iPhone7の料金・スペック|3分で分かる全情報まとめ

最新 iPhone X・iPhone8のスペック比較についてはこちらをお読み下さい。

新しい2色のカラー(ブラック/ジェットブラック)やイヤホンジャックの廃止、防水機能、そして待望のFeliCa利用も可能になり、大きな話題となっているiPhone7。
iPhone7が発表となり、乗り換えを検討している方も多いのではないでしょうか。
iPhone6sシリーズからどのような進化を遂げたのかは気になる部分です。
外見の変化は一見するとiPhone6sからほぼ変化がないため(実は結構変わっています)、どこらへんが進化したのか分かりづらい部分があります。
今回の記事では「iPhone7のスペックまとめ|3分で分かるiPhone7のすべて」と題して、
基本的なスペックのまとめと比較、iPhone7の特徴や進化したポイントを分かり易くご紹介します。
iPhone7への乗り換えを考えている方は必見です。

1 まずはiPhone7のスペックを比較してみました

iphone7black1211

iPhone7は実際にどのような進化を遂げたのか。
スペック的な進化はもちろんですが、旧機種との比較は以下のようになります。

1-1 スペック比較

iPhone7、iPhone7 Plusを、前作のiPhone6sと比較しました。
注目するべき点は太字にしています。

iPhone7 iPhone7 Puls iPhone6s
機種画像 jpgfddr jpgfddr-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc iPhone6plus
カラー シルバー
ゴールド
ブラック/ジェットブラック
ローズゴールド
 シルバー
ゴールド
ブラック/ジェットブラック
ローズゴールド
 シルバー
ゴールド
スペースグレイ
ローズゴールド
液晶画面
解像度
3D Touch
4.7インチ
3D Touch
5.5インチ
3D Touch
4.7インチ
大きさ
(幅×高さ×厚み)
138.3 x 67.1 x 7.1mm 158.2x 77.9 x 7.3mm 138.3 x 67.1 x 7.1mm
重さ  138g 188g 143g
プロセッサ  Apple A10  Apple A10  Apple A9
容量 32GB/128GB/256GB 32GB/128GB/256GB  32GB//128GB
メインカメラ/インカメラ
画素数
1200万画素/7メガピクセル 1200万画素7メガピクセル 1200万画素5メガピクセル
防水/Apple Pay

・A10チップ

160907_iphone7all10

iPhone7は見た目とは裏腹に大きな進化を遂げていることが分かります。
特筆するべき点は、CPUに初搭載となる高性能プロセッサー「Apple A10」を搭載していることです。
同様のサイズ端末であるiPhone6と比べ、iPhone 6の2倍のスピード作業しバッテリーの駆動時間もiPhone史上最も長くなりました。A10 Fusionチップのアーキテクチャが必要な時に一段と速い処理能力を発揮し、それ以外の時には電力をセーブできるようにするようです。一世代前のモデルと比べた場合、その余裕はiPhone 7で最長2時間、iPhone 7 Plusで最長1時間です。4.7インチという小型端末最強の性能となっています。cpu

・カラーバリエーション

iphone7black1211

iPhone7のカラーはiPhone6sから増えて5色展開になります。

シルバー
ゴールド
ブラック/ジェットブラック
ローズゴールド

ブラックとジェットブラックはiPhone7から登場した新色となります。
マットな質感のブラックと、光沢のあるジェットブラック。どちらも他の機種の黒とは違う高級感とこだわりが伺えます。

 

20160908njet1

ジェットブラックのiPhone 7の高光沢仕上げは、精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工によるものです。表面は酸化皮膜処理された他のApple製品と同等の硬度がありますが、使用とともに光沢に微細な摩耗が生じる場合があります。磨耗が気になる方は、iPhone用のケースを使って表面を保護することをおすすめします。とアップルの公式にあるようにケースは必須かもしれません。少し残念ですが劣化を恐れずジェットブラックを裸で使うのも良いかもしれません。

・大きさ

gatag-00013244
iPhone6sが138.3 x 67.1 x 7.1mmの4.7インチですから、サイズは全く変化ながないです。片手で操作のしやすいコンパクトなスマホといえます。
さらに薄さ7.1mmはライバルの位置づけである、Xperia X Performance の8.6mmと比べても驚異的な薄さであることが分かります。

・重さ

kaden_taijukei

iPhone7の重さは138g
iPhone6sが143gですので、iPhone7のほうが5g軽いことになります。
同サイズでありながら、この軽量化は隠れた利点です。

・容量

iPhone7では16Gと64Gが廃止されました。
32GB/128GB/256GBの三種類から選べます。
クラウド重視のライトユーザーは32G、通常は128Gを選ぶのが妥当です。超ヘビーユーザーは256GBを選べるのも利点です。

・メインカメラ

160907_iphone7all5
iPhone7のメインカメラの画素数はiPhone6s同様の1200万画素
カメラの性能は画素数だけでは測れませんが、レンズの強化もはかられており画素数の向上がカメラ画質に直接影響を与えていると感じます。光学式手ぶれ補正、ƒ/1.8の開口部、そして6枚構成のレンズを加えて、十分な明るさがない場所でも一段と美しい写真やビデオを撮れるようになりました。広色域キャプチャなどの先進的な新機能も搭載したので、写真やLive Photosがいっそう色鮮やかになります。4つの賢いLEDが、iPhone 6sよりも50%明るく発光します。
作例をみても、分かり易く進化している点ではないでしょうか。

・インカメラ

インカメラは大きく進化しました。7MPのフロントカメラとなり5MPのiPhone6sより綺麗なセルフィーが行えます。
FaceTime HDカメラは、解像度が高くなっただけでなく、広色域キャプチャを活用し、一段とシャープで一段といきいきしたセルフィーを撮れるようになりました。ライティングについても環境光に合わせてRetina Flashを調節し、自然な肌のトーンを再現します。SNS全盛の現代ではインカメラの画質は極めて重要といえるでしょう。

1-2 防水搭載

iphone7black12

ついにiPhoneが防水性能を身に付けました。
Android端末では当然の機能ですが、iPhoneでは初めての試み。
これでやっとiPhoneに乗り換えることができるというユーザーも多いくらい待望の機能ではないでしょうか。
サイズを変えず、重さを減らし、さらに防水をつける。そういった細やかな進化はさすがアップルというべきでしょうか。

Phone 7はボディ全体を再設計することにより、iPhoneとして初めて耐水性能を備えました。これからは、水がこぼれたり、はねたりしても、ホコリがついても、あなたのiPhoneはこれまで以上に守られます。
具体的にPhone 7/7 Plusは「完全防塵」で、かつ「30分間の水没に耐えられる防水性能」だそうです。

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら

1 2 3 4

関連記事