スマホアプリのストアであるGooglePlayやAppleStoreでよく見かける無料音楽アプリですが、中には違法なものも紛れており、ものによっては大事なスマホがウィルスに感染してしまうことも。

最悪、個人情報が漏れてしまうなど重大な危険に晒されてしまいます。

無料、タダ、フリー(Free)といった甘い誘惑に騙されて手遅れとなる前に、無料音楽アプリの違法性・危険性の理解や回避方法、アプリの選び方、ウィルスに感染してしまったときの対処方法などをご紹介していきます。

無料音楽ダウンロードアプリについてはこちらをご覧ください。最高に使える!おすすめ音楽アプリ9選。ダウンロード無料なのに良い!Android/iPhone対応

無料音楽アプリって?


スマホを使用している方なら聞いたことがある、またはもう既に愛用している方がいるかもしれませんが、GooglePlayやAppleStoreで「無料 音楽」や「フリー ミュージック」などと検索をかけたら出てくるアプリのことです。

アプリの多くは広告収入で運営しており、インストールだけではなく、音楽を聴くために支払う料金は一切無いアプリです。スマホを持っている人なら誰でも入手することが可能であり、好きな曲をタダで好きなだけ聴くことが出来ます。

そんな無料音楽アプリには主にダウンロード形式とストリーミング形式の二種類が存在します。

ダウンロード形式とは?

ダウンロード形式アプリはアプリの内部に音楽を保存するアプリのことで、アプリを使用すればネットに繋がっていなくても音楽を聴くことが出来ます。一度アプリ内でダウンロードを済ませてしまえばいつでもどこでも通信無しで使用することが出来ます。

ストリーミング形式とは?

ストリーミング形式アプリは音楽を聴く際にデータ受信の為ネットに繋ぐことが必要であり、ニコニコ動画やYouTubeなどの配信動画の視聴のことを示します。受信と再生を同時に行い、受信データが端末に残らないもののことを示します。

無料アプリの大半は広告が表示され、アプリの製作者はその広告表示によって収益を得ています。そこまでは良いのですが、アプリ登録者や使用者が音楽をアップロードし許可なく配布していることが違法行為に当たるのです。また、中国の違法なサーバーから音源を引っ張ってきているものも多くなっています。

日本のレコード会社は中国サイトへ音源許可をどこにも出していないそうです。ですので、日本語の曲が中国サイトで提供されているものは全てが無許可の違法配信であり、提供源・身元が不確かな無料音楽アプリとして出ているものの多くはその違法配信から音楽を引っ張ってきて提供しています。

それではどんなものが犯罪で、どんなものが合法なのか簡単に説明しましょう。

違法アプリの見分け方


まず、違法なのか合法かなのかのポイントは「音楽を許可なくアップロードしているかどうか」です。もしアプリが音楽の紹介をしているだけであったり、オススメしているだけでそこからダウンロード出来たり視聴出来たりするわけではない場合は違法ではありません。

音楽ダウンロードやストリーミングをする無料アプリの場合、著作権侵害または他社の著作権侵害を助ける不法行為に該当し、違法アプリと言って良いです。そしてその違法アプリを使用することは犯罪とみなされます。

ですがダウンロード形式とストリーミング形式では違法となるか否かが少し変わってきます。
そのなかでも音源がどこなのか、それによっても違法か合法かが変化します。

著作権侵害に当たるものは、誰かが自分で購入したCDなどの音源にかかっているロックを解除してアップロードする、俗にいう割れ行為を犯したりといったことです。そして著作物に関しては配信者同様に違法と知りながらダウンロードした場合は私的使用であっても著作権侵害行為に当たってしまいます。

違法アプリを使用すると、著作権法に触れてしまい犯罪行為をしたこととなります。犯罪行為を犯すとどうなるか?そうです、逮捕へと繋がります。ですが現状ダウンロードだけでの逮捕者は出ておらず、違法アップロード者の逮捕が目立ちます。とはいっても犯罪は犯罪です。様々な音楽関係の機関が違法音楽アップロードアプリの件で動いており、排除すべく力を入れています。

2012年には「違法ダウンロード禁止法」により刑罰化されています。これは違法にアップロードされたと知りながらダウンロードすることが違法行為であるということです。つまり音楽をダウンロードできるアプリを利用すること自体が違法行為となることが高いということとなります。

ではストリーミング形式はどうなのか?
ストリーミングのためにはダウンロードも行われますが、それはローカルへの「一時的」なものであり、キャッシュのように一定期間が経過すればデータが削除されるものに関しては違法ダウンロード禁止法の処罰対象にはならないと考えられます。

ですから合法的に音楽を聴きたい場合は、ダウンロード形式ではなくストリーミング形式のアプリを選ぶことが大切であると思います。ですがこれも現状の話なため、今後規制がどうなっていくかには注目していくべきです。

中国サーバー経由はまず怪しい可能性あり

ただし、上の方で紹介したように中国サーバーなどから引っ張ってきている場合、ダウンロードに限らずストリーミングも違法に当たりますので注意が必要です。しかしアプリの説明にはYouTubeから引っ張ってきていると表記していながら実は違法サイトから音楽を持ってきているという件も多いため、提供源・身元が不確かな無料音楽アプリを導入することはオススメしません。

提供先不明、信用できない場合はやめよう

繰り返しとなりますが、合法なものは飽くまでも音楽の「紹介」までです。音楽を無料で保存して聴ける時点でそれは違法アプリということとなります。ダウンロード出来るものの多くは怪しいアプリであり、例え「合法」や「音源はYouTube」と書いてあっても実態は知れません。

ましてや提供先が記入されていなかったり、サクラによって妙に評価が高く設定されていたりといった不審なアプリは導入しないに限ります。

犯罪。それだけでも嫌な響きですが、違法アプリにはウィルスの驚異も存在することを忘れてはいけません。

違法なだけじゃない!危険な無料音楽アプリ


知らず知らずのうちに利用していたアプリが違法なものだった。それが分かったら早急にアプリをアンインストール(削除)しましょう。違法と知って使い続けるのは犯罪です。そしてそれ同等に危険な状況に置かれている、またはもう手遅れかもしれません。

無料という言葉はとても魅力的ですが、その分危険なものです。アプリのキーワードとして「無料」や「フリー(Free)」を入れるだけでアプリのダウンロード数はグンと上がります。それを利用して中身は有料だったり、壊れたアプリであったり、ウィルスが仕込まれていたりとリスクがとても高いです。

AppleStoreに関してはアプリをストアに登録する際Appleの審査があるため、GooglePlayよりはまだ安全と言えるかもしれませんが、無防備な状態で知識なくアプリをインストールするのは控えましょう。実際AppleStoreで上位の無料音楽アプリが違法と言われていたり、ウィルスに感染したなどの情報も出ています。

何故Appleで審査があるのに違法アプリが蔓延してしまうのか?ここには簡単なギミックがあります。AppleではYouTubeの外部プレイヤーアプリは許可されており、違反とみなされるのはダウンロード機能がついたもののみです。ですから審査が通った(アプリが公開された)後に中国の違法サーバーにスイッチで切り替えるなど中身を改変するのです。

とは言ってもここで問題になるのは違法行為という点についてだけ。そこから先、iPhoneは普通に使っている限りウィルスに感染することはないとは思いますが、Android使用者は要注意です。GooglePlayにあるアプリは基本的に審査などなく、またAndroid自体もウィルス対策をしていない場合、危険度はとても高くなります。

ではどんなウィルスが提供源・身元が不確かな無料音楽アプリには入っているのでしょうか?
実例を踏まえてご説明します。

無料音楽アプリに隠されたウィルス

まず代表的なものが、インストールする際にネットワーク通信や連絡先データなどへの権限を求められ、それに同意してインストールしてしまうと電話帳まるごと情報を抜き取られるものです。これは自分だけではなく家族や友人、知人、会社など多くの人も迷惑メールなどの被害に遭ってしまいます。

こういったアプリは個人情報を盗むために作られたアプリのため、インストールしたあとにアプリを開こうとするとアプリが開けなかったり壊れていると警告が出たりします。その時点で既に情報はアプリ制作者に抜き取られているため、もう手遅れなのです。

次に、無料と謳いながらも一定期間が終了すると課金を要求してきたり、強引な宣伝をしてくるものです。上記の抜き取りよりはマシと思うかもしれませんが、「課金しないと端末が危険に晒されます」などとユーザーの恐怖心を煽る悪質なものです。

そして利用者の多いFacebook、Twitter、Instagramの乗っ取りもあります。Facebookからは個人情報を抜き取られたり、Twitterには身に覚えのない広告宣伝ツイートが流されたり危険なURLを送信したりと攻撃的なものが確認されています。

またリモートアクセスツールによる盗撮や盗聴も存在します。これは素人でも闇市場から入手することが可能なため、身近な人からの監視や、撮影されたものによるプライバシーの流出など恐ろしい事態に発展してしまいます。

学生さんだけではなく多くの方が、無料だからといって安易に利用してしまうと深い落とし穴にハマってしまいます。レビューが多い、ダウンロード数が多い、無料だと知人から紹介されたなどといってよく知らずにインストールしてしまうと取り返しのつかないことになってしまうことがあるのです。

もし、スマホがウィルスに感染してしまったら

念の為にウィルス源と思われるアプリの名前と、どこからダウンロードしてきたものかを記録しておきましょう。そしてそのアプリは至急削除します。それから慌てず、セキュリティソフトでスキャンしましょう。無料やお試し版があるため、導入していない緊急時にはそれらを使用するのも手です。

無料音楽アプリが原因でウィルスに感染している旨の広告や警告が出ている場合は、アプリを削除した時点で解決されますが、「既にインストール時に情報を抜き取られている場合」は「手遅れ」です。アプリのレビューなどで少しでも不信感を覚えたのなら、インストールしないことをオススメします。

上記のように既に危険な提供源・身元が不確かな無料音楽アプリを入れてしまってから手遅れだからといって、何もしないのは更に危険度を上げてしまいます。その後も使い続ければ使い続けるほどに情報が流出していく可能性があるからです。ですからウィルスに感染したとわかったら、該当アプリを削除して端末やSDカードを初期化しましょう。

端末やSDカードを初期化することで、ウィルスは完全になくなってしまいます。その際にはデータを全て失ってしまうため、アプリ関連以外のバックアップはちゃんと保存しておきましょう。そして今後は必ず公式アプリから、安全と断言出来て違法ではないアプリだけをインストールするようにします。

では基本的な予防方法を載せますので、参考にしてください。

ウィルスは未然に防ぐ!スマホ感染の予防法

感染してしまってからでは遅い脅威のウィルス。どうすれば未然に感染を防げるのでしょうか?
基本的な予防法を5点ご紹介致します!

・要求された権限をしっかり確認する
・必ず公式ストアから、レビューを見てからインストールする
(公式ストアに酷似した疑似サイトが存在するため、必ずストアアプリから入手する)
・「無料 ダウンロード」など違法な可能性の高いキーワードで検索結果に出るアプリは入れない
・アプリを入れる前に無料やお試し版でいいのでセキュリティソフトを入れておく
・GooglePlayの場合、トップデベロッパーアイコンがついているか確認する

以上がアプリ選びやインストールする際のポイントです。
ですが、一番は「提供源・身元が不確かな無料音楽アプリ」は使用しないことです。

無料音楽アプリで検索をかけると多くのサイトがオススメ無料音楽アプリをランキング形式で掲載していますが、そこに安全性・合法性の確証はありません。検索してオススメで選んだからと言って必ず大丈夫というわけではないのです。音源まで調べて掲載されており合法であることをしっかりと調べられていて、且つウィルスチェックが済んでいるものを紹介しているサイトであれば例外かもしれませんが、推奨はしません。

ではどういった方法でスマホを使って音楽を聴けば良いのか?
次はそこにポイントを置いてご紹介していきましょう。

安全な音楽の聴き方


毎日持ち歩くスマホですから、通勤通学、家事の間など好きな音楽を聴けたら華やかになりますよね。違法、ウィルス……そんな心配のない確実な音楽の聴き方をご紹介致します!

・大手有料音楽サービスの利用
・CDを買う、借りる
・iTunes、レコチョクなどのダウンロード販売から購入

これらが一番安全で確実な手段でしょう。

価値あるものには対価を払う。それが最も良い手ではないでしょうか。提供源・身元が不確かな無料音楽アプリでは大好きなアーティストにも音楽会社にも、一銭としてお金は入りません。儲かるのは違法行為を犯しているアプリの管理者です。違法な方法で収益を得る手助けをする必要はありません。

また、無料音楽アプリ全てが危険なわけではありません!
たとえば、AWAやSpotifyのように「無料音楽アプリ」を謳っていますが安心して使用出来るサービスもあります。
これらのアプリは無料期間を設けて、その後課金か制限付き無料プランに移行するなどきちんとサービスの形を取っており、アカウントの登録が必要なもので信頼出来るアプリです。

同様に最近はLINEMusicも有名でこちらも安心してご利用いただけるサービスです。

違法なものは素人目では判別が付きにくいため、迂闊にインストールしないことが大切です。
アプリのランキングの上位にあるから、サイトで紹介されたから、知人に紹介されたからと言って安易に信頼しインストールして最悪な事態に陥ってしまう前に、しっかりと自己防衛して楽しく便利にスマホを利用したいですね。

無料音楽アプリは違法の可能性大!更にウィルス感染の危険性も

提供先・身元が不確かな無料音楽ダウンロードアプリとして存在しているものは多くが違法な中国サーバーから音源を引っ張ってきています。そしてそれを違法と知りながらだけではなく、違法であることを知らなくとも違法アプリをインストールして音楽をダウンロードしてしまうと犯罪を犯したこととなってしまいます。

こういった無料を謳う提供源・身元が不確かなアプリにはウィルスが仕込まれていることも少なくはなく、個人情報を引き抜かれたり内部データを弄られたり乗っ取られたりと怖いことだらけなことに留まらず、一度感染してしまうと端末やSDカードの初期化を行わない限りウィルスは消去出来なくなってしまうこともあります。

情報を盗まれるウィルスに感染してしまった場合、クレジットカードの情報だけではなく、アドレス帳に登録してある知人の情報まで漏洩し、身近な人から家族恋人・会社の人まで色々な人に迷惑をかけるだけではなく危険にまで晒してしまいます。

そうならないためにも、無料という甘い誘惑に騙されず、アプリの権限をしっかりと確認したり、レビューを見たり、事前にセキュリティソフトを導入しておくなどの対策も必要となってきます。

一番は提供源や身元が不確かな「無料音楽アプリ」という名を謳っているアプリはインストールしないことです!

スマホはとても便利なものですが、その分危険も沢山潜んでいます。小さなパソコンと言われている通り、その小さな端末の中には沢山の情報と繊細なプログラムが組み込まれています。そこにつけこもうとする悪質なアプリは沢山あります。

タダより怖いものはありません。好きな音楽を好きなだけ聴きたいという欲求だけに流されず、違法性と危険性を理解した上で安全で合法なアプリを使い素敵な音楽で心地よく生活を彩りましょう。

無料ダウンロードできるおすすめ音楽アプリ情報

最高に使える!おすすめ音楽アプリ9選。ダウンロード無料なのに良い!Android/iPhone対応
音楽アプリ「Spotify」の無料版は使えるか?いいところ、残念なところ
ビーチやキャンプでおすすめ!電波がなくても聴ける音楽アプリ10選

Pocket