機種変更したいと考えるものの、スマホが高すぎることでなかなか機種変更できない人もいるのではないでしょうか?

今のスマホって、本当に高いですよね。
とくに大手メーカーから販売されているスマホは、本当に高価で手が出しにくいです。

auから発売される予定のGalaxy S8 SCV36だって、例外ではありません。

しかし、高価な買い物だとわかっているものの、魅力溢れる話題のスマホって何としても手にいれたいと考えてしまうものです。

とくにGalaxyシリーズのユーザーの皆さんは、きっと新しく発売された同シリーズのスマホをいち早く手に入れたいと考えるはず!

今回は、そんなあなたにおすすめの、Galaxy S8 SCV36の価格と機種変更を最安にする3ステップについてご紹介していきますよ。

ここでご紹介している情報を役立てて、お得にGalaxy S8 SCV36をゲットしましょう。

Galaxy S8 SCV36(au)とは?

ビジネスマンたち3

Galaxy S8 SCV36は、auから近日発売される予定の最新スマホです。
Galaxyファンはもちろんのこと、これからスマホの機種変更を検討されている方には、見逃せない存在の1台です。

発売前ということで、まだまだ詳細は不透明なところもありますが、現在発表されている情報の範囲内で、このスマホの魅力を一緒に見ていきましょう。

大人気Galaxyの最新スマホ

テクノロジーイメージ【ブルー】

大人気Galaxyの最新スマホである、Galaxy S8 SCV36!
auから2017年6月8日に発売される予定ですよ。

Galaxy S8 SCV36が発売される日と同日に、Galaxy S8+ SCV35も発売を開始する予定のようです。

迫力ある大画面モデルを求めるのであれば、Galaxy S8+ SCV35!
そこそこ大画面であり、ポケットにぎりぎり収納できるであろう最新モデルを求めるのであれば、Galaxy S8 SCV36を購入されることがおすすめです。

ちなみに今回のGalaxy S8 SCV36がどれほど魅力的なのかについては、1つ前に発売された準新作のスマホと比較するとよくわかって頂けることでしょう。

そこで下記に、2つの機種を比較できる比較表を用意しました。

 Galaxy S8 SCV36  Galaxy S7 edge SCV33
 発売日  2017年6月8日
※2017年夏モデル
 2016年5月19日
※2016年夏モデル
 ディスプレイパネル  メイン:約5.8インチ液晶
※Super AMOLED
解像度:2,960×1,440(QHD+)
 メイン:約5.5インチ液晶
※Super AMOLED
解像度:2,560×1,440(Quad HD)
 内蔵メモリ(RAM)  4GB  4GB
 内蔵メモリ(ROM)  64GB  32GB
 カメラ  約1,220万画素  約1,220万画素
 サブカメラ  約800万画素  約500万画素
 防水/防塵  防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)  防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
 その他  VoLTE、Bluetooth  VoLTE、Bluetooth
 サイズ
(幅×高さ×厚み)
 約(68×149×8.0)mm  約(73×151×7.7)mm
 重さ  約150g  約158g
 カラー  オーキッドグレー
コーラルブルー
ミッドナイトブラック
 ブラックオニキス
ホワイトパール
ピンクゴールド
ブルーコーラル
※ブルーコーラル:2016年12月8日発売の新色
 本体価格  90,720円
※月額割引適用後:実質49,680円
※2017年6月現在のau online shopの価格です。
 59,400円
※月額割引適用後:実質37,800円
※2017年6月現在のau online shopの価格です。

この表にてご紹介していますスペックは、左が最新機種、右が昨年発売された機種のものになります。

Galaxyは、1年に1回、夏モデルとして発売されている機種です。

来月発売される機種も、2017年夏モデルとして発売される予定なのだそうです。

二つの機種の大きく異なるポイントと言えば
・内蔵メモリ(ROM)の容量
・サブカメラの画素数
・カラーバリエーション
・価格
上記の4つであると言えます。

内蔵メモリ(ROM)が、Galaxy S7 edge SCV33では32GBでしたが、今回発売される予定のGalaxy S8 SCV36では64GBなわけですから、Galaxy S7の時に32GBぎりぎりまで使用していた人がデータ移行する場合でも、問題なく行えるようになっています。

サブカメラも500万画素から800万画素まで進化を遂げたことにより、より美しい自撮り画像を残せるようになりました。

カラーバリエーションについては、現在は3色展開になっていますが、過去の傾向から考えますと、新色が冬に追加される可能性は大だと言えるでしょう。

最後に価格についてですが、2017年6月現在の価格をご紹介していますので、大差が開いて当然のことだと言えます。

なんとしても安価な機種を購入したいと考えるのであれば、あえてGalaxy S7 edge SCV33を購入されても良いかもしれませんね。

サムスンから発売されている

虫眼鏡と黒板 文字入りcheck

Galaxy S8 SCV36は、サムスンで製造・発売されているスマホです。
サムスンと言えば、大変安価な家電を販売しているとのことで、注目を集めていた会社です。

この会社は国外の会社ですので、まだまだこの会社について知らないなんて人もいるかもしれません。

実はサムスンは、資産に恵まれている会社であり、アジアではトップ3に入るほど大変財源豊かな会社なのだそうです。

ちなみにこの会社は歴史ある会社であり、サムスンの基となる会社は、1938年に既に食品や衣類における事業を展開していたようです。

ちなみにサムスンのスマホには、この会社のロゴが入っていることが印象的でした。

しかし、Galaxy S6からは、それまでのスマホに入っていたサムスンのロゴを入れないようにしたようで、ここにはどのような狙いがあるのかという論議がネット上でも繰り広げられていたようです。

auのキャリア端末である

飛躍するビジネスマン

Galaxy S8 SCV36(au)は、auで販売されているキャリア端末です。
この端末をau以外で契約・使用しようとしても、SIMロックがかけられてしまっているので不可能です。

※SIMロック:他通信会社でスマホを契約・使用できないようにすることができる、キャリアがかけるロックのことを示します。

最近は格安SIMと呼ばれる、キャリアで契約するよりもお得に契約できるようになるSIMカードが販売されていて、大変お得に国内三大キャリア外でスマホを維持できるようになりました。

※SIMカード:専用のポケットに通信会社で契約をしている、このカードを挿入することにより、スマホがモバイル電波を受信できるようになります。

※格安SIM:国内三大キャリア以外の通信会社が提供している、通信費の節約に役立つSIMカードのことで、キャリア外で契約する時には、これなしにモバイル電波を受信することはできません。

しかし、格安SIMを使用するには、SIMフリー端末であるか、SIMロックを解除した端末であることが必須になります。

もし、auで販売されているGalaxy S8 SCV36を使用して格安SIMに乗り換えるような場合には、必ずauショップにてSIMロックを解除してもらわなければいけないのです。

ただし、SIMロック解除には手数料がかかるほか、auのキャリア端末のSIMロックを解除したからといっても、SIMカードを入れるポケットのサイズに合う格安SIMが少ないので、一部の通信会社でしかこのスマホを使用して契約することはできません。

※格安SIMを取り扱う通信会社は国内に30社程度ありますが、格安SIMのほとんどは、ドコモの電波を受信できるドコモ系格安SIMのようです。

※auのキャリア端末で使用できるau系格安SIMを取り扱う会社は、約30社ある通信会社のうち、2社程度しかありません。

おすすめポイント

黒板に書いた豆電球の絵

Galaxy S8 SCV36のおすすめポイントは、
・Galaxyシリーズの最新機種であること
・フレームを極限までカットして画面の大きさを重視した構造であること
・デュアルピクセル技術を搭載カしたカメラを採用していること
・虹彩認証でスムーズにロックを解除できること
・カメラを向けるだけで対象物のあらゆる情報を入手できること
上記の5つです。

2017年6月8日に、夏モデルとして発売される予定のGalaxy S8 SCV36は、Galaxyシリーズの最新モデルです。

Galaxyシリーズは年に1回の発売というだけあって、大変注目されている機種の一つです。

Galaxy S8 SCV36はコンパクトなボディも魅力の機種で、横幅は約68mmになっていて、
S7 edgeよりも約5mmもスマートな機種として誕生しています。

S7 edgeよりもスマートな機種でありながら、なんと画面サイズはS7 edgeよりも約0.3インチも大きくなっていて、コンパクトかつ大画面な機種に仕上がっているようです。

余分なフレーム部分を極限までカットし作られたことで、Galaxy S8 SCV36では、スマホ下部のボタンもカットされたようです。

暗い場所でも明るく撮影できる、デュアルピクセル技術を搭載したカメラを採用したGalaxy S8 SCV36は、高速オートフォーカスにより設定いらずで、夜景も明るく撮影することができます。

ピント合わせなども自動で行ってくれるので、スマホの操作や設定に不慣れな人でも、簡単に使いこなせるカメラが搭載されているのです。

ちなみに今回のGalaxy S8 SCV36では、指をかざす必要すらない虹彩認証を搭載していることにより、画面を見るだけでロックを解除することができます。

指紋認証と併用して使用することもできるので、より高度な技術と高いセキュリティーレベルのもと、スマホを使用することができるんですよ。

その他、「あれっ?これなんだったっけ・・・?」「これって、どうやって使うの?」こんな時に役立つユニークな検索機能も搭載されています。

この機能は、カメラを向けるだけでカンタンに対象物の情報を検索できるというものです。

※検索できるものは、Bixby Visionに対応している物や場所に限られています。

更にこの機能では、ちょっとした英単語の翻訳なども行なってくれるので、毎日の生活をサポートしてくれる機能といっても過言ではありません。

より豊かな暮らしを提供してくれる、そんな機能も搭載された魅力溢れる機種!
それが、Galaxy S8 SCV36なのですよ。

端末価格を最安にする3ステップ

スーツの男性の握手

新しい端末を購入するなら、なんとしても安価に購入したい!
きっと、誰もが考えることでしょう。

そこでここからは、筆者がおすすめする、端末価格を最安にする3ステップについてご紹介していきます。

MNP乗り換えを利用する

インターフェース

MNP乗り換えを利用すると、個々の店舗で実施しているキャッシュバックを利用して、大変お得に機種変更することができます。

最近は、端末価格を上回るほどの高額なキャッシュバックは見込めませんが、多少なりともキャッシュバックを受け取れるのであれば、端末価格にそれを充当することができますよね。

キャッシュバック率に関しては、契約する店舗によって異なりますし、複数台一緒に乗り換えることでキャッシュバック率が高まることもあります。

家族皆で、乗り換えや機種変更を考えている。
なんて場合には、一度複数のauショップに行き、キャッシュバック率を確認した上で、契約する店舗を選定されることをおすすめします。

ちなみに店舗毎に実施しているキャッシュバックキャンペーンは、auから実施されているキャッシュバックキャンペーンとは内容が異なりますし、これらのキャンペーンはその両方を利用することができます。

また、家電量販店で実施されているキャッシュバックキャンペーンは、キャリア店よりも高いキャッシュバック率を見込めるとの情報もありますので、近くにスマホを取り扱う量販店があるようであれば、その内容について確認されることをおすすめします。

ポイントを役立てる

サポート

auポイントが貯まっているようであれば、それを役立てることが一番です。
auポイントは機種変更をしたと同時に抹消されてしまいますので、残さず使用することが重要なのです。

1つの名義で複数台スマホを契約しているなんて場合には、複数台分のポイントを合算することができます。

ポイントは、家族が機種変更する時まで残しておいても良いのですが、他の家族が直近に機種変更しないようであれば、端末購入時にそのポイントを役立てて、少しでも負担なく購入することをおすすめします。

普段からauショップなどでポイントを使用するのであれば問題ありませんが、とくにショッピングなどでポイントを使用することがないのであれば、必要以上に貯めておいても無駄というものなので、どんどん使用してポイントを抹消されることのないようにしましょう。

auのキャンペーンを活用する

ヘッドセットをして案内する日本人OL4

auで実施されているキャンペーンも、ばかにすることはできません。

キャッシュバックキャンペーンもあれば、お得に端末を購入できるキャンペーンなど、何かと機種変更時の端末価格を最安にできる内容のものが実施されています。

また、定期的に届くお得なクーポンとキャンペーンを併用すれば、端末価格を最安にできる可能性は非常に高くなります。

毎月のようにキャンペーンは実施されていますので、その内容は見逃さずにチェックしておきたいところです。

ちなみに6月に実施されているキャンペーンの中で、Galaxy S8 SCV36購入時に役立ちそうなものは下記の3つです。

 スマホはじめる割  下取りプログラム
(乗り換え)
 下取りプログラム
(機種変更)
 特典内容  次回の機種変更まで月額利用料がおトクになる。   最大26,460円分、月々の利用料から割引してもらえる。  最大35,640円分、月々の利用料から割引してもらえる。
 適用条件1  ・他社から乗り換え
・auケータイ26か月以上利用
・18歳以下の新規契約
 ・他社から乗り換えと同時にauスマホもしくはauケータイを購入する  ・下取り対象機種からの機種変更で、auスマホ・auケータイ・auタブレットを購入する
 適用条件2  ・スーパカケホ
・データ定額1~5GB
上記に加入すること
 ・下取り対象機種が故障や水濡れなく正常に動作すること  ・下取り対象機種が故障や水濡れなく正常に動作すること

Galaxy S8 SCV36はまだ未発売の機種であるがために、この機種購入時に適用されるキャンペーンについては、まだ紹介されていないのかもしれません。

いざGalaxy S8 SCV36が発売されると、この機種の販売促進のために、きっと新たにお得なキャンペーンが出てくることでしょう。

現在利用できるキャンペーンとしてはごくわずかですが、Galaxy S8 SCV36が実際に販売されてから、再度キャンペーン情報を確認するようにしてくださいね。

機種変更を最安にする3ステップ

風通しのいい家

端末価格を最安にするステップに付け加えて、機種変更時に役立つ最安にするステップをご紹介します。

端末価格を最安にするステップと、機種変更を最安にするステップ。
ここだけとみると「何がどう違うの?」このように考える人も出てくるかもしれませんね。

ちなみにここから先は、機種変更時の負担(初期費用)を抑え、最安で機種変更できるステップについてご紹介していきますよ。

違約金の発生しない月に乗り換える

電卓

これからMNP乗り換えを利用して機種変更を考え、更に初期費用を抑えたいのであれば、違約金の発生しない解約月に乗り換えることは必須です。

乗り換え時には、
・解約手数料:約10,000円
・MNP乗り換え手数料:約2,000円
・新規契約手数料:約3,000円
上記のように、約15,000円もの費用の支払いを求められます。

初期費用が高額になると、たとえ乗り換えをしてキャッシュバックを受け取ったとしても、最悪の場合はマイナスになって自腹を切ることになります。

その為、解約違約月に乗り換えを行ない、少しでも初期費用を軽減することは重要度が高まることなのです。

ちなみに解約違約月に乗り換えを行なえば、キャッシュバックをほぼ総取りできるので、乗り換え時のお得度は増すばかり!

「解約月までの、あと少しの期間が待てない!」

このような人もいるかもしれませんが、とくに今使用している機種が破損して使えないような状態でもないのであれば、よりお得にGalaxy S8 SCV36に機種変更できる時期を待つことにしましょう。

分割支払い制度を役立てる

フィンテック革命3

スマホを一括購入するともなれば、初期費用は増すばかり!
とくにGalaxy S8 SCV36は、90,000円前後で販売されている高額な機種です。

ここに解約違約金などもプラスされれば、乗り換えと機種変更をするだけで、100,000円以上もの請求をかけられることになります。

そこで分割支払い制度を役立て、少しでも初期費用を抑えてスマホを購入できるようにされることをおすすめします。

ちなみに分割支払い制度を利用すれば、端末費用を24回に分けて、通信費と一緒に支払うことになります。

約90,000円の端末代金を単純に24回で割れば、1回当たりの支払いは約3,450円になるので、一括で90,000円を支払うよりも機種変更を実現しやすくなりますね。

※端末代金はおよその価格で、正確な価格とは異なります。

また、毎月割引が実施されるサポートサービスを利用すれば、2年縛りは発生するものの、端末費用として実質支払う金額は約50,000円まで抑えることができます。

これを分割支払いにすれば、月々の支払いは約2,000円になるようです。

これなら、機種変更時の初期費用に対するストレスも軽減されることでしょう。

ただし、毎月お得にスマホを維持できるようになる月々割を適用すると、24ヵ月以内の解約で、解約違約金(約10,000円)が発生するので注意が必要です。

※24ヵ月が経過すると、自動的に再度24ヵ月の契約縛りが発生します。

今お使いのスマホを下取りに出す

スマホ操作

機種変更時には、今お使いのスマホやケータイを、是非下取りに出されることをおすすめします。

最近は、古い端末から新しい端末にデータを移行することができますし、サブスマホとして運用するわけでもなければ、スマホを2台保持しておく必要はありませんよね。

※専用アプリなどを通じて、android端末からiPhoneにもデータ移行できるようになりました。

その時々で実施されているキャンペーンの内容により、下取りに出せないケースもあるようですが、機種変更時・乗り換え時ともにキャンペーン期間中であれば下取りに出せるので、初期費用を軽減するという目的でも、このキャンペーンを役立てていきたいところです。

ちなみに下取りに出せる端末は、対象端末であることが必須になります。

下取りキャンペーンの対象端末は、定期的に変更されてしまうので、今あなたの端末が対象機種であったとしても、キャンペーン内容変更後は対象外になることもあるので注意しておかなければいけません。

その他、基本的に下取りに出せる機種は、良好な状態を保っているものに限ります。

故障や破損が見られる場合は、引取ってもらえません。

技術的故障の場合は、故障サポートの範囲内で修理してもらえるかもしれませんので、この場合は修理に出してから下取りに出されてはいかがでしょうか?

画面が割れてしまっている場合や、水没反応がある場合、その他スマホに無数の傷がついているような場合には引き取ってもらえる可能性は低くなりますが、一度はauショップで下取りの可否を確認されることをおすすめします。

破損があるなどの理由により、auショップで下取りしてもらえなかったなんて場合には、家電量販店にて下取りに出すこともできます。

家電量販店で下取りに出す場合にも、状態は良好であるに越したことはありませんが、量販店では破損した端末でも引き取ってくれることがあります。

この場合は、高額な下取り価格は期待できませんが、ゼロ円よりはマシと考えるのであれば、家電量販店にて下取りに出されると良いです。

まとめ

メモを取る女性

6月8日発売のGalaxy S8 SCV36の、価格と機種変更を最安にする3ステップについてご紹介しました。

まずは、今回の内容を振り返ってみましょう。

◎Galaxy S8 SCV36(au)とは?
・大人気Galaxyの最新スマホである
・サムスンから発売されている
・auのキャリア端末である
・5つのおすすめポイント
1. Galaxyシリーズの最新機種であること
2. フレームを極限までカットして画面の大きさを重視した構造であること
3. デュアルピクセル技術を搭載カしたカメラを採用していること
4. 虹彩認証でスムーズにロックを解除できること
5. カメラを向けるだけで対象物のあらゆる情報を入手できること

◎端末価格を最安にする3ステップ
・MNP乗り換えを利用する
・ポイントを役立てる
・auのキャンペーンを活用する

◎機種変更を最安にする3ステップ
・違約金の発生しない月に乗り換える
・分割支払い制度を役立てる
・今のスマホを下取りに出す

いかがでしたか?
使用感などに関しては、まだ未発売の機種であるため確認することはできません。

しかし、今回auから発売される予定のGalaxy S8 SCV36は、いつにも増して魅力的な機種であることへの期待は大です。

価格以上の価値あるスマホ。
それが、Galaxy S8 SCV36であると言えるのではないでしょうか?

まだまだ情報が少なく、不透明な部分も多い機種ですが、コンパクトかつ大画面を求める人には大変おすすめの機種です。

・そろそろ機種変更をしようと考えている。
・これからauに乗り換えしようと考えている。
このような人は、是非Galaxy S8 SCV36も視野に入れて、機種変更される機種を選定されることをおすすめします。

ちなみにGalaxy S8 SCV36は、予約販売されている機種です。
既に予約が殺到しているとのことなので、販売と同時にこの機種を手に入れることは難しいかもしれません。

しかし、予約はオンラインショップでも受け付けてもらえるようなので、少しでも早く手に入れたいのであれば、auオンラインショップにて予約をされることもおすすめです。

いち早くGalaxyの最新機種を手に入れ、その魅力を堪能しましょう。

Pocket