ドコモのiPhoneXを機種変更で安く買う方法。一括か分割かどっち?

現在、スマホ業界でトップのシェアを誇っているのが、NTTドコモ。スマホ本体で売り上げナンバー1なのがAppleのiPhoneX。ということは売れているところ同士、王者同士と言える『ドコモ × iPhoneX』が果たして間違いない選択肢なのでしょうか?詳しく見ていって、本当にお得なのか検証してみました。

1回買ったら少なくとも2年は使いたいスマホ、特にiPhoneXは高価なんて言われているから慎重に決めたいところですよね。まさに『失敗は許されない』のです。

そこで、ここでは機能面から価格面まで様々な観点で、ドコモにiPhoneXにて機種変更するとお得なことやドコモやiPhoneXの素朴な疑問をまとめてみました。iPhoneXに機種変更を考えている方!必見となっていますよ。

ドコモの機種変更で得する方法はドコモの機種変更で3万円もお得になる完璧な3ステップとタイミングをご覧ください。


もっと詳しくiPhoneXの評価を知りたい方は、iPhoneXの辛口レビュー|本音のメリット・デメリット【本当の評価教えます】をご覧ください。

また、ドコモユーザーで『dカード GOLD』をまだ持っていないなら、無条件で持っておくべきでしょう。

年会費1万円というと一見高く思えますが、携帯料金の10%が還元される上、ローソン・マクドナルドなどの特約店で5%還元されるため、年に1万円なら十分過ぎるほど回収できるはずです。

dカード GOLDの詳細はこちら

1. ドコモでiPhoneXを安く機種変更する方法

さらに、ドコモの魅力は多彩のキャンペーンやサービスの充実ぶり。なかには、知っている人だけが得をするようなものもあるので、ドコモユーザーもしくはドコモにMNPで機種変更を検討している人は必見ですよ。

1-1. 家族でみんなドコモでお得に!

ドコモの特徴として、家族まとめると割引率が高いなど家族みんなでドコモ利用がおすすめなところ。さらに、今、他のキャリアだったり、新規でスマホを持とうとしている家族がいる場合はチャンスです。

家族がMNPもしくは新規契約でドコモと契約した場合、10000dポイントがもらえるのです。一人につき10000dポイントなので、仮に4人ドコモにMNPで機種変更したら40000dポイント!dデリバリーで高級な出前なんかもあるので、家族揃って贅沢で優雅なディナーを楽しむなんてのも良いですし、カタログギフトで、蟹や和牛など美味しいものをゲットするのも最高ですよね!(食べるものばかりですが…)

dポイントは本体代とかだけでなく、ローソンやマクドナルド、スターバックスカードなどの日常使うする実店舗でも使えるので、実質10000円もらえるのと同じですよね。なので、ドコモへのMNP(新規契約)を考えている人は、家族でドコモユーザーがいないかちぇっくして、ポイントを山分けしてもよいですね。

さらに、ここまでのお得度は月々の支払いについてでしたが、iPhoneX本体代も家族でドコモを利用すると安くなるのです。
高性能で未来を感じるiPhoneX、魅力的なスマホですが、やはりお値段が高いというのはネックですよね。ドコモのサポート割引を活用しても5万円弱はかかり高価なものに違いはありません。

そこで、家族で機種変更を考えている人はいませんか?

家族でiPhoneX以外にもiPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SEや最新Android機を購入すると、1台につき5184円値引きしてもらえるのです。特に高価なiPhoneXでは、2台だったら10000円強ですからちょっとした節約になりますね。

1-2. 自宅もドコモにしてお得に!

ドコモと言うと、携帯電話(スマホ)やタブレットなど外で使うもののイメージですが、自宅のインターネット固定回線でもドコモはあるの知っていますか?そう「ドコモ光」です。

ドコモの契約と合わせて、家のインターネット回線であるドコモ光とも契約、そして家じゅうをWi-Fi環境にするルーターを同時購入することで、毎月370円割引×24か月で最大8,880円割引となります。自宅もネット環境を整えたい人だったら必要なモノばかりなので、使わない手はないですね。

もちろん、NTT品質ですから品質はお墨付き。光回線の高速インターネットが自宅で利用できれば、スマホの家ではWi-Fiでつなぐことで、スマホ代の節約という別の意味でのお得度もありますよね。

1-3. ドコモオンラインショップ利用でお得に!

大手キャリアはもちろん格安SIMでもネット上のオンラインショップはありますが、充実ぶりは他社の追随を許さないドコモオンラインショップ

前述もしたような本体の購入や付属品の購入だけでなく、サービスの追加や変更、廃止、料金の確認などドコモのサービスでできないことはないほどです。他社の場合、電話のみや来店のみなんてものもあるので、特に忙しい生活をしている人は、24時間365日利用できるドコモオンラインショップは上手に活用するととても便利です。

さらに、今ならもう一つお得が存在しているのです。それは、「オンラインショップ 9周年感謝祭」。

今ではネットでできないことはないほど生活に密着したインターネットですが、ドコモオンラインショップは9年前から始めていたのですね。

9周年記念として、2018年1月31日まで5400円以上の商品を購入すると、抽選で99999dポイントが当たります。その当選者数なんと9999名!約10000名だとなんとなく当たり気がしちゃいますよね。約10万円もポイントがもらえたら何に使おうか夢が広がります。

5400円以上なので周辺機器などを購入する人もいるので、単純計算はできませんが、毎年ドコモの契約数は70000人強/年。1年で70000人ですから、このキャンペーン期間中(2017年12月1日~2018年1月31日まで)とちょうど2か月間のみ。

そう考えると、99999dポイント当たる気がしちゃっても不思議ではないですよね。

1-4. ちょっとした買い物でお得に!「レシーとく」

ドコモが行っているサービスで意外と知られていないのが、この「レシーとく」です。

これは指定の商品を購入して、購入した証拠となるレシートを送付するだけで、30~60dポイントがもらえるのです。実質30~60円引きということですね。たかだか数十円ですが、日常使うようなモノも多く、貯まると大きいです。

どこのレシートが必要かというと、なんとどこでもOKなのです。いつも使っているコンビニやスーパー、ドラックストアなどその指定の商品が売っているお店ならどこでもOKなので、使い勝手が良いのです。

このサービスはドコモ以外でも利用可能ですが、dポイントが付与されるので、やはりドコモユーザーが一番使いやすいですよね。
【現在実施中のレシーとく対象商品】

  • BOTTLATTE キャラメルマキアート 30dポイント
  • BOTTLATTE カフェラテ 30dポイント
  • 1日分のビタミンゼリー グレープフルーツ味 40dポイント
  • ウコンのちから ウコンエキスドリンク 40dポイント
  • シルコット ピュアウォーター ウェットティッシュ 本体60枚 40dポイント
  • シルコット ノンアルコール除菌 ウェットティッシュ 詰替45枚×3 60dポイント

1-5. 前使っていたスマホを下取りに出してお得に!

前モデルのiPhoneをiPhoneXにMNPでドコモにしようとしている場合は、以前のモデルを下取りに出して本体代の充てるのはどうでしょうか。古いスマホって大事に取っておこうなんて思っていても結局は引き出しの奥底に眠ってしまうだけではないですか?それなら下取りに出してお得をしちゃいましょう。

下記はau、ソフトバンクからMNPでドコモでiPhoneXを購入する際に下取りに古いiPhone、Androidを出した金額です。
※ドコモ→ドコモなど詳細は、https://www.nttdocomo.co.jp/campaign_event/shitadori/03.html参照。

Androidスマホ au→ドコモ ※2017年12月1日現在

下取り対象機種 下取り価格
(店頭/郵送下取り価格)
au/機種名 良品 画面割れ品
Galaxy S3 Progre 1,000円 300円
Galaxy Note 3 10,368円 3,100円
Galaxy S5 10,368円 3,100円
Galaxy Note Edge 10,368円 3,100円
Xperia VL 1,000円 300円
Xperia UL 1,000円 300円
Xperia Z1 6,000円 1,800円
Xperia ZL2 6,000円 1,800円
Xperia Z3 12,000円 3,600円
Optimus G 1,000円 300円
isai 1,000円 300円
G Flex 1,000円 300円
isai FL 6,000円 1,800円
isai VL 6,000円 1,800円
URBANO L01 1,000円 300円
DIGNO M KYL22 3,000円 900円
AQUOS PHONE SERIE mini SHL24 3,000円 900円
AQUOS PHONE SERIE SHL23 3,000円 900円
ARROWS Z FJL22 3,000円 900円
URBANO L02 3,000円 900円
HTC J butterfly HTL23 6,000円 1,800円
AQUOS SERIE SHL25 6,000円 1,800円
TORQUE G01 3,000円 900円
URBANO L03 3,000円 900円
AQUOS SERIE mini SHV31 6,000円 1,800円
URBANO V01 3,000円 900円
Xperia Z4 SOV31 16,000円 4,800円
Galaxy S6 edge SCV31 10,368円 3,100円
HTC J butterfly HTV31 10,000円 3,000円
isai vivid LGV32 11,000円 3,300円
AQUOS SERIE SHV32 6,000円 1,800円
INFOBAR A03 3,000円 900円
Xperia Z5 SOV32 21,384円 6,400円
Galaxy A8 SCV32 17,000円 5,100円
DIGNO® rafre KYV36 6,000円 1,800円
Xperia ZUltraSOL24 11,000円 3,300円

Androidスマホ ソフトバンク→ドコモ ※2017年12月1日現在

下取り対象機種 下取り価格
(店頭/郵送下取り価格)
Softbank/機種名 良品 画面割れ品
Xperia Z3 12,000円 3,600円
AQUOS Xx2 mini 3,000円 900円
AQUOS Xx2 17,000円 5,100円
Nexus 6P 13,000円 3,900円
Xperia Z5 21,384円 6,400円
AQUOS Xx 404SH 10,368円 3,100円
AQUOS CRYSTAL 2 6,000円 1,800円
Xperia Z4 17,000円 5,100円
Galaxy S6 edge 10,368円 3,100円
DIGNO U 1,000円 300円
AQUOS CRYSTAL X 6,000円 1,800円
AQUOS CRYSTAL 305SH 3,000円 900円
AQUOS Xx 304SH 6,000円 1,800円
AQUOS PHONE Xx mini 303SH 3,000円 900円
AQUOS PHONE Xx 302SH 3,000円 900円
ARROWS A 301F 3,000円 900円
シンプルスマホ2 1,000円 300円
AQUOS PHONE Xx 206SH 3,000円 900円

iPhone au、ソフトバンク→ドコモ

下取り対象機種 下取り価格
(店頭/郵送下取り価格)
良品 画面割れ品
iPhone 7 Plus
(32GB/128GB/256GB)
46,000円 13,800円
iPhone 7
(32GB/128GB/256GB)
37,000円 11,100円
iPhone 6s Plus
(16GB/32GB/64GB/128GB)
27,000円 8,100円
iPhone 6s
(16GB/32GB/64GB/128GB)
23,000円 6,900円
iPhone 6 Plus
(16GB/64GB/128GB)
18,000円 5,400円
iPhone 6
(16GB/64GB/128GB)
13,000円 3,900円
iPhone 5s
(16GB/32GB/64GB)
5,000円 1,500円
iPhone 5c
(8GB/16GB/32GB)
4,000円 1,200円
iPhone 5
(16GB/32GB/64GB)
1,000円 300円
iPhone 4S
(16GB/32GB/64GB)
1,000円 300円
iPhone 4
(8GB/16GB/32GB)
1,000円 300円
iPhone 3GS 1,000円 300円
iPhone 3G 1,000円 300円
iPhone SE
(16GB/32GB/64GB/128GB)
17,000円 5,100円

2. iPhoneXの素朴な疑問を解決

2-1. iPhoneXの基本スペックは?

iPhone販売10周年記念フラッグシップモデルと言われているiPhoneX。発売前から歴代最高のスペックなんて騒がれていましたが、iPhoneXのスペックはどうなっているでしょうか?

【メーカー】apple

【サイズ】画面5.8インチ、高さ143.6mm・幅70.9mm・厚さ7.7mm・重量174g

【ディスプレイ】Super Retina HDディスプレイ、2436×1125

【メモリ】64GBもしくは256GB

【カメラ】メインカメラ1200万画素、インカメラ700万画素、広角・望遠カメラ搭載、4K撮影

【その他】Face ID、Apple Pay

【カラー】シルバー、スペースグレー(全2色展開)

※2018年中には新色(ブラッシュゴールド(銅色)?)が出る噂はありますが、正式発表はされていません。

やはり見た目で特出しているのが、過去最高の5.8インチと言う大画面と、高級テレビにも採用されている有機ELパネルです。これによりスマホレベルを超えた高画質となった反面、持ちづらいという不評の声も少なくありません。

また、今のところカラーバリエーションが2色しかないのも残念なところです。そのようなデメリット部分を考慮しても、使いやすさと良い、Face IDのような最新技術といい、一眼レフ並みとまで言われるカメラ機能と言う歴代最高のiPhoneであることは間違いないのではないでしょうか。

2-2. iPhoneXの主な特徴

Face ID

最大とも言えるiPhoneXの特徴が、やはりこの「Face ID(顔認証)」。これまでiPhoneシリーズを含めた主流の認証システムが指紋認証(Touch ID)だったのに対して、iPhoneXでは最新技術を使った顔認証となりました。

ライバル機である「Galaxy S8+」の顔認証システムと、口コミなどの評価を見る限り、Face ID(iPhoneX)のほうが精度を含めて優秀と言う声が多いです。

ただ、顔認証の場合、一切スマホに触れずに認証が完了するメリットがある分、デメリットも少なくないようです。

普段メガネをかけていて、その顔で登録しておくと、寝る前などメガネなしだと認証しない(本人だと識別しない)、双子だと認証してしまった、夜間だと使えないなど不評の声も多く聞かれており、まだまだ改善の余地はかなりありそうですが、未来的、先進的であることは間違いないですね。

大幅なカメラ性能の向上

InstagramやTwitterなど画像をアップすることが生活のなかで当たり前になっている今、スマホの機能のなかで、カメラ機能が一番使っている日と言う人も多くなっていると思います。

iPhoneXの場合、カメラ機能が、前モデルであるiPhone 8と比較しても大幅にアップ!多数のカメラやセンサ・プロジェクタを搭載した『TrueDepthカメラ』をフロントカメラに搭載、より鮮明な画質を誇るようになりました。

また、自撮りなどにも適したスマホに。5.8インチと言うiPhone史上最大の画面サイズで、フレームを極力なくしたデザインのため、前面がほぼ画面に。自撮りの際も大画面、フレームレスでより見やすく。

さらに、は、前景をシャープにとらえたまま、背景を巧みに ぼかした美しい撮影が可能なポートレートモードにより、自撮りでもプロ並みのハイテクニックを魅せることができます。

また、本当に写真を撮ったのか撮った本人ですら分からないほどあっという間に撮れてしまうシャッタースピードの早さも特筆すべき点ですね。

有機ELディスプレイ

最近は高級テレビなどでも取り入れらるようになってきた有機ELパネル。従来の液晶パネルに比べて、寿命が長くなり、さらに漆黒の色の出し方など、より高画質を楽しめるようになりました。

YouTubeなど普段から動画鑑賞を趣味にしているような人では、より綺麗な画面で観られるのは嬉しいですよね。しかも、大画面なので、ゲームなどの迫力も一味違ってくると言われています。

様々な廃止されたもの

大画面の割に、薄型にこだわっているiPhoneXだけに、従来のiPhoneシリーズと比較しても無くなったものも少なくありません。

まずは、やはりホームボタン。アプリの移行時や、スクリーンショット撮影時など事あることに、中継ボタンをして使用していたホームボタンですが、前面がほぼ画面になったことで、廃止になりました。

iPhoneXだと、アプリの移行など従来ホームボタンで行っていたことは、画面のタッチで可能。初めはタッチボタンに慣れているのもあり、戸惑う声も少なくありませんが、より直感的に操作ができると好評の声も少なくありません。

他にも電源ボタン+ホームボタンで行っていたスクリーンショットの撮影は、電源ボタン+ボリュームボタン(上)など、慣れれば困るような人は少ないようです。ただ、初めのうちは不必要なスクリーンショットを撮れまくってしまう被害は多発していますね。

また、iPhone 7からですが、イヤホンジャックも廃止になっています。イヤホン、ヘッドホンの接続には、ライトニング端子もしくはbluetoothでのワイヤレス接続となります。

iPhoneXの付属品に、ライトニング端子からイヤホンジャックに変換できるケーブルも付いてはいますが、今使用している有線のイヤホンをそのまま使うためには、その変換ケーブルを持ち運ばなくてはならず、若干めんどくさいです。

2-3. iPhoneのバッテリーの持ちは?

今や移動中でも音楽を聴いたり、地図を調べたりなど(※歩きスマホはダメですよ)とスマホを使わない時間は少ないほどではないでしょうか?そうなると、充電が切れてiPhoneが使えなくなるともうパニック状態では?

やはり気になるのはiPhoneXのバッテリーの持ちは果たしてどれくらい?ということではないでしょうか?

appleの公式によると、iPhoneXは連続通話時間最大21時間、ネット利用最大12時間となっています。さすがに21時間連続で通話している人も稀ですが、クルマの燃費などでも同じことが言えますが、正直カタログ値はアテにならないですよね。

実際のiPhoneXの利用者のクチコミではどうでしょうか?

だいたい平均で9時間ほどの「持ち時間」みたいです。バッテリー容量が、2716 mAhとiPhone史上最高大容量なのですが、画面が大きい分、それだけ電力も使うのかもしれません。

正直、今までのiPhoneと大差はない結果で、一般的に働いている人だったらやはりモバイルバッテリーは必須アイテムになるのではないでしょうか。

2-4. ApplePayは何が使えるの?

あくまでも噂レベルですが、数年後には10000円札が廃止されるのではなんていう専門家もいるほど、世界中でキャッシュレス化の波が激しいですよね。

確かにコンビニやファミレスなどでもクレジットカード払いは不思議ではなくなってきています。きっとお財布が要らない時代がもうすぐそこまで来ているのでしょう。

スマホだけでなんでもできるとなると、やはりApplePayは使いこなしたいところ。実際、ApplePayは、何が登録できるのでしょうか?

まずクレジットカードの国際ブランドだと、MasterCard、JCB、American Expressの3社が登録可能となります。あれ最大手であるVISAがないですよね。VISAのクレジットカードではApplePayは登録できないのでしょうか。

実はそんなことはありません。以下のクレジットカードが登録可能で、さらに、IDやquickpayでも可能なので、VISAでもIDが入っているものならID払いとなり、登録が可能となります。

  • イオンフィナンシャルサービス(イオンカード)
  • KDDI(au WALLETカード)
  • オリエントコーポレーション(オリコカード)
  • クレディセゾン(セゾンカード・UCカード)
  • ソフトバンク(ソフトバンクカード)
  • トヨタファイナンス(ティーエスキュービックカード)
  • NTTドコモ(dカード)
  • ビューカード
  • 三井住友カード
  • 三菱UFJニコス(MUFGカード)

ApplePayでの支払いの際は、毎回顔認証(Face ID)もしくはパスコード入力が必要なので、他人に使われるような心配も少ないので安心です。

2-5. ホームボタンが無くなったけど使いづらくない?

今までずっとiPhoneを使っていたユーザーだと、iPhoneXからホームボタンがなくなったことで、使いづらさを心配する声も少なくありません。

では、ユーザーレビューではホームボタンがなくなって使いづらいという声は多いのでしょうか?

結論から言ってしまうと、意外?な程ホームボタンがなくても直感的な操作ができているようです。モニター下部を上にスライドするだけで、今までのホームボタンの役割であるアプリの移動などが可能で、前よりやりやすいなんて声も多いほど。

ただ、電源ボタン(右)とボリューム上ボタン(左)を押すとスクリーンショットが撮れるのですが、撮るつもりではないのに画面が撮れてしまったなんて事も頻繁しているようです。まぁすぐに消せばよいだけですけどね。

2-6. イヤホンやケースなど周辺機器の充実ぶりは?

今までとは違いイヤホンもイヤホンジャックではなく、ライトニングジャックかbluetoothワイヤレスが必要で、ケースも今までと大きくサイズが異なるので、互換性がないのもあり、正直まだイヤホン、ケースともに品ぞろえが物足りないのが現実ではないでしょうか?

しかし、今まで以上に順調なセールスを維持しているiPhoneX、それだけにシェア率もトップになるでしょうから、これから1年くらいでイヤホンやケースのバリエーションも豊かになることは間違いないと思います。

特にbluetoothワイヤレスイヤホンは、値段やデザインともに、主流となるくらい定着していくのではないでしょうか?

2-7. ドコモでiPhoneXを購入すると安くなるってホント?

iPhoneには容量が64GBと256GBがありますが、あれこれと様々なシーンで使うものだけに、やはり256GBは持っておきたいなんて人が多いのではないでしょうか?(個人的には128GBモデルが欲しかったのですが…)

ただ、iPhoneX256GBとなると、AppleStoreでの購入では129800円なり、さらに、保証サービスであるAppleCareまで入ればプラス22800円と、もうパソコンのほうが安いと思えるくらい高価なものになってしまっています。

そんなときこそ、大手キャリアでの契約でiPhoneXを購入するに限るのです。

例えばドコモでは、月々サポートというiPhoneX購入のサポートがあるのです。簡単に言ってしまうと「値引き」ですね。2年縛りという契約条件が出てしまいますが、別にずっとドコモと言う人にはお得ですから使わない手はないですよね。

実質価格、ドコモでiPhoneX(256GB)を購入すると、新規、機種変更、MNPともに86184円と、定価を考えると50000円以上値引きとなります。さらに、言えば、24回払いなど分割払いが可能なので、月々の負担はかなり減りますよね。

ここまでならソフトバンク、auと言った他社大手キャリアとの違いはあまりありません。ドコモがお得なのはここから!特に今ならiPhoneX購入キャンペーンともいえるものが多数あるのです。

詳しくは後述しますが、ドコモオンラインショップを利用したり、自宅をドコモ光にするなど上手くキャンペーンを駆使すれば、実質iPhoneXが無料で手に入ると言っても過言ではないほどなのです。

ドコモのiPhoneXを機種変更で安く買う方法まとめ

世の中のイメージってやつは結構厄介で、iPhoneXについても、ドコモについても抱いていたイメージとは違ったなんてことも多かったのではないでしょうか?
冒頭でも書いた通り、なんでもできるほど便利と引き換えに、今や高級品であるスマホ。それだけに慎重に選んで、納得のいく使いやすいスマホを手に入れて、有意義なスマホライフを!

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!
携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


【知っている人だけが得する話】
最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

関連記事