※この記事は編集中です。

待ちに待ったiPhone7sが発表され、予約解禁となります。

人気のあったiPhone6sのサイズでありながら、CPUのパフォーマンスは2倍、GPUは3倍です。

1200万画素のメインカメラにTouch IDなど、スペックはiPhone 6sを大幅に上回ります。iPhone7sが記録的なヒットになることは間違いないでしょう。

 

新作のiPhone7sを予約するなら、できるだけ早く入手したいですよね。

携帯に詳しい人でもなかなか知らないのですが、iPhone7sは予約する方法によって「入荷までの時間」「手続きの時間」「値段」が大きく変わります。

実際に前作のiPhone6sの予約開始時は、方法によって以下のようなことが起こりました。

  • 入手までは時間がかかったけど、3万円も安くなった
  • 友人よりも1ヶ月も早く手に入った

このページでは、iPhone7sを予約方法をご紹介します。正しく理解することで、自分のニーズに合った予約方法で新しいiPhoneライフを送ることができますよ。

注:
予約するか検討中で、iPhone7sの特徴を知りたい方は「iPhone7sのスペックまとめ|3分で分かるiPhone7sのすべて」を先にご覧ください。

目次

1. iPhone7sを予約する5つの方法
2. オンラインショップでの予約|手軽に早く手に入れる
3. Apple Online Storeでの予約|SIMフリー版の購入なら
4. Web販売店での予約|MNPで最もお得に手に入れる
5. 店頭での予約をおすすめしない3つの理由
6. 予約を成功させる4つのコツ
7 .予約に関する3つの注意点
8. どうしても発売日当日に欲しい場合

1. iPhone7sを予約する5つの方法

iPhone7sを予約する方法は大きく5種類あり、どの予約方法をとるかによって、入荷までの早さだけでなく、手続きの時間キャッシュバックが変わります。

対象 入荷 郵送 特徴
公式オンラインショップ 機種変更
MNP
・入荷まで安定して早い
家電量販店のオンライン予約 機種変更
MNP
・入荷までは早め
・在庫状況を確認可能
Apple Store Online 機種変更
MNP
SIMフリー
・SIMフリー端末を唯一購入可能
Web販売店 MNP ・キャッシュバック有(1〜3万円)
店頭予約
(公式ショップ、ヨドバシカメラ)
機種変更
MNP
・発売日当日にもらいたい人はおすすめ
・大型の公式ショップ、家電量販店は入荷は早め

結論として、目的によって下記の3通りの方法がおすすめです。

 

2章以降で、オンラインショップApple Store OnlineWEB販売店店頭予約のそれぞれの詳細を、私自身が「iPhone6」と「iPhone6s」の発売時に調査した経験をベースにご紹介します。

 

2. オンラインショップでの予約|手軽に早く手に入れる

例年、iPhone7sは店頭で予約するのにも待ち時間が長いです。

そのため、iPhone7sの予約は基本的にはオンラインが最もおすすめです。

オンライン予約には、携帯キャリア公式オンラインショップ予約(SoftBank online Shopなど)と家電量販店のオンライン予約の2種類があります。

結論から言うと、受け取り時間がないという点で携帯携帯キャリア公式オンラインショップ予約の方がおすすめです。

携帯キャリア公式オンラインショップで予約

携帯キャリア各社には、それぞれオンラインショップがあり、そこからiPhone7sを予約することができます。

以上の公式オンラインショップは、下記の3つの理由から、基本的には迷っている方には一番おすすめできます。

(1)携帯を取りに行く必要がなく、発送されるため楽

この受け取りの必要がないというメリットがとても大きいです。

なぜなら、例年iPhoneが入荷して店頭に取りに行くという場合、その受け取りにかかる時間も1〜2時間ほどかかってしまうからです。さらに、店舗に行くまでの時間も考えるとかなり無駄だと思います。

オンラインショップでiPhone7sを予約すれば、全国送料無料で郵送してくれるので、ストレスなく受取ることができます。

(2)入荷までが早い

オンライン予約の場合は、店舗での予約とは予約の開始時間が異なるため、予約開始日付近に申し込んだ人は受け取りまで最速になる可能性が高いです。

どういうことかというと、予約開始時間は9月12日(土)16時ですが、店頭予約の場合は順番待ちがあるので16時から自分の順番がきた瞬間に予約完了ということになります。

しかし、オンライン予約の場合、順番待ちをする必要がないので、16時から数分で予約完了することができます。

予約順に端末を割り当てるという原則があるため、実際はオンライン予約有利ということが言えます。

(3)予約手続きも簡単

予約手続自体は1分ほどで完了します。手続きをさらに効率的に行うためのコツは「6. 予約を成功させる4つのコツ」で説明しているのでご参考ください。

家電量販店のオンラインショップで予約

こちらもオンラインショップと同様に、入荷までの早さ予約手続きの簡単さにおいてとても優れています。

SoftBank Online Shop au Online Shop docomo Online Shop
家電量販店 家電量販店 家電量販店
ソフトバンク
直営店
au直営店 ドコモショップ
代理店
アップルストア アップルストア アップルストア
ソフトバンク
代理店
au代理店

情報ソースの信頼性という点では怪しいですが、上記のようなデータもあり公式オンラインショップがおすすめです。

メリットとしては、自宅へ郵送してくれる点です。

 

3. Apple Online Storeでの予約|SIMフリー版の購入なら

Apple Online Storeは、入荷こそ他の予約方法と比較して遅いですが、SIMフリー端末を購入できる唯一の予約方法です。

SIMフリー端末というのは、特定のドコモ・ソフトバンク・auなどの携帯キャリアとは契約せずに、格安SIMなどでお得に運用する方向けのiPhone7s端末です。

そのSIMフリー端末を購入したい場合は、Apple Online Storeから予約しましょう。

 

4. Web販売店での予約|MNPで最もお得に手に入れる

auやドコモをお使いの方で、ソフトバンクに乗り換えを考えている人に、一番お得な方法がWeb販売店での予約です。

Web販売店の特徴

Web販売店の特徴1. キャッシュバック金額が最も多い

実際、昨年のiPhone6発売時に、Web販売店の最大手おとくケータイにお問い合わせを行ったところ、iPhone6sへのMNPでも2万円を最初から提示してくれました。

今回のiPhone7sでも交渉次第で同様の金額を提示してくれるはずです。

Web販売店の特徴2. ソフトバンク携帯のみしか取り扱いはない

重要なのは、ソフトバンク携帯への乗り換え限定ということです。下記の場合は適用されません。

  • いまソフトバンクをご利用中で、機種変更しようという場合
  • au、ドコモへの乗り換えの場合

なので、お得なWeb販売店を利用できるのは、いまau・ドコモをご利用の方のみになります。

Web販売店の特徴3. 対面契約なので安心

ネット通販のように、Web上で購入手続きが行われるわけではなく、電話予約の上で、各社の運営事務所に取りに行くスタイルになります。

その場で実物を見て、気に入らなければ契約しないということもできるので、安心です。

おすすめのWeb販売店とは

おとくケータイ

全国に店舗があり、Web販売店の中でも最大手で一番おすすめです。

具体的なキャッシュバック金額や口コミ、注意点など、詳しくおとくケータイについて知りたい方は「おとくケータイ.netで契約する前に知っておくべき全知識」をご覧ください。

注:
上記以外にもWeb販売店はありますが、実際にキャッシュバックが支払われないケースなども多く聞きます。なので、万が一、上記以外の店で契約する場合も、価格.comYahoo知恵袋の口コミをWebでチェックしておくといいでしょう。

5. 店頭での予約をおすすめしない3つの理由

al005_konnnahazujyanakatta20140830_tp_v

結論から言うと、ソフトバンクショップなどの公式ショップやヨドバシカメラなどの家電量販店の店頭での予約は基本的におすすめできません。

理由1. 入荷の多い直営店・家電量販店は行列ができるため

ソフトバンクショップなど携帯各社の公式ショップや「ヨドバシカメラ」などでの予約は、iPhone7sの予約開始日にはおそろしい行列ができます。

どれくらいの行列なのかというイメージに関しては、下記の通りです。

iPhone 5sでは大手3社の旗艦店で発売開始直前で、ドコモ丸の内約300人、auデザイニングスタジオで約160人、ソフトバンク銀座も160人ほどの行列ができたそうです。

参考:http://tyotiku.fc2web.com/

並ばず手軽にできてしまうオンライン予約と比較してしまうと、行列に並ぶ意味はないですよね。

理由2. 直営店以外は入荷が少ない

直営店以外の携帯ショップ(「テルル」や「カメラのキタムラ」など)は、直営店と比較すると入荷数が少ない傾向にあります。

特に、店舗による格差が大きく、地方では初回入荷数がゼロということもありました。

理由3. 受け取りに時間がかかる

店頭での予約の場合、受け取り時にもまた1時間〜2時間の長い待ち時間がかかることが多いです。

なので、こちらに関してもどうしても発売当日に手に入れたいという場合を除き、オンラインショップでの予約か、キャッシュバックがもらえるWeb販売店を選ぶのが正解でしょう。

6. 予約を成功させる5つのコツ

iphone7hello_tp_v-1

予約で発売開始日付近で手に入れるためには、下記の4つはやっておくといいでしょう。

カラー・容量は妥協することも覚悟する

人気のあるカラー・容量を選ぶと、それだけ入荷が遅れる可能性が高いです。なので、事前に妥協できるラインを決めて予約をするといいでしょう。

カラー・容量で人気が出る傾向は以下の通りです。

具体的には『iPhone 7 128GBジェットブラック』が最も人気になると予想できます。

  • 新色が発表されると人気が集中する(今回はブラックとジェットブラックに集中する可能性あり)
  • ジェットブラックには34Gがないことに注意
  • iPhone7sの容量で人気順:128GB>その他

極力人気のあるパターンは避けると早く手に入ります。また、どうしても人気の集中するパターンが欲しいという場合はとにかく早くiPhone7sを予約して、こまめな店舗チェックもかかさずやることが大事です。

予約開始直後に申し込む

基本的に、予約した順に端末が割り当てられます。そのため、下記の予約開始時間に予約をするのがベストです。

予約開始日・時間
9月9日(木)16:01から

オンライン予約の場合は、店頭での予約とは異なり、予約開始時間に即予約できるのでより早く手に入る可能性が高いということです。

6-3. オンライン予約では、4つのテクニックを駆使する

オンライン予約のデメリットは、予約開始直後はつながりにくいという点です。それを回避するための具体的な4つのテクニックがあるのでご紹介します。

(1)徹底的な事前準備

オンライン予約時に必要になるのは、以下の情報です。

  • iPhoneの機種・容量・カラー
  • 契約している電話番号
  • 受け取り方法(自宅or店舗)

新規・MNPの場合は他にも、「氏名」「メールアドレス」が必要になります。

コツとしては、これらの情報を辞書登録しておくことです。そうすると入力までの時間が短縮できるため、早く予約できてその分入荷までの時間も短くできます。

(2)キャッシュを消してリロード(F5)する

予約開始時にはつながりにくい場合が多いので、そういった場合は一度キャッシュを消してからリロードするとよいでしょう。

(3)PCの場合は複数のタブを開く

同様に予約開始時につながりにくいとう問題を解決するために、PCの場合は複数のタブを一気に開くといいでしょう。

スクリーンショット 2015-09-09 23.28.34

(4)Apple Store Onlineの場合は、ログインしておく

Apple Store Onlineで予約する場合のコツとしては、予約開始前にログインだけはしておくことです。

これをおこたるといざ予約しようとした段階で、ログインを請求されてその分だけ時間をロスしてしまいます。

オンラインショップで予約し、こまめに店舗を回る

万全を期して、オンラインショップ予約するだけでなく、発売開始後にもこまめに入荷情報をなどを確認するのがいいでしょう。

近くの携帯ショップの他にも、ヨドバシカメラなどは在庫情報を確認できるサービスを行っているのでチェックしてみるのが大切です。

6-5. 機種変更の方は「MNP引き止めポイント」を交渉する

携帯ショップでは絶対に教えてくれませんが、「MNP引き止めポイント」とよばれるものを手に入れれば、最大3万円お得に機種変更することができます。

「MNP引き止めポイント」とは、簡単にいうと以下の通りです。

他社にMNP(乗り換えること)するとドコモのオペレーターに伝えることで、ドコモ以外への乗り換えを思いとどまってもらうために発行してくれる「機種変更に使える割引ポイント」のこと

もちろん、全ての場合で「MNP引き止めポイント」がもらえるわけではありませんが、以下の方法であれば高確率でもらえる可能性があるので、ぜひ実践してみてください。

ステップ1. ドコモに電話をかける

「MNP予約番号」を取得するという体裁でドコモに電話をします。

  • 携帯からの場合:151へ電話
  • 一般電話からの場合:0120-800-000へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

ステップ2. 「MNP予約番号」を取得したいという旨を伝える

あくまでも体裁は「MNP(=他社に乗り換えること)したい」です。そのために、「MNP予約番号を取得したい」とだけしっかり伝えましょう。(MNP予約番号は、乗り換えに必要なIDのことです)

その際、大切なのはあくまでも「MNP引き止めポイント」をもらうために電話をしている感を出さないことです。

提示された金額をさらに上げようと交渉しないようにしましょう。

注:ここでもし「MNP引き止めポイント」がもらえず、「MNP予約番号」を発行される流れになっても、特に費用がかかるわけではないのでご安心下さい。

iPhone7sの予約なら、

予約に関する3つの注意点

150912025921_tp_v

複数方法での予約はできない

一度予約したら他で予約し直さないようにしましょう。

理由として具体例をあげると、最初に公式オンラインショップでiPhoneを予約したとします。その後に、店舗で新たに予約を入れ直すと、せっかくの公式オンラインショップでの予約はキャンセル扱いとなって、新しく違う順番待ちをするということになります。

複数の方法で天秤にかけて最速で手に入れたいと思うと、ハマってしまう落とし穴ですのでご注意ください。

機種・カラー・容量で入荷時期が変わる

「6. 予約を成功させる4つのコツ」でもご紹介しましたが、人気のあるカラー・容量を選ぶと、それだけ入荷が遅れる可能性が高いです。

なので、事前に妥協できるラインを決めて予約をするといいでしょう。

iPhone7sの予約なら、

8. どうしても発売日当日に欲しい場合

9v9a1649_tp_v

オンライン予約のデメリットは、発送の作業があるので、最短でも発売日翌日になってしまうということです。

ここでは、発売日当日に一刻も早く手に入れたいという方のための方法をご紹介します。

前日からApple Storeに並ぶ

多くの人が思いつくメジャーな方法ですが、前日の夜からアップルストアに並ぶという方法があります。

ポイントとしては、前日の夜から並ぶことです。当日の朝にさぁ並ぶぞでは、当日分は売り切れてしまう可能性が高いです。

ただし、この場合も事前にオンライン予約など別の方法でも予約しておくのがベストです。でないと当日手に入らなかった場合は、その瞬間から予約することになるので、事前予約組よりもずっと遅れての入荷になります。

また、必ず注意点としてほしいこととしては、その場ではキャリアが展開する独自のキャンペーン割引を受けられないというケースがあるので料金発表後にチェックが必要です。

前日から家電量販店に並ぶ

ヨドバシカメラやビックカメラなどの大型家電量販店に並ぶというのも当日入手のための選択肢としてはありです。

予約していなくても、発売日当日にフリー在庫が量販だと入る場合もあるので、それ狙うことができます。

通常早い者勝ちで予約券が配布されるので、当日手に入る可能性もありますが、まずは予約をしに行かないといけないという面倒もあります。

ポイント1:郊外の家電量販店に並ぶのも1つの手
入荷の多そうなイメージのある大型家電量販店に並ぶのがベストだという認識があるためなのか、郊外の家電量販店が穴場と言われています。
ポイント2:必要な持ち物を忘れないこと!
当日に入れたい場合は、下記の2点(MNPの場合は3点)を当日忘れないようにしましょう。
  • 本人確認書類
  • クレジットカード情報
  • (MNP乗り換えの場合)MNP予約番号

まとめ

9v9a1644_tp_v

iPhone7sの予約に関してはシンプルです。

あとはご紹介した予約のテクニックなどを駆使していただければ、きっと発売日近くに新作のiPhone7sを手に入れることができるはずです。

Pocket