iPhoneのメール設定方法|誰でも簡単にできるキャリア別の全手順

iPhone メール設定
Pocket

iPhoneでメール設定をするための簡単でわかりやすい情報を探していませんか?

メールを受信するためにはいくつかの設定が必要なのですが、その方法が店舗や説明書ではあまり詳しく説明されません。ホームページを覗いてみても、わかりやすく記載されているキャリアはほとんどありません。

しかし、再度店舗に立ち寄って、長い待ち時間を過ごすのも辛いですよね。そこでこのページは、キャリアメールはもちろん、Gmailや会社で使うメールなどのWebメールをiPhoneで簡単に設定する方法をご紹介します。

また、キャリアメールの新規取得方法や、変更方法についてもご紹介しますので、キャリアを変更した方や、迷惑メールに困ってアドレスを変更したいという方も、ぜひチェックしてみてください。


目次

Webメールの受信方法

Webメールは下記青色の「メール」アプリから確認できるようになります。設定方法はキャリアにかかわらず同じで、キャリアメールよりも設定しやすいのが特徴です。

共通の手順

  1. [設定]をタップする
  2. [メール/連絡先/カレンダー]をタップする
  3. [アカウントを追加]をタップする
  4. 各種設定を行う

ここからは、一部サービスで設定方法が異なります。設定したいWebメールに合わせた設定を行ってください。

Gmailの場合

  1. 登録したいアカウントでログインを行う
  2. リクエストを許可する
  3. 下記4つを設定して[次へ]をタップする

※Gmailのパスワードが認証されない場合
正しいメールアドレスとパスワードを入力しているにもかかわらず、「ユーザー名またはパスワードが間違っています」と表示されて先に進めない場合は、PCからアプリパスワードを発行する必要があります。もしメッセージが表示された場合は、下記方法を試してみてください。

  1. PCからGoogleトップページに移動する
  2. 画面右上にある■が9つ並んだメニューアイコンをクリックし、[アカウント]を選択する
  3. 画面中央辺りにある[ログインとセキュリティ]をクリック
  4. [アプリパスワード]をクリックする
  5. 承認したいアカウントでログインする
  6. 下記赤枠内の[端末の選択]を[iPhone]に、[アプリを選択]を[メール]に変更し、[生成]ボタンをクリックする

  7. アプリパスワードが表示されるので、メモしておく
  8. 新しいiPhoneに持ち替え、[設定]をタップする
  9. [メール/連絡先/カレンダー]を選択し、先ほどアプリパスワードを生成したアカウントを作成する

    ※すでにアカウントを作成している場合は、該当するアカウントを選択後、[アカウント]をタップします。
  10. [パスワード]に先ほど生成したアプリパスワードを入力する

yahoo!メールの場合

  1. yahoo!を選択する
  2. 4つの項目を設定して[次へ]をタップする
名前 メールを送信した相手に表示されるあなたの名前
メール 登録したいWebメールアドレス
パスワード 各Webメールで設定したパスワード
説明 [メール/連絡先/カレンダー]に表示される名前(入力しなくてもよい)

iCloudの場合

  1. 設定したいメールアドレスおよび対応するiCloudのパスワードを入力する

AoL.の場合

  1. その他を選択する
  2. [メールアカウントを追加]をタップする
  3. 4つ項目を設定して[次へ]をタップする
  4. IMAPまたはPOPを選び、受信メールサーバ・送信メールサーバを下記の通り入力して[次へ]をタップする
名前 メールを送信した相手に表示されるあなたの名前
メール 登録したいWebメールアドレス
パスワード 各Webメールで設定したパスワード
説明 [メール/連絡先/カレンダー]に表示される名前(入力しなくてもよい)

受信メールサーバ

ホスト名 POPの場合はpop.aol.com、IMAPの場合はimap.aol.com
ユーザ名 登録したいWebメールアドレス
パスワード AOLのパスワード

送信メールサーバ

ホスト名 smtp.aol.com
ユーザ名 登録したいWebメールアドレス
パスワード AOLのパスワード

※IMAPとPOPの違い
簡単にいえば、メールを閲覧する手段の違いです。IMAPはサーバ上に保管されたメール情報を、メーラーを使って閲覧する方法です。メールデータはサーバ上に保管されているため、データは軽くなりますが、オフライン時に確認することができないというデメリットがあります。

一方POPは、メール情報を端末にダウンロードして閲覧する方法で、一度ダウンロードすればオフライン時にも確認することができるというのがメリットですが、端末容量を消費するのがデメリットだといえます。

一般的によく利用されているのはPOPですが、どちらを利用しても問題ありません。

outlookの場合

  1. outlook.comを選択する
  2. 3つの項目を設定して[次へ]をタップする
メール 登録したいWebメールアドレス
パスワード 設定したパスワード
説明 [メール/連絡先/カレンダー]に表示される名前(入力しなくてもよい)

※パスワードが認証されない場合
2段階認証を行っている場合は、正しいメールアドレスとパスワードを入力しているにもかかわらず、「ユーザー名またはパスワードが間違っています」と表示されて先に進めないことがあります。

その場合は、PCからアプリパスワードを発行する必要があります。もしメッセージが表示された場合は、下記方法を試してみてください。

  1. https://login.live.com/にログインする
  2. [セキュリティとプライバシー]タブを選ぶ
  3. 「アプリパスワード」の[新しいアプリパスワードの作成]を選択する
  4. 表示されたアプリパスワードをiPhoneのパスワード欄に入力する

Exchangeの場合

Exchangeは、Exchangeベースのアカウント以外にも、Office365アカウントも登録することができます。仕事でOffice365を使用しているという方も利用できますので、仕事用メールをiPhoneで受け取りたいという方はぜひチェックしてみてください。

※Gmailおよびカレンダーのサポートについては、2013年1月30日に終了しているため、新たに購入したiPhoneで、Exchangeを利用してGmailを設定することはできなくなってしまいましたのでご注意ください。

  1. Exchangeを選択する
  2. 下記3つを設定して[次へ]をタップする(※1)
  3. 下記を設定して[次へ]をタップする(※2)

(※1)

メール 登録したいWebメールアドレス(または会社のメールアドレス)
パスワード 設定したパスワード
説明 [メール/連絡先/カレンダー]に表示される名前(入力しなくてもよい)

(※2)契約書または会社の設定を確認しながら、下記を埋めていきます。

サーバ Exchangeのサーバアドレス(または会社のExchangeサーバアドレス)
ドメイン Exchangeのドメイン名(または会社で使用しているExchangeドメイン)
ユーザー名 Exchangeのユーザー名(または会社で使用しているExchangeユーザー名)

会社の設定がわからない場合は、システム関係の部署に確認するのがおすすめです。

その他のメールの場合

Exchangeサーバーを使わないWebメールの場合、その他から設定を行う必要があります。

受信メールサーバや送信メールサーバの設定や、その後のポートの確認なども必要となりますので、会社でこうしたサーバーを利用している場合は、下記を参考にしてください。

  1. その他を選択する
  2. 下記4つを設定して[次へ]をタップする
名前 メールを送信した相手に表示されるあなたの名前
メール 登録したいWebメールアドレス(または会社のメールアドレス)
パスワード 設定したパスワード(ビジネス・ビジネスプロ・マネージドサーバの場合はユーザパスワード)
説明 [メール/連絡先/カレンダー]に表示される名前(入力しなくてもよい)

ここからは、使用しているサーバーによって変わります。ここでは、代表的なサーバーの設定方法をご紹介します。

さくらサーバーの場合

POPを選び、受信メールサーバ・送信メールサーバを下記の通り入力して[次へ]をタップする

受信メールサーバ

  • [ホスト名]:@以降のドメイン(何もしていない場合は初期ドメイン)
  • [ユーザ名]:登録したいWebメールアドレス
  • [パスワード]:さくらサーバーのパスワード

送信メールサーバ

  • [ホスト名]:@以降のドメイン(何もしていない場合は初期ドメイン)
  • [ユーザ名]:登録したいWebメールアドレス
  • [パスワード]:さくらサーバーのパスワード

先ほど作成したメールアドレスを選択する

「送信メールサーバ」にある[SMTP]をタップする

「プライマリサーバ」をタップする

下記設定になっているかを確認する

  • [SSLを使用]:オフ
  • [認証]:パスワード
  • [サーバホスト]:587

カゴヤ・ジャパンの場合

POPまたはIMAPを選び、受信メールサーバ・送信メールサーバを下記の通り入力して[次へ]をタップする

受信メールサーバ

  • [ホスト名]:POP3サーバー名またはIMAPサーバー名
  • [ユーザ名]:登録したいWebメールアドレス
  • [パスワード]:カゴヤ・ジャパンのパスワード

送信メールサーバ

  • [ホスト名]:SMTPサーバー名
  • [ユーザ名]:登録したいWebメールアドレス
  • [パスワード]:カゴヤ・ジャパンのパスワード

先ほど作成したメールアドレスを選択する

「送信メールサーバ」にある[SMTP]をタップする

「プライマリサーバ」をタップする

下記設定になっているかを確認する

  • [SSLを使用]:オン
  • [認証]:パスワード
  • [サーバホスト]:587

一旦[完了]をタップし、アカウントの設定情報確認画面にある[詳細]をタップする

「サーバポート」が995になっているかを確認する

アカウント名をタップすると「サーバの識別情報を検証できません」とメッセージが出るので[続ける]をタップする

大塚商会アルファメールの場合

POPを選び、受信メールサーバ・送信メールサーバを下記の通り入力して[次へ]をタップする

受信メールサーバ

  • [ホスト名]:pop.ドメイン名
  • [ユーザ名]:登録したいWebメールアドレス
  • [パスワード]:大塚商会アルファメールのパスワード

送信メールサーバ

  • [ホスト名]:amsub.ドメイン名
  • [ユーザ名]:登録したいWebメールアドレス
  • [パスワード]:大塚商会アルファメールのパスワード

※ここで「SSLで接続できません」というメッセージが2回出る場合は、どちらも「はい」を押します。

先ほど作成したメールアドレスを選択する

[詳細]をタップする

一つのメールをiPhoneとパソコン、どちらでも受信する場合は「受信設定」の「サーバから削除」を[しない]にして完了をタップする

WADAXの場合

POPまたはIMAPを選び、受信メールサーバ・送信メールサーバを下記の通り入力して[次へ]をタップする

受信メールサーバ

  • [ホスト名]:各ドメイン名.wadax.ne.jp
  • [ユーザ名]:登録したいWebメールアドレス
  • [パスワード]:WADAXのパスワード

送信メールサーバ

  • [ホスト名]:各ドメイン名.wadax.ne.jp
  • [ユーザ名]:登録したいWebメールアドレス
  • [パスワード]:WADAXのパスワード

先ほど作成したメールアドレスを選択する

「送信メールサーバ」にある[SMTP]をタップする

「プライマリサーバ」をタップする

[認証]をタップし[MD5チャレンジ応答]に変更する

下記設定になっていれば[完了]をタップする

  • [SSLを使用]:オン
  • [認証]:MD5チャレンジ応答
  • [サーバホスト]:465

自動認証されたら、利用したい項目をオンにして[保存]をタップする

[メール/連絡先/カレンダー]に登録したWebメールが表示されれば完了

Pocket

>>続きます(次ページボタンは下にあります)
【得する話】iPhone 8・iPhone Xの購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

iPhone 8・iPhone Xを予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 iPhone 8・iPhone Xなど最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ドコモはこちら
→ソフトバンクはこちら
→auはこちら

→おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ケータイ乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう
1 2 3 4

関連記事