スマホで音楽を聴く|アプリ、SDカード、CDから取り込む方法まとめ

スマホで音楽を聴くのが当たり前になりました。

なんとなく理解しきれていないのが「スマホに音楽を取り込む方法」です。

スマホに音楽を取り込む方法はいくつか存在していて、どれにもメリットとデメリットがあります。

またユーザーの環境によっては利用できない方法も。

最近は音楽ストリーミングサービスが一般的となり、パソコンを使わなくても気楽に音楽が楽しめる時代です。

この記事では「スマホで音楽を聴く|アプリ、SDカード、CDから取り込む方法まとめ」と題して取り込みの方法を分かりやすく解説します!

スマホに音楽を取り込む方法は大きく分けて3つ。

どの方法がもっとも気楽でしょうか?
この記事を参考に自分のミュージックライフにあった音楽を取り込むスタイルをみつけてください!

1.アプリを利用して音楽を取り込む

もっとも簡単な方法は、スマホ単体で音楽を楽しむことが可能な「アプリを利用して」取り込む方法です。
アプリを利用して音楽を聴くとは、以下の2パターンがあります。

  • 音楽アプリで楽曲を購入しスマホにダウンロード
  • 音楽配信サービスを利用して無料または有料でストリーミング再生

専用の音楽アプリを使ってスマホに取り込む方法がまず一つ。
次に音楽ストリーミングサービスのアプリを利用しネットを介して聴く方法です。

音楽アプリで楽曲を購入

もっとも正統派の聴き方が音楽をスマホから購入する方法。

音楽はミュージシャンが命を削って作っているので、許可されていないサイトからダウンロードするのは違法行為です。
必ずお金を払って購入しましょう!

音楽を曲単位、アルバム単位で購入できるのがiTunes Storeなどの音楽アプリです。

iPhoneの場合はiTunes Storeアプリを利用することで簡単に取り込める

iPhoneの場合は最初から入っているiTunes Storeのアプリを利用します。

  1. iTunes Storeをタップ
  2. 好きな音楽を選択して購入
  3. iPhoneのミュージックアプリで視聴

価格は1曲250円が基本で、アルバムは2,500円ほど。洋楽はさらに安くアルバムは1,500円ほどですからCDを買うよりもお得な場合があります。

セール時なら1,000円でアルバムが買えることも。レンタルが面倒な場合はiTunesで購入するのも手です。

Androidの場合はGoogle Playを利用することで簡単に取り込める

Androidの場合は最初から入っているGoogle Playのアプリから購入することができます。

  1. Google Playをタップ
  2. 好きな音楽を選択して購入
  3. Androidのミュージックアプリで視聴

こちらもiPhone同様に公式のアプリから曲単位、アルバム単位で購入することが可能です。手間はほとんどかかりませんが、お金は多少かかります。

音楽ストリーミングサービスを利用しよう!

シングル1曲やアルバム単位で購入すると費用がかさむ!もっと気楽に音楽を楽しみたい派のかたは音楽ストリーミンサービスを利用しましょう。

ユーザー登録をすることで音楽が聴き放題になるサービスです。

音楽ストリーミングサービスは基本的にアプリを介して聴くことができ、有料版と無料版があります。

iPhone、Android共通で配信していることがほとんどですから、乗り換えた場合も操作に戸惑うことはありません。

操作方法はどのアプリもほぼ共通で、

  1. 音楽ストリーミングアプリをダウンロード
  2. 好きな音楽を選択
  3. ネットを介してストリーミング再生するか、端末にダウンロードするか選択
  4. ダウンロードしたアプリで視聴

音楽ストリーミングアプリには有料版と無料版があり、利用できる範囲が異なります。

無料版は端末自体にダウンロードできない場合がほとんどですから、音楽を再生する際の通信料に気をつけましょう。また、再生できる時間が決まっているものもあるので注意が必要です。

以下、代表的な音楽ストリーミングアプリをご紹介します。

Apple Music

Apple MusicはAppleが提供している音楽ストリーミングアプリです。
有料版のみ提供しており、4,500万曲が聴き放題です。

月額料金は学生480円、個人980円、ファミリー1,480円となり3ヶ月の無料トライアル期間があります。

ファミリーは家族6人まで登録できるのでお得です。

ちなみにApple MusicはAndroidでも利用できます

Google Play Music

Google Play MusicはGoogleが提供している音楽ストリーミングアプリ。
有料版は3,500 万曲が聴き放題です。

月額料金は個人980円、ファミリー1,480円となり30日の無料トライアル期間があります。

また個人の音楽コレクションから最大 50,000 曲を保存できるのも便利です。

Google Play MusicもiPhoneで利用できます。

Spotify

無料で音楽を楽しみたい場合、 Spotify(スポティファイ)が有名です。

配信曲数は4000万以上で 無料なのに全曲フルアクセス・フル尺再生が可能な点が人気の秘密です。

友達や家族と共同でプレイリストを作成出来たり、お気に入りの音楽はもちろん今まで聴く事のなかった音楽も、無料で思う存分楽しむ事ができます。

音楽のジャンルも多彩で「J-トラック」「ポップ」「ロック」「インディー」「ヒップホップ」「R&B」「オルタナティブ」などなど。

無料版はオフライン再生ができない、広告が表示されるところは注意が必要です。有料プランは3ヶ月100円で試すことができるので気になる方はチェックです。

無料ダウンロードはこちら
SpotifyをiPhoneでチェック
SpotifyをAndroidでチェック

AWA

2017年ベストアプリに選ばれたのが音楽アプリ「AWA」です。
AWA(アワ)は、サイバーエージェントとエイベックスが2015年に開始した音楽配信サービスです。

純日本製ですから操作性も抜群です。配信楽曲数は世界最大規模の4,000万曲以上。

AWAにも無料版と有料版あり、無料版でも広告なしでオンデマンド再生やプレイリスト作成も可能なところが強みです。

ただし、無料の再生は月に20時間まで。物足りない場合は有料版へアップグレードを検討しましょう。

AWAのもう一つの特徴が著名人およびユーザーのプレイリスト数が約1,000万件にも及ぶところ。あの人のプレイリストが見たかった!を実現しています。

有料プランは月額960円で初月は無料です。
新しい良い音楽との「出会い」を求めているミュージックファンにとっては、最高の音楽配信アプリではないでしょうか。

無料ダウンロードはこちら
AWAをiPhoneでチェック
AWAをAndroidでチェック

2.SDカードを利用して音楽を取り込む(Androidのみ)

スマホに音楽を取り込むもっともシンプルな方法が、SDカードを利用して音楽を取り込む方法です。
イメージとしてはPCにある音楽をSDカードにコピーし、それをスマホに取り込むという方法。
ただし、iPhoneにはSDスロットがないのでAndroid限定の方法になります。
※Androidでも端末によってはSDスロットがない機種もあるので注意!

SDカードには以下の種類があります。

  • 標準サイズ
  • miniSD
  • microSD

現在スマホで利用できるのはもっとも小さいサイズであるmicroSDです。

SDカードにPCから音楽を取り込む

まずはSDカードにPCを利用して音楽を取り込みます。WindowsとMac両方とも操作はほぼ同じです。

  1. PCにmicroSDをさす
  2. microSDを認識したらフォルダを開いて任意の音楽をドラッグ&ドロップ

たったこれだけです。
あとは音楽の入ったmicroSDをAndroidに挿入すれば音楽プレイヤーアプリを介して音楽を聴くことができます。
SDカードのメリットは何と言っても端末の容量を圧迫しないところ。何万曲入れても使用するのはSDカードの容量ですから、端末の容量を気にする必要がありません。

Androidを利用して入れば、「SDカードを利用した音楽の取り込み」は選択肢に入るでしょう。
ただし、ちょっと原始的な気がします。

3.CDを利用して音楽を取り込む

もっとも面倒だけど、利用するシーンが多いのがこの「CDから音楽を取り組む」作業。
音楽を全てネットで購入するのは費用がかかる、ストリーミングは月額利用料が高いなどの不満を感じている場合、
コスパが高いのが自分の持っているCDやレンタルCDの音源をスマホに取り込む方法です。

今では簡単にスマホにCDの曲を取り込んで聞くことができるますので、以下の解説を参考にしてください。

iPhone・AndroidにCDから曲を取り込むにはパソコンが必要!CDスロットも!

大前提としてCDの曲をandroidやiPhoneに取り込むにはパソコンが必要です。
CDの曲をパソコン経由で取り組む場合、Androidでは「Windows Media Player」、iPhoneでは「iTunes」が一般的です。
簡単にフローを説明すると

  1. 音楽CDを用意
  2. パソコンにCDを挿入
  3. パソコンに音楽データを取り込む(iTunesなどのソフトを使用)
  4. スマホをパソコンに接続
  5. パソコンからスマホに音楽データを転送

なので、パソコンにCDスロットがないとCDは取り込めません!当然ですね…。
最近のパソコンは軽量化のためにスロットを搭載しない機種も増えてきました。
そういった場合は外付けのCDスロットを購入する必要があります。

では具体的に流れに沿ってみていきましょう!

iTunesを使ってCDを取り込む手順

  1. 「iTunes」を起動する
  2. パソコンにCDを差し込む
  3. CD のすべての曲をインポートするには、表示されるウィンドウで [はい] をクリック
  4. iTunes で CD のインポートが始まります。特定の曲をインポートしない場合は、[いいえ] をクリックし、次の手順に進みます
  5. 曲のリストが iTunes ウィンドウに表示されたら、インポートしたくない曲のチェックマークをクリックして外す
  6. 選択した曲をライブラリに追加するには、[CD をインポート] をクリック
  7. 取り込みが終わるのを待つ!

実際にはもっと簡単でCDを入れた瞬間、取り込むかどうか選択するだけです。

Windows Media Playerを使ってCDを取り込む手順

  1. 「Windows Media Player」を起動する
  2. パソコンにCDをを差し込む
  3. 「CDの取り込み」のが表示されるのでクリックする
  4. 取り込みが終わるのを待つ!

CDからパソコンに音楽を取り込めれば、あとは取り込んだ音楽データをスマホに入れるだけです。パソコンとスマホをUSBで接続することで取り込むことができます。

どちらの方法もCDを挿入すれば指示が出るので従うだけです。
パソコンに取り込んだ音楽データをスマホに入れる方法については以下の通り。

パソコンに取り込んだ音楽をスマホに転送(iTunes編)

パソコンからiPhoneに音楽を入れるには、先ほどCDから音源を取り込んだiTunesを使います。
iTunesはMacでは標準でインストールされていますが、WindowsではAppleの公式サイトからダウンロードしておく必要があります。
iTunesがパソコンにインストールできたら、パソコンとiPhone・Androidを接続しましょう。

iPhoneにパソコンから音楽を取り込む手順

  1. iTunesを起動する
  2. スマホとパソコンをUSBケーブルで接続
  3. 「ミュージック」をクリックし「音楽を同期」にチェックを入れて、同期する方法を確認し必要なものにチェックを入れる
  4. 「同期」をクリックする
  5. 取り込みが終わるのを待つ!

同期が完了したらiPhoneのミュージックアプリやAndroidの音楽プレイヤーアプリから音楽を聴くことができます。

パソコンに取り込んだ音楽をスマホに転送(Windows Media Player編)

「Windows Media Player」を利用することで簡単にスマホに音楽を取り込むことができます。
Windows Media Playerを使った手順を確認してみましょう。

Windows Media Playerで音楽を取り込む手順

  1. Windows Media Playerを起動する
  2. スマホとパソコンをUSBケーブルで接続
  3. 「同期」をクリック
  4. 音楽をどこに入れるか指定する(本体に音楽を入れるなら「内蔵ストレージ」、SDカードに入れるなら「SDカード」)
  5. スマホに入れたい曲やアルバムを選択してドラッグ&ドロップする
  6. 「同期の開始」をクリックする
  7. 取り込みが終わるのを待つ!

音楽の取り込み後はAndroidの様々なミュージックプレイヤーアプリで再生することが出来ます。

スマホで音楽を聴く|取り込み方法をおさらい

スマホに音楽を取り込む方法は大きく分けて3つということはお分かりいただけたでしょうか?

  • アプリを利用する
  • SDカードを使う
  • CDから取り込む

やっぱり音楽アプリがもっとも簡単!?

やはりSpotifyをはじめとした音楽ストリーミングアプリで聴くのがもっとも簡単でしょう。
無料で楽しむことができ、CDを購入したりレンタルする必要もなく、パソコンやSDカードも用意する必要がありません。

便利な時代になったなぁと、MD世代の筆者は思うのでした。

音楽アプリに関しては以下の記事も参考にしてみてください!
おすすめの音楽アプリ特集は、最高に使える!無料ダウンロードできるおすすめ音楽アプリをご覧ください。

Pocket

関連記事