【3社比較】人気のiPhone X / 8に乗り換え(MNP)はどこが1番お得?

日本で高い人気を誇るApple「iPhone」の新作となる「iPhoneX(テン)」「iPhone8」「iPhone8 Plus」が絶賛発売中です。

ドコモ、au、ソフトバンクの大手携帯3社でも同時に発売となり、好調な販売台数を記録しています。

これから購入を考えている方も多いのではないでしょうか?そこで問題になるのが、どこで購入するかということです。

iPhoneX・iPhone8はどのキャリアで買うのがもっともお得なのでしょうか?

iPhoneはスマホの中でも高額機種に分類されるので、できる限り安くお得に購入したいですよね。

今回は、そんな疑問を100%解消できるように、iPhoneX・iPhone8の気になる3社比較情報を解説していこうと思います。

ぜひ最後までおつき合いください。


結論からすると、iPhoneXとiPhone8を安くお得に購入したい方は、キャリアの乗り換えが一番おすすめです。
どうしてもキャリアを変えずに、iPhoneXとiPhone8を機種変更で購入したい方は、iPhoneX・iPhone8に機種変更!最高にお得で効率的な3ステップを紹介します!をご覧ください。

1. iPhoneX・iPhone8って今までのiPhoneより何がすごいのか?

まずはiPhone8の性能面について検討しましょう。買い替えるべき端末かをポイントごとにみていきます。

1-1. A11チップ

iPhoneX、iPhone8は見た目の変化と同様に、CPUも大きな進化を遂げていることが分かります。
特筆するべき点は、CPUに初搭載となる高性能プロセッサー「Apple A11」を搭載していることです。

新型の「A11 Bionic」はiPhone 7世代のA10に比べて2コアの増量がなされました。

A10と比べた場合の速度は、公称で70%アップ(マルチタスク時)、GPUは公称30%の速度アップしています。
「まったく新しいCPUの中にある4つの効率コアは、A10 Fusionより最大70パーセント高速」
「2つの性能コアは最大25パーセント速くなりました」

と公式でアナウンスしていますので、iPhoneX、iPhone8はiPhone史上最強の性能となっています。

1-2. カラーバリエーション

iPhoneX、iPhone8のカラーはiPhone7から減っていますが人気色を残した形です。
この先、新色が追加される可能性もあります。

機種 カラー
iPhoneX シルバー / スペースグレイ
iPhone8 ゴールド / シルバー / スペースグレイ

前面、背面ともにガラスを採用しているため第一印象はiPhone7と大きく異なることがわかります。
ガラス素材によるデザインは多くのファンがいるため、それだけでiPhoneX、iPhone8に乗り換えたくなってしまいます。

iPhone8は、前面と背面に、耐久性が最も高いとされるガラス製のパネルを搭載しました。フレームにはアルミ製のものを採用しています。デザインの進化とともに強度面も強化されたといえるでしょう。

1-3. Face ID

遂に登場したiPhone版顔認証であるFace ID。iPhone 7では防水とおサイフケータイが追加されましたが、iPhoneXでは顔認証が追加されました。

これにより、Androidの主要機能はほぼ網羅したといえるでしょう。
注意する点としては、iPhone8にはFace IDは搭載されていません。

Face IDは、ロック解除、認証、支払いを安全に行えます。

1-4. ワイヤレス充電

iPhoneX、iPhone8に搭載されたワイアレス充電。これもAndroidではおなじみの機能ですが、iPhoneX、iPhone8に初搭載されました。Qi規格のワイヤレス充電器に対応しているため、ホテル、カフェ、空港、車などで利用できます。

2018年に登場するiPhone専用のワイアレス充電器AirPowerも注目です。

驚くほど薄く、洗練された新しいAirPowerマットを使えば、複数のデバイスをワイヤレスで充電できるようになります。デバイスを一か所に固定する必要もありません。最新のiPhone、Apple Watch、AirPodsなどの対応するデバイスを3つまで、マットの表面上のどこにでも置くだけで同時に充電できます。

以上のように、iPhone8は旧機種から大きな進化を遂げた端末です。

1-5. iPhoneXとiPhone8の基本スペックを比較

iPhoneX iPhone8
カラー シルバー
スペースグレイ
ゴールド
シルバー
スペースグレイ
液晶画面・解像度 Face ID/3D Touch
5.8インチ(2,436 x 1,125)
3D Touch
4.7インチ(1,334 x 750)
(大きさ幅×高さ×厚み) 143.6mm x70.9mm x7.7mm 138.4mm x 67.3mm x 7.3mm
重さ 174g 148g
容量 64GB / 256GB 64GB / 256GB
メインカメラ / インカメラ画素数 1200万画素/7メガピクセル 1200万画素7メガピクセル

iPhoneXとiPhone8の評価とスペック紹介については、iPhoneXとiPhone8の辛口レビュー|どっちが買い?本当の評価を教えますをご覧ください。

2. iPhone8の新規契約・キャリア乗り換え(MNP)料金比較

ここでは、iPhone8をドコモ・ソフトバンク・auの3社料金比較をしていきます。

まずはじめに、機種料金はいくらかかるのかを理解する必要があります。24カ月継続して利用することを前提に、iPhone8は実質いくらになるのでしょう。

2-1. ソフトバンクのiPhone8

iPhone8(64GB) iPhone8(256GB)
端末代金 94,320円 112,560円
月々割
割引額
-3,210円
×24ヶ月
(-77,040円)
-3,210円
×24ヶ月
(-77,040円)
実質負担額 720円×24ヵ月 1,480円×24ヵ月

2-2. auのiPhone8

iPhone8(64GB) iPhone8(256GB)
端末代金 91,440円 109,680円

2-3. ドコモのiPhone8

iPhone8(64GB) iPhone8(256GB)
端末代金 22,680円 40,824円

各種キャンペーンを適用していない状態でMNPで端末実質負担額が安いのはソフトバンクといえるでしょう。

ドコモでは、iPhone8とiPhone8 Plusの端末代金が大幅値引き+「春のiPhoneデビュー割」でさらに値引きと、乗り換えにおいてかなり大胆な値引き策を打ち出してきました。

かなり3社で色濃く違いがでてきています。

ソフトバンクは、端末代金を月々割という割引プランで値引くことで月々で支払う金額を抑えた形です。この場合、端末代金が安くなっているわけではありません。また月々割期間中のプラン変更や解約は、月々割の減額、もしくは割引適用外となります。

ソフトバンクは、「月々割」適用で月々の実質負担額をもっとも安く抑えることができます。
ソフトバンクオンラインショップ

さらに、ドコモやauからの乗り換えなら『おとくケータイ』を利用してキャッシュバックを受け取ることができます。
おとくケータイ

auは、端末代金の値引きはなく、24か月後に機種変更を目的とした「アップグレードプログラム加入(月額390円)」がおすすめです。25か月を過ぎると端末残金が残った状態でも、端末を返却する形で残金の支払いをせずに機種を変更できます。
ですが、このプログラム加入をするということは、ずっとauになるとも同じことともいえます。

auは、プログラム加入で機種代金が半額!
auオンラインショップ

ドコモでは、春のiPhoneデビュー割でiPhone8とiPhone8 Plusが8,424円引きとなっています。キャンペーン期間は2018年2月1日~スタートしており、期限は決められていません。

ソフトバンクやauとは違い、端末代金自体が大幅な値引きをしているので、下取りプログラムやポイント割引を利用すれば0円一括購入も現実的です。

キャンペーン名称が「春」となっているので、そのうちにキャンペーンがなくなってしまう可能性もあります。いま、iPhone8とiPhone8 Plusに機種を変えたいのなら、ドコモへ乗り換えるのもおすすめです。

ドコモなら「春のiPhoneデビュー割」で「iPhone 8」「 iPhone 8 Plus」が機種代金より8,424円引きになります。
ドコモ:ドコモオンラインショップ

3. iPhoneXの新規契約・キャリア乗り換え(MNP)料金比較

ここからは大手3社の料金比較をしていきます。まずはじめに、端末料金はいくらかかるのかを理解する必要があります。24カ月継続して利用することを前提に、iPhone8は実質いくらになるのでしょう。

3-1. ソフトバンクのiPhoneX

iPhoneX(64GB) iPhoneX(256GB)
端末代金 131,040円 149,280円
24回払い:実質負担額 2,250円×24ヵ月
(54,000円)
3,010円×24ヵ月
(72,240円)
48回払い:実質負担額 1,125円×48ヵ月
(27,000円)
1,505円×48ヵ月
(72,240円)

3-2. auのiPhoneX

iPhoneX(64GB) iPhoneX(256GB)
端末代金 128,160円 146,400円
24回払い:実質負担額 2,670円×24回
(64,080円)
3,050円×24回
(73,200円)
48回払い:実質負担額 2,670円×48カ月 3,050円×48カ月

3-3. ドコモのiPhoneX

iPhoneX(64GB) iPhoneX(256GB)
端末代金 125,064円 143,856円
24回払い:実質負担額 2,853円/月
(68,472円)
3,618円/月
(86,832円)
48回払い:実質負担額

各種キャンペーンを適用していない状態でMNPで端末実質負担額が安いのはソフトバンクといえるでしょう。ドコモは端末代金が最も安く、下取り価格も最も高額ですのでお持ちの機種によっては最もお得になる可能性があります。

iPhoneXを安く購入したいのならソフトバンクへ乗り換えて『おとくケータイ』が利用するのがおすすめです。ソフトバンクのみ乗り換えでキャッシュバックがあります。
おとくケータイ

次のページでは、ドコモ・ソフトバンク・auの毎月の基本利用料金となる料金プランの比較をします。

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!
携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


【知っている人だけが得する話】
最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

1 2

関連記事