iPhone Xが発売されました。
au、ソフトバンク、ドコモの同時に発売です。この日を首を長くして待っていた方も多い事でしょう。さて、これから購入する方にとって気になるのは、その購入代でしょう。

さて、待望のiPhone Xを購入するにあたって気になるのは、今のキャリアで機種変更した方がお得なのか?それともMNP(乗り換え)による機種変更の方が良いのか?というところでしょう。iPhone Xに限らず新しく端末を購入する際は、必ずと言っていい程悩む部分です。

今回は機種変更、MNP(乗り換え)した場合の購入代金、三大キャリアそれぞれのオンラインショップでの機種変更の方法、iPhone Xのスペックについて解説していきます。

さらに詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください!

参考記事
iPhone X・iPhone8の辛口レビュー。本当の評価教えます!

iPhoneXを購入した方で操作方法を知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。
参考記事
新しくなったiPhone Xの操作方法を徹底解説。ホームボタンの代わりは?

iPhone Xの購入代金比較【機種変更編】

まずは同キャリア内での機種変更をした場合の購入代金をお伝えします。24回の分割払いで各キャリアの割引サポートを適用した場合で計算しています。

iPhone Xの購入代金比較(auで機種変更する場合)

まずはauで機種変更した場合の購入代金から見ていきましょう。

iPhone X 64GBに機種変更した場合の購入金額は分割の場合、5,340円×24ヶ月=128,160円です。これに毎月割を適用すると2,670円が月々割引されます。割引総額は2,670円×24ヶ月=64,080円です。実質負担額は総額で2,670円×24ヶ月=64,080円となります。

iPhone X 256GBへ機種変更した場合の支払総額は分割払いで6,100円×24ヶ月=146,400円です。これに毎月割を適用しますと毎月2,670円、総額にして2,670円×24ヶ月=64,080円が割引されます。実質負担額は3,430円×24ヶ月=82,320円となります。

iPhone Xの購入代金比較(ソフトバンクで機種変更する場合)

続いてソフトバンクです。

ソフトバンクでiPhone X 64GBに機種変更した場合、支払い総額は5,460円×24ヶ月=131,040円です。月月割を適用すると毎月2,810円、総額で2,810円×24ヶ月=67,440円割り引かれ、実質負担額は2,650円×24ヶ月=63,600円です。

iPhone X 256GBの場合は支払い総額は6,220円×24ヶ月=149,280円です。
これに月月割を適用すると2,810円×24ヶ月=67,440円が割り引かれ実質負担額
は3,410円×24ヶ月=81,840円になります。

iPhone Xの購入代金比較(ドコモで機種変更する場合)

ドコモでiPhone Xの64GBに機種変更した場合、支払い総額は5,211円×24ヶ月=125,064円です。月々サポート適用で総額2,358円×24ヶ月=56,592円割り引かれ、実質負担額は2,853円×24ヶ月=68,472円です。

iPhone Xの256GBの場合は支払い総額は5,994円×24ヶ月=143,856円です。月々サポートの適用で総額2,376円×24ヶ月=57,024円割り引かれ、実質負担額は3,618円×24ヶ月=86,832円です。

iPhone Xはどこで購入するのが一番お得か?

同キャリア内で機種変更した場合、もっとも安いのはソフトバンクという結果となりました。割引適用前の支払い総額での最安値はauでしたが、ソフトバンクの月月割の割引率で差が出ています。

iPhone Xの購入代金比較【乗り換え(MNP)編】

続いて乗り換え(MNP)による機種変更をした場合の購入代金を比較してみましょう。同キャリア内での機種変更同様、各キャリアの割引を適用した金額となります。

iPhone Xの購入代金比較(auへ乗り換え(MNP)する場合)

auに乗り換え(MNP)てiPhone X 64GBに機種変更した場合、支払い総額は5,340円×24ヶ月=128,160円です。割引適用前の支払い総額そのものは機種変更と変わりありません。

しかし、乗り換え(MNP)の場合は毎月割の金額が機種変更が毎月2,670円に対し、乗り換え(MNP)の場合、毎月割が3,065円です。3,065円×24ヶ月=73,560円の割引となり、実質負担額は2,275円×24ヶ月=54,600円です。

iPhone X 256GBの場合は6,100円×24ヶ月=146,400円、毎月割適用で-3,065円×24ヶ月=73,560円の割引、実質負担額3,035円×24ヶ月=72,840円となります。

iPhone Xの購入代金比較(ソフトバンクへ乗り換え(MNP)する場合)

ソフトバンクに乗り換え(MNP)してiPhone X 64GBに機種変更した場合の支払い総額は5,460円×24ヶ月=131,040円です。月月割は3,210円の適用で3,210円×24ヶ月77,040円の割引となり実質負担額は2,250円×24ヶ月=54,000円です。

iPhone X 256GBに場合は、支払い総額6,220円×24ヶ月=149,280円に対し
月月割適用で、3,210円×24ヶ月=77,040円の割引となり実質負担額3,010円×24ヶ月72,240円です。

iPhone Xの購入代金比較(ドコモへ乗り換え(MNP)する場合)

iPhone X 64GBにドコモへ乗り換え(MNP)した場合、支払い総額は5,211円×24ヶ月=125,064円)です。月々サポート適用で2,358円×24ヶ月=56,592円の割引で
実質負担額は2,853円×24ヶ月=68,472円)です。

iPhone X 256GBの場合は5,994円×24ヶ月=143,856円の支払い総額に対し、
月々サポート適用で2,376円×24ヶ月=57,024割引、実質負担額3,618円×24ヶ月=86,832円となります。

機種変更と乗り換え(MNP)で割引額に差があったau、ソフトバンクに対しドコモは機種変更と乗り換え(MNP)で割引額に差がありませんでした。

iPhone Xの乗り換え(MNP)による購入代金比較:結論

乗り換え(MNP)による実質負担額も最安値はソフトバンクでした。機種変更の場合の結果と合わせて考えてもソフトバンクユーザーは他社へ乗り換えずに機種変更するのがベストですね。

au、ドコモユーザーの場合は違約金のかからない月での乗り換えなど、損がでないのであればソフトバンクへ乗り換えるのも良いでしょう。

キャリアのオンラインショップでの機種変更方法

続いてauオンラインショップ、ソフトバンクオンラインショップ、ドコモオンラインショップでの機種の仕方を解説いたします。

実店舗で購入する事も勿論、可能ですが営業時間や混雑などを気にせず済む便利さなどから、各キャリアのオンラインショップでの手続きをオススメします。

au online shop

au online shopでの機種変更から解説いたします。手順は、まずauオンラインショップにログインします。続いて商品詳細ページより「機種変更」を選びます。

ACアダプタを同時に注文する場合は、商品詳細ページより選びましょう。続いて購入方法を一括支払いもしくは分割支払いから選択して契約者情報を入力します。

ここで「本商品のご利用にあたっての注意事項」及び「au通信サービスご利用にあって」を一読し、「au通信サービスご利用にあたって」の内容に承諾す必要があります。

続いてお届け先を選択します。「auショップ」「ご契約者様の住所」「請求書の送付先と同じ住所」「その他の住所」から選択します。

注意事項ですが、受け取り先に「auショップ」を選択した場合は沖縄を除く全国のauショップから選択できますが、その中で一部選択できないないauショップがありますのでよく確認しておきましょう。

「ご契約者様の住所」「請求書の送付先と同じ住所」を選択の場合の注意事項は、転居などによる住所に変更がないか確認くしましょう。変更している場合は商品が届けられないことがありますので注意が必要です。

申し込み後の届け先の変更についてですが「auショップ」を受け取り先にしている場合、申し込み後に変更することはできません。

申し込み後に住所変更が必要な場合は一旦申し込みをキャンセルし、再度申し込む必要があります。受け取り先が 「auショップ」以外の場合は申し込み当日のみ変更が可能です。

続いて料金プラン、割引サービス等のサービス契約情報を入力し決済方法を入力します。の場合はクレジットカードによる支払いとなります。最後に注文内容を確認し注文を確定します。これで完了です。

申し込み受付完了の連絡が、登録したメールアドレスに届きます。メールアドレスを指定する場合、あらかじ「@kddi.com」ドメインからのメールを受信可能に設定しておく必要があります。
申し込み情報については加入審査を行います。加入審査が終了し、登録が完了したのち、商品の発送予定日がメールで連絡されます。

申し込み内容に不備があった場合等によって加入できない場合もメールで連絡がきます。

続いて現在利用の端末から、iPhone Xへのデータ移行方法の確認と、データのバックアップを行い、iPhone Xが届いたら利用開始の手続きを行います。

受け取り先が「auショップ」の場合、auショップの店員さんが利用開始の手続きをしてくれますが、受け取り先が「auショップ」以外の場合は 商品到着後の利用開始前の手続き・設定を自分で行う必要があります。

10日間を過ぎても切り替えをしていない場合ですが自動的に切り替えがされます。

ソフトバンクオンラインショップ

次はソフトバンクオンラインショップでの機種変更について解説します。

ソフトバンクオンラインショップでの手続きには、まず。「My SoftBank アカウント」または「携帯電話番号+暗証番号」を用意しソフトバンクオンラインショップにアクセスします。

購入までの流れは受け取り方法によって若干異なり、配送による受け取りを希望する場合は、購入したい機種ページに進み、お申し込み種別は「機種変更」を、受け取り方法に「ご自宅等へのお届け」を選びます。

料金プランやキャンペーンなど必要情報を入力し、申し込み手続きを進めます。登録住所以外へ配送希望の場合は、配送先を指定します。

受け取り時、本人確認が必要なキャンペーンやプログラムを適用して申し込む場合は登録済の住所を指定しましょう。ポイントを利用する場合は、ソフトバンク公式サイトのポイントのご利用方法を確認し選んでください。

申し込み完了後に「申し込み受付のご連絡メール」が届き、審査後と商品の発送手続き開始時、および出荷完了時にメールによる連絡があります。出荷完了の連絡から2~3営業日で指定の配送先に届きます。

注意点をあげると、申し込み後の商品(下取りプログラムの送付キットも含む)の配送先変更や他住所へ転送しての受け取り、宅配ボックス等での受け取りは、ソフトバンクおよび配送業者へ連絡しても受付できません。

また、その他の注意事項ですが、未成年(12歳~19歳)は、申し込み不可です。未成年の場合、店舗受け取りサービスを利用して店舗で申し込んでください。(店舗での申し込み手続き時には親権者の同意が必要となります。)商品到着後8日以内であれば返品可能です。

店舗受け取りサービスを利用する場合は購入したい機種ページに進み、「店舗でのお受け取り」を選択します。

受け取り希望店舗の選択および必要情報を入力、事前手続きを進めます。事前手続き完了の連絡メールは、機種変更する電話番号宛にSMSにて送信されます。

ここで入力した申し込み情報は仮ですので、来店時に変更することは可能です。商品在庫が整い次第、指定の店舗から機種変更する電話番号宛SMSか電話にて連絡があります。

その後、来店し申し込み手続きを行います。店舗での受け取りの場合も審査はあります。

店舗受け取りサービス利用時の注意事項をあげると、ソフトバンクオンラインショップ内で表示している価格は、配送による受け取りの場合の参考販売条件です。

店舗受け取りサービスを利用して店舗にて申し込み手続きを行う場合は価格が異なる場合があります。未成年(12歳~19歳)も事前手続き可能です。しかし、店舗での申し込み手続き時に親権者の同意が必要となります。

来店時は本人様確認ができる書類等が必要です。店舗からの案内を事前に確認をして来店時に持参するようにしましょう。

乗り換え(MNP)の場合、入荷待ちの場合は予約申し込みとなる場合があります。予約の場合の流れ

申し込み前にクレジットカード もしくは 特定の金融機関口座、MNP予約番号を用意しておきます。
画面に沿って料金プランやキャンペーンなど必要情報を入力し、予約申し込み手続きを進めます。

予約申し込み完了後、予約機種(ここではiPhone X)が確保されたらメールで連絡されます。
本申し込みの際は本申し込み依頼メールに記載されている[予約番号]ご入力し、本申し込み手続きを進めます。

料金プランを選び、支払い方法を「クレジットカード」で選択したら、本人確認種類の提出方法を選びます。本人確認書類の提出は「画像アップロード」での提出がオススメです。というのも画像アップロードの場合は注文してからiPhone X)が届くまでが早くなるのです。

通常、審査完了後2~3営業日でご指定の配送先に届けられます。届いたら、開通手続きを行ってください。

ドコモオンラインショップ

続いてドコモオンラインショップでの手続き方法です。

まずドコモオンラインショップにアクセスしログインしましょう。ドコモオンラインショップにログインすると画面が開きますので上段の「機種を探す」をタップ又はクリックします。

すると「iPhoneやドコモスマートフォントいう項目」が出てきますので、iPhone Xを選択します。続いて「申し込手続き」を選択すると価格と現在行われているキャンペーンが表示されるので確認します。

次にカラーを選択し、同梱されているオプション品の確認をして追加で必要なオプション品を入力した後は一番下まで移動し「カートに入れる」をクリックまたはタップし次の画面へ進みます。

「注文手続き」を選択し「ご購入前の確認事項」を選択してください。必ず確認事項をよく確認しましょう。

このあたりまで進むととチャットでの相談が可能になります。もし不安な事や確認したい事があるならば是非とも活用してみましょう。

続いて、適応されるキャンペーンを選択します。機種変更の場合は受取り場所を選択することが可能ですので、選択します。受け取り場所は自宅、ドコモショップ、コンビニ受取りの3ヶ所です。コンビニ受取りの場合は利用料500円かかります。

MNPによる機種変更の場合はここで、契約者情報を入力し4桁のネットワーク暗証番号と利用者を選択、本人確認書類を添付したあと、月々のお支払い方法の選択をし支払い情報を入力します。

全ての入力が終わったら「次へ」を選択します。店舗受取りを選択している場合は都道府県→市町村→店舗選択という順番で受取り店舗を決定します。

受取り場所を自宅を選択した場合は、この後、料金プランの選択にうつります。通話やメールやネットができる契約なのか?タブレットやルーターに使う契約かなどを選択します。

さらに下へいくと細かく記された契約内容が出てきますので、目を通しておきましょう。基本料金の選択→パケット料金の選択をします。SPモードの申し込みやドコモのお勧めサービスや無料サービスの案内があります。

ここで案内されたサービスが必要なの否かなど不明ならばチャットの活用もオススメです。チャットで質問する事により最適なプランが選べるでしょう。実店舗同様にプランの相談ができます。

続いて一番下にある「次へ」を選択すると「お支払い情報の確認」が出てきますのでクーポンを持っているのであれば入力します。

画面下へさらに進むと端末の分割回数が選べます。端末の支払い方法・分割回数を決め「次へ」をタップまたはクリックすると最終確認ページへと移ります。

最終確認ページで入力した内容に間違えがないかを再確認し、一番下まで画面をスクロールしたあと「注文を確定」を選べば完了です。

申し込みから完了までの所用時間は大体15分くらいです。入力ミスや間違えがあった場合は次へ進もうとしても進めません。

同意するには、一度、確認の為のページを開く必要がありますので必ず開いておきます。。途中からチャットで相談できますので不明点などはチャットでどんどん聞いてみましょう。

ドコモオンラインショップに関する質問がある場合はドコモオンラインショップセンター 0120-131067に電話をし、聞く事も可能です。
申し込みの後は確認の為に登録したメールアドレスに契約内容が届きますので再度確認し大切に保管しておきましょう。

機種変更なら最短2日程、新規契約やMNPなら本人確認や審査を経て約10日程で商品が届きます。詳細はドコモの公式サイトで確認する事ができます。

ドコモオンラインショップで申し込んだ注文の契約内容・配送状況の確認方法は「購入履歴・配送状況の確認」へアクセスし「お申し込み履歴を確認」を選択すれば確認する事ができます。

ログインは、dアカウントでログインまたは「受付番号」、「連絡先電話番号」、「暗証番号」を入力して下さい。

コンビニ受け取りや店舗受け取りを指定した場合は受け取り店に届いた時点で登録したメールアドレスに連絡が来ます。

手元に待望のiPhoneXが届いたら設定を行いましょう。電話帳の移行→開通手続き予約SIMカード挿入の順に進みます。開通手続きは電話かドコモのホームページから行うことができます。

ドコモのホームページは24時間いつでも受け付けていますのでドコモのHPでの開通手続きをオススメ致します。

SIMに関してですが、以前使っていたSIMが使えるのであれば、以前の端末から差換えれば大丈夫です。サイズが違う場合は一緒に送られてきますので、送られてきたSIMを挿入すればOKです。

ドコモショップ受取りの場合は、ドコモショップでショップ店員さんにしてもらえます。

お得なプログラム・キャンペーン

機種変更や乗り換えをするのなら、プログラムやキャンペーンを利用してお得に購入したいところですね。各キャリアのプログラムやキャンペーンを紹介いたします。

auの「iPhone交換プログラム」は、iPhoneを利用の方が購入対象機種を購入すると最大 45,500円還元されるという購入プログラムです。iPhone X購入対象機種ですので利用可能です。

詳細は下取りプログラム適用で最大40,500円割引+au WALLETプリペイドカードに最大5,000円のキャッシュバックという内容です。

ソフトバンクでも同様のプログラムがあります。変更前の端末を下取りに出し、毎月の料金を割引、ソフトバンクカードへのプリペイドバリューチャージするという「下取りプログラム」です。

月々の割引額やソフトバンクカードプリペイドへのチャージ金額は下取りをした機種によって異なります。また、ソフトバンクでは2015年9月から続いている「故障端末買取キャンペーン」も見逃せません。

このキャンペーンは下取りプログラム(機種変更)での適用条件を満たさない故障端末を買取、Tポイントの付与という形で最大9,000ポイント付与されるというキャンペーンです。

ドコモでも下取りプログラムがあります。2017年11月1日〜11月30日の期間限定なのですが、今、利用中のiPhoneを店頭にて下取り申込みすると購入代金から最大46,000円(税込)割引くという内容です。

iPhone Xについて

iPhone Xについて簡単に解説いたします。

続いてiPhone Xのスペックについて簡単に解説いたします。色はシルバーとスペースグレイの2色展開です。スペックは以下の通りです。

カメラ画素数:アウトカメラ 約1,200万画素+約1,200万画素/インカメラ 約700万画素
ディスプレイ:約5.8インチ・2,436×1,125ピクセル 有機EL採用
RAM 3GB
ROM:64GBまたは256GB
高さ×幅×厚さ: 約143.6×70.9×7.7(mm)
重量 約174g
CPU:「A11 Bionicチップ」搭載
アウトカメラは縦並びのデュアルカメラです。ディスプレイには有機ELが採用されていて、ベゼル部分が殆どない「Super Retina HDディスプレイ」搭載です。

ベゼル部分が少ない為、5.8インチの大画面にもかかわらず、本体の大きさは4.7インチのiPhone 8と変わらない大きさですので操作性も良いです。

カメラ機能で特筆すべきは「ポートレートライティング」機能の搭載や深度を感知するカメラや顔のマッピングなどの複雑なソフトウェアとハードウェアを組み合わせによって自然光やスタジオ照明、輪郭強調などのエフェクトが楽しめる点です。

カメラの腕前も上がり、流行りのSNS映えする写真も撮影できます。今まで以上に写真撮影が楽しくなること間違いなしです。

また機能面で大きく変わったのはなんと言っても新技術の「Face ID」の搭載でしょう。この顔認証機能Face IDが搭載された事によって、これまでの指紋認証は使用できなくなりました。

従来の指紋認証のかわりにFace IDが搭載された事によってiPhone Xを見るだけで画面ロックを解除する事ができるようになったのです。

Face IDとはTrueDepthカメラによる顔認識を有効化した機能です。この機能によってApple PayもFace IDを使用して店頭やアプリケーション内、ウェブ上でのiPhoneによる支払いが可能になりました。

さらに「アニ文字」と言う新機能も搭載されています。これは「FaceTime HDカメラ」を使用したもので50以上の異なる筋肉の動きを解析し、ユーザーの表情をパンダ、ロボット、ブタなどの12種類の動物にするという機能です。

このFace IDで気になるのが「体重の増減によって体形が変化したらロック解除できなくなるのではないか?」「メガネや帽子を装着したりヒゲを生やしたり、濃いメイクをすると使えなくなるのではないか?」「暗い所では判別できないのではないか?」といった点でしょう。

顔の印象はメイクやファッションによって変化しますし、太ったり痩せたりするだけでも別人に見えてしまいます。いつもと違うメイクをしたり、痩せたり太ったりでロック解除ができなくなったら大変ですね。

しかし、安心して下さい。Appleによるとそれらの心配はないとの事です。iPhone X前面に搭載されたカメラには、これまでにないセンサーやカメラをが実装され、太る痩せるなどの予測される問題のすべてに対応しているのです。

というのもFace IDはユーザーの顔を平面画像として記憶せず、顔とその周辺パーツの配置やその深度までをも記録します。さらに、日々それを観測し続けることによって体形の変化を学び取りいつでも正確な認識ができるのです。
さらに大きな変化をあげるとiPhone Xにはホームボタンがありません。この変化は一見不便に感じるかも知れません 。しかし、どの画面でも下からスワイプをする事によりホーム画面に戻る事ができるようになったので、これまで以上に便利になっています。

充電に関しても変化があります。iPhone Xでは、iPhoneで初となる「ワイヤレス充電」に対応しています。別売りの「Wireless Charging Pad」を使用する事によって「Wireless Charging Pad」の上に「iPhone X」を置くだけで充電する事ができます。;

まとめ

以上、iPhone Xのau、ソフトバンク、ドコモでの購入代金比較などについての解説でした、機種変更、乗り換え(MNP)共にソフトバンクが一番安いとの結果になりました。

現在auやドコモを利用中で、ソフトバンクへ乗り換えると違約金などで損をしてしまうので乗り換えせずに現在のキャリア内で機種変更をしたいという方はキャンペーンなを利用してみるのも良いでしょう。

おすすめ記事
iPhone X・iPhone8の辛口レビュー。本当の評価教えます!
新しくなったiPhone Xの操作方法を徹底解説。ホームボタンの代わりは?

Pocket