いよいよ発売となった「iPhone X」。大方の予想どおり、世界中で行列を作るなどiPhoneブームが再び襲来しました。iPhone誕生10周年記念フラッグシップモデルと銘打っているだけあって、iPhone Xは見た目からも大きく刷新。新しいスマホの可能性が感じられると早くも評判です。

その一方、iPhone Xより1か月ほど早く発売した「iPhone8」。
既にiPhone Xの発売も決まっていたこともあり、いわゆる「Ⅹ待ち現象」が起きて、いまだかつてないほどの売り上げとなっています。

果たしてiPhone8ではなく、iPhone Xにするのが一択なのでしょうか?ホームボタンのあるiPhoneシリーズの最終形態とも言える完成度の高いiPhone8のほうが評価が高いと言う声もあり、果たして自分向きのあいphoneは、iPhone8それともiPhone X?

iPhone8とiPhone X、それぞれの特徴、進化ポイント、デメリット等を分かりやすく解説していきたいと思います。

iPhone8について

発売の段階で、既に次期モデル(iPhone X)の発売日まで決まっていたこともあり、地味な存在のiPhone8。ネットなどでのメディアでもiPhone X発売と同時に一気にiPhone8と言うワードは目にしなくなりましたが、このまま埋没してしまう機種となるのでしょうか?

まず、基本的なiPhone8のスペックなどから見ていきましょう。

iPhone8基本スペック・価格・カラーバリエーションなど

基本スペック

【サイズ】画面4.7インチ、高さ138.4mm・幅67.3mm・厚さ7.3mm・重量148g

【ディスプレイ】Retina HDディスプレイ、1,334 x 750、326ppi

【メモリ】64もしくは256GB

【カメラ】メインカメラ1200万画素、インカメラ700万画素、約5倍のデジタルズーム、4K撮影

【重量】148g

価格

SIMフリーモデル  64GB 85104円  256GB 103464円

ドコモ 一括(64GB) 88776円、一括(256GB) 106920円  サポート付(64GB) 31752円、サポート付(256GB) 50112円

au 一括(64GB) 91440円、一括(256GB) 109680円  サポート付(64GB) 45720円、サポート付(256GB) 54840円

ソフトバンク(機種変更時) 94320円、一括(256GB) 112560円  サポート付(64GB) 26680円、サポート付(256GB) 45120円

価格は現状でこのようになっています。きっと早い段階で、未だとiPhone6sやiPhoneSEなどを発売してるUQモバイルなどの格安SIMでもiPhone8は格安で発売される可能性はありますが、現在はドコモ、au、ソフトバンクの3社となっています。

なかなかキャリア契約で一括購入する人は稀なので、サポート割引付で見てみると、意外とキャリアによって価格差が生まれています。分割払いになるので、1か月の支払い額だとそこまで大差が出ませんが、トータルの実質負担金は違うものなのです。

このように一覧で見ると、ソフトバンクがお得のように見えますが、契約(いわゆる縛り)が48か月(4年間)あり、2年後に機種変更すると、他のキャリアとほぼ同額かやや割高になるなど、やはりと言いたくなってしまいますが、裏があります。

最近は、多くの批判もあり、どこのキャリアも長期契約者への特典を厚くしていく方針を取っているので、個人的意見としては、今使っているキャリアを使うか、頭金は高額でも後々月々の支払いで元を取れる格安SIMを契約するため、ApplestoreでのSIMフリーモデルがおすすめです。

カラーバリエーション

スペースグレイ・ゴールド・シルバー

現行はこの3色となります。過去に合ったいわゆるピンク(ローズゴールド)や赤(Product (RED))のような際立ったカラーバリエーションの増加はなく、既見感があるカラーだけなのも話題性に乏しい理由かもしれません。

ただ、iPhone7のProduct (RED)も発売1年後に記念モデルとして登場しましたし、ある程度iPhone Xの生産も落ち着いたころに新色の登場の可能性は否定できません。

まぁ、特に日本人の場合は、大抵iPhoneにカバーを付けますので、そこまでカラーは重要視していない人が多いのかもしれません。

iPhone8進化ポイント

ワイヤレス充電に対応

iPhone8の最大とも言える進化ポイントが、とうとうワイヤレス充電に対応となったことでしょう。今まですぐに断線すると評判が悪かったライトニングケーブルを接続しなくとも、対応機器に置くだけで充電ができ、更にApple WatchやAir PodsのようなApple純正の周辺機器も同時充電できるすぐれものです。

ただ別売りのBelkin Boost Up Wireless Charging Pad(税込7538円)が必要となります。

防水・防塵対応

iPhone7から搭載された防水・防塵対応はiPhone8でも大きな進化ポイントです。今までは日本のガラパゴス機能の一つとされていただけに、Android機がガラケーで防水機能は当たり前で、お風呂やキッチンなどでも使っていた人にとってはありがたい機能ではないでしょうか?

光学式手ブレ補正

スポーツシーンの撮影など、動いているものの撮影には特に威力を発揮する光学式手ブレ補正機能がiPhone8から付いています。手ブレ機能まで付いてしまったら、もう今持っているデジカメより高性能なんて人も少なくないのではないでしょうか?

また動画の撮影に関しても、4Kサイズで60fpsまでの撮影(iPhone7では30fps)とより鮮明な撮影が可能となっています。

iPhone8のデメリット

iPhone7とあまりスペックが変わらない

サイズや重量に関しても、前モデルのiPhone7とそこまで大差なく、若干大きく、かつ重くなっており、iPhone Xに比べると軽量でコンパクトですが、前モデルと比較してしまうとそこまでのメリットは感じられません。

また、前述どおり動画撮影の解像度が上がるなど、性能は確実にアップしていますが、広角だけでなく望遠カメラもiPhone Xには搭載しているなどiPhone Xほど劇的にアップしているわけではなく、一般使いすると、前モデルからの進化ポイントが分かりづらいのもデメリットと言えるでしょう。

カバーなどのバリエーションも乏しくなる恐れ

冒頭でも述べたようにいまだかつてないほど「売れていない」iPhone8。それだけにiPhone8のシェア率は、各メーカーが濫立しているAndroid機に毛が生えた程度になる可能性が高く、iPhoneの優位性の一つでもあるカバーケースやスピーカーデッキなどのiPhone8対応モデルのバリエーションが少なくなる可能性が高いです。

ケースなどはいわゆるサードパーティーと呼ばれるApple社以外のメーカーが作成してる場合が多いので、シェア率が低い(要はなかなか売れない)ものは、やはり作りませんからね。

バッテリー容量が1821mAhしかない!

iPhone8のバッテリー容量は1821mAh。最近では3000,4000mAhと言った高容量のバッテリーを誇るスマホも珍しくないので、基本1日はもつものの、数日使い続けるのは厳しいと言えます。

ヘビーユーザーなどは、常にモバイルバッテリーを持ち歩くか、確実に毎日充電を忘れないようにしないといけないかもしれません。

iPhone8はこんな人に向いている

・小さな画面スマホが欲しい人

iPhone Xの画面サイズは5.8インチ。iPhone史上最大サイズで、他のメーカーのサイズと比べても最大級です。一方、iPhone8の画面はサイズは4.7インチ。一回りどころか二回りほど小さいモデルとなります。大画面モデルは、動画やゲームが見やすいメリットがある反面、持ちづらくなるデメリットがあります。

特に手の小さな女性や、寝ながら片手でスマホをいじるようなタイプの人だと、5.8インチのiPhone Xより、4.7インチのiPhone8のほうが使い勝手が良いのではないでしょうか?ほかにも、例えば寝ながら片手でiPhoneを操作するような人でも画面が大きすぎるとなかなか指が届かずやりづらいと言うのもあります。

徐々にスマホの画面サイズは大きくなっていき、iPhone Xの登場により、この5.8インチがスタンダードになるのかもしれませんが、その昔、ガラケー時代ではよりコンパクトを目指していたのを考えると時代の流れは分からないものですね。

・ホームボタンに慣れている人

iPhone Xの特徴の一つに、ホームボタンが廃止されていることがあります。iPhoneユーザーだったら、アプリの移行などで当たり前のように使っていたホームボタンが、iPhone Xでなくなることで、使い勝手が悪くなるのではと言う不安があります。また、ホームボタンが無いことでAndroid機みたいだと言う酷評も出ています。その点、iPhone8は従来どおりのホームボタンが付いているので、今までと同じ操作感でiPhoneをいじくれます。

特にずっとiPhoneユーザーと言う人だと、無意識に近い形でアプリを移動する際などにホームボタンを押していませんか?今までもiPhoneから(ホームボタンがない)Android機に機種変更した人だと、操作性で始めのうちは違和感を覚える人も少なくなかったのですが、同じ現象がiPhone Xだと起こる危険性はあります。

・Touch ID(指紋認証)に慣れている人

iPhone起動時をはじめ、本人確認などで使っているTouch ID(指紋認証)。iPhone8では、従来通りTouch IDが付いていますが、iPhone Xでは、Touch IDが廃止され、Face IDに。Face ID、つまり顔認証システムですね。写真などでは反応しないなど、かなりの高性能らしいですが、例えば、満員電車内でスマホを顔の前に持ってこれないような場合や、直射日光が厳しい場所でもFace IDが反応できるのか不安視もあります。

そもそもiPhone Xは革新的モデルなため、始めのうちは不具合なども心配されています。その点、iPhone8はiPhone7の進化形なので不具合などは少ないでしょう。

・価格も出来る限り抑えたい人

現行の最高機種となっているiPhone Xは価格も最高。メモリ数の低い64GBでもApplestoreでのSIMフリーモデルは121,824円と、パソコン並み、いやそれ以上の高価なものとなっています。ドコモなどの大手キャリアでサポートを受けても他のスマホと比べるとやはりのプライス。

一方、iPhone8は、話題のワイヤレス充電対応など最新技術も多く詰め込んである機種にもかかわらず、価格は抑えめになっているのです。SIMフリーモデル、64GBで85000円と、iPhone Xに比べると、35000円も安いのです。5年、10年と使うような家電だったらともかく、毎年のように新しいモデルが登場し、平均すると2年で機種変更しているスマホだったら、より価格を抑えると言うのも賢い選択だと思います。

・より早く手に入れたい人

11月3日の発売日にはもはや恒例となっている銀座などのApple直売店では長い行列になったほどのiPhone X。予想通り深刻なほど品薄状態となっており、早くもネットオークションなどでは倍近くの価格で取引されるほどプレミア化しています。今から予約をしても、通常価格で手に入れるのは2017年中は厳しいのでは?と言うのがもっぱらの噂。

ただでさえ高価なのに、そのうえでプレミア化したものだと買えないし、でも待つのもちょっととiPhone Xは現在ジレンマに陥ってしまっています。iPhone8の場合、冒頭でも述べたようにやや話題性には欠けているのもあり、間違いなく今から予約してもそう遠くない日に手元に届くことでしょう。

iPhone Xについて

さて、iPhone Xのほうのスペックなどはどうなっているのでしょうか?発売前から、今までのモデルを刷新したiPhoneなどと言われていて注目度は過去最大と言うほど大きいですが、本当に画期的なモデルと言えるのでしょうか?見ていきましょう。

iPhone X基本スペック・価格・カラーバリエーションなど

【サイズ】画面5.8インチ、高さ143.6mm・幅70.9mm・厚さ7.7mm・重量174g

【ディスプレイ】Super Retina HDディスプレイ、2436×1125

【メモリ】64もしくは256GB

【カメラ】メインカメラ1200万画素、インカメラ700万画素、広角・望遠カメラ搭載、4K撮影

【重量】174g

価格

SIMフリーモデル  64GB 112800円  256GB 129800円

ドコモ 一括(64GB) 125064円、一括(256GB) 143856円  サポート付(64GB) 68472円、サポート付(256GB) 86832円

au 一括(64GB) 128610円、一括(256GB) 146400円  サポート付(64GB) 73440円、サポート付(256GB) 82560円

ソフトバンク(機種変更時) 131040円、一括(256GB) 149280円  サポート付(64GB) 63600円、サポート付(256GB) 81840円

iPhone8同様、こちらも次の機種変更時期が1年後(12か月後)、2年後(24カ月後)などによって金額が変わったり、他にもサポートキャンペーンなどもあり、価格の変動が激しく、それを全て記載してしまうと、逆に分かりづらくなってしまうような状態です。

大手キャリアは、散々総務省から分かりづらい料金プランをなんとかするよう言われているはずなのですが、相変わらずの分かりづらさでうんざりしてしまいます。特にスマホ初心者の方は、キャリアショップで相手の口車に乗られないように注意しましょう。

ざっくり言ってしまうと、iPhone8に比べるとSIMフリーモデルであっても、キャリアのサポート付であっても、だいたいiPhone Xのほうが3~4万円高いくらいです。

一括払い(SIMフリー含む)でだいたい12万円(64GB)、14万円(256GB)くらい、契約縛りのあるサポート付で7万円(64GB)、8万円強(256GB)と言った感じでしょうか?

正直、ここまで大きな金額になってしまうと、(本当は相当痛手なのですが)、数千円の違いは大したことなく感じてしまいます。キャリアのサポート付ならば分割払いなので尚更そう感じますよね。

iPhone X進化ポイント

ほぼiPhone8での進化ポイントは、iPhone Xでも搭載しており、ここでは更にプラスとなっている進化ポイントを中心にまとめていこうと思います。

フレームがアルミ製からステンレススチール製に、画面はガラス製に

やはりiPhone8からiPhone Xへの最大の変化と言えば「見た目」でしょう。今まではiPhone機の象徴のようなホームボタンが廃止となったことで、Android機との違いがはっきりはしなくなりました。

しかし、ただホームボタンが無くなったわけではないのです。ホームボタンが無くなったことで、上面全体が画面になり、サイズ感以上に大きな画面となりました。

また、その画面のガラス製の有機EL高画質パネルに。それによって、高級感のあるフレームレススマホとなり、より未来を感じられるようなモデルになった印象です。

フレームに関しても、従来のアルミ製からステンレススチール製にチェンジ。フレーム部分が少ない(ほとんどない)のもあり、ステンレススチールになったことで強度が増したと思われます。

ホームボタンの廃止

上記でも述べたようにiPhone Xからホームボタンが廃止となりました。後述するように、今までの最大と言ってよいホームボタンの利用法だったTouch ID(指紋認証)はなくなったものの、これまで無意識のうちに使用していたはずのアプリの移動などでホームボタンが使えないのは、ずっとiPhoneユーザーの人にとっては違和感が出るポイントでしょう。

また、フリーズしてしまったときなどに今まで使っていた、ホームボタン長押しができなくなるのも不安要素ですね。

Touch IDからFace IDに

これも大きな変化であるTouch ID(指紋認証)からFace ID(顔認証)に起動時や本人確認が変更になった点です。最近は、空港の入国チェックでも使われ始めた顔認証、まさに最新スマホならではの新機能で、未来感を感じるには最高の機能と言えます。

ただ、Googleなど他社を含めて、スマホで(と言いますがパソコンなどを含めた個人ガシェット類)で顔認証システムを採用したのが、このiPhone Xが初であり、まだまだ完璧なセキュリティとは言えない怖さもあります。

実際、早くも双子の顔だとそのまま認証されたとか、太陽光で顔が見えづらいと反応しないなど問題点も出てきているようで、まだまだ完璧なセキュリティシステムとは言い難い現状です。(もちろん指紋認証も問題は多いので難しいところですが)

広角と望遠の2カメラを搭載

少し前から「もはやデジカメが要らないほど」とまで進化が進んでいるスマホのカメラ。最近のインスタグラムなどのSNS全盛もあり、ますますスマホにおけるスマホの重要性は増すばかりですよね。

iPhone Xになり、これまでのズーム機能もより進化。言ってしまえば一眼レフカメラのような広角レンズ及び望遠レンズが搭載となり、より鮮明で美しい写真撮影が可能に。更に、動画撮影も、iPhone8にも搭載された4K撮影が可能で、「デジカメならぬ一眼レフさえ要らない」と言っても過言ではなくなってきています。

iPhone Xのデメリット

故障時の修理代が高額

ここまで何度となく説明している通り、かつてないほど高価なスマホとなったiPhone X。それだけにいままで以上に大事に扱いたいところですが、毎日持ち歩くスマホなだけに、万一の故障や破損はどうしても無いとは言えないものです。

そんなときの修理代ですが、これも本体価格同様、かなり高いものになっています。例えば一番破損する確率の高い画面ですが、有機ELパネルを搭載しているため、30000円以上もするとされており、ちょっとした格安スマホだったら、そこそこ良いモデルを買えるくらいの価格なのです。

それならば2回まで画面破損も保証してくれるAppleの保証サービス「AppleCare」に入ることをおすすめしますが、これも2年間で22800円と、iPhone8での14800円と比較すると、かなり価格高騰しており、即決できる金額ではなくなってしまっています。

例えば、高級外車などランクの高い車を所持すると、本体代が高いだけでなく、税金やタイヤ代などあらゆるものが高くなりますが、スマホ(iPhone)の世界でも同様で、確かにiPhone Xは現状の最高級モデルであることには異論がありませんが、なにかとお金がかかってしまうのは事実のようです。

フラッグシップだけに初期不良の不安

まだ正式にAppleに発表はしていないものの、早くも「旧iPhoneからアプリが移行できない」「Face IDがなかなか認証しない」などの不具合が報告されています。

これは、iPhoneに限ったことではありませんが、どうしても刷新したモデルを発表すると、初めのうちは不安定で不具合が出てしまうものです。それをアップデートだったり、次期モデルで解消していき、よりperfectに近いモデルとなっていくわけですが、まだまだiPhone Xは初期も初期なので多少の我慢は必要かもしれません。

Face IDがどこまで使えるか未知数

当初から不安視されているところですが、やはり指一本で1秒もなく認証が可能だったTouch ID(指紋認証)に比べて、「すんなりとロック解除できない」と違和感が出てしまっています。

指紋認証だって使い始めた当初は違和感ありでしたので、これに関しては慣れていくものでしょうけど、初めはイライラしちゃうかもしれません。

とにかく本体代が超高額

上記で細かく説明していますので、詳細な金額などはここでは省きますが、とうとうノートPCより高価と言っても過言ではないiPhone X。

パソコンの寿命が5~6年なんて言われていますが、技術革新が激しいスマホ、基本は2年ターンと言われており、2年後には新しいスマホ(iPhone)が欲しくなっている自分がいませんか?

仮に2年使用するとして、2年でこの金額を高いと取るか、毎日使うからそこまで高くないと取るかは自分の価値観の違いなので何とも言えないところですが、超高額になった事実だけは言えますよね。

5.8インチの大画面

iPhone Xから画面サイズが5.8インチと、これまでiPhone6などの基本サイズだった4.7インチモデルを使っていた人にとっては、一回りどころか二回り、三回りくらい大きくなった印象です。

これからのスマホはiPhone X発売を機に、この5.8インチサイズが主流になっていくのかもしれませんが、女性のようなあまり手の大きくない方や、手ながら片手で操作している方などにとっては、指が画面いっぱいまで届かず「使いづらい」と感じる可能性は高いです。

iPhone Xはこんな人に向いている

とにかく最新機種、最新技術を体感したい

ここまで説明してきて、もうお分かりかと思いますが、iPhone Xは、これまでのAppleの技術を凝縮したような最新機種であることは言うまでもありません。スマホ初の顔認証システム(Face ID)を始め、高画質な有機ELパネル、望遠レンズ搭載のカメラなどあらゆる「新」が詰まっています。

やはりどうで持つなら、より新しいもの、より「未来」を感じるものを手に入れたい人にはiPhone Xはもってこいです。

人に自慢できるスマホを持ちたい

今も品薄が続くiPhone X。なんでもメルカリやヤフオクでは倍以上の価格となっており、プレミア化しています。それだけにiPhone Xを手に入れて、インスタグラムやFacebook、Twitterなどでさりげなく自慢できる機種であることは間違いありません。

カメラが趣味と言うほどよく撮影する

iPhone8とiPhone Xの違いと言えば、有名なのは認証システム(指紋から顔認証へ)ですが、カメラ機能の向上も大きなポイントなのです。

特に注目したいのが望遠レンズが搭載されたこと。例えば、運動会で子供の雄姿を撮影するなど距離のある被写体を撮影する際などにはiPhone Xは威力を発揮します。今まで一眼レフを持ち歩いていたのがiPhone X1台になると考えると、多少スマホサイズが大きくなってもかなりコンパクトになりますね。

画面でゲームや動画閲覧を楽しみたい

なんと言ってもiPhone史上最大の5.8インチ画面に加えて、フレームレスで視覚的にも大きく見えるiPhone X。しかも高画質の有機ELパネルですから、より鮮明にゲームやYouTubeなどの動画閲覧が楽しめます。

テレビ変わりにスマホを多用しているような人だったらより大きな画面で楽しみたいですからね。

ケースなどバリエーションが欲しい

前述したように現在品薄状態が続いているiPhone X。この勢いは年始くらいまでは続くのではと言われており、かなりの数売れると予想されています。

それだけにスマホケースなど既に多くのメーカーが発売を開始しており、今後もPhoneⅩ対応モデルは多数発売されると思われます。そのため、より多くのモデルから選びたい人にはシェア率を考えると良いのではないでしょうか?

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?現在、凄い勢いで売れているiPhone X。ただ専門家の中では現行モデルの完成形であるiPhone8のほうを勧めている人もおり、一概にどちらがベストとは言えないのは事実です。是非とも読んで頂いて、それぞれの特徴を把握して、自分に合った1台を選びたいですね。楽しくて賢いスマホライフを送りましょう。

Pocket