iPhoneSEのスペックまとめ|3分で分かるiPhoneSEのすべて

iPhoneSEのメインカメラの画素数はiPhone6s同様の1200万画素
iPhone5sが800万画素ですから約400万画素アップしたことになります。
カメラの性能は画素数だけでは測れませんが、レンズの強化もはかられており画素数の向上がカメラ画質に直接影響を与えていると感じます。
作例をみても、分かり易く進化している点ではないでしょうか。

・ビデオ撮影

iphone-se_4k_video

ビデオ撮影は大きく進化しました。iPhone6sに全くひけをとりません。
4Kビデオ撮影(3,840 x 2,160、30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)

1-2 バッテリー比較

スマホの性能面で最も気になる部分のひとつがバッテリーの持ち時間。
どんなに高性能なプロセッサーを搭載していて、目をみはるような高精細なディスプレイを持っていても
電池の持ちが悪ければ使い物になりません。
また、バッテリーは使えば使うほど減少してしまう場合もあるため、出来るだけ電池持ちのいい端末を選びたいもの。
iPhoneSEの電池持ちはどの程度のものか、iPhone6sと比較してみました。

denntimoti

連続通話時間、連続待受時間こそiPhone6sと変わりませんが、
それ以外の部分で3時間ほど長持ちする結果が出ています。
特にブラウジングやビデオ再生はiPhoneSEで使用頻度の高い部分ですので、確実に進化したといえます。
ビデオ再生が2時間アップしているということは、映画一本分多く見られるということです。
iPhone5の電池持ちがそろそろ限界に近づいている方も多くいるでしょうから、バッテリーの強化は嬉しい部分ですね。

2 iPhoneSEの7つの魅力

160322iphoneseevent

iPhoneSEのスペックは前項にて解説しました。
この項ではiPhoneSEがもたらす、他のiPhoneシリーズよりも優れている点を中心に
進化した項目を7つに分けご紹介します。

2-1 このデザインは根強い人気

iPhoneSEの予約は3月24日から

iPhone SEには、iPhone5シリーズで採用されたと人気の高いデザインをさらにブラッシュアップさせています。
ビーズを吹き付けてサテンのような仕上げを持たせたアルミニウムから作られるボディは高級感があります。
4インチというコンパクトさ、113gのさを維持していることにより、手の中に心地よく収まるように設計されています。
面取りしたマットなエッジと、ボディの色に合わせたステンレススチールのロゴが、iPhone SEのデザインを引き立てています。
iPhone6sシリーズで賛否をよんだアンテナのラインを排除しているiPhoneSEのデザインは洗練されているのではないでしょうか。
またカメラの突起もなく、フラットな形状です。
iPhone5シリーズのデザインは根強い人気があるのも事実ですし、iPhoneSEのデザインはさらにそれを強化させた最終形態といえます。
この形状でのiPhone7なんていうのも見てみたい気がします…。

2-2 スマートフォン史上、最もパワフルな4インチ

160321iphonesenotnewphone1

iPhone SEの中心にあるのはA9チップと呼ばれる最新のプロセッサーです。
これはiPhone 6sに搭載されているものと同じアップルの先進的なチップ。
デスクトップクラスの64ビットアーキテクチャを持つA9チップは、スピードと反応の良さをもたらします。
さらにゲーム用コンソールクラスのグラフィックパフォーマンスを発揮するので、ゲームや様々なアプリケーションでの体験が
驚くほどスムーズに動作します。

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら

1 2 3 4 5 6 7 8 9

関連記事