スマホの機種変更は、正直なところ面倒なことが多いですよね。

店舗型のスマホショップの場合、交通費や手数料など無駄なお金がかかってしまいますし、待ち時間や手続き時間を合わせると1時間〜2時間ほど費やしてしまいます。

だからと言って、スマホの購入を適当に行ってはいけません!

スマホの機種変更において、絶対にしてはいけないことがあります。
多額な損をしてしまったり、かなりの手間をかけてしまうことになってしまいます。

そうなってしまう前に、絶対にしてはいけないことを5つにまとめました。

読み終える頃には、お得に機種変更を行えるようになっているでしょう!

機種変更において、絶対にしてはいけない5つの注意点

機種変更において、絶対にしてはいけない5つの注意点を解説していきましょう。
ここで紹介する注意点は、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)共通ですので要チェックです。

では、みていきましょう!

絶対にしてはいけないこと 1:店舗スタッフにお任せで料金プランを設定してもらうこと

スマホの機種変更の際に、料金プランをよく考えずに設定してしまうことはあるのではないでしょうか?
多くの方が、スマホ選びから月額使用料が安くなるように、店舗スタッフに相談して決めていることでしょう。

相談することは大切なことですが、果たしてその購入する機種・料金プランは自分にあったものなのでしょうか?

スマホショップの店員といはいえ、相手は販売職(営業職)ということを理解しましょう!

基本的には、お客さんに合わせた提供をしますが店員も仕事なので、店舗の都合も考えています。
なので、お客さんを満足させつつ店員に課せられらノルマをクリアしているのです。

そこには、実際そのお客さんには必要のない料金プランを進めている場合もあります。

無駄な料金プランの加入を防ぐためには、「自分にあった料金プランの見直し」が必要になります!

「自分にあった料金プランの見直し」とは、自分が毎月どれぐらいのデータ通信量を利用しているのか、通話使用料はどれぐらいなのかを理解することです。

料金プランの見直しをすることにより、機種変更をした際に自分に必要な料金プランを選択することが簡易になります。
そして、無駄な料金プランに加入することがなくなると、自分にあった最低限の料金プランを組むことができるので月額使用料も安くなるのです。

毎月の各使用量を把握してみましょう!

絶対にしてはいけないこと 2:店舗型のスマホショップを利用すること

正直、店舗型のスマホショップはオススメしません。
前述した通り、店舗型のスマホショップは無駄なお金や、かなりの時間を費やしてしまうからです!

ネット社会である今の時代、ネット1つでなんでもできるようになりました。
その1つとして、スマホもネットで購入ができるようになり、主流となってきています。

そこで、スマホの購入をする際にオススメなのが、各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のオンラインショップです。

各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)公式オンラインショップには、下記のようなメリットがあります。

【各キャリア公式(ドコモ・au・ソフトバンク)オンラインショップのメリット】

  • 各キャリアの公式オンラインショップなので、安心してスマホの購入ができる。
  • 24時間好きな時・好きな場所で注文・手続きが可能。
  • 各キャリアが行なっているので、最新スマホからお手軽な機種まで幅広く取り扱っている。
  • 日本全国どこでも送料が無料。
  • 各キャリアのポイントが利用可能。(au:auWALLETポイント・ドコモ:dポイント・ソフトバンク:Tポイント)
  • 頭金(本来なら3,000円〜8,000円)がかからない。

各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)公式オンラインショップを利用することは、ただ楽だということだけではなく、お得に機種変更をすることもできるのです!

絶対にしてはいけないこと 3:使わなくなったスマホを所持しておくこと

皆さん、使わなくなったスマホはどうしていますか?
何かあった時のためにと残しておいて、最終的に捨ててしまうことが大半なのではないでしょうか?

実は使わなくなったスマホは、購入する機種代金の割引として活用できるのです!

全キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)が行なっているキャンペーンで「下取り」というものがあります。

この「下取り」とは、上記のように購入する機種代金からいくらか割引(下取り価格)してもらえるものです。
割引額となる下取り価格は各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)・各機種・良品または傷により様々になっています。
ですが、どのキャリアも最大下取り価格が約64,000円とかなり高額になっているので利用するほかありません。

各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)が出しているiPhoneシリーズの下取り価格をみていきましょう。

ドコモの下取り価格(iPhone)

以下がドコモが出しているiPhoneシリーズの下取り価格になります。


画像引用元:NTTドコモ ホーム

最大下取り価格は64,000円となっています。
他のキャリアと比べ、1番高額となっています!

ドコモの携帯機種変更で得する10の秘策|おすすめのショップを比較

auの下取り価格(iPhone)

以下がauが出しているiPhoneシリーズの下取り価格になります。


画像引用元:au

最大下取り価格は63,720円となっています。

auの携帯機種変更で得する10の秘策|おすすめのショップを比較

ソフトバンクの下取り価格(iPhone)

以下がソフトバンクが出しているiPhoneシリーズの下取り価格になります。


画像引用元:ソフトバンク

最大下取り価格は63,600円となっています。

ソフトバンクの携帯機種変更で得する10の秘策|おすすめのショップを比較

絶対にしてはいけないこと 4:行われているキャンペーンに無関心であること

機種変更をする際に、頭に入れておくべきことは契約しているキャリアのキャンペーン情報です。
キャンペーンの情報を知らないことで、かなりの損をしてしまいます。

キャンペーンは適応条件などが付いていることにより、あまり利用していない方が多いのですが、各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)には、多くのキャンペーンが存在しており、どんな人でも利用できるキャンペーンはあります。

キャンペーンを利用することにより、高額なキャッシュバックやデータ通信料の割引が可能になるので、キャンペーン情報は貪欲に入手しましょう。

機種変更の際に利用できる各キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のキャンペーン情報をみていきましょう。

【ドコモのキャンペーン】

  • ハピチャン:契約期間が15年以上の方が対象になり、マツモトキヨシグループの店舗対象に税込540円割引。
  • 家族まとめて割:家族と一緒にスマホを購入すると、その場で1台あたり最大5,184円(税込)の割引。
  • オンラインショップ限定特典:対象機種購入で、新規契約・他社からのお乗換えで最大5,184円(税込)割引。機種変更でもdポイント5,184ポイント進呈。
  • オンラインショップ限定 秋のサン9キャンペーン:対象機種購入で、99名に1人dポイント9,999ポイントをプレゼント。

など。

【auのキャンペーン】

  • iPhone ギガトクキャンペーン:対象機種を購入と共に「auフラットプラン」の加入で翌月から1年間月額使用料を割引。
  • 『Xperia XZ3』予約キャンペーン:「Xperia XZ3 SOV39」を予約の上、購入と同時に対象プランの加入でau WALLET プリペイドカードへ5,000円キャッシュバック。
  • 初スマホ応援キャンペーン:初めてスマホを購入する方を対象に、月額使用料と機種代金の割引。
  • iPhoneおトク割:対象機種へ新規契約または機種変更で、機種代金最大10,800円割引。

など。

【ソフトバンクのキャンペーン】

  • 機種変更先取りプログラム:最短1年機種変更ができ、残った機種代金はソフトバンクが負担するキャンペーン。
  • 1年おトク割:対象プランに加入した方を対象に、毎月1,000円×12ヵ月間割引されるキャンペーン。
  • おてがるプラン:通話もデータ通信量もコミコミで月額1,980円からできるキャンペーン。
  • 半額サポート:最新スマートフォンの機種代金が、最大半額になるキャンペーン。

など。

絶対にしてはいけないこと 5:ROM(容量)の大きな機種を契約すること

スマホの購入時に選ばなくてはいけないのがスマホの容量。
容量によって機種代金は変わっており、容量が大きくなればなるほど金額も上がっていきます。

ですが、大本の方は余裕を持って大きい容量のものを契約しがちです。
容量が大きいに越したことはありませんが、実際使わなかったら意味がありません。

最新機種である「iPhone XS」の容量別の金額をみていきましょう。

「iPhone XS」の容量別の金額について


画像引用元:Apple(日本)

上段: 64GB
中段: 256GB
下段: 512GB
Apple Storeソフトバンクドコモau
一括価格112,800円
129,800円
152,800円
136,800円
155,040円
180,000円
128,952円
147,096円
171,720円
128,640円
146,880円
171,840円
機種変更実質価格-68,400円
77,520円
90,000円
※1
69,984円
88,128円
112,752円
63,600円
81,840円
106,800円
※2
MNP実質価格-68,400円
77,520円
90,000円
※1
69,984円
88,128円
112,752円
54,000円
72,240円
97,200円
※2
新規実質価格-68,400円
77,520円
90,000円
※1
69,984円
88,128円
112,752円
54,000円
72,240円
97,200円
※2

容量が1つ上がるだけで約15,000円程変わってきます。
例えば、1番大きい容量である512GBを買っても、64GBしか使わなかったとしたら、約30,000円ほど損をすることになってしまうのです。

そんなことにならないスマホの容量の選べ方としては、自分が使うであろう容量を把握した上で購入することです。
機種変更をする前に、使っていたスマホの容量を確認しておくことで、利用容量を把握することはできます。

30,000円ほどの損をしないために、自分の使用容量を確認することは大切になってきます。

携帯機種変更の注意点|全キャリアで絶対にしてはいけない5つのことのまとめ

全キャリアでの機種変更の際に、絶対にしてはいけない5つのことについて解説していきました。

  1. 店舗スタッフにお任せで料金プランを設定してもらうこと。
    無駄なプランの加入を避ける!
  2. 店舗型のスマホショップを利用すること
    「オンラインショップ」を利用して時間と手間を省く!
  3. 使わなくなったスマホを所持しておくこと。
    「下取りプログラム」で機種代金を割引!
  4. 行われているキャンペーンに無関心であること。
    キャンペーンを利用して、キャッシュバックや割引!
  5. ROM(容量)は余裕を持って大きい容量を購入すること。
    自分にあった容量の購入で機種代金を抑える!

各キャリアによって、割引金額や内容が異なる部分もありましたが、全キャリア共通で「オンラインショップ」の利用は必須と言えます。

そして、自分がどれだけスマホを利用しているかを把握することが月額使用料を安く抑える術です。

5つの注意点を頭に入れておけば、スマホの機種変更で失敗することはないでしょう!

Pocket