では、MNPキャッシュバックで得するために、WEB販売店、携帯ショップのそれぞれの詳細を、私自身が実際にそれぞれのお店に問い合わせて訪問した結果とともにご紹介します。

とにかくキャッシュバックが欲しい人は「おとくケータイ.net」がオススメ

おとくケータイ.netの3つの特徴

キャッシュバック金額が最も多い

実際に『おとくケータイ.net』にお問い合わせを行ったところ、最新iPhoneへのMNPでも2万円を最初から提示してくれました。

最大5万円というのも嘘偽りのなく、AQUOSなど機種によっては5万円をキャッシュバックも行っているそうです。

ソフトバンク携帯のみしか取り扱いはない

au、ドコモは公式サイト以外のWeb販売に関して、現在取り扱いしている会社がありません。なので、お得なWeb販売店を利用できるのは、いまau・ドコモをご利用の方のみになります。

対面契約なので安心

ネット通販のように、Web上で購入手続きが行われるわけではなく、電話予約の上で、各社の運営事務所に取りに行くスタイルになります。

その場で実物を見て、気に入らなければ契約しないということもできるので、安心です。

おとくケータイ.netの特徴まとめ

おとくケータイ.netは、Web販売店の中でも最大手で1番オススメです。

大きな特徴としては、以下の3点です。

  • 全国に店舗があり、アクセスが容易
  • 最大手でありキャッシュバック資金が豊富
  • キャッシュバックが、翌月末と速い

『おとくケータイ.net』よりも、良い条件が出ることは稀かと思います。

詳しく『おとくケータイ.net』について知りたい方は「おとくケータイ.netで契約する前に知っておくべき全知識」をご覧ください。

一括0円で買いたい人は「携帯ショップ」も検討

「すでにソフトバンクを持っていて、Web販売店で契約できない人」「一括0円で端末代金を2年縛りなく契約したい人」には、携帯ショップがオススメです。

実質0円と一括0円の違い

実質0円と一括0円をわかりやすく図にすると、このようなイメージです。

実質0円と一括0円の違い

本体一括0円の場合、端末ごとの費用分だけ月々の携帯代金から引かれていくと考えるとわかりやすいかと思います。

なので、機種によってどれだけ安くなるかは変わりますが、だいたい2,000〜3,000円ほど月々安くなります。

「一括0円」を実施している携帯ショップの探し方

お得な一括0円の情報は日々変わっていくので、最新の情報をつかむためにTwitterを利用するのが賢いやり方です。

Twitterの検索で「#一括0円」のように入力すると、下図のように一括0円で携帯を販売しているショップが表示されます。

例えば、大阪にお住まいであれば、「#一括0円 #大阪」のように、自分の地域でさらに絞り込むとよいでしょう。

上手にTwitterを活用することで、最安のショップを見つけることができます。

有料オプションに注意

一見、高額なキャッシュバックのように見せて、実は有料のコンテンツサイトに数ヶ月登録することを条件としているケースが多くあります。

もちろん、その費用以上のキャッシュバックがもらえるので得ではあるのですが、初心者には注意が必要です。

au、ドコモの有料オプションは解約が面倒

ソフトバンクの有料オプションは、「My Softbank」とよばれるソフトバンクユーザーのマイページ上から簡単に解約できます。

ただし、au、ドコモの場合は、それぞれの有料オプションの解約が複雑で、その結果放置してしまって継続的に課金され続けるということが多くあります。

ご契約の際はご注意いただいて、解約する時には、「ドコモの有料コンテンツ解約方法|機種変更・MNP契約時には加入しない!が鉄則」をご覧ください。

次のページでは、実際にMNPする時、キャッシュバックをさらに多く貰うための交渉ポイントを3つご紹介します。

有料オプションを忘れず解約する自信のない方は、『おとくケータイ.net』などのWeb販売店が安心です。

難しい条件などは付けず、契約するだけでキャッシュバックをしてくれるキャリアの正規代理店が運営しているので安心です。

端末代の割引は少なくなっていく

3月に総務省が「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」というものを公開しました。

MNPでの購入者を対象とした過度の割引キャンペーンやMNPキャッシュバック、実質的な端末代金の割引を規制しようとしています。

私たちユーザーからすれば、ただでさえ世界一高いと言われる日本の携帯料金に何の割引もなくなってしまったらたまったものではありません。

MNPキャッシュバックや割引キャンペーンが無くなってしまう前に、乗り換えることを強くオススメします。

MNPキャッシュバック金額を上げるための3つの交渉ポイント

ws00001

交渉次第で、サイトやTwitter上などに明記されている金額から、さらにキャッシュバックをもらえるかもしれません。

そのためのコツを3つ紹介します。

月末に交渉する

月末に交渉することで、キャッシュバック金額をたくさんもらえることが多くあります。

なぜなら、各ショップで月々の販売ノルマが決まっており、それを達成できないと場合によっては違約金が発生するからです。

つまり、月末では各ショップとも、ノルマを達成するために多少損をしてでも販売するケースが多いので、余裕があれば月末に交渉しましょう。

解約手数料で悩んでいることを伝える

どのキャリアでも、携帯は2年ごとの更新が基本であり、更新月とよばれる「携帯を契約したちょうど2年後の月」に乗り換えをしないと、解約金が1万円前後とられてしまいます。

これは、MNPを行う上でのデメリットになりますが、逆にこの解約手数料で、正直にMNPするか迷っていることを販売店に伝えることで、解約手数料負担金という形で5,000円〜1万円ほど追加でキャッシュバックしてくれる場合があります。

複数のお店にキャッシュバックの相談をする

当たり前ですが、獲得できるはずのお客様がほかの店舗に取られることをどのショップも嫌います。

なので、「A社では3万円を提示してくれたので悩んでいる」など実際に問い合わせや訪問してもらったキャッシュバック金額をベースに交渉することは、基本的ですが、とても有効です。

キャッシュバックを比較するためのオススメショップ

おとくケータイ.net以外でもweb販売店は存在していますが、現時点のキャッシュバック金額や契約プランでおとくケータイ.netの他には数は多くありません。

おとくケータイ.net

おとくケータイ.netは、Web販売店の中でも最大手で1番オススメです。

大きな特徴としては、以下の3点です。

  • 全国に店舗があり、アクセスが容易
  • 最大手でありキャッシュバック資金が豊富
  • キャッシュバックが、翌月末と速い

おとくケータイ.netよりも、良い条件が出ることは稀かと思います。

詳しくおとくケータイ.netについて知りたい方はおとくケータイ.netで契約する前に知っておくべき全知識をご覧ください。

おとくケータイ.net

SMARTPHONE STORE

SMARTPHONE STOREは、おとくケータイ.netと同じオンラインショップです。

キャリア公式のキャンペーンと同時併用可能のオンラインショップ限定のキャッシュバックキャンペーンを利用することで最大限のキャッシュバック金額を売りとしています。

おとくケータイ.netと比較すると、キャッシュバックの支払いにやや遅いこと以外は変わりありません。

むしろ、おとくケータイ.netのライバル会社とも言えますので両者を天秤にかけることで上手に交渉することがポイントと言えるでしょう。

SMARTPHONE STORE

スマホ乗り換え.com

2018年8月21日、ケータイ乗り換え.comからスマホ乗り換え.comとして生まれ変わりました。

今までは、おとくケータイ.net・SMARTPHONE STOREと比較すると3番手感がどうしても否めない雰囲気でしたが、業界最速を謳い文句として、翌週振込を実現とあります。

今後の活躍に期待もできそうですので、こちらにも問い合わせをして比較することをオススメします。

スマホ乗り換え.com

オンラインショップに問い合わせする前に

上記以外にもWeb販売店はありますが、実際にキャッシュバックが支払われないケースなども多く聞きます。なので、万が一、上記以外の店で契約する場合も、価格.comYahoo知恵袋の口コミをWebでチェックしておくといいでしょう。

携帯を買うならオンラインショップを利用!公式ショップで買うメリットはほぼない

携帯を購入するというと、ソフトバンクショップなどのキャリア公式ショップ、もしくは家電量販店の携帯コーナーという印象がありますが、実際には運営維持費がかかっているため、1番お得でない選択肢です。

サポートも公式で買わないとついてこない訳では当然なく、どこで買ってもキャリア公式のサポートはついてきます。

最後に繰り返しになりますが、ソフトバンクにMNPする場合、現時点で最もお得な方法は『おとくケータイ.net』です。

最高額のキャッシュバックを保証してくれていて不要なオプションへの強制加入なども無いため、1番お得に乗り換えることが出来ます。

MNPではなく、今のキャリアのまま機種変更をしたいなら公式オンラインショップがオススメです!
ソフトバンクオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
au オンラインショップ

最新iPhoneに関連する情報はこちら

MNPキャッシュバックで最新iPhoneをお得に購入する全知識
最新iPhoneを最安で購入する方法は、MNPキャッシュバックを利用とキャリアのiPhoneキャンペーンの同時利用がオススメです!
MNPキャッシュバックは一時期の高額とまではいかないものの、期待できるキャッシュバック額は3万円~と十分メリットはあります。

Pocket