簡単・確実にiPhoneバックアップできる目的別の全手法

iPhone バックアップ

新しく機種変更して携帯を購入した場合や、万が一の故障のことを考えて、iPhoneに入っている情報のバックアップをとっておきたいけれども、その方法がわからず困ってはいませんか?

実は、iPhoneのバックアップにはいくつか種類があり、「手軽に取りたい」「しっかり取りたい」など、目的に合わせてその方法を選ぶことができます。種類に応じて、取ることができるバックアップのデータも異なりますので、守りたいデータに合わせて方法を選ぶこともできます。

今回は、目的に合ったiPhoneのバックアップの取り方とその復元方法、機種変更の前にやっておいた方がいいことなどをご紹介します。1つ1つ丁寧に画像付きで解説しているので、誰でも確実にiPhoneのバックアップが実現できるはずです。

目次

  1. iPhoneバックアップ 目的別3つの方法
  2. 【お手軽】iPhoneだけでバックアップを取る方法
  3. 【手間いらず】定期的にバックアップを取る方法
  4. 【機種変におすすめ】PCにつなげてしっかりバックアップを取る方法
  5. バックアップデータを復元する方法
  6. 機種変更前のバックアップで合わせてやっておいた方がいい2つのこと

1. iPhoneバックアップ|目的別3つの方法

iPhoneのバックアップ方法は、目的別に3つに分けることができます。

手軽さ Wi-Fi バックアップの情報量 目的
方法1 必要 故障に備えて最低限のバックアップだけは取っておきたい
方法2 必要 手間を掛けずに最新情報のバックアップを取りたい
方法3 面倒 不要 機種変更するのでできるだけしっかりバックアップを取りたい

ポイント1. Wi-Fiの有無

1と2はiPhoneだけで手軽に行える方法ですが、Wi-Fi環境下でないとバックアップを取ることができません。

まとまった時間Wi-Fi環境下でiPhoneが使えないのであれば、3がおすすめです。なぜなら、バックアップを取るには、長いと数十分ほど時間がかかってしまうからです。

ポイント2. iTunes内の音楽

また、1と2の方法では、購入したもの以外の音楽のバックアップを取ることができません。CDなど、ご自身でiTunesに加えたもののバックアップを取りたいなら、3の方法でバックアップを取ることをおすすめします。

一方、アプリデータや写真、メッセージの内容などは、1と2の方法でもしっかりバックアップを取ることができます。機種変更をするにしても、とりあえず最低限の情報だけあればいいという方は、1や2だけでも事足りるでしょう。

 

2. 【お手軽】iPhoneだけでバックアップを取る方法

Wi-Fi環境下で、iCloudにバックアップデータを保存する方法です。iOS 5以降対応の方法ですので、iOS 5以前のバージョンをお使いの場合は、バージョンアップしてご利用ください。

1.設定アプリを起動する

LINE 引き継ぎ

2.Wi-Fi環境がオンになっていることを確認する

LINE 引き継ぎ

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!
携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら

1 2 3 4 5

関連記事