HUAWEI nova liteの評価・評判は?スペックや操作感を辛口レビュー

「HUAWEI nova lite」はHUAWEI(ファーウェイ)のSIMフリースマートフォンです。2017年2月24日に発売されました。大きなポイントは2016年にコストパフォーマンスの最も高い格安SIMスマートフォンとして人気の高かった「HUAWEI P9lite」よりスペックがアップして価格が安くなりより高いコストパフォーマンスを持っている格安SIMスマートフォンです。

HUAWEI nova liteのスペック、機種変更・乗り換え・購入方法、HUAWEI内でのスマートフォンとしての位置付け、競合品との比較、格安SIMについて案内していきます。

HUAWEI nova liteのスペック

HUAWEI nova liteの大きさは147.2 ×72.94×7.6mm、重さは147gです。OSはAndroid7.0Nougat/Emotion UI 5.0です。

ディスプレイ

5.2インチのフルHD液晶のディスプレイです。精巧な緻密さを感じさせる外観は素晴らしい美しさがあります。手に馴染むホールド感は素晴らしいです。手から離すのが逆に違和感を感じるほど持っているのが苦になりません。

ラウンドエッジ加工を両面のパネルに施行した2.5D曲面ガラスを採用しています。ガラスのカーブについて綿密により美しく見える角度を検討しています。

その結果ディスプレイ中心から外側のエッジの方に向かって緩やかな流線型のラインが究極の美しさを実現しました。手のひらの繊細な触感に馴染むことこそ、究極のスマホの形です。バックに入れておいて使うたびに取り出すことが煩わしくなるほど、常に手に持っていたいほど。

大容量バッテリー

3000mAhのバッテリーは使用レベルには個人差があリますが、通常の使用であれば問題はありません。電池容量の節約方法としては「設定」⇒「電池」でいろいろな電池についての設定ができます。参考データとして動画再生ではYouTube11時間。スマートフォンの平均レベルは8時間ほどですので優秀ですね。

CPU

オクタコ2.1GHzx4+1.7GHzx4 Huwei Kirin655は一般のユーザーでヘビーユーザーに近い人でもストレスはありません。しかし負荷のかかるゲームについては考慮すべきかもしれませんね。ポケモンやパズドラなどは快適に使えます。

3DゲームだとCPUの性能に依存する割合が高いので、キャラクターの輪郭のぎざぎざ感出るかもしれません。心配はその1点ですね。

格安SIMスマートフォンの性能の目安となるAnTuTuベンチマークは57000点です。この点数は格安SIMスマートフォンの上位クラスです。機種代22000円前後を考慮するとコストパフォーマンスの高さに驚きです。

メモリー

RAMは3GB、ROMは16GBです。RAMは十分です。ヘビーユーザーでも3GBで足ります。ROMの16GBは少し物足りないかもしれません。初期状態で7.5GBになっています。

ROM16GB搭載の格安SIMスマートフォンでは10GB前後の空き容量です。一般的なユーザーは足りないと思うときが来るかもしれません。対応方法としては購入時にマイクロSDカード32GBを購入し容量を増やしておくたほうが良いかもしれません。

高速指紋認証システム

ワンタッチでロック解除ができる高速指紋認証システムを採用しています。セキュリティーの確保、画面切り替え、カメラシャッターなど機能の多いセンサーです。

ファイルシステム・オーディオ技術

ファイルシステムEMUI5.0はファイルの読み書きや保存やアプリを開く時など高速処理を行います。SWS2.0(Super Wide Sound)テクノロジーにより臨場感たっぷりの3Dオーディオやサラウンド音響効果により今までに無い高品質の音楽が楽しめます。

カメラ

メインカメラは1200万画素(開口部F2.2/AF/BSI )、インカメラは800万画素開口部F2.2/FF/BSI )です。1.25㎛の大型ピクセルイメージセンサーは受光面積の大きいセンサーを採用しています。薄暗い場所でもクリアで鮮明な画像が撮れます。きめ細かな明るさを演出しています。

5枚組の高性能レンズによりきめの細かい鮮明な画像が撮れます。0.3秒の高度なフォーカスの象面位相差オートフォーカス(PDAF)技術で、速い動きの被写体をしっかりとらえ鮮明な画像を押さえます。

格安SIMスマートフォンのカメラ性能については大分レベルが上がっきてており、こだわりがそれほで強くなければ大きいな違いはないと思います。

デザイン

美しくて早いインターフェイスで洗練されたイメージを出しています。

スペック

サイズ 高さ約147.2mm
幅約72.94mm
厚さ約7.6mm
重さ約147g
カラー ホワイト、ブラック、ゴールド
対応OS Android™ 7.0 Nougat / Emotion UI 5.0
CPU Huawei Kirin655 オクタコア(4×2.1GHz+4×1.7GHz)
メモリ RAM:3GB / ROM:16GB / Micro-SDスロット(最大128GB)
バッテリ 3,000mAh
連続待受時間 LTE-FDD:約531h / WCDMA:約670h / GSM:約524h ※1
連続通話時間 WCDMA:約21h / GSM:約36h ※1
ディスプレイ 5.2インチ, FHD(1920×1080ドット), IPS
カメラ メインカメラ:1200万画素(開口部F2.2/AF/BSI)
インカメラ:800万画素(開口部F2.0/FF/BSI)
通信速度(受信時/送信時) 下り(受信時)最大150Mbps(LTE)
上り(送信時)最大50Mbps(LTE)
通信方式 FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
TDD-LTE : B40
W-CDMA : B1/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi 802.11b/g/n準拠 (2.4GHz),
Bluetooth® v4.1 with BLE
最大接続台数:8台
その他 SIM スロット:Nano SIM x 2
測位方式:GPS/AGPS/Glonass/Beidou
センサー:加速度, コンパス, 環境光, 近接, 指紋
本体付属品 ACアダプタ / USBケーブル / クリアケース / マイク付イヤホン / クイックスタートガイド / 保証書

HUAWEI nova liteはどんなスマホ?

一言でいえばnova liteはコストパフォーマンスの高いスマホです。多くのMVNOがセット端末として 打ち出しています。最新機種として十分に使えるスマホです。

HUAWEIはこれからも続々とグレードアップされて新機種を出してきます。スペック内容がよくても少々価格が高くても売れるものはありますが、HUAWEIが追求しているのは先ず優れたものを作り、売れる価格で提供する姿勢が感じられます。

いいものを安く、高度成長時代に日本の企業が追い求めたものが、今、HUAWEIが実践しているのかもしれません。

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!
携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


【知っている人だけが得する話】
最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

関連記事