iPhone7の評価・評判は?スペックや操作感を辛口レビュー

Pocket

おすすめの検索キーワード
最新iPhoneや2018年夏モデルなどの最新機種購入をお得に手に入れる方法!

機種変更や他社乗り換えでこんな失敗をしていませんか?
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

公式オンラインショップなら損することなく、どこよりも賢くお得に機種変更や乗り換え(MNP)ができます。迷っているなら、予約だけでも。オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。

→ ソフトバンクはこちら
→ ドコモはこちら
→ auはこちら

2. iPhone7の6つのメリット

iPhone7には大きく以下の魅力があると考えます。
「iPhone6sのただのリニューアル版でしょ?」とは言わせません。

2−1. ついに防水へ

まず最初にiPhone7は小型端末であるということ。その画面サイズは4・7インチとなります。
現在Androidを含め画面サイズの主流は4.7~5インチ以上が主流です。

ライバルとして位置づけされるAndroid、GALAXY Sシリーズの初代が4インチでした。
次に発売されたGALAXY S2で4.2インチへアップし、その後は大型化の一途をたどっています。

iPhoneが初めて4インチを投入したのがiPhone5です。iPhone6で4.7インチへアップしましたが、iPhone7では4.7インチをキープしました。

見た目の変化は微々たるものですが、今回のiPhone7は欲しかったあの機能を遂に搭載した死角のないiPhoneといえるでしょう。その最たるものが防水機能です。

Android端末では当然の機能ですが、iPhoneでは初めての試み。
これでやっとiPhoneに乗り換えることができるというユーザーも多いくらい待望の機能ではないでしょうか。

サイズを変えず、重さを減らし、さらに防水をつける。そういった細やかな進化はさすがアップルというべきでしょうか。

Phone 7はボディ全体を再設計することにより、iPhoneとして初めて耐水性能を備えました。これからは、水がこぼれたり、はねたりしても、ホコリがついても、あなたのiPhoneはこれまで以上に守られます。

具体的にPhone 7/7 Plusは「完全防塵」で、かつ「30分間の水没に耐えられる防水性能」だそうです。

2−2. デザイン性

iPhone7に関して触れなければならない点、それは端末デザインです。iPhone7のカラーはiPhone6sから増えて5色展開になります。

シルバー
ゴールド
ブラック/ジェットブラック
ローズゴールド

ブラックとジェットブラックはiPhone7から登場した新色となります。
マットな質感のブラックと、光沢のあるジェットブラック。どちらも他の機種の黒とは違う高級感とこだわりが伺えます。そして、不人気だった通称Dラインが排除され上部に移動してすっきりしました。

2−3. カメラ性能

メインカメラ

iPhone7のメインカメラの画素数はiPhone6s同様の1200万画素。
カメラの性能は画素数だけでは測れませんが、レンズの強化もはかられており画素数の向上がカメラ画質に直接影響を与えていると感じます。

光学式手ぶれ補正、ƒ/1.8の開口部、そして6枚構成のレンズを加えて、十分な明るさがない場所でも一段と美しい写真やビデオを撮れるようになりました。

広色域キャプチャなどの先進的な新機能も搭載したので、写真やLive Photosがいっそう色鮮やかになります。4つの賢いLEDが、iPhone 6sよりも50%明るく発光します。
作例をみても、分かり易く進化している点ではないでしょうか。

インカメラ

インカメラは大きく進化しました。7MPのフロントカメラとなり5MPのiPhone6sより綺麗なセルフィーが行えます。

FaceTime HDカメラは、解像度が高くなっただけでなく、広色域キャプチャを活用し、一段とシャープで一段といきいきしたセルフィーを撮れるようになりました。

ライティングについても環境光に合わせてRetina Flashを調節し、自然な肌のトーンを再現します。SNS全盛の現代ではインカメラの画質は極めて重要といえるでしょう。

2−4. お財布機能

遂に登場したiPhone版おサイフケータイ。iPhone 7のApple PayはSuicaと様々なクレジットカードに対応。iPhone 7だけで電車に乗ったり、ワンタッチでショッピングの支払いができるようになります。

SuicaのチャージもiPhone上で完了します。Apple Payは簡単で毎日の通勤通学と買い物が変わります。これで電車もiPhoneひとつで事足ります。

・Suica

iPhone 7とApple Watch Series 2なら、Apple Payを使ってあなたのSuica、クレジットカード、プリペイドカードを、搭乗券やギフトカードなどと一緒にWalletアプリケーションに入れておくことができます。

カードの追加は簡単で、いつでもすぐに使えます。あなたのSuicaが、すぐにあなたのデバイスに現れます。

Apple PayでSuicaを使い始めるには、まずiPhone 7をあなたのSuicaカードかSuica定期券の上に置いてください。

あなたのSuicaの残額やSuica定期券の情報がすばやく転送されます。これであなたのSuicaがiPhoneに入ったので、もうプラスチックのカードを持ち歩く必要はありません。

Apple Watch Series 2でSuicaを使いたい時は、iPhone 7に内蔵されているWatchアプリケーションの中で追加するだけです。

まだSuicaカードを持っていない場合は、JR東日本のSuicaアプリケーションの中で、Apple Payと一緒に使えるSuicaを作ることができます。

Apple Payであなたが設定したクレジットカードを使って、Walletの中で直接Suicaにチャージできます。Suica定期券の更新もできます。もう券売機やコンビニへ行く必要はありません。

2−5. 最も高性能なiPhone


iPhone 7の中心にあるのはA10チップと呼ばれる最新のプロセッサーです。
これはiPhone 6sに搭載されているものからさらに進化した最新のチップ。

iPhone 7は、スマートフォンに搭載されたものの中で最もパワフルなチップを持っています。アップルはこれをターボチャージャーを積んだようと例えています。

iPhone 7は過去のどんなiPhoneよりも速いだけでなく、効率も向上しています。その理由は、A10 Fusionチップの新しいアーキテクチャが必要な時に一段と速い処理能力を発揮し、それ以外の時には電力をセーブできるようにするからだそうです。

バッテリーの駆動時間もiPhone史上最も長くなったので、iPhone 6の2倍のスピードで作業をこなしながら、次の充電までの時間にさらなる余裕が生まれます。すべてがパワーアップしたものがiPhone7といえます。

2−6. iOS10に最適化

当然ですが、iPhone7は最新OSであるiOS10に最適化した端末です。
iPhoneの場合、OSが上がりアップデートすることで旧端末に不具合を起こしたり、パフォーマンスの低下を招くことがあります。

そういった意味では最新であるiOS10にもっとも適しているのは、iPhone7といえるでしょう。
この親和性はスペック以上に快適な操作性をもたらします。

Pocket

>>続きます(次ページボタンは下にあります)
【得する話】iPhone 8・iPhone Xの購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

iPhone 8・iPhone Xを予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 iPhone 8・iPhone Xなど最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ドコモはこちら
→ソフトバンクはこちら
→auはこちら

→おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ケータイ乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
1 2 3 4

関連記事