最新iPhoneをキャッシュバックを利用して格安にゲットする方法はこちらの記事で詳しく紹介しています。

新しい2色のブラックカラーや、ワイヤレスのイヤホン、256GBの登場、そして待望のFeliCa利用も可能になり、大きな話題となっているiPhone 7。

しかし解約金や乗り換えの手数料を考えて、まだしばらく購入は控えようとお考えの方も多いはずです。

確かに買い替えの時期によっては、多額の違約金が発生することもありますし、iPhone 7本体費用のことも考えると、全体的な費用はバカになりませんよね。

しかし、実は一部のショップでは、iPhone 7でもキャッシュバックを行っています。

また申し込み時期によっては、より高額なキャッシュバックを受けることも可能です。

こうした情報を知らずに、違約金や手数料を支払ってiPhone 7を購入するのは、本当に「もったいない」の一言。

とはいえ、実はこうしたショップの中には、キャッシュバックで過去多くの顧客とトラブルを起こした、いわゆる「悪徳ショップ」もあるため、見極めることも大切です。

今回はそんな悪徳ショップにだまされずに、iPhone 7の高額キャッシュバックを受け取る方法や、キャッシュバックの金額を上げるコツについてご紹介します。


MNPキャッシュバックについては、MNPキャッシュバックで最高に得するための全知識!乗り換え方法で金額がこんなに違う!?をご覧ください。

どこで乗り換えるかによってキャッシュバック金額は大きく異なる

iPhone 7購入方法

キャッシュバック金額の目安

特徴
おとくケータイ

20,000〜50,000円

  • 店舗運営費を抑えた分、キャッシュバック金額が大きくお得
  • webだけではなく全国の店舗に足を運んで相談できるので安心
  • キャッシュバック最高額を保証

乗り換えなら一番おすすめ

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

au オンラインショップ など

公式オンラインショップ

0〜20,000円

  • SoftBank/ドコモ/auによる直営のため最優先でiPhone 7を入荷
  • キャッシュバックは出ないが料金キャンペーンが充実
  • ショップ店舗ではなく、自宅で受け取る方が便利でお得

機種変更(s社→s社等)なら一番おすすめ

テルル, カメラのキタムラなど

併売ショップ

5,000〜30,000円

  • iPhone 7の場合キャッシュバックを期待できない
  • 月額の「有料オプション」を契約させられる場合も多い

店舗によって大きく異なる

ヤマダ電機, ヨドバシカメラなど

家電量販店

5,000〜20,000円

  • iPhone 7を実際に触れること
  • 現金キャッシュバックではなくポイントで還元される場合もある

店員への交渉が必要

ソフトバンクショップ, auショップ, ドコモショップ など

専売ショップ

0〜20,000円

  •  店舗によってiPhone 7入荷の偏りが大きい
  • キャッシュバックが出ない場合が多い
  • 混雑している場合が多い

メリットの少ない店舗も多い

結論として、iPhone 7に乗り換える場合に、現時点で最もお得な方法はおとくケータイです。

最高額のキャッシュバックを保証してくれていて不要な有料オプションへの強制加入なども無いため、一番お得に乗り換えることが出来ます。

どうしても、今のキャリアのまま機種変更をするなら公式オンラインショップのソフトバンクオンラインショップ』『ドコモオンラインショップ』『au オンラインショップがおすすめです。

詳しい方法をご説明しますので、是非活用してください。

さらに今回は、キャッシュバックをあまり行わないiPhone 7を、お得に購入するためのコツについてもご紹介します。

iPhone 7の購入方法確認後は、「iPhone 7で高額キャッシュバックをもらう2つのコツ」も合わせてご確認ください。

とはいえ、おいしい話には注意点もあるもの。実は購入時に注意しなければ損をしてしまう落とし穴というものがあります。お得に購入したつもりが、実は大きな損をしていた…なんてことのないよう、「購入時の2つの注意点」で注意していただきたいポイントについてご紹介します。

キャリアはそのままで、iPhone 7へ機種変更する

キャリアを変更せずにiPhone 7へ機種変更を行う場合、もっともオススメしたいのは、キャリア公式オンラインショップの利用です。

キャッシュバックはありませんが、公式ショップではキャリア離れを防ぐために、さまざまなキャッシュバックやポイント付与を行ってくれるからです。

「キャリアを乗り換える方法(MNPなど)」でご紹介したとおり、キャッシュバックだけを見れば、MNPを利用して他のキャリアに乗り換えるほうがお得です。

だからこそ、公式ショップでは高額な下取りキャンペーンの実施や、「MNP引き止めポイント」の発行などを行い、ユーザー離れを防ごうとします。

さらに公式オンラインショップの場合なら、最優先で最新機種が入荷されるだけでなく、ショップのように待ち時間なくiPhone 7を受け取ることができます。

公式ショップで待ち時間の長さにイライラした経験のある方は、特に公式オンラインショップでの購入をオススメします。

→『ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

au オンラインショップ

2. とにかくキャッシュバックが欲しい人は「おとくケータイ」がオススメ

おとくケータイがオススメな理由

iPhone 7のキャッシュバックキャンペーンを行っている、数少ない販売店の一つです。その中でもおとくケータイをオススメしたい理由は、販売形式にあります。

おとくケータイは販売店舗を持たないため、店舗運営費をキャッシュバックに還元できるという大きなメリットがあります。そのため、各店が渋るiPhone 7のキャッシュバックにも対応できるというわけです。

とはいえ、実際にものを見てから購入したいという方も多いはず。そんなときのために、多くのおとくケータイでは電話予約の上で、各社の運営事務所に取りに行くスタイルをとっています。実物を見て、気に入らなければ契約しないということもできるので、安心して購入できます。

自宅にいながら最新機種を最短で手に入れられる、最も早くて確実な方法です。

おとくケータイ』ってなに?

スクリーンショット 2015-03-29 15.54.33

おとくケータイは、iPhone 7でも最高額のキャッシュバック保証を掲げている販売店です。

実際筆者がおとくケータイに問い合わせを行ったところ、iPhone 7へのMNPで、予約開始前の段階で1万円、販売開始後の15,000円のキャッシュバック金額を提示してもらいました。さらに、他社で見積もりをとっている場合は、その金額を提示次第でさらに頑張ってもらえるとの返答も。これはうれしい返事ですね。

大きな特徴としては、以下の3点です。

  • 全国に店舗があり、アクセスが容易
  • 最大手でありキャッシュバック資金が豊富
  • キャッシュバックが、翌月末と速い

おとくケータイよりも、良い条件が出ることは稀かと思います。

3. 一括0円で買いたい人は「携帯ショップ」がオススメ

「すでにソフトバンクを持っていて、おとくケータイで契約できない人」「一括0円で端末代金を2年縛りなく契約したい人」には、携帯ショップがおすすめです。

実質0円と一括0円の違い

実質0円と一括0円をわかりやすく図にすると、このようなイメージです。

実質0円と一括0円の違い

本体一括0円の場合、端末ごとの費用分だけ月々の携帯代金から引かれていくと考えるとわかりやすいかと思います。

なので、機種によってどれだけ安くなるかは変わりますが、だいたい2,000〜3,000円ほど月々安くなります。

「一括0円」を実施している携帯ショップの探し方

お得な一括0円の情報は日々変わっていくので、最新の情報をつかむためにTwitterを利用するのが賢いやり方です。

Twitterの検索で「#一括0円」のように入力すると、下図のように一括0円で携帯を販売しているショップが表示されます。

スクリーンショット 2015-03-29 16.30.20

例えば、大阪にお住まいであれば、「#一括0円 #大阪」のように、自分の地域でさらに絞り込むとよいでしょう。

上手にTwitterを活用することで、最安のショップを見つけることができます。

有料オプションに注意

一見、高額なキャッシュバックのように見せて、実は有料のコンテンツサイトに数ヶ月登録することを条件としているケースが多くあります。

もちろん、その費用以上のキャッシュバックがもらえるので得ではあるのですが、初心者は注意が必要です。

・au、ドコモの有料オプションは解約が面倒

ソフトバンクの有料オプションは、「My Softbank」とよばれるソフトバンクユーザーのマイページ上から簡単に解約できます。

ただし、au、ドコモの場合は、それぞれの有料オプションの解約が複雑で、その結果放置してしまって継続的に課金され続けるということが多くあります。

4. iPhone 7で高額キャッシュバックをもらう2つのコツ

高額なキャッシュバックキャンペーンを行っている店舗もあるものの、他機種に比べれば比較的控えめな金額になってしまうiPhone 7ですが、交渉や時期によっては、さらに高額なキャッシュバックをもらえることもあります。ここでは誰でも実践できる方法を3つご紹介します。

月末に交渉する

各ショップでは月いくら販売するかという販売ノルマが組まれており、未達成の場合は違約金が発生することがあります。そのため、月末になればなるほど、多少無理をしてでも販売したいというショップ側の意識は強くなります。

少しでも高額なキャッシュバックを得たいなら、月末に交渉してみてはいかがでしょうか。

複数のお店にキャッシュバックの相談をする

当たり前ですが、獲得できるはずのお客様がほかの店舗に取られることをどのショップも嫌います。

そのため、問い合わせの際には「他店でお見積りは取られましたか」と聞かれることも少なくありません。

可能であれば、複数社に見積もりを依頼し、「A社では◯万円を提示してくれたので悩んでいる」など、実際に問い合わせや訪問してもらったキャッシュバック金額をベースに交渉してみましょう。

5. 購入時の2つの注意点

乗り換え時の費用 | 特に「解約違約金」に注意

各キャリアではユーザー離れを防ぐために、最大税抜9,500円という解約違約金を設けています。さらにMNPの場合は、下記のようにMNP転出手数料や契約事務手数料がかかるため、初期費用で15,000円以上の出費が発生する場合もあります。

MNPにかかる3つの費用

しかし、必ずしも解約違約金が発生するわけではありません。実は年に1ヵ月だけ、解約違約金の掛からない月があります。キャリアによって解約違約金のかからないタイミングが異なりますので、下記を参考に、解約違約金の発生しない月をチェックしてみてください。

悪質なショップに注意

高額なキャッシュバックを提供してくれるWeb店舗の中には、実際にキャッシュバックを支払わない、悪質なところもあります。

こうした店舗の情報については、価格.comやYahoo知恵袋の口コミなどに多数掲載されていますので、Web販売店を利用する際にはしっかり下調べを行い、損をしないよう注意してください。

6. まとめ

iPhone 7のキャッシュバックを活用してお得に購入するためには、購入店舗や交渉時期を検討することや、解約違約金が発生しない月に解約すること、そしてなにより、悪徳ショップで申し込みを行わないことが大切です。

今回のコツを掴んだ上で、最新のiPhone 7をお得に購入してみませんか。

また結論としてはソフトバンクにMNPする場合、現時点で最もお得な方法はおとくケータイです。

最高額のキャッシュバックを保証してくれていて不要なオプションへの強制加入なども無いため、一番お得に乗り換えることが出来ます。

最新iPhoneを安くゲット!キャッシュバックで最高に得するための全知識

MNPではなく、今のキャリアのまま機種変更をしたいなら公式オンラインショップのソフトバンクオンラインショップ』『ドコモオンラインショップ』『au オンラインショップがおすすめです。

Pocket