誰よりも賢くiphone6に機種変更するための2つの極意

iphone6 機種変更
Pocket

iPhone6は、速くて画面も見やすく、デザイン性も優れていて魅力的な端末ですよね。

実は、賢い人ならみんな知っていることですが、iPhone6に機種変更する際に、最大3万円お得で簡単に申し込みできるたった2つの極意があります。

このページでは、ドコモ・au・ソフトバンク全てに共通するその極意を詳しくご紹介します。

重要:iPhoneSEに機種変更したい方!
新作のiPhoneSEが発売決定しました。iPhoneSEに機種変更をお考えの方は、最もお得で効率的な方法を「iPhoneSE機種変更で最高にお得で効率的な3ステップを紹介します!」にまとめましたので、そちらをご参考ください。

おすすめの検索キーワード
最新iPhoneや2018年夏モデルなどの最新機種購入をお得に手に入れる方法!

機種変更や他社乗り換えでこんな失敗をしていませんか?
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

公式オンラインショップなら損することなく、どこよりも賢くお得に機種変更や乗り換え(MNP)ができます。迷っているなら、予約だけでも。オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。

→ ソフトバンクはこちら
→ ドコモはこちら
→ auはこちら

はじめに:iPhone6に機種変更すべきか決定しよう

まずは、実際にiPhone6を使って感じた注意点を2つにまとめました。このデメリットを許容できるかどうか考えて機種変更を決めましょう。

注:
もうすでにiPhone6にしようと決意が固い人は「極意1:「MNP引き止めポイント」で最大3万円お得に」をご覧ください。

1. 画面が大きくて持ちづらいが大丈夫か

iPhone6では、画面が大きくなり人によってはかなり持ちづらくなっています。例えば、動きながら片手でLINEを返信するということはかなり難しいです。

下記の「iPhone6の購入者アンケート」を見ても、多くの持ちにくいということをあげています。

iPhone 6を購入して微妙と感じたところはどこ?

参考:マイナビニュース

もちろん、縦横が広くなった分、厚さが薄くなっているので、そこまで持ちづらい訳ではありませんが、慣れないうちは苦労するかと思います。

2. 画面が割れやすいが大丈夫か

ラウンドガラスによってエッジからスワイプする動作は引っかかりがなくなり、操作感は良くなっています。

一方でガラス部分が飛び出るため、落下に対する衝撃耐性が激減しています。画面側から落下した場合ラウンドガラスの端が真っ先に地面に触れるため、落としたら割れる可能性が歴代iPhoneよりもかなり高くなっています。

契約時には、必ず「Apple Care」などのサポートに入り、保護フィルムを貼ることをおすすめします。

極意1:「MNP引き止めポイント」で最大3万円お得に

ドコモショップなど各携帯会社では絶対に教えてくれませんが、「MNP引き止めポイント」とよばれるものを手に入れれば、最大3万円お得に機種変更することができます。

「MNP引き止めポイント」とは、簡単にいうと以下の通りです。

他社にMNP(乗り換えること)するとソフトバンクのオペレーターに伝えることで、ソフトバンク以外への乗り換えを思いとどまってもらうために発行してくれる「機種変更に使える割引ポイント」のこと

もちろん、全ての場合で「MNP引き止めポイント」がもらえるわけではありませんが、以下の方法であれば高確率でもらえますので、ぜひ実践してみてください。

MNP引き止めポイントを発行してもらうための2ステップ

(1)まずは電話をかける

「MNP予約番号」を取得するという体裁で、いまお使いの携帯会社(ドコモ、au、ソフトバンク)に電話をします。

<ドコモの場合>
  • 携帯からの場合:151へ電話
  • 一般電話からの場合:0120-800-000へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

<auの場合>
  • 一般電話/携帯電話共通: 0077-75470へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

<ソフトバンクの場合>
  • 携帯電話からの場合: *5533へ電話
  • 一般電話からの場合: 0800-100-5533へ電話

(受付時間:9:00〜20:00)

(2)「MNP予約番号」を取得したいという旨を伝える

電話に際に注意したいことは、あくまでも気持ちの上では、「私は、MNP(=他社に乗り換えること)したい」と信じ込まないといけません。

本当は機種変更がしたいのだろうという気持ちが伝わってしまうと、オペレーターの人も「MNP引き止めポイント」を発行してくれない可能性が高まってしまいます。

自信をもって「MNP予約番号の発行をお願いします」とだけしっかり伝えましょう。(※「MNP予約番号」とは、乗り換えに必要なIDのこと)

その時のポイントとしては、「他社への乗り換えであれば、2万円程度キャッシュバックが出るみたいなので迷っている」という雰囲気を伝えることです。「絶対に乗り換えをするぞ」という固い気持ちではなく、発行したら思いとどまってくれるかもという話し方が重要です。

<使えるフレーズ例>
  • MNP予約番号の発行をお願いします
  • au(ドコモ、ソフトバンク)のiPhone6に乗り換えようと考えています
  • 乗り換えると3万円くらい安くなるとネットで見ました
注:
ここでもし「MNP引き止めポイント」がもらえず、「MNP予約番号」を発行される流れになっても、特に費用がかかるわけではないのでご安心下さい。

 

極意2:オンラインショップで10倍簡単に

「MNP引き止めポイント」を入手したら、その際、各社のオンラインショップから申し込むのが一番おすすめです。

オンラインショップを使うべき5つの理由

(1)店頭でのあの長い待ち時間がない

オンラインショップで機種変更すると、店頭での契約と違って待ち時間がありません。

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら

1 2

関連記事