格安SIMでiPhoneを使うための全知識

アップルストアでSIMフリーiPhoneを購入する場合どのくらい安いのか

iPhone8-2

iPhoneはSIMフリー版が端末のみで販売されているため、各種MVNOで利用することも可能です。
この場合は機種代金の割引を受けることはできませんが、通話料金や通信料金が3キャリアに比べて大幅に安くなることが特徴です。

ではMVNOに乗り換えた場合、どの程度月額料金が安くなるのかを確認しておきましょう。
もし最新iPhoneを3キャリアで購入した場合、月額5,000円~10,000円前後の料金を2年間支払っていくことになります。
ソフトバンクは48回払いにも対応しているため、選択したプランによっては4年間機種代金と通信料を支払うことになります。

主要なMVNOのプランで契約した場合は以下のようになります。

DMMモバイル

高速通信なしのプランが用意されているので、格安で利用したい人にも適しています。また大容量プランもあります。
ライトプラン(高速通信なし)
データ440円 音声1,140円

高速通信1GB
データ480円 音声1,260円

楽天モバイル

DMMモバイルと同様、高速通信なしで使用できるプランがあります。かけ放題サービスもあり、プランやオプションの多さが魅力です。最低通信量は3.1GBからになります。
ベーシックプラン(高速通信なし)
データ525円 音声1,250円

3.1GB
データ900円
音声1,600円

LINEモバイル

LINE通話、SNS使用が多い人におすすめな会社です。プランが2種用意されています。

LINEフリープラン
LINEアプリを使ったトーク、通話は使い放題です。データ使用量にカウントされないので、データ容量が他の事に使えます。

1GB
データ500円
音声 1200円

コミュニケーションフリープラン
LINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題で、データ使用量にカウントされません。LINEフリープランとは異なり、3GBから設定ができます。

3GB
データ1,110円
音声 1,690円

mineo

他のMVNOと違う点は500MBプランが用意されていることと、au端末が使えることです。au端末を使用する場合はAプランを選択しましょう。

500MB
D・Aプラン共通 データ700円
音声Aプラン 1310円
音声Dプラン 1400円

1GB
D・Aプラン共通 データ800円
音声Aプラン 1410円
音声Dプラン 1500円

iPhone8以降のSIMフリー端末を購入し、SIM契約だけを行いたい場合UQモバイルは選択することができません。
速度が安定していることもあり人気が高いMVNOですが、最新iPhoneにこだわる場合は選択肢から外しておきましょう。
UQモバイルは機種購入も同時に行うことが前提のためです。

 

MVNOはデータのみのプランも選択できる

通話はLINEやスカイプで済ませる人ならSMS付きのデータプランでも通話が行えます。
またデュアルタイプの月額料金も1,000円台からと安価に設定されているため、負担はそれほど大きくありません。
機種代金を除く月額料金は1,000円~2,000円程度に抑えることもできるため、長期的にiPhoneを使い続ける場合はMVNOがお得です。
通話料金を気にせず使いたい場合はかけ放題サービスも普及してきています。
5分かけ放題や10分かけ放題が主流ですが、短時間の通話が大半なら通話料金を抑えることが可能です。
またアプリを使うことで通話料金が半額になるMVNOもあります。

iPhone機種代金から考える利用年数

iPhone8、iPhone8 plus、iPhone Xは85,000円~100,000円前後で販売されています。
仮に100,000円の機種を購入した場合、48回に分割すると1ヶ月あたり2,083円です。
4年間iPhoneを使い続けるのであれば、MVNOの月額料金+2,083円が実質の負担金になります。
もちろんそれ以上使うのであれば更にお得になりますが、スマホの一般的な機種変更時期は2年~4年程度なので過度な期待は禁物です。
性能もどんどん変わっていくので、あまりにも長期間古い機種を使っているとストレスが溜まることにもなりかねません。
もし2年間で機種変更を行うのであれば、機種代金の1ヶ月の費用は4,166円になります。
最低限のベーシックなプランを使用するのであれば実質負担料金を5,000円台に落とすことはできますが、WiFi環境が整っており通話も無料アプリで行う人でなければ実現は難しいでしょう。

3キャリアを選択した場合、2年後までに機種変更を行う人へのサービスが用意されています。ポイント還元や月額料金の割引など多様なサービスがあるのでどんどん最新機種に乗り換えたいならキャリアを選択するのも有効です。
最安値のプランではありませんが、結局1~2年で機種変更をするなら3キャリアを選んだ方が安くなります。

かけ放題と通信品質にこだわるなら3キャリアも可

MVNOに向いていないのは、通信品質にこだわる人です。
安定した速度が出ている業者でも、キャリアに比べると落ちるケースが大半です。
またキャリアメールも使用できなくなるため、安定したメールアドレスを所有したい時にもキャリアの方が有利になります。
またかけ放題サービスを利用したい方も、キャリアを選択した方がお得になることがあります。

3キャリアでは機種代金が実質半額程度になるサービスを展開しており、MVNOのかけ放題サービスを利用する場合は1,000円~3,000円程度のオプション料金が必要になるからです。
5分かけ放題や10分かけ放題の料金はキャリアの半額程度に設定されていますが、時間制限がないタイプは楽天モバイルが提供しているくらいでほぼ選択肢がありません。

とにかく安いプランを選んで節約を考えるならMVNOが最適

月額料金を抑えて、1つのスマホを長く使う人ならMVNOで大幅な節約をすることもできます。
最新iPhoneのサブ機として格安スマホを利用しても良いですし、いろいろな使い方ができるのが魅力です。
またデータプランのみ契約して携帯電話は3キャリアで契約する2台持ちもできます。
3キャリアで携帯電話を契約する場合は、月額1,000円前後で運用が可能です。
もしiPhoneはデータと無料アプリ通話のみしか使わないのであれば、ちょっとした通話はキャリアの携帯電話を利用することも考えてみましょう。

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

【知っている人だけが得する話】

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ドコモはこちら
→ソフトバンクはこちら
→auはこちら

→おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ケータイ乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう

1 2 3 4 5 6 7 8

関連記事