FREETELの最新機種「REI2DUAL 」「 Priori5」を発表!その実力とは?

Pocket

FREETELが、約1年ぶりに新たな端末「REI 2 Dual(発売中)」「Priori 5(2月23日発売予定)」を発表した。
FREETELからの端末発売が暫くなかったのには理由がある。

FREETELは経営不振からMVNO部門を切り離して楽天に売却し、残った端末部門で経営を再建する予定であったが資金繰り等の問題で2017年12月には民事再生法の申請を行ってた。

そこに救済の手を差し伸べたのがMAYA SYSTEMだ。

MAYA SYSTEMは、ITソリューション事業を手掛ける日本の企業で

  • jetfi クラウドSIMテクノロジーを採用することによって、世界各国のSIMカードを不要とし、世界各国でフリーローミングが可能なWi-Fiルーター
  • GO-Global 法人向けシンクライアントソフト

といった事業を主に行っているが、プラスワン・マーケティング株式会社からFREETELブランド並びに携帯端末製造販売事業を譲受する形となった。

そんな新生FREETELが再生第1弾として新端末を出すということで発表会が行われた。

この記事では「REI 2 Dual」「Priori 5」の2機種についてファーストインプレッションやレビューを中心に記述したい。

おすすめの検索キーワード
最新iPhoneや2018年夏モデルなどの最新機種購入をお得に手に入れる方法!

機種変更や他社乗り換えでこんな失敗をしていませんか?
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

公式オンラインショップなら損することなく、どこよりも賢くお得に機種変更や乗り換え(MNP)ができます。迷っているなら、予約だけでも。オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。

→ ソフトバンクはこちら
→ ドコモはこちら
→ auはこちら

1.「REI 2 Dual」とは

今回、新生FREETELから新たに発売するのは、ミドルレンジモデルの「REI 2 Dual」

POM時代に販売していたミドルレンジモデル「REI」の後継機といえば分かりやすい。

REI 2 Dualはその名の通りデュアルカメラを初採用しているのが大きな特徴だ。

チップセットも、FREETELの主要モデルとしては初となるSnapdragonを採用している。

REI 2 DualはPOM時代に企画・開発が進んでいた端末で、MAYA SYSTEMにはFREETELブランドとともに引き継がれているという。

1-1.「REI 2 Dual」のスペックは?

「REI 2 Dual」のスペックは下図を参照していただきたい。

注目すべき点はCPUにQualcomm社製のSnapdragon 625 を採用しているところだ。
ミドルレンジの端末ではお馴染みのCPUだが、すこぶる評判はいい。

通常AndroidのアプリテストはSnapdragonで行なっている。
安定しているCPUを積んできたか、というのが第一印象だ。

というのもFREETELは今まで一貫してCPUには「MediaTek」を採用していたが、やはりAndroidフリークからすればSnapdragonの方が安心感がある。
正直な話、FREETELの旧機種である「雷神」や「KIWAMI 2」は端末として賛否両論あることは隠すまでもないだろう。

不具合の報告などもユーザーからは多く寄せられていた。
今回のCPUの変更でこの辺りがどう変化するか、注目だ。

Androidにとって最も大切なことは、OSと端末の親和性であることは皆わかっているだろう。
アップルのようにOSに最適化された端末を作ることは簡単なことではない。

ベンチマークなどは一つの指標として存在するが、実際にその端末の良さを計るには継続して使う他ないのも現実だ。
ネガティブイメージを払拭する良い情報として、

「REI 2 Dual」はアプリケーション開発も含め、全て自社設計しているとのこと。

これは大きなポジティブ材料だ。

厳しい意見をいってしまうと、今までのFREETELはスマホの開発を多少侮っていたのではないか。

どうやら今回は意気込みが違うようだ。
世界シェアでも高い位置に存在するHUAWEIや、日本でのブランドイメージが良いASUSと「SIMフリー市場」という厳しい戦場でどう渡り合っていくのか、興味深い。

そこへ切り込み隊長のように投入されたのが「REI 2 Dual」である。

REI 2 Dual(FTJ17A00)

端末名称 REI 2 Dual
型式 FTJ17A00
カラー BLACK, BLUE, WHITE
サイズ 高さ 約152mm
約75mm
厚さ(最厚部) 約7.9mm
重量 約158g
ディスプレイ サイズ 5.5インチ
解像度 1080ドット × 1920ドット(Full HD)
タイプ IPS LTPS液晶
OS Android 7.1.1 Nougat
CPU Qualcomm Snapdragon 625   (8×2.0GHz)
メモリー RAM 4GB
ROM 64GB
micro SDカードスロット mircoSD(最大2GB)/microSDHC(最大32GB)/microSDXC(最大256GB)
SDカードとSIM Slot2は同時利用できません。
カメラ メイン 画素数 約1.300万画素×2(白黒+カラー)
動画 UHD 4K
サブ 画素数 約1.600万画素
動画 FHD 1080p
バッテリー 容量 3300mAh
取り外し 不可
連続待受時間 3G:約640時間(約26.6日)
4G:約600時間(約25日)
連続通話時間 3G:約1770分
4G(VoLTE):約1690分
ネットワーク(周波数帯) 2G GSM 850MHz
900MHz
1800MHz
1900MHz
3G WCDMA 2100MHz(Band1)
800MHz(Band6/19)
900MHz(Band8)
1900MHz(Band2)
1700/2100MHz(Band4)
850MHz(Band5)
4G FD-LTE 2100MHz(Band1)
1800MHz(Band3)
900MHz(Band8)
800MHz(Band18)
800MHz(Band19)
850MHz(Band26)
700MHz(Band28B)
1900MHz(Band2)
1700/2100MHz(Band4)
850MHz(Band5)
2600MHz(Band7)
700MHz(Band12)
700MHz(Band17)
800MHz(Band20)
TD-LTE 2500MHz(Band41)
Carrier Aggregation B1+B19
B3+B19
B2+B17
B4+B17
最大通信速度 4G UL 50Mbps
DL 300Mbps
VoLTE ○(NTTドコモ / au/ Softbank)
SIM スロット数 2 (DSDS)
※SDカードとSIM Slot2は同時利用できません。
サイズ nano / nano
外部接続機能 Wi-Fi IEEE 802.11 a/ac/b/g/n
Bluetooth Version 4.2
プロファイル A2DP/AVRCP/DUN/FTP/GATT/GOEP/HFP/HDP/HID/HSP/OPP/PAN/PBAP/SPP/GAVDP
NFC
テザリング Wi-Fi
Bluetooth
USB
USB タイプ Type-C
Version 2.0
OTG(USBホスト機能)
ディスプレイ出力 ○(miracast)
センサー 測位センサー ○(GPS、GLONASS、BeiDou、AGPS)
加速度センサー
近接センサー
光センサー
重力センサー
電子コンパス
ジャイロセンサー
指紋センサー
その他センサー 歩数計
その他 緊急通報
緊急速報メール(緊急地震速報、津波警報)
おサイフケータイ(FeliCa)
ワンセグ/フルセグ
赤外線通信
防水
防塵
通知LED ○(緑色)
急速充電
イヤホンジャック
外部スピーカー ○(モノラル)
FMラジオ
同梱品 製品本体(バッテリー内蔵) / ACアダプター / USBケーブル / SIMピン / 保証書 /クイックスタートガイド
Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

【知っている人だけが得する話】

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ドコモはこちら
→ソフトバンクはこちら
→auはこちら

→おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ケータイ乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう

1 2 3 4

関連記事