iPhone7は最新のiPhoneが発売されたことによって価格が大幅に値引きとなりました。

一括購入で、iPhone7(32GB)が648円~機種変更と、発売当時の数万円と比較したら年月の経過でここまで価格崩壊を起こすのか。と思うほどの驚きです。

iPhone7は、後継モデルであるiPhone8と比較してもほとんど差がないと言っても過言ではありません。

たとえば、ディスプレイはiPhone7とiPhone8でいえば同じ4.7インチの画質もほぼ同じです。唯一、違うところは、iPhone8には「True Toneディスプレイ」が採用されているので周囲の状況に合わせてホワイトバランスを調整してくれる点のみ。

iPhone7は、最新のiPhoneと比較しても引け劣らないほどの高性能のスマホです。

そのiPhone7を、いまならお得に機種変更できるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。


iPhone7のデザインとカラーは、ピアノのような深みのあるジェットブラック、そして2017年3月からは新色レッドも追加され、どちらも高い人気を誇っています。(現在はレッドのみ販売終了しています)

他にも256GBモデルの登場、そして待望のFeliCa対応や防水機能搭載により爆発的なヒットとなったiPhone7ですが、これを機にiPhone7に機種変更したいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、いざiPhone7に機種変更したいと思っても以下理由により「機種変は面倒」と感じている方も多いのではないでしょうか。

  • とにかく時間がかかる
  • 欲しいカラーや容量の在庫が無かった
  • 同じ携帯キャリアなのに、友人は2万円以上も得したらしい
  • 気づいたら有料オプションに加入していた

そこで今回は、ストレス無く、お得に機種変更できる方法を紹介します。

実は、機種変更には公式的に語られることのない、王道とも呼ぶべき3つのステップが存在しています。

その3つのステップとは以下になります。

  • 機種変更でiPhone7を最短で入手する方法を選択する
  • iPhone7に機種変更するべきか3つのポイントで確認する
  • 最大3万円お得になる公式サイトでは絶対に教えない方法を実施する

ここでは、その3つのステップをわかりやすく紹介して行きます。
最後までこの記事を読んで、実践したならば最大3万円もお得にiPhone7に機種変更できることでしょう。

iPhone7をお得に入手するならキャリアオンラインショップがおすすめ

通常の携帯ショップでは、有料コンテンツに強制加入させられたり、関係の無い契約をさせられて損をしたという方も多いはずです。

ですから、このショップ選びが、非常に重要になるのです。

店員に関係の無い商品のしつこい営業をされたり、有料コンテンツの強制加入をさせられる心配がありません。

それだけなく、おとくケータイやオンラインショップには多くのメリットがあります。

iPhone7に機種変更する方法を比較してみましょう。

機種変更方法 キャッシュバック金額 特徴
おとくケータイ 10,000〜30,000円
  • 乗り換えなら一番おすすめ
  • キャッシュバック最高額を保証
  • 店舗運営費を抑えた分、キャッシュバック金額が大きい
  • 有料コンテンツの強制が無い
キャリアオンラインショップ 0〜10,000円
  • ソフトバンク/ドコモ/au直営のため最優先でiPhone7を入荷
  • 既存ユーザーのための料金キャンペーンが充実
  • 今のまま(s社→s社等)なら一番おすすめ
テルル, カメラのキタムラなど併売ショップ 0〜10,000円
  • iPhone7に機種変更してもキャッシュバックされない
  • 月額の「有料オプション」を契約させられる場合も多い
  • 店舗によって大きく異なる
ヤマダ電機, ヨドバシカメラなど家電量販店 0〜10,000円
  • iPhone7を実際に触れる
  • キャッシュバックではなくポイントで還元される場合もある
  • 月額の「有料オプション」を契約させられる場合も多い
  • 店員への交渉が必要
専売ショップ 0〜10,000円
  • キャッシュバックが出ない
  • 混雑している場合が多い
  • 月額の「有料オプション」を契約させられる場合も多い
  • メリットの少ない店舗も多い

結論としては、iPhone7に機種変更するもっともお得な方法は、『おとくケータイ』です。

最高額のキャッシュバックを保証してくれて、不要なオプションへの強制加入などもないため、もっともお得に乗り換えることが出来ます。

オンラインショップには、多くのメリットがありますので詳しく解説していきます。

オンラインショップを選択すべき7つの理由

(1)24時間いつでも申し込みができる

iPhone7のような人気の高い機種を早く手に入れるためには、事前に予約しておく必要があります。しかし、仕事や学校が忙しい方は予約をするためにショップの営業時間内に足を運んで予約手続きをすること自体が困難である場合があります。

また、予約が必要ない場合でも機種変更をするために、営業時間内にショップに足を運ぶ必要がありますが、オンラインショップなら営業時間にとらわれることなく24時間いつでも都合の良いタイミングで申し込み手続きをすることができます。

お仕事や学校が忙しい方はもちろんですが、ショップが遠くてなかなか足を運ぶことができないという方にもオンラインショップがお勧めです。

(2)店頭での待ち時間がない

週末に意を決して、機種変更の手続きのためにショップに行ったところ、店内には沢山のお客さんが溢れかえっていてた・・・

気が遠くなるほどの待ち時間が記載された整理券を手にして、延々と待ち続けた挙句に説明に1時間、端末の設定が完了するまでに更に1時間・・・

気づいた時には、貴重な休日が終わろうとしていたなんて経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

週末は平日に比較するとお客さんの人数も大変多く、待ち時間が長くなる傾向があります。また、進級や卒業のタイミングで携帯デビューをする方が集中する春先には更に混み合う傾向にあります。

オンラインショップなら、平日でも週末でも昼でも夜でもいつでも待ち時間なく短時間で手続きを終了することができます。

時は金なり。貴重な時間を無駄に過ごさないことも、お得さの一貫であると言えるでしょう。

(3)予約してから入荷までが早い

人気の高いiPhone7のような機種の場合には、発売日のタイミングではかなり品薄な状況になります。

全国にある携帯電話ショップの数は大変多いため、限りある在庫を取り合うことになるため、1店舗あたりの確保可能な在庫はかなり少なくなる場合があります。

場合によっては1度の入荷台数が数台なんてこともあり、このようなショップで予約をしたとしても自分の番まで回ってくるまでには相当な時間がかかることも珍しくはありません。

ところがオンラインショップの場合には、全国からの受注分を一括で在庫管理がなされています。

あらかじめ多くの在庫が割り当てられるため、予約販売となる場合でも一般的なショップに比較すると在庫の母数が多く安定的に供給されます。

そのため、予約段階で出遅れたとしても一般のショップに比較するとオンラインショップの場合は予約から入荷までの期間が短い傾向にあります。

新機種を一刻も早く手にしたいという方にもオンラインショップはお勧めです。

(4)iPhone7の端末を取りに行く必要がない

予約商品の場合には、予約のためにショップに足を運び、発売日以降にまた受け取るためにショップに足を運ぶ必要があります。

近所に携帯電話ショップのある方は別ですが、ショップまで電車で30分や1時間もかかる方の場合には、携帯電話を受け取りに行くことも億劫になってしまいます。

オンラインショップの場合、注文した商品は自宅まで宅配で届けられますので、ショップまでiPhone7を取りに行く必要がありません。

また、予約商品の場合には、初期の在庫に当たった場合には発売日当日に到着するように発送されるため、いち早く受け取ることができます。

ショップに足を運ぶ時間が確保できないという方や、予約商品を発売日当日に受け取りたいという方にもオンライショップはお勧めとなります。

(5)日本全国、どこでも送料無料で受け取ることが出来る

先ほどの項目で注文したiPhone7などは宅配で発送されるということで、送料などの諸経費が発生するのではないかと心配される方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、オンライショップでは通常携帯電話などの高額が商品の場合には、送料が無料で発送されるため送料の心配をする必要がありません。

電車などの公共機関を利用して機種変更のためにショップに出向くことを考えると、交通費がかからない分お得になるということになります。

(6)無駄なオプション加入の必要性がない

先ほども紹介しましたが、キャリアの専売ショップで機種変更などをする際に、各種有料オプションへの加入を強要される場合があるという項目がありました。

多くの専売店では、各種スマートフォンなどの販売台数のノルマだけではなく、収益への貢献度の高いプランの勧誘件数や有料オプションの加入件数に対してもノルマが課せられています。

そのため、専売店の店員さんはお客様にとっての最適な料金プランやオプションがなんであるかを優先するよりも、ノルマ達成のためのプラン設計に走ってしまうこともあります。

全てのショップの店員さんがそうだというわけではありませんが、たまたま機種変更の手続きに行ったショップがそのようなショップであった場合には、悲劇的な結果になってしまう可能性も出て来ます。

それに対してオンラインショップの場合には、購入者自身で各種プランやオプションを一つづつ確かめながら設定してゆきます。

そのため、料金プランも最適なものを選択することができますし、不要な有料オプションには一切加入しないという選択も可能です。

「有料オプションの勧誘がいや」「勧められたら断りきれない」という方にはオンラインショップがお勧めです。

(7)その他

その他、下記のメリットがあります。

  • ドコモポイント(ドコモ)、auWallet(au)、Tポイント(ソフトバンク)が使える
  • 各社オンラインショップ限定のグッズがもらえる
  • 商品の品質、お客さま情報の管理方法、購入後のサポートも当然受けられる
  • 公式キャンペーンも適応される

最大3万円得する「MNP引き止めポイント」をもらおう

みなさんは「MNP引き止めポイント」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。このポイントは各携帯会社ともに公表しているポイントではないため、多くの方にその存在自体を知られていないものになります。

この「MNP引き止めポイント」を手に入れることができたら最大3万円分もお得にiPhone7へ機種変更することができますが、携帯会社ではそのようなお得な方法があるということを絶対に教えてはくれません。

「MNP引き止めポイント」がどのようなものであるかというと、仮にソフトバンクを利用中の方が「他社に乗り換え(MNP)したい」と伝えることで、乗り換えを思いとどまってもらうために機種変更時に機種代金が割引になるポイントを発行してくれる場合があります。そのポイントが「MNP引き止めポイント」と呼ばれています。

乗り換え(MNP)したいと連絡することで、必ず「MNP引き止めポイント」がもらえるというわけではありませんが、以下の方法を実践すれば高確率でもらうことができます。

MNP引き止めポイントを発行してもらうための2ステップ

まずは電話をかける

「MNP予約番号」を取得するという体裁で、いまお使いの携帯会社(ドコモ、au、ソフトバンク)に電話をします。

<ドコモの場合>
  • 携帯からの場合:151へ電話
  • 一般電話からの場合:0120-800-000へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

<auの場合>
  • 一般電話/携帯電話共通: 0077-75470へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

<ソフトバンクの場合>
  • 携帯電話からの場合: *5533へ電話
  • 一般電話からの場合: 0800-100-5533へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

「MNP予約番号」を取得したいという旨を伝える

電話に際に注意したいことは、あくまでも気持ちの上では、「私は、MNP(=他社に乗り換えること)でiPhone7にしたい」と信じ込ませないといけません。

本当は機種変更をしたいという気持ちが伝わってしまうと、オペレータも「MNP引き止めポイント」を発行してくれない可能性が高まってしまいます。

しかし、何の迷いもなく「他社へ乗り換える」と言い切りすぎると交渉の余地がないと思わせることになりそれも「MNP引き止めポイント」を発行してもらえない可能性を高めてしまいます。

姿勢としては「(機種変更だと料金が高くなるから)仕方なく他社へ乗り換えしたい」(何か良い条件を示してくれるなら考えるかも)という感じで臨むことが重要です。

利用年数などの契約内容によっては最大3万円のポイントを取得することができます。これは最大金額であって人によっては2万円や1万円になることもあります。

もし、納得いくポイントがもらえない時には、それ以上食い下がっても結果が変わることはほぼありませんので、その時には乗り換え(MNP)で確実にお得になる方法を選択すると良いでしょう。

<使えるフレーズ例>
  • MNP予約番号の発行をお願いします
  • au(ドコモ、ソフトバンク)のiPhone7に乗り換えようと考えています
  • 乗り換え理由は高くなるからです
  • 乗り換えると3万円くらい安くなるとネットで見ました
注:
ここでもし「MNP引き止めポイント」がもらえず、「MNP予約番号」を発行される流れになっても、特に費用がかかるわけではないのでご安心下さい。

オンラインショップ予約から受け取りまでの流れ

予約の方法

予約にあたっては印鑑などは特に必要なく、1分程度で簡単に予約することができます。

例えば、ソフトバンクの場合、『ソフトバンクオンラインショップ』にアクセスして、iPhone7の予約ページに進みます。

※ドコモの場合は『ドコモオンラインショップ』、auの場合は『auオンラインショップ』にアクセスしてください。

キャッシュバックの多い『おとくケータイ』の場合は、すぐに電話で問い合わせをしてみましょう。

あとは、ナビゲーションに進んで、フォームを入力していけば1分ほどで予約が完了します。

下記のように入力項目の通りです。

  • iPhone7の容量・カラー
  • 契約している携帯電話番号
  • 受け取り方法(自宅or店舗)

受取方法はその日に受け取りたいという人以外は、混雑するので自宅受け取りを選択するのがおすすめです。

【自宅受け取りの場合】予約後の本申し込みの方法

自宅受け取りの場合は、希望のiPhone7在庫が確保されしだい「本申し込み」のメールが送られてくるのでメール本文にあるURLからアクセスして、契約を進めます。

なお、機種の発送はドコモ、au、ソフトバンクどれも、、在庫が確保できてから、1〜3日で届きます。

注:本申し込みメールが来ない場合
事前予約したのになかなか「本申し込み」メールが来ない方は、申し込み内容の確認に「ご予約番号」を入力して確認してみる。在庫確保出来ていれば、「本申し込みの確認はこちら」というリンクが表示されるので、そこをクリックして本申し込みをする。

結論としてiPhone7機種変更をするなら、

iPhone7に機種変更するか決定する

iPhone7は、本体価格でいうと8万円以上する高い買い物です。本当にiPhone7でいいのか以下の3つのポイントから考えると後悔ないでしょう。

スペックを確認しよう

新作のiPhone7、iPhone7 Plusを、前作のiPhone 6sと比較しました。太字の部分が大きく変わったところです。

iPhone7 iPhone7Puls iPhone6s
機種画像
カラー シルバー
ゴールド
ブラック/ジェットブラック
ローズゴールド
 シルバー
ゴールド
ブラック/ジェットブラック
ローズゴールド
 シルバー
ゴールド
スペースグレイ
ローズゴールド
液晶画面・解像度 3D Touch 4.7インチ 3D Touch 5.5インチ 3D Touch 4.7インチ
大きさ(幅×高さ×厚み) 138.3 x 67.1 x 7.1mm 158.2x 77.9 x 7.3mm 138.3 x 67.1 x 7.1mm
重さ  138g 188g 143g
プロセッサ  Apple A10  Apple A10  Apple A9
容量 32GB/128GB/256GB 32GB/128GB/256GB  32GB//128GB
メインカメラ/インカメラ
画素数
1200万画素/7メガピクセル 1200万画素7メガピクセル 1200万画素5メガピクセル
防水/Apple Pay

iPhone 6sとiPhone7は外観上は大きな変化がないように見えますが、CPUがA9からA10に変更されたことにより処理速度は2倍に、そしてグラフィックの性能は1.5倍も向上しています。

また、液晶画面には3DTouch機能が搭載されたことにより、従来のタップやスワイプという2次元的な操作だけではなく、強く押し込むという3次元的な操作が可能になっています。

それにより、直感的な操作性が売りのiPhoneがより、直感的に使うことが可能になりました。

日本を意識したiPhone7の新機能

iPhoneユーザーにとっては待望の機能といえば防水・防塵そしておサイフケータイ機能です。

日本のメーカーから発売されているスマートフォンなどではほぼ必須とも言える機能ではありましたが、iPhoneもついにこれら機能を搭載しました。

iPhone7の防水・防塵機能がどのようなものかというとIP-67という規格になっています。このIP-67とは防塵機能では粉塵が本体内部に侵入しないレベルとなっており、防水機能では水深1mに30分程度浸しても本体内部に水が侵入しない構造であるというものになります。

台所周りで多少の水がかかる程度では全く問題がありませんし、お風呂の湯船に落としてしまったとしても問題がないレベルということになります。

本体価格は納得のいくものか

下記は、iPhone7(32GB)の機種変更時の本体価格ですが、新機種の発売に伴い発売当初に比較すると本体価格が引き下げられている携帯会社もあります。

本体価格は、携帯各社の毎月の割引サービス(月々割など)なしでは、8万円近くと高額ですが、毎月の割引額が適応されることで実際に支払う金額はもっと安い金額になります。具体的な各携帯会社の本体価格は以下の通りとなります。

ドコモ au ソフトバンク
本体価格 82,296円 79,200円 88,080円
機種変更(月々割適用後) 432円×24ヶ月(10,368円) 675円×24ヶ月(16,200円) 855円×24ヵ月(20,520円)

機種変更だと、ドコモがもっとも安く次いでauとソフトバンクとなっています。

知って得するワンポイント

現在利用中の携帯会社を変えずに機種変更をするのではなく、今使っている携帯会社以外に乗り換え(MNP)をした方が本体価格が安くなる場合があります。

以下は、各携帯電話会社の乗り換え(MNP)の場合の端末代金の比較になります。

ドコモ au ソフトバンク
本体価格 82,296円 79,200円 88,080円
MNP(月々割適用後) 432円×24ヶ月(10,368円) 450円×24ヶ月(10,800円) 450円×24ヵ月(10,800円)

機種変更時とMNP時の本体価格と比較するとソフトバンクがもっとも開きが多く1万円程度も安くなります。auの場合には5千円程度の開きとなっていますが、ドコモの場合には同額となっています。

更に乗り換え(MNP)の場合には、以下のような特典も同時に受けることができます。

  • 各携帯会社から月々の通信料の割引
  • 携帯販売店からのキャッシュバック

より詳しくMNPについて知りたい方は、「MNPとは?事例でわかるお得なケースと落とし穴の回避策」をご覧ください。

誰よりお得にiPhone7に機種変更するには

ここまでお得にiPhone7に機種変更するための3ステップを紹介してきましたがいかがでしょうか。

機種変更の手続きをするショップの選択肢として各携帯会社の専売店の他にオンラインショップという選択肢があることがわかりました。オンラインショップを選択することにより、金額だけではなく手続きにかかる時間や労力を大幅に削減することができます。

そして、iPhone7の端末代金は携帯会社により異なります。各携帯会社の機種変更の金額と乗り換え(MNP)の金額を比較してみて乗り換え(MNP)の方がお得になるようなら思い切って乗り換えによる購入を検討してみるのも良いでしょう。

iPhone7に機種変更するなら、

乗り換え(MNP)を決断したならMNP予約の段階で「MNP引き止めポイント」を獲得できる場合もあります。もし「MNP引き止めポイント」を獲得できたならその段階で再度、携帯会社を変えずに機種変更の場合と乗り換え(MNP)の場合でどちらがお得になるのかを再検討しても良いでしょう。

10分程度の電話で、最大3万円もお得になるのでやらない手はありません。ぜひお試しください。

Pocket