皆さんは、スマホの初期化の際にはどうのような対策をとっているでしょうか?

その対策には様々な方法があります。そこで今回はそのデータのバックアップの取り方から、詳しく解説していきます。

バックアップには、アプリで行う場合とGoogleアカウントで行う場合など様々な方法がございますので、是非とも今後初期化をする機会があると思われますので、その時の参考にしてみてくださいね。

スマホの初期化はどうすればいいの?

Androidの初期化の仕方

一般的にAndroidスマホの初期化というと「工場出荷状態に初期化」を指します。スマホに関連付いたGmailやSNSなどのアカウント情報を解除し、スマホ内に残っている画像やスクリーンショット・音楽データ、インストールしたアプリやアプリの設定など、端末購入後に追加されたデータが見えなくなります。

この「工場出荷状態に初期化」では、前述の「目次情報だけの削除」である可能性があります。

スマホの再インストールなどであれば問題はありませんが、売却や譲渡の場合はスマホ内の個人情報がきちんと削除されていなければ気持ち悪いものです。

実データに直接アクセスされないためにも、以下の手順を踏むことをお勧めします。

①端末を暗号化し、データだけ覗いてもわからない状態にする
②その上で初期化する(目次情報を削除する)

この手順を踏むのがより安全に初期化する方法となります。

お財布携帯の際は注意が必要!

おサイフケータイを利用したことがある人は、購入履歴などのデータも消去したいところです。

しかし、おサイフケータイのデータ消去に関しては登録時のSIMカードが必要なケースがあったり、消去が完了していない場合、買い取り業者が買い取りを断るケースもあります。

おサイフケータイのデータは、新しい機種に適切に移行するか確実に消去しましょう。移行をすると古い端末からデータを自動的に消去してくれる場合もあります。

スマホを初期化する際の注意点とは?

初期化する前に行いたいバックアップリスト

スマートフォンは標準でSDカードに電話帳や通話履歴を保存できる「SDカードバックアップ」という機能があります。

事前にバックアップを取っていれば、簡単にデータを取り込むことが出来ます。以下は、その手順となります。

①ホーム画面から、「メニューボタン」を押します。続いて、「ドコモバックアップ」を選択しましょう。
②SDカードにバックアップした場合は「microSDカード」、お預かりセンターへ保存した場合はお預かりセンターを選択します。
③そのあと「復元」をタッチしましょう。
④復元設定で復元したいデータの「選択」を押します。

⑤復元したいデータの項目にチェックを入れ、「選択」をタッチします。
⑥「追加」、「上書き」を指定し、「復元開始」をタッチしましょう。
⑦アプリパスワードの入力を求められます。初期設定では0000に設定されているはずです。パスワードを入力して「OK」をタッチすると復元が開始されます。

Googleアカウントに置ける初期化の準備

Android 5.1以降を搭載している場合は、初期化をする前に、スマホからGoogleアカウントを削除しておきましょう。

ログインした状態で初期化をすると、再設定時に同じGoogleアカウントの入力を求められます。

自分が引き続き使う場合は構いませんが、中古ショップなどで売却して他人が使う場合、初期設定ができなくなることがあります。

悪意ある人がいたずらに初期化・再設定をするのを防ぐ措置なので、一手間増えますが初期化前に対応しておきましょう。

【端末の暗号化を実行】

スマホで写真などのデータを削除するとしっかり消えているように見えますが、実はファイルの「インデックス」と呼ばれる目次情報を削除しているだけ、というケースがあります。

この状態だと、スマホを操作しているだけでは見えませんが、内部のストレージにはデータが残っているので、悪用を考える人に抜き出される恐れもあります。

そこで、データを暗号化しておくのが安全策です。暗号化をしておけば、たとえデータを抜き出されても復元するのに必要な情報がないので、中身を見られる心配はありません。なお、暗号化作業には時間がかかります。

途中で電源が切れると一部またはすべてのデータが失われる可能性もあるため、電源に接続した状態で実行しましょう。

また、Android 5.0以降では基本的にデフォルトで端末の暗号化が有効になっており、初回に電源を入れると同時に、自動でデータが暗号化されます。このため、手動で暗号化をおこなう設定が付いていない機種もあります。

データの暗号化とは?

スマホを初期化すると、すべてのデータが消えて工場出荷前の状態に戻ります。初期化自体はすぐにできますが、データのバックアップ・移行・復元や暗号化など、端末の「設定」から初期化前にやるべきことを事前に確認しておきましょう。

【外部サービスのアカウント情報を確認】

GoogleやTwitter、FacebookなどのウェブサービスやSNSのアカウント情報は、事前に記録しておきましょう。

初期化する前に、新しいスマホでも使えることが確認できれば安心です。なお、LINEアカウントの引き継ぎ方法は少しコツがいるので、利用情報が消えないように注意してください。

また、ドコモやau、ソフトバンクといったキャリアのアカウント情報も月額料金やデータ残量の確認などに使用します。引き続き同じキャリアを利用するのであれば、確認しておきましょう。

【写真や連絡先などデータのバックアップ】

写真や連絡先など新しいスマホでも使用する情報は、バックアップを取っておきましょう。

【SDカードを初期化】

Androidスマホには、SDカードが使える機種もあります。初期化する場合は、スマホ本体とは別に作業をする必要があります。

端末の設定にはSDカードを初期化するメニューもあるので、忘れずに実行してください。

SDカード内のデータを残しておきたい場合は、パソコンやクラウドストレージなどに保存しておきましょう。なお、新しいスマホで引き続きSDカードを利用するなら、そのまま使えます。

スマホを初期化した時にアプリはどうなるのか?

アプリのバックアップ必須

追加でダウンロード&インストールしたアプリは初期化で削除されてしまいます。またダウンロードすればよいのですが、公開停止になっていたりする事にも注意しましょう。

専用のバックアップソフトでアプリのバックアップを取ったり、最低でもアプリのメモを取っておいた方が良いと思います。アプリのバックアップは「アプリ自動バックアップ」がおすすめです。

スマホ機種変更でアプリを確実に引き継ぐための2ステップ

LINEアカウントデータはどうなるの?

スマホの初期化を行うとLINEのデータはどうなるのかというと、結論から言いますとアカウント自体の情報はスマホに保存されてるわけではないので、削除されることはありません。

ただし、再びログインするときにメールアドレスと登録時に入力したパスワードの入力を求められるので、これらの情報は忘れないようにどこかに控えておくことをおすすめします。

(電話番号認証だけでLINEを利用している人は、機種変更などで電話番号をするとアカウントにログインできなくなるので注意が必要です。)

トーク履歴もスタンプも!LINEの引き継ぎ完全マニュアル

スマホを初期化した際のデータの復元方法

Android端末のデータ復元方法

Android端末は沢山の端末が出ているので、すぐに乗り換えを考えている方多いと思うのですが、そうなると心配なのは古い端末のデータ初期化になります。

古い端末のデータの初期化が完了するとその端末の自分のデータはなくなるので、安心して古い端末を売りに出したり、譲ったりできます。しかし、問題は古い端末のデータを初期化した後に、移行していないデータがある事に気付いた場合になります。

古い端末の初期化は基本として新しい端末に必要なデータを移行してから行うのですが、手動で行っている方を中心に移行ミスが出てくるので、どうしても初期化した後に移行し忘れたデータが出て来るという事態は避けられないのです。

予防策もないので、対策としては初期化した後もデータが復元する対応が必要になるのです。そんなAndroidを初期化した際に復元したいと思って対応してくれるソフトにdr.fone-Androidデータ復元があります。

dr.fone-Androidデータ復元は間違えて削除したデータの復元対応も行っており、またAndroidに特化した復元ソフトなために復元されるソフトの品質も高いのです。

そのため、初期化したデータを綺麗に復元したいと考えている方にも最適なソフトとなっています。

また、Wondershareのdr.fone-Androidデータ復元は初心者でも簡単に復元する事ができ、復元したデータも高品質なので、魅力的なソフトでもあるのです。

そんなdr.fone-Androidデータ復元の使用の仕方から詳しく説明していきます。まずは初期化されたAndroidからデータを復元できるソフトをパソコンに入れましょう。

スマホのデータ復元

スマホの操作ミスで大切なファイルを削除してしまったり、添付ファイルを保存したつもりでメールを削除してしまって、スマホのデータが消えてしまうことがあります。

パソコンでは、「ゴミ箱」を空にしない限り、削除したファイルを復活させることができます。

しかし、スマホには、パソコンと違って「ゴミ箱」がないため、一度消えたデータを復元するのは容易ではありません。そこで最後の手段となるのが「データ復元ソフト」です。

スマホを初期化する際に電話番号はどうすれば復元できる?

アドレス帳を復元する方法

携帯電話本体に保存したデータを消去してしまった場合は元に戻すことができません。大切なデータはあらかじめメモを取っておくか、定期的にバックアップを取ることをおすすめします。

「ドコモ電話帳」アプリはクラウド(ネット上のサーバ)を利用しています。クラウドの利用を開始すると自分の端末に登録しているdocomoアカウントの電話帳・グループなどの電話帳データがクラウドサーバにアップロードされます。

端末で電話帳データを編集・追加・削除した場合は同期が行われ、自動的にクラウドに反映されるようになっています。その他の方法も合わせ、電話帳のデータを復元してください。

「ドコモバックアップ」アプリを活用することで、microSDカードなどにバックアップした電話帳のデータを復元できます。

また、電話帳のデータをネット上に預け、データを復元できるサービス「ケータイデータお預かりサービス」からも電話帳を復元できます。

(上記の内容は、あくまでドコモ端末の復元方法です)

消えて困るデータについて

電話帳データが消えてしまった場合は、色々なパターンが想像できますが、Androidをお使いの場合は実はデータは消えておらず電話帳アプリの表示の問題で消えたように見えるということもあります。

あきらかに消してしまった場合や空のデータで同期してしまった場合などはデータ復旧を使わなくてはいけない可能性も高いですが、他にもいくつか方法がありますので試せそうなものを試してみてください。

①電話帳データの表示設定(Android)

Androidでは、色々なアカウントに電話帳を保存できるように作られているものがあり、電話帳アプリでは全てのアカウントに保存されている電話帳データを表示したり、一部のアカウントに保存されているデータだけを表示したりと表示内容を切り替える設定があるものがあります。

端末やキャリアによって操作方法が違うので全ての方法をご紹介することは難しいですが、操作がわかりそうな方は電話帳アプリ内の表示メニューから全てのアカウントに保存されているデータを表示できるように設定を変更してみてください。

もし、わからないという方はGoogle Play(Playストア)から、他の電話帳アプリをインストールするという方法もあります。

ストア内の検索上位に上がっているものの中からひとつインストールしデータが残っているか確認してみましょう。

②旧端末からの移行(代替案)

前回の機種変更からあまり期間が空いていない場合やあまり重要なデータは増えていないという場合は旧端末からの移行という手段もあります。

データ移行をキャリアショップでお願いしたという人はキャリアショップでもう一度移してもらえないか確認してみましょう。

③SDカード内にバックアップがないか確認(Android)

もしSDカードを本体内に入れている場合は、SDカード内にバックアップデータがないか確認してみましょう。

自分でバックアップしていなくても何かの時にキャリアショップでバックアップをしてくれていることもあるので、キャリア製のアプリを使って確認するのが良いでしょう。

操作がわからないという場合は、キャリアの公式サイトにバックアップデータの復元方法が紹介されているのでそちらを確認してみてください。

④クラウドにデータがないか確認する

Androidの場合は自分で設定していないのであれば、データが保存されている可能性があるのはキャリアのクラウドサービスです。

iPhoneの場合はiCloud内にデータが保存されていないか確認してみましょう。iCloud内のデータはスマホで直接見ることはできないので、データはありそうだけど確認してから復元したいという場合はパソコンから確認することができます。

⑤データ復旧サービスを使う

最近では、キャリアでもデータ復旧サービスを行っていることもあるようですが、それなりに費用や条件があるようです。

手っ取り早く復旧したいという人の場合は民間のデータ復旧会社に依頼するという方法もありますし、ソフトを購入して自力でなんとかすることもできないわけではありません。

復元作業なんて自分でできそうにないという方も場合は、一度きりなのであればソフトを購入うするよりもデータ復旧業者に依頼する方が安心です。

ちなみに、データ復旧サービスを使ったことがない人は安易に安価なサービスに手を出しがちですが、これは正しい選択だとは言えません。

安かろう悪かろうというわけではありませんが、正直こういったデリケートな依頼に関してはあまり料金の安すぎる業者や、実績が不明な会社は選択しない方が良いでしょう。

「安いところで試してダメだったら違うところで依頼すれば…」と考える人もいらっしゃるかもしれませんが、その手は通用しないことがあります。

というのも、スマートフォンのデータ復元というのは高い技術力が必要な作業です。

業者の中には実際には大した復元技術を持っていないところもあり、そういったところにスマホを預けてしまうと稚拙な作業で中のデータを破損されてしまうという悲劇を生む可能性が十分にあります。

スマホを初期化する際のバックアップの取り方

バックアップはスマホのアプリもしくはGoogleアカウントで!

Androidのバックアップ方法は、大きく分けて2つの方法があります。1つは、OS標準のバックアップ機能を用いる方法。もう1つはバックアップアプリを用いる方法です。

OS標準のバックアップ機能は、本体のみで設定できるので非常に手軽です。

ただし、この方法は、Googleアカウントと同期させてバックアップをするという仕組みですので、Googleアカウントと紐付けされているものしか保存されません。

主なものは、アプリ、Wi-Fiのパスワード、ブックマーク、各種設定、同期しているアプリのデータなどです。

写真や音楽などのコンテンツを含めたバックアップをとりたい場合は、アプリを使うのがオススメです。こうしたユーティリティー系のアプリが充実しているのは、iPhoneにはないAndroidの特徴といえるでしょう。

バックアップアプリはさまざまな種類がありますが、ここでは代表的な「JSバックアップ」を例に、手順などを説明します。詳しくは後述しますが、SDカードもしくはDropboxなどのクラウドサービスを用意しておくとよいでしょう。

Googleアカウントを使った復元方法

①「設定」アプリを開いて、「バックアップとリセット」をタップする

Android OS標準のバックアップは、「設定」アプリの「バックアップとリセット」で行います。Googleアカウントは、あらかじめ設定しておきましょう。なお、Androidスマホは機種によって画面や項目名が異なる場合があります。

②バックアップをオンにする

「バックアップとリセット」をタップすると、「私のデータをバックアップ」という項目が表示されます。ここをタップしましょう。これで自動バックアップが開始されます。

以上で、OS標準のバックアップの設定は終了です。

バックアップされるデータは、Googleカレンダーの設定、Wi-Fiパスワード、Gmailの設定、Google Playからインストールしたアプリ、言語と入力の設定など、Googleアカウントと紐付けされているものに限られますが、とりあえずの復元や機種変更時の設定には役立ちます。復元する場合は、新しいAndroidスマホを起動した際に、同じGoogleアカウントでログインするだけでOKです。

アプリを使って行う場合

①バックアップアプリをインストールする

「Play Store」でバックアップソフトを検索し、インストールします。バックアップアプリは複数ありますが、ここでは「JSバックアップ」を選びました。連絡先や通話履歴、システム設定のほか、画像や音楽データなどのバックアップも可能です。

②バックアップをスタート

まず「バックアップ」ボタンをタップします。これでバックアップの手順がスタートします。バックアップ先は、SDカードかクラウドストレージ(Dropboxなど)を選べます。ここではSDカードを選択しました。するとバックアップデータの抽出が始まります。バックアップ先など、概要が表示されますので確認しましょう。スクリーンショットを撮っておくことをオススメします。問題なければ「スタート」をタップしましょう。

③バックアップデータを作成

バックアップが開始されました。データの量にもよりますが、かなり時間がかかる場合もあります。編集部での検証では、40分ほど要しました。電話などがかかってこない時間帯を選ぶといいでしょう。

④バックアップが完了

バックアップが終了するとファイルが自動的に圧縮され、「バックアップが完了しました」という表示になります。

バックアップされた項目も、ここで確認できます。以上で、アプリを使ったバックアップの手順は終了です。

復元する場合は、SDカードを挿入しJSバックアップをインストールしたAndroidスマホでアプリを起動し、「復元」をタップします。

なおJSバックアップでは、Wi-Fi経由でパソコンにバックアップしたり、アカウントの代わりにQRコードを生成してデータの移行を行ったりするといった機能も搭載しています。

iPhoneとAndroidの初期化方法と注意点・バックアップの取り方のまとめ

スマホの初期化については、誰もが一度はやると思われます。そんな時に疑問に思うのが「バックアップ」ですよね。

今回は、そのスマホの初期化に対してのバックアップをメインに様々なことを解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

初期化する際の、データのバックアップの方法は端末によっても違ってきますので、その辺を気をつけながらスマホライフを楽しんでくださいね。

スマホのデータ移行に失敗しないために、データ移行の前に確認すべき手順【保存版】

Pocket