HUAWEI honor 9 は日本ではSIMフリースマートフォンとして2017年10月12日から発売開始されました。

今回は特徴やスペックなど詳しく紹介するとともに、辛口でレビューをしていこうと思います。

HUAWEI honor 9 を取り扱っているMVNOの紹介や、

機種変更手続きの手順や、お得なキャンペーンもご紹介していきますので、乗り換えをご検討中の方などの参考になれば幸いです。

HUAWEIってどんな会社?

まずは、HUAWEI honor 9を作り出したHUAWEIについて知っていきましょう。

HUAWEIについての基礎知識

HUAWEIは中国語表記だと「華為技術」と書き、日本語での読み方は「ファーウェイ」です。

1987年に中国の深センにICTソリューションプロバイダーとして設立されました。通信事業者向けネットワーク事業や、法人向けのICTソリューション事業、コンシューマー向けの端末事業など各分野において確固たる優位性を確率しています。

HUAWEIは、「通信技術を通じて人々の生活を豊かにする」というビジョンの基に、情報格差の解消や、情報化社会がもたらす利益を誰もが享受できるような世界を目指して日々尽力しています。

2005年には、ファーウェイジャパン(華為技術日本株式会社)も設立され、従業員のうち75%は現地採用となっており、多くの日本人もこの企業で働いています。さらに、東日本大震災の復興支援や地域社会への寄与などさまざまな活動を続けています。

HUAWEIは環境にも優しい企業

HUAWEIは環境にも配慮した取り組みを行っており、電力消費や二酸化炭素排出量など環境負荷を削減し、長い目で見た社会形成、経済の発展にも貢献しています。

2014年7月14日に、環境に配慮したグローバルサプライチェーンを推進し、end to endで環境への負荷削減を目指した事業運営を進めていくことを発表しました。今後は徐々に多くの企業からの参加を目標に、将来的には環境負荷低減を考慮した取り組みを取引の際の必須条件とする予定です。

更に、2013年度には自社の電力消費量を4,200万キロワット、二酸化炭素3万8,000トン分相当の削減に成功しています。

HUAWEI honor 9について

HUAWEI honor 9 の特徴

3D曲面ガラスを搭載した、手に馴染むスマートなデザインです。背面には2000万画素と1200万画素のダブルレンズで暗い場所での撮影でも、明るい写真が撮れるF値2.2のレンズを搭載。CPUは高性能な「Kirin960」とメモリは4GBの大容量を搭載しており、8コアもあるので快適な操作感です。

ストレージは64GBもあるので、外部メモリーなしでもアプリや写真などのコンテンツをたくさん保存できるので嬉しいですね。

さらに3200mAhの大容量バッテリー搭載で、電池持ちも抜群。バッテリーの消耗の激しいゲームなども気にせずに楽しむことができます。急速充電にも対応していて、付属のACアダプタであれば約30分で40%まで充電できます。(※使用状況などにより異なる場合があります)

また、高感度な指紋認証で大切なデータを守ります。指紋認証であれば、本人以外解除することはできないので、盗難にあったり、第三者に操作されるなどの場合のセキュリティ面でも安心して利用できます。

スペック

CPU HUAWEI Kirin 960 オクタコア
メモリ RAM:4GB  ROM:64GB
OS Android7.0
ディスプレイ/解像度 5.15インチIPS液晶/1920×1080ドット フルHD
カメラ フロント:2000万画素モノクロセンサー、1200万画素カラーセンサー(F2.2)

インカメラ:800万画素(F2.0)

サイズ 高さ約147.3mm×幅約70.9mm 厚さ約7.45mm
質量 約155g
対応SIMサイズ nano SIM
対応外部接続端子 USB Type-C
バッテリー 3200mAh(急速充電対応)

カラー展開

サファイアブルー

光沢のある、まるでオーロラのような綺麗なブルーですね。

グレイシアグレー

こちらはシルバーのように光沢のあるグレーです。

ミッドナイトブラック(楽天限定色)

こちらは楽天モバイルのみで取り扱っている限定色のミッドナイトブラックです。シックなブラックでとてもかっこいいですよね。楽天モバイル限定色というプレミア感も相まって、さらに魅力的です。

HUAWEI honor 9のメリット

コンパクトで手に馴染む

5.15インチという画面サイズは大きすぎず小さすぎす、片手操作もしやすいとてもコンパクトで手に馴染むデザインになっています。更に、約7.45mmという薄さで、液晶ガラスがカーブしたデザインになっているので、とても持ちやすいです。

HUAWEI Kirin 960搭載の高性能CPU

HUAWEIが製造するハイスペック、高価格帯スマホにも搭載されている、HUAWEI Kirin 960を搭載しています。RAMは4GBあり、オクタコアなので大容量のゲームや、アプリもサクサク利用できます。高性能スマホは画面サイズや端末自体も大きめなものが多いので、高性能でコンパクトなものが欲しいひとにはもってこいの機種です。

高画質なカメラで一眼レフ並みの写真が撮れる

背面カメラは2つあり、2000万画素と1200万画素あります。この2つのカメラで光学2倍ズームにも対応し、2倍にズームしても画質を落とさずに写真や動画撮影が可能です。更に、一眼レフで撮影したような被写体の背景をぼかした写真を手軽に撮れ、撮影後のピント調節もできてしまいます!

本体ストレージが64GB

HUAWEI honor 9の本体ストレージ(ROM)は64GBもあります!それだけでもデータやアプリを保存するには十分です。万が一、足りなくなったとしても様々なクラウドサービスを利用したり、microSDカードも最大256GBまで対応しているのでかなりの容量を使用でき、安心ですね。

デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応している

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)という言葉を聞いたことがある人は少ないかもしれません。日本の大手3代キャリアのdocomo、au、softbankで購入できる端末の中に、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応している端末は現在ありません。

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)とは、1台のスマートフォンに2枚のSIMを同時に挿して、2つのSIMで同時に待ち受けが可能な状態ことを指します。

DSDSができることで何が便利になるのかというと、プライベートと仕事用の2台持ちしている人は1台のスマートフォンで2つの回線が使用できる為使い分けができます。また、通話のプランはdocomo、ネットはMVNO(格安SIM)と行ったようにお得なプランを組み合わせることもできてしまうのです。

DSDSの場合、回線を切り替える必要もなく使い分けできるので、とても便利なのですが、片方のSIMの回線を利用して通話している間は、片方の通信は停止してしまう為、通話中のメール受信などができない場合があるので注意が必要です。

メリットは大きいですが、上記のようなデメリットや注意点もあるため、よく確認してから契約することをおすすめします。

HUAWEI honor 9のデメリット

いいこと尽くしに思えるHUAWEI honor 9ですが、デメリットもあります。今回は辛口レビューということで、デメリットもご紹介していきます。

防水・防塵に対応していない

iPhoneも防水に対応し、現在日本で販売されているスマートフォンのほとんどが対応している防水・防塵性能。日本人にとっては当たり前のように対応していると思ってしまいそうな防水・防塵機能なのですが、HUAWEI honor 9は残念ながら対応していません。

水辺のアクティビティを楽しむ場合や、家事の合間の操作など、そう行った場合は使用できません。精密機械なので、水や埃などは大敵ですよね。急な大雨なども気が気じゃないので、外でお仕事をされる方などにはあまりおすすめできません。

おサイフケータイ非対応

こちらも日本では当たり前のように使用されているおサイフケータイの機能ですが、こちらも残念ながら非対応です。現在、コンビニや自販機以外にも様々なお店などで使用できるようになっている時代なので、対応していないとなると結構不便ですよね。荷物を最小限に減らして、財布を持たずに外出したい方には不向きな機種といえます。

au系のMVNO(格安SIM)はほぼ使用できない

前途でもお伝えした通り、HUAWEI honor 9はauやau系のMVNO(格安SIM)に対応していません。通話はできず、ネットなどの通信は使えるエリアが限られる為にほとんど使用できません。

auはCDMA2000という通信方式を使用しており、世界的にもこの通信方式を使用しているところは少なく、メーカーも積極的に対応端末を作るメリットがないのです。

一方で、docomoやdocomo系のMVNO(格安SIM)やsoftbankの通信方式に対応している端末は多いので、選択肢も広がります。

HUAWEI honor 9を購入する方法

HUAWEI honor 9を購入する方法をご紹介します。HUAWEI honor 9はSIMフリー端末なのですが、auの電波帯にはほぼ対応していない為、端末のみで購入するときは、契約するキャリアを決める際に注意が必要です。

docomoやdocomo系格安SIM、ソフトバンクやYモバイルとの相性はよく、ほぼ同エリアで利用可能です。auやau系の格安SIMを使う場合は、通話は使用できず、通信できるエリアもかなり限られる為、ほとんど利用できないと思っていていいでしょう。

楽天モバイルで購入する

ネットショップでも有名な楽天が提供する、楽天モバイル。MVNO(格安SIM)と一緒に契約が可能です。一括購入か分割購入か、どちらかの購入方法を選べます。楽天モバイル限定のミッドナイトブラックはここでしか購入できないので、ミッドナイトブラックの購入を考えている方は楽天モバイルで購入しましょう。

IIJmioで購入する

IIJmioはdocomoとauのプランを提供しているMVNO(格安SIM)ですが、HUAWEI honor 9が対応しているdocomoプランでのみ契約が可能です。購入方法は、一括購入か分割購入かのいずれかを選択できます。

イオンモバイルで購入する

イオンモバイルはdocomo回線を使用しているMVNO(格安SIM)です。こちらは回線契約と同時購入で端末をお得に購入できるキャンペーンを行なっています。購入するなら、ぜひSIMと一緒に契約しましょう。

楽天モバイルについて

ネットショップなどの通販でも有名な楽天が提供するMVNO(格安SIM)、楽天モバイルのご紹介です。

購入方法は店舗来店かネットショップ

全国に約100店舗の実店舗があるので、最寄りのショップへ行って購入することができます。契約内容など、しっかり説明を聞きたい人はショップへの来店をおすすめします。

一方ネットショップでの購入の場合、送料は無料なので自分で設定など何でもできてしまう人はネットショップでの購入も手軽でおすすめです。

端末価格

端末価格は、一括払いの場合税込35424円です。分割で24回払いの場合は1476円/月の金額になります。支払い方法が、楽天カード、Visaカード、mastercardの3種類のクレジットカードを選べます。クレジット会社によって、分割手数料がかかる為、それは自己負担なので事前に確認しましょう。

楽天カードでの支払いの場合は、手数料は無料です。もし楽天カードを持ってない場合は、契約を機に楽天カードを作られることをお勧めします。2018年2月現在、新規申込で8000円分のポイントが付与されるキャンペーンをやっているので、今がお得にHUAWEI honor 9を購入するチャンスです。

料金プラン

料金プランは、スーパーホーダイと組み合わせプランの2種類あります。

スーパーホーダイ

スーパーホーダイは、通話SIM専用の料金プランで、通信速度最大1Mbps使い放題と、国内通話5分かけ放題がセットになったものです。メインで使う方はスーパーホーダイでの契約をおすすめします。スーパーホーダイのプランは下記の3種類あります。

プランS プランM プランL
月額基本料 2980円/月 3980円/月 5980円/月
通話

楽天でんわアプリ使用or頭に(003768)をつけて発信

5分以内の国内通話料無料(5分以上は10円/30秒で加算)

 

楽天でんわアプリ使用or頭に(003768)をつけて発信

5分以内の国内通話料無料(5分以上は10円/30秒で加算)

 

 

楽天でんわアプリ使用or頭に(003768)をつけて発信

5分以内の国内通話料無料(5分以上は10円/30秒で加算)

 

データ通信

高速通信容量  2GB/月

高速通信容量を使い切った場合でも、最大1Mbpsの速度でデータ通信の利用が可能です。

(通信が混み合う時間帯の12:00-13:00、18:00-19:00は最大300kbps)

高速通信容量 6GB/月

高速通信容量を使い切った場合でも、最大1Mbpsの速度でデータ通信の利用が可能です。

(通信が混み合う時間帯の12:00-13:00、18:00-19:00は最大300kbps)

高速通信容量  14GB/月

高速通信容量を使い切った場合でも、最大1Mbpsの速度でデータ通信の利用が可能です。

(通信が混み合う時間帯の12:00-13:00、18:00-19:00は最大300kbps)

通話は、毎回5分以内であれば無料でかけ放題です。5分を超えると有料になりますが、30秒10円と割安になっています。料金プランは利用状況に応じて変更も可能です。手数料も無料で、毎月1日の0時〜25日の23時59分までに変更手続きをすれば翌月1日から新しいプランが適用されます。

大手キャリアも、契約しているプランによって上限を超えると速度制限がかかりますが、楽天モバイルの場合速度制限がかかっても最大1Mbpsの速度でデータ通信できます。1Mbpsもあれば、Youtubeの標準画質での視聴などは問題なくできるでしょう。画像や動画の記載が少ないページであれば、インターネットやSNSの利用も比較的ストレスなく使用できる範囲です。

ダウンロード済のアプリ内の通信は問題ありませんが、新たにアプリをダウンロードしたり、大容量のアップデートなどは時間がかかる場合があります。また、混み合う時間帯の12:00-12:00、18:00-19:00の間は最大300kbpsになるので注意しましょう。

データ通信量は、楽天モバイルSIMアプリをつかって、いつでも確認でき、高速通信のON/OFFの切り替えができます。マメに確認しながら切り替えることで、データ量を節約できるので効率的です。

スーパーホーダイを契約するときは最低利用期間を1年〜3年と選択でき、期間をすぎた場合の解約金はかかりません。他社と違って自動更新もない為安心です。

組み合わせプラン

組み合わせプランとは、用途に応じて高速通信容量プラン、通話オプションなどを組み合わせて契約することができるプランです。データSIMのプランは、SMS利用ありかなしかを選べます。プランは以下の通りです。

通話SIM 050データSIM

(SMS利用あり)

データSIM

(SMS利用なし)

ベーシックプラン

1250円 645円 525円
3.1GBプラン 1600円 1020円 900円
5GBプラン 2150円 1570円 1450円
10GBプラン 2960円 2380円 2260円
20GBプラン 4750円 4170円 4050円
30GBプラン 6150円 5520円 5450円

利用状況に応じて、毎月1回まで手数料無料で月額基本料のプラン変更を行えます。こちらの組み合わせプランの場合も、契約しているプランのデータ通信量上限を超えると速度制限がかかります。スーパーホーダイと違うのは、速度制限時の速度は最大200kbpsとなる為注意しましょう。

万が一、当月中にデータ通信容量を使い切れなかった場合は翌月に繰り越しができます。更に、余った繰り越し分を翌月に契約者間で分けあえる、データシェアサービスが開始され、本人以外にも楽天モバイル契約者であれば、家族や友人まで最大5回線で共有できます。

データシェアサービスを利用するためには、月額100円(税別)で契約が必要です。こちらの月額料金は、シェアするグループ全員に発生します。また、通話をする為には以下の通話オプションの契約が必要になります。

・楽天でんわ5分かけ放題by楽天モバイル/月額850円

5分以内の国内通話は何度でもかけ放題です。5分以降は30秒10円で通話可能です。月額基本料0円で、通話した分だけ30秒10円で課金されるタイプの「楽天でんわby楽天モバイル」もあります。

割引、キャンペーン

楽天会員割

スーパーホーダイプランSの場合、楽天会員割適用で1年目は月額1980円で契約できます。プランM、Lの場合も1年目は1000円安い2980円、4980円となります。2年目からは通常の料金に戻ります。楽天会員ではない場合はこの割引は適用されない為注意しましょう。

更に、今ならスーパーホーダイを楽天会員割適用で新規申し込みした場合、初月はプランS、M、Lすべて1980円になります。利用月の楽天会員ランクがダイヤモンドの場合、ダイヤモンド会員割が適用され、さらに月額500円割引されます。ちなみに、これらの割引は組み合わせプランは対象外になります。

[スーパーホーダイ新規契約者特典]長期優待ボーナス

今なら、スーパーホーダイ新規契約時に、最低利用期間3年を選択した場合は20000円、2年を選択した場合は10000円のキャッシュバックが受けられます。楽天会員で、スーパーホーダイプランSで最低利用期間3年選択時のキャッシュバック20000円を受けた場合、実質9ヶ月間は基本料金が無料になります。

家族・自分にもう1回線!3ヶ月無料キャンペーン

通話SIM契約の方のみ限定で、もう1回線分追加で新規申し込みすると、追加で契約した回線の分の月額基本料 最大3カ月分と事務手数料が無料になるキャンペーンです。

お友達紹介キャンペーン

楽天モバイル通話SIMを契約した人限定で、紹介者が楽天モバイルで通話SIMを契約した場合に特典のポイントが付与されるキャンペーンです。紹介する人は、1人紹介するごとに最大3000ポイント、紹介される人は最大1500ポイントもらえます。このポイントは契約するプランによって違います。

さらに、紹介された人は楽天モバイルの店舗で平日に契約した場合+1000ポイントもらえます。紹介できる人数は2人までとなっており、3人目からは適用されないので注意しましょう。

法人企業を紹介した場合、紹介者は1社につき2000ポイントもらえ、紹介された法人企業は、契約時に申し込み回線ごとにかかる事務手数料3394円(税別)が全額免除となります。

3つの条件達成で7000ポイントプレゼント

楽天モバイルで通話SIM契約、楽天カード契約、月々の利用料金の支払いを楽天カードに設定の3つの条件を達成すると7000ポイントもらえます。

IIJmioについて

IIJというネットワークやシステムに必要な機能をクラウドベースで提供するIT企業です。この企業が個人向けモバイル通信として提供しているMVNO(格安SIM)がIIJmioです。

端末価格

端末価格は一括払いで39800円(税別)です。分割払いも選択でき、24回払いで1700円(税抜き)/月となります。

料金プラン

 

料金プランはdocomo回線に対応しているタイプDと、au回線に対応しているタイプAがあります。今回はHUAWEI honor 9がdocomo回線のみ対応しているため、タイプDをご紹介します。

料金プランタイプD

ミニマムスタートプラン

データ通信量(3GB)

ライトスタートプラン

データ通信量(6GB)

ファミリーシェアプラン

データ通信量(10GB)

初期費用 3000円 3000円 3000円
データ通信専用SIM 900円〜 1520円〜 2560円〜
SMS機能付SIM 1040円〜

(月額900円+SMS機能付加料金140円)

1660円〜

(月額1520円+SMS機能付加料金140円)

2700円〜

(月額2560円+SMS機能付加料金140円)

音声通話機能付SIM 1600円〜

(月額900円+音声通話機能付加料金1700円)

2220円〜

(月額1520円+音声通話機能付加料金1700円)

3260円〜

(月額2560円+音声通話機能付加料金1700円)

利用状況に応じて3つのプランから選ぶことができます。通話料金の単価などは統一されており、以下の通りになります。

通話料金単価 国内通話 20円/30秒
同一契約者(同一mioID)名義間 国内通話 16円/30秒
みおふぉんダイアル利用

(みおフォンダイアルアプリでかけた場合)

国内通話 10円/30秒

国際通話 10円/30秒(非課税)

同一契約者(同一mioID)名義間の国内通話 8円/30秒

通話定額(かけ放題)オプション 誰とでも3分、同一契約者(同一mioID)名義間10分

600円/月

誰とでも10分、同一契約者(同一mioID)名義間30分

830円/月

 

データオプション

データ通信を主に利用したい場合、上記のプランにデータオプションを付加契約できます。

データオプション20GB  3100円/月

データオプション30GB  5000円/月

キャンペーン

お友達紹介特典

契約者が、新規契約者を紹介した場合に適用される特典です。紹介者は月額料金から500円割引されます。1人紹介で500円割引×1ヶ月間、2人紹介で500円割引×2ヶ月間、3人紹介で500円割引×3ヶ月間の割引が適用され、5名以上でIIJmio認定バッチをもらうことができます。

さらに10人以上紹介すると、IIJmioロゴ入りモバイルバッテリーをもらえます。紹介された人は、契約プランのデータ量が2ヶ月間10%増量します。

イオンモバイルについて

端末価格

本体価格は一括購入で53800円(税込58104円)、24回分割払いで2421円(税込)/月となります。

料金プラン

イオンモバイルのプランは、大きく分けると「音声プラン」「データプラン」「シェアプラン」の3つです。この3つのプランの中で細かく分けられます。音声通話量は国内通話の場合30秒20円で、プランのデータ通信容量を超えた場合の速度制限時の最大通信速度は200kbpsとなります。

イオンモバイルの最大の特徴は、契約期間の縛りがなく、解約金もかからないことです。ほとんどが2年縛りなどで、更新月以外の解約は解約金がかかる場合が多いので、お試しで契約する場合でも気軽に契約できますよね。

音声プラン

音声通話、データ通信、SMSが利用できる王道プランです。

音声500MBプラン 1130円/月
音声1GBプラン 1280円/月
音声2GBプラン 1380円/月
音声4GBプラン 1580円/月
音声6GBプラン 1980円/月
音声8GBプラン 2680円/月
音声12GBプラン 3280円/月
音声20GBプラン 4680円/月
音声30GBプラン 6080円/月
音声40GBプラン 7980円/月
音声50GBプラン 10800円/月

こちらの金額に、通話した分だけ30秒20円で通話料金が加算されます。この音声プラン+850円/月で10分以内の国内通話がかけ放題になる、「イオンでんわ10分かけ放題」の契約ができます。

更に、データ通信のみのプランの方や、長時間の通話で10分以上の通話が多いという方には、1500円/月で時間を気にせず国内通話かけ放題の「050かけ放題」も契約可能です。

データプラン

インターネットなどのデータ通信のみできるプランです。SMS機能の利用も140円/月で付加できます。

データ1GBプラン 480円/月
データ2GBプラン 780円/月
データ4GBプラン 980円/月
データ6GBプラン 1480円/月
データ8GBプラン 1980円/月
データ12GBプラン 2680円/月
データ20GBプラン 3980円/月
データ30GBプラン 5380円/月
データ40GBプラン 7480円/月
データ50GBプラン 10300円/月

 

シェアプラン

SIMカード最大5枚利用可能で、複数デバイスを所有している人や、家族で契約する人に最適なプランです。SIMの4枚目、5枚目の追加の場合、基本料金にSIMカード1枚ごとに200円/月が加算されます。

シェア音声4GBプラン 1780円/月
シェア音声6GBプラン 2280円/月
シェア音声8GBプラン 2980円/月
シェア音声12GBプラン 3580円/月
シェア音声20GBプラン 4980円/月
シェア音声30GBプラン 6380円/月
シェア音声40GBプラン 8280円/月
シェア音声50GBプラン 11100円/月

キャンペーン

2018.2.20-2018.4.30の期間限定で、イオンモバイルキャンペーンが開催中です。そのお得なキャンペーン内容をご紹介します。

SIMカード発行手数料が2円

イオンモバイルのSIMは3つから選べます。au回線のSIM1種類とdocomo回線のSIM2種類です。こちらはイオン店舗「ご契約即日お渡し店舗」、デジタルワールド(オンラインショップ)、ゲオワールドのみ対象となります。

端末代がお得に

SIMとセットで購入すると、対象端末の端末代金が最大8000円割引になります。

総合的なHUAWEI honor 9の評価

今回はHUAWEI honor 9についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。RAMも4GBあり、オクタコアなので、ゲームなどされる方でもストレスなく使用でき、価格的にも3万円台から購入できるというのでコスパも抜群ではないでしょうか。

デュアルレンズ搭載で本格的なおしゃれな写真が撮影できるのも、インスタグラムなどSNSを利用している人にはおすすめできるポイントです。メインとしてもサブ機としても十分おすすめできる機種であることは間違いありません。

一方で、防水・防塵に対応していないところや、お財布ケータイが非対応なところは懸念されるポイントですね。現在、卒業、入学シーズンでMNPや新規で迷われている方など、少しでもこの記事が参考になれば幸いです。

 

Pocket