月1000円台のデータ専用の格安SIM|おすすめランキング

スマホを購入するならドコモ、auそしてソフトバンクというのがこれまでの常識でした。

しかし、その常識が徐々に変化しつつあります。

スマホの通信料金が千円台で利用できるという謳い文句を目にしたことはないでしょうか。
これは、ドコモやau、ソフトバンクなどの大手通信キャリアの通信インフラを利用して通信事業を行なっているMVNOと呼ばれる事業体が提供している格安SIMの料金プランになります。

格安SIMの料金プランを見てみると、データ専用プランと音声通話付きのプランが存在しています。

データ専用プランは音声通話付きのプランに比較すると大変安く、1,000円台あるいはそれ以下で利用できるプランも多数あります。

初めて格安SIMを利用する方の場合には、どのプランを選択して良いのか迷ってしまうのではなりでしょうか。

いくら料金が安いとはいえ、契約してみたら思っていたのと違い、すぐに解約してしまうことになっては、乗り換えに費やした時間が無駄になってしまいます。

ここでは、データ専用SIMの特徴を紹介しつつ、1,000円前後で利用できるお勧めのプランを紹介します。

スマホを最安プランで運用したいとお考えの方は是非参考にしていただけたらと思います。

1.格安SIMの料金プランは大きく分けて3つ

格安SIMの料金プランは使える機能により、3つのパターンに分けることができます。

まず一つ目は、データ通信のみを行うことができるデータ専用SIMのプランになります。そして2つ目はデータ通信の他に電話番号宛のショートメールを送受信することができるSMS機能のついたデータ通信+SMSプラン。

3つ目として更に090などの電話番号を取得して音声通話機能を使うことができる音声通話付のプランがあります。

大手キャリアの場合には、音声通話プランにデータ通信プランがセットになっているため、最低でも6千円程度の通信料金になってしまいます。格安SIMの場合には、データ通信専用プランが最も安く、数百円で利用できるプランもあります。

2.データ通信専用プラン料金ランキング

格安SIMの事業者は複数あり、様々な料金プランを提供しています。ここでは、各社の最安プランのランキングを紹介します。

ランキング プラン名称 MVNO名称 金額(円)
1 0 SIM nuroモバイル 0
2 神プラン ロケットモバイル 321
3 使った分だけ安心プラン FREETEL 322
4 ライトプラン DMM mobile 475
5 480円プラン ワイヤレスゲート 480
6 ライトプラン LIBMO 518
7 データ1GBプラン イオンモバイル 518
8 最適料金プラン(低速のみ) エキサイトモバイル 540
9 LINEフリープラン データ LINEモバイル 540
10 おかわりSIM 5段階定額 b-mobile 540

安いものでは0円や数百円の料金で利用できるプランが複数あります。それでは、いくつかのプランの詳細について見て見ましょう。

2-1.nuroモバイル 0 SIM

初期費用:3,000円(税抜)
基本料金:0円
500MBまでは無料
500MB空〜2GB:100MBにつき100円加算
2GB〜5GB:1,600円(税抜)定額
通信速度:下り最大300Mbps

5GBを超えると速度制限がかけられますが、データ容量をチャージして利用することができます。チャージの料金は以下になります。

100MB:500円(税抜)
500MB:2,100円(税抜)
1GB:3,800円(税抜)

一ヶ月の高速データ通信容量が500MBまでは無料で利用できます。そのため、データ通信の利用がほとんどないという方の場合には、最もお得に利用することができます。

しかし、2GB利用の時点で料金が1,600円(税抜)になってしまうため常時データ通信を利用するという方の場合には逆に割高になってしまう場合もあります。

そのため、最安で利用しようと思うと、500MBで利用できるようにデータ通信量の管理アプリを導入するなど、運用面で工夫が必要となってきます。

2-2.ロケットモバイル 神プラン

初期費用:3,000円(税抜)
基本料金:298円(税抜)
通信速度:最大200kbps

通常の多くの格安SIMプランは一ヶ月あらりに利用できる高速通信容量が決まっており、使い切ってしまうと200Kpbsの低速通信に制限がかけられてしまいます。

ロケットモバイルの神プランは通常のプランでいう通信制限がかけられた状態の速度が最大速度となる代わりに、基本料金298円という低価格で利用することができます。

200Kpbsでは動画視聴や画像の多いサイトを閲覧をするには厳しいかもしれませんが、メールやSNSのテキストメッセージの送受信をする程度であれば十分です。

出先であっても公共のWi-Fiを利用するなど工夫をすることで使いこなすことができるでしょう。

2-3.FREETEL 使った分だけ安心プラン

初期費用:3,000円(税抜)
基本料金:段階制
~100MB:299円(税抜)
〜1GB:499円(税抜)
〜3GB:900円(税抜)
〜5GB:1,520円(税抜)
〜8GB:2,140円(税抜)
〜10GB:2,470円(税抜)
〜15GB:3,680円(税抜)
〜20GB:4,870円(税抜)

通信速度:下り最大225Mbps、上り最大50Mbps
FREETELの使った分だけ安心プランは使ったデータ通信量に応じて料金が変動する段階制のプランになっています。

一ヶ月の利用が100MBに満たない場合には299円、1GBであっても499円と低価格で利用することができます。

データ通信を使う月と使わない月とで変動がある方の場合には、都度プランを変更することなく、無駄なく利用することができます。

2-4.DMM mobile ライトプラン

初期費用:3,000円(税抜)
基本料金:440円(税抜)
通信速度:最大200kbps
DMM mobileのライトプランもロケットモバイルの神プランのようにデータ通信時のさ大速度が200Kbpsに制限されているかわりに一ヶ月間の容量制限のないプランになっています。

DMM mobileの通信プランにはバースト機能とうよばれる、データの読み込み時に一定量だけは高速で読み込みその後低速モードに移行する機能が付いています。

そのため、低速プランであってもデータ読み込み時のもっさり感が抑えられるため、データ通信速度の割にはストレスを感じずに利用することができるでしょう。

2-5.ワイヤレスゲート 480円プラン

初期費用:3,000円(税抜)
基本料金:445円(税抜)
通信速度:最大250kbps

ワイヤレスゲートの480円プランはデータ通信の最大速度が250Kbpsに制限されています。一般的な通信速度の制限時と変わらない速度となるため、通常利用の面では若干の不便さを感じるかもしれません。

しかし、ワイヤレスゲートの場合には、ワイヤレスゲートWi-Fiスポットを無料で利用することができます。

利用できるWi-Fiスポットは「BBモバイルポイント/eoモバイルWiFi/Wi2」となっているため生活圏でこれらWi-Fiスポットを利用できる環境にある方の場合には、これらWi-Fiスポットと組み合わせて利用することで快適にスマホを利用することができるでしょう。

最低価格で利用できる格安SIMのプランを見てみると、格安で利用できるのは、一ヶ月あたりのデータ通信容量が数百MBまでであったり、通信速度が通信制限時と同等の速度のプランであるケースもあります。
毎月のスマホの通信料金を極限まで安くしたいという思いから、これら最安プランを契約したくなってしまいますがその前に以下の情報も確認しておきましょう。

3.データ専用SIMのデメリットを理解しておく

データ通信SIMは、音声通話機能やSMS機能も省いていることから大変安く使うことができますが、デメリットも存在します。

どのようなデメリットがあるのかを把握しておき、対策をしておくことでデータ専用SIMであっても有効に利用することができます。

3-1.データ専用SIMは音声通話を利用できない

先ほどの項目でもお伝えしたように、データ専用SIMの場合にはデータ通信のみが可能で、090や080から始まる電話番号を使った通話が了解できません。

音声通話のできるガラケーやスマホとの2台持ちをする場合には問題がありませんが、メイン機として利用する場合には、音声通話の代替えとして通話アプリなどを利用することでこのデメリットはある程度カバーすることができます。

◇050PLUS

NTTコミュニケーションズが提供しているIP電話アプリで、050から始まる電話番号が取得できるため、普通の電話と同じように使うことができます。

基本料金は月額324円で通話料金は固定電話宛が8.64円/3分、携帯電話宛が17.28円となっています。

◇SMARTalk

SMARTalkも050PLUSと同様に050から始まるIP電話番号を取得できます。基本料金は無料で、通話料金は固定電話宛てと携帯電話宛てが一律8円/30秒となります。

これらIP電話アプリは、通常の電話と同様に利用できますが110・119などの緊急電話や0120などのフリーダイヤルへの発信ができません。

メイン機として使うのであればそれなりの覚悟が必要となりますが、最寄りの警察署や消防署などの電話番号を登録しておくことで、いざという時ても対処することができるでしょう。

3-2.通話アプリはデータ通信容量を消費する

通話アプリのデータ消費量は1分あたり0.3から0.5MBです。基本的に通話はしないという方なら問題はありませんが、1日あたり15分の通話を30日程度利用したとしても0.5MB×450分で225MB程度使うことになります。

スマホはその他にも、通知やアプリのデータ更新などをバックグラウンドで行なっているため、全く利用しなかったとしても一定量のデータ通信を行います。

そのため、データ通信容量に多少の余裕を持たせておかないと、いざと言う時に通話ができなくなる可能性があります。

3-3.低速プランには注意が必要

低価格プランの中には、一ヶ月あたりの通信容量に制限がない代わりに、最大通信速度が200Kbps程度に設定されているものもあります。

メールやSNSの通知を受信できれば良いという運用であれば問題はないのですが、ウェブの閲覧や写真のアップロードなどを行いたいという場合には、快適な利用は期待できません。

現在の利用方法をよく確認し、出先での高速通信が利用できない状況でも困ることがないかどうかをチェックし、問題がないようであればこのようなプランを選択することでお得にスマホを運用することが可能になります。

2-4.SMS認証が使えない

LINEアプリをはじめとして、各種サービスで本人確認のために登録した電話番号宛にSMSを送信するSMS認証というものがあります。

もし、データ専用SIMのスマホのみ利用の場合には、SMS認証を必要とするサービスを利用できないということになってしまいます。

また、SMS機能に関連すうることとして、アンテナピクト問題も確認されています。

このアンテナピクト問題ですか、データ通信専用SIMの場合には電話番号が無いと判断されアンテナピクトが表示されないという現象が起きることがあります。

アンテナピクト問題が発生すると、スマホが圏外と認識するためかバッテリーの消耗が激しくなります。

これは、すべてのスマホで起こる問題ではありませんが、SMS機能のついたSIMを使うことにより、事前に回避することができます。

3-4.プラン選びについて

データ専用SIMの特性やプランの特徴を理解した上で、使いこなす自信のある方の場合には、データ専用SIMの最安プランを選択するのも良いでしょう。

もし、現在スマホを利用していて毎月のデータ通信の利用量がどれぐらいなのかを把握してる場合には同じぐらいの通信容量を選択しておくとよいでしょう。

しかし、現在どれぐらい利用しているかを把握していない場合には、統計上平均的なデータ利用量に合わせて契約してみて、そのあとにプランを変更するという方法をとってもよいでしょう。

現在スマホを利用している方の、データ通信容量の利用状況は一ヶ月あたり3GB前後が最も多いという統計結果があります。

もし、一般的な使っている方がここで紹介したような、段階プランや極端にデータ容量の少ないプランを選択した場合、結果的に3GB程度利用してしまうと千円台半ばぐらいの通信料金になってしまうこともあります。

運用に手間をかけず、今まで通りの使い勝手を大幅に失いたくない場合や、初めて格安SIMを利用するという方の場合には、データ専用SIMでもSMS付きで、一ヶ月あたりの
高速データ通信容量が3GB程度あるプランがお勧めになります。

4.データ専用プラン(SMS付き3GB以上のプラン比較)

ランキング プラン名称 MVNO名称 金額(円)
1 タイプA ミニマムスタートプラン IIJmio 972
1 シングルタイプ 3GB mineo 972
3 データ高速プラン UQ mobile 1,058
4 データプラン 3GB DTI 1,069
4 3GB プラン ロケットモバイル 1,069
6 データSIMプラン 3GB DMM mobile 1,080
7 3.1GBプラン 楽天モバイル 1,101
7 3ギガプラン BIGLOBE 1,101
9 110MB/日 OCN モバイル ONE 1,101
10 定額プラン 3GB FREETEL 1,123
11 3GBプラン NifMo 1,134
12 ダブルフィックス U-mobile 896円~1,134

SMS機能のついたプランで、データ通信容量が3GB使えるものでも千円前後で利用できるプランが結構あります。

以下では各料金プランの詳細について紹介していきます。

4-1.IIJmio ミニマムスタートプラン

初期費用:3,000円(税抜)
通信速度:下り最大370Mbps、上り最大25Mbps(Aプラン)
下り最大682Mbps、上り最大50Mbps(Dプラン)
高速データ通信容量:3GB

IIJmioのミニマムスタートプランは3GBの他、6GBと10GBのプランが選択可能で、それぞれ1,641円と2,764円になります。

また、利用している通信回線がauのAプランとドコモのDプランを選択でき、最大通信速度に違いがあります。

データ容量はクーポンとして扱われており、専用アプリをインストールしておくことでクーポンを消費せずに通信をすることができます。

高速通信時にはAプランで最大370Mbps、Dプランでで最大682Mbpsでの通信をすることができますが、クーポン消費をオフにすることで200Kbpsの低速で通信をすることも可能です。

クーポンの利用アプリを上手く使うことで、少ないデータ通信プランでも快適に使うことができるでしょう。

4-2.mineo シングルタイプ 3GB

初期費用:3,000円(税抜)
基本料金:900円(税抜)
通信速度:下り最大225Mbps、上り最大25Mbps(Aプラン)
下り最大225Mbps、上り最大14Mbps(Dプラン)
高速データ通信容量:3GB

その他の料金プラン
500MB:700円(税抜)
1GB:800円(税抜)
3GB:900円(税抜)
5GB:1,580円(税抜)
10GB:2,520円(税抜)

mineoでは3GBのデータ通信プランの他に、500MBかあ10GBまでのプランから選択をすることができます。

mineoにもau回線のAプランとドコモ回線のDプランがありAプランの場合にはSMS機能は無料で使うことができますが、Dプランの場合には120円の利用料金が発生します。

通信速度にも若干に違いがあるためその辺も含めてどちらの回線を選択するか検討すると良いでしょう。

4-3.UQ mobile データ高速プラン

初期費用:3,000円(税抜)
基本料金:980円(税抜)
通信速度:下り最大225Mbps、上り最大25Mbps
高速データ通信容量:3GBまで

UQ mobileのデータ高速プランは3GBまでの高速データ通信を利用することができます。

その他に、通信速度が最大500Kbpsでデータ通信が無制限で使うことができる「データ無制限プラン」も提供しており、1,980円/月で利用することができます。

もし、データプラン3GBで足りないという場合には、通信速度が500Kbpsに制限されるものの通信量に制限のないデータ無制限プランを選択しても良いでしょう。

4-4.DTI データプラン 3GB

初期費用:3,000円(税抜)
基本料金:980円(税抜)
通信速度:下り最大225Mbps、上り最大25Mbps
高速データ通信容量:3GBまで

初めてDTIを利用する方の場合には特別に「データSMS半年お試しプラン 3GB」のプランを利用することができます。この「データSMS半年お試しプラン 3GB」は最初の6ヶ月間は基本料金が無料となり7ヶ月目から980円の基本料金が発生します。

他にもデータSMSプランでは以下の料金プランを選択することができます。

1GB:750円(税抜)
3GB:990円(税抜)
5GB:1,370円(税抜)
10GB:2,250円(税抜)
15GB:3,750円(税抜)
20GB:5,100円(税抜)
ネットつかい放題:2,350円(税抜)

4-5.ロケットモバイル 3GB プラン

初期費用:3,000円(税抜)
基本料金:840円(税抜)
通信速度:下り最大225Mbps、上り最大50Mbps
高速データ通信容量:3GB
SMSオプション:150円(税抜)

2の項目でも紹介したロケットモバイルですが、高速通信プランも提供しており3GBのプランの他に以下のプランも提供しています。

1GB:590円
2GB:690円
3GB:840円
5GB:1,200円
7GB:1,850円
1GBから7GBまでのプランがあるため、実際に使ってみて利用状況を確認しつつデータ容量が多すぎるようでしたら少ないプランに変更するということもできます。

4-6.DMM mobile データSIMプラン 3GB

初期費用:3,000円(税抜)
基本料金:840円(税抜)
通信速度:下り最大225Mbps、上り最大50Mbps
高速データ通信容量:3GB
SMSオプション:150円(税抜)

DMM mobileでは、2の項目で紹介したライトプランの他にも、高速データの定額プランも提供しており、以下のプランから選択することができます。

1GB:480円(税抜)
2GB:770円(税抜)
3GB:850円(税抜)
5GB:1,210円(税抜)
7GB:1,860円(税抜)
8GB:1,980円(税抜)
10GB:2,190円(税抜)
15GB:3,280円(税抜)
20GB:3,980円(税抜)

DMM mobileでは、1GBから20GBまでと幅広いプランを扱っているため10GBを超える大容量プランまで選択可能なため、データ通信をたくさん使いたいという方にも最適なプランになります。

4-7.楽天モバイル 3.1GBプラン

初期費用:3,000円(税抜)
基本料金:840円(税抜)
通信速度:下り最大225Mbps、上り最大50Mbps
高速データ通信容量:3GB

その他の通信プラン
ベーシックプラン:645円
5GBプラン:1,570円
10GBプラン:2,380円
20GBプラン:4,170円
30GBプラン:5,520円

楽天モバイルでは3GBなどの定額プランの他にベーシックプランと呼ばれる最大速度200Kbpsのプランも提供されています。

楽天モバイルのSMS付きのプランの場合には、追加料金なしで050で始まるIP電話番号も取得できるのでIP電話の利用をお考えの方にはお勧めのプランになります。

4-8.BIGLOBE 3ギガプラン

初期費用:3,394円(税抜)
基本料金:1,020円(税抜)
通信速度:下り最大682Mbps、上り最大50Mbps
高速データ通信容量:3GB

6ギガプラン:1,570円円(税抜)
12ギガプラン:2,820円(税抜)
20ギガプラン:4,620円(税抜)
30ギガプラン:6,870円(税抜)

BIGLOBEでは30GBまでの通信プランも取り扱っているため、データの利用量が多くなる可能性があるという方でも安心です。BIGLOBEでは現在3GB以上のプランを契約した方に対して5,000円のキャッシュバックを実施しているので、このタイミングで乗り換えを検討してもうよいのではないでしょうか。

4-9.OCN モバイル ONE 110MB/日

初期費用:3,000円(税抜)
基本料金:900円(税抜)
通信速度:下り最大682Mbps、上り最大50Mbps
高速データ通信容量:3GB

その他の料金プラン
170MB/日:1,380円(税抜)
6GB/月:1,450円(税抜)
10GB/月:2,300円(税抜)
20GB/月:4,150円(税抜)
30GB/月:6,050円(税抜)
15GB/月(500Kbps):1,800円(税抜)

OCN モバイル ONEでは月ごとの定額プランだけではなく、一日単位でデータ利用量が定められているプランもあります。1日あたり110MBの場合には110×30日で3.3GBとなり一ヶ月トータルでは3GB程度のデータを利用することができることになります。

同じ3GBの利用であっても、日によって利用量に変動がない方の場合にはお得なこのプランを選択しても良いのではないでしょうか。

4-10.FREETEL 定額プラン 3GB

初期費用:3,000円(税抜)
基本料金:1,040円(税抜)
通信速度:下り最大225Mbps、上り最大50Mbps
高速データ通信容量:3GB

その他の料金プラン
1GB:639円(税抜)
5GB:1,660円(税抜)
8GB:2,280円(税抜)
10GB:2,610円(税抜)
15GB:3,820円(税抜)
20GB:5,010円(税抜)
30GB:7,120円(税抜)
40GB:9,540円(税抜)
50GB:11,940円(税抜)

FREETELでは最大50GBまでのプランを選択することができます。

そして3GB以上のプランを選択した場合には、LINEやfaceboo、twitterなど特定のアプリのパケット料金は無料となる特典があるため、これらのアプリの利用頻度の高い方の場合には3GB以上のプランを選択することでよりお得に利用することができます。

4-11.NifMo 3GBプラン

初期費用:3,000円(税抜)
基本料金:1,050円(税抜)
通信速度:下り最大375Mbps、上り最大50Mbps
高速データ通信容量:3GB

その他の料金プランとして7GBで1,750円(税抜)と13GBで2,950円(税抜)のプランも提供されています。

@nifty光や@nifty auひかり、@nifty with ドコモ光などniftyのインターネット接続サービスを利用している方はNifMoの基本料金が月額200円割引になる「まるっと割」が適応されるため既にniftyのインターネット接続サービスを利用中の方はNifMoのデータプランがお勧めになります。

4-12.U-mobile ダブルフィックス

初期費用:3,000円(税抜)
基本料金:1,050円(税抜)
通信速度:下り最大375Mbps、上り最大50Mbps
高速データ通信容量:〜3GB

データ通信料金は段階制になっており、一ヶ月あたり1GBまでは680円で利用することができ1GBを超えて3GBまでは900円で利用することができます。

毎月のデータ通信利用量が一定ではない方の場合には、無駄なく利用することができるためお勧めのプランとなります。

まとめ

ここまで、1,000円台で利用することができる、お勧めのデータ専用SIMプランを紹介してきましたがいかがでしょうか。

音声通話の必要ない方や2台持ちの方の場合には安く利用することができる格安SIMのデータ専用プランですが、データ専用SIMの内容を見ていくとSMS付き機能のついた3GB以上のプランがお勧めです。

料金の安いものから紹介しましたが、契約した後にもっと少ないプランに変更したいという場合や、逆に多いプランに変更したいということも考えられます。

プランのバリエーションの多い格安SIMの方が契約後にプラン変更したいという場合でも柔軟に対応をすることが可能になります。

その他、データ通信速度やデータ利用量の区切りが月毎や日毎になっているものなど、様々な違いが見られますので、利用方法に合わせて無駄のないプランを選んでいただけたらと思います。

Pocket


最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

【知っている人だけが得する話】

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ドコモはこちら
→ソフトバンクはこちら
→auはこちら

→おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ケータイ乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう

関連記事