ドコモ V30+ L-01Kの評価・評判は?スペックや操作感を辛口レビュー。話題のJOJOスマホはどうなのか?

Pocket

おすすめの検索キーワード
最新iPhoneや2018年夏モデルなどの最新機種購入をお得に手に入れる方法!

機種変更や他社乗り換えでこんな失敗をしていませんか?
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

公式オンラインショップなら損することなく、どこよりも賢くお得に機種変更や乗り換え(MNP)ができます。迷っているなら、予約だけでも。オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。

→ ソフトバンクはこちら
→ ドコモはこちら
→ auはこちら

解約時の諸経費を少なくする

CCC9V9A9997_TP_V4

V30+ L-01はドコモから発売される予定ですが、既存のドコモユーザーが買い換えるパターンとauやソフトバンクなど他のキャリアから乗り換えるパターンがありますが、まずはそれぞれどのような費用がどれぐらいかかるのかを確認し、極力少なくすることを考えましょう

解約違約金について

N695_ichimanensatu_TP_V4

auやソフトバンクを利用している方の多くは、2年間の有期契約となっています。有期契約の場合、契約日から2年後が契約満了日となり、その後2ヵ月間が契約更新月となります。

有期契約の場合、この契約更新月以外に解約すると解約違約金が発生します。解約違約金はau、ソフトバンクともに9,500円となっています。

お得にドコモに乗り換えることを考える場合、まずはこの解約違約金が発生しないタイミングで乗り換える必要があります。

契約更新月はau、ソフトバンクそれぞれのショップで確認することができるほか、インターネットでも確認することができます。

以下はau、ソフトバンクそれぞれの契約更新月の確認方法になります。

◇au(My auで確認する)
header_au_logo

・My auにアクセスします。
https://my.au.com/?bid=we-we-gn-1003
・au IDとパスワードを入力します。
・「ご契約情報」のページが開いたら「料金/割引サービス」の項目から確認をすることができます。

◇ソフトバンク(My softbankで確認する)
スクリーンショット 2017-11-06 22.31.16

・My softbankにアクセスする
https://my.softbank.jp/msb/d/top

・携帯電話番号とパスワードを入力してログインします。
・画面右上のメニューをタップします。
・「ご利用状況」の項目で確認できます。

端末代金支払い完了を確認する

iphone-624709_640

解約違約金と並んで、解約時に大きな負担となる可能性のある費用として、割賦代金の未払い分があります。

通常スマホなどを契約する場合、端末代金は24回の分割払いの契約となります。90,000円の機種を24回の分割にすると1ヶ月あたりの支払額は3,750円となります。ここから毎月一定額を割引く制度が適応されることになります。例えば2,500円/月の割引の場合実質負担金は1,250円/月となります。

もし端末代金の支払いが3回分残っている場合には1,250円×3の3,750円が割賦代金の未払い分ではなく割引前の3,750円×3の11,250円となるのて注意が必要です。

割賦代金の未払い額は解約違約金と同様にau、ソフトバンクともにショップの他、インターネット上で確認することもできます。

◇au(My auで確認する)
header_au_logo

・My auにログインします。
https://my.au.com/?bid=we-we-gn-1003

「スマホ・携帯電話」→「ご契約内容 / 手続き」→「ご利用機種情報」

◇ソフトバンク(My softbankで確認する)

スクリーンショット 2017-11-06 22.31.16

・My softbankにログインします。
https://my.softbank.jp/msb/d/top

「○月ご請求」→「料金・支払い管理」の「請求情報・設定」→「割賦契約」の「確認する」

どこで購入するか

YUKA150701098458_TP_V4

ドコモでスマホを購入する際、多くの方がドコモショップを選択するのではないでしょうか。しかし、ドコモのスマホを購入できる場所は、ドコモショップの他に家電量販店内の携帯電話ショップやドコモオンラインショップなどがあります。

結論から言うとドコモオンラインショップでの購入がお勧めですが、その理由を以下で紹介します。

頭金不要

MOK_ichimanensatu2mai_TP_V4-2

ドコモでスマホなどを購入する際、割賦金や事務手数料とは別に頭金と呼ばれる費用をショップで支払う必要があります。

この頭金はショップ独自に金額を設定できることから5,000円から10,000円と幅があるものの結構な負担になってきます。

実はドコモオンラインショップでスマホなどを購入する場合には、頭金を支払う必要がありません

少しでもお得にV30+ L-01を購入しようと考えた場合、頭金の有無だけでもドコモオンラインショップを選択する価値があるのではないでしょうか。

待ち時間がない

clock-650753_640

ドコモショップに週末に足を運ぶと◯人待ちなどの状態になっており、店員さんの話を聞くまでに数十分以上待たされる場合もあります。

更に乗り換えの手続きまでとなると1日がかりの、作業になってしまいかねません。しかし、ドコモオンラインショップなら24時間いつでも手続きをすることが可能で、受け取り方法も自宅への配送の他、最寄りのコンビニなどでの受け取りも可能です。

折角の休日をショップでの待ち時間に費やさなくても済むということも大きな価値と言えるのではないでしょうか。

割引はショップと変らず受けられる

calculator-2391810_640

次の項目で詳細を紹介しますが、ドコモでは様々なキャンペーンを実施しています。ドコモオンラインショップでは、割引やキャンペーンの適応にならないのではないかと心配される方もいらっしゃいますが、ドコモが公式的に実施しているキャンペーンはドコモオンラインショップでもショップと同様に受けることができます

気になるドコモの機種が定まってきたら以下からドコモオンラインショップで詳細を確認してみると良いでしょう。

ドコモオンラインショップでの機種変更は数分で終了するので、手早く簡単です。

最もお得な料金プランを選択する

accountant-1238598_640

スマホを購入したら、通常は最低でも2年程度は使い続けることになります。そのため、毎月の通信料金選びも重要な要素になってきます。

基本料金だけではなく、利用用途にあったプラン選びをしなければ想定よりも請求金額が高くなってしまうということもあるため、利用用途をよく考えたうえで適切なプランを選ぶ必要があります。

以下は、ドコモの主な料金プランになります。

家族で使うなら「シンプルプランがお得」

simpleplan

・基本料金:980円
・インターネット接続サービス:300円
・パケットパック:以下から選択

ウルトラシェアパック100(100GB):25,000円
ウルトラシェアパック50(50GB):16,000円
ウルトラシェアパック30(30GB):13,500円
シェアパック15(標準)(15GB):12,500円
シェアパック10(小容量)(10GB):9,500円
シェアパック5(小容量)(5GB):6,500円

※パケットパックシェアオプション利用料:500円

シンプルプランは通話料金が20円/30秒となっていますが、音声通話の定額部分はありません。またデータパケットパックはシェア専用プランとなっているため、家族と一緒にドコモを利用する場合にはお得に利用することができるプランになります。

音声通話の発信は基本的に利用しないか、家族との連絡用としての使い方がメインの方の場合には、最もお得に利用することができるプランであると言えます。

通話少なめなら「カケホーダイライトプラン」

kakeholightplan

・基本料金:1,700円
・インターネット接続サービス:300円
・パケットパック:以下から選択

ウルトラデータLLパック(30GB):8,000円
ウルトラデータLパック(20GB):6,000円
データMパック(標準)(5GB):5,000円
データSパック(小容量)(2GB):3,500円

ウルトラシェアパック100(100GB):25,000円
ウルトラシェアパック50(50GB):16,000円
ウルトラシェアパック30(30GB):13,500円
シェアパック15(標準)(15GB):12,500円
シェアパック10(小容量)(10GB):9,500円
シェアパック5(小容量)(5GB):6,500円

※パケットパックシェアオプション利用料:500円

カケホーダイライトプランの音声通話は1通話あたり5分までは無料ですが5分を超えた分については20円/30秒の通話料金が加算されます。

パケットプランは通常のプランの他に、家族で契約する場合にお得になるシェアプランも選択が可能です。

LINEなどのアプリでの連絡がメインで音声通話の利用頻度がそれほど高くないという方に最適なプランになります。

通話頻度が高い方なら「カケホーダイプラン」

kakehoplan

・基本料金:2,700円
・インターネット接続サービス:300円
・パケットパック:以下から選択

ウルトラデータLLパック(30GB):8,000円
ウルトラデータLパック(20GB):6,000円
データMパック(標準)(5GB):5,000円
データSパック(小容量)(2GB):3,500円

ウルトラシェアパック100(100GB):25,000円
ウルトラシェアパック50(50GB):16,000円
ウルトラシェアパック30(30GB):13,500円
シェアパック15(標準)(15GB):12,500円
シェアパック10(小容量)(10GB):9,500円
シェアパック5(小容量)(5GB):6,500円

※パケットパックシェアオプション利用料:500円

カケホーダイプランは国内の固定電話や携帯電話宛の通話が完全に定額となるプランです。仕事などの都合上、固定電話や携帯電話宛の通話を利用する頻度が高いという方の場合には、カケホーダイライトプランよりもこちらのプランの方が音声通話料金を抑えることができるでしょう。

パケットパックについてはカケホーダイライトプラン同様に、通常プランとシェアプランのどちらかを選択することが可能になっています。

ドコモの割引も有効活用する

◇家族まとめて割

mainimage

家族と一緒に対象プランを選択し、2台以上ん対象機種を購入した場合に1台あたり最大5,184円の割引が受けられるキャンペーンになります。

・キャンペーン期間:2017年9月1日〜2017年11月30日

・対象機種
iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、Hシリーズ以降のXiスマホ

・対象プラン
「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」
「シンプルプラン(スマホ)」「データプラン(スマホ/タブ)」
※2年の定期契約とする

「シェアパック」「シェアオプション」のいずれかを契約する

◇下取りプログラム
image160px

ドコモのスマホを購入する場合、これまで利用してきた端末が手元に残ることになります。買取ショップに持ち込むという方法もありますが、査定があり思ったとおりの金額にならないということもあります。

ドコモの下取りプログラムでは、一定の条件を満たす状態の端末であれば端末ごとに設定された一律の料金で下取りしてもらうことができます。

・下取りの条件
下取り申込み機種が正規店で購入されたAndroidスマホであること
MNPと同時に、ドコモのiPhone・iPad・スマホやタブレット、ドコモ ケータイをご購入いただき、下取りのお申込みをいただくこと
下取り申込み機種にネットワーク利用制限がかかっていないこと
下取り申込み機種に故障、水濡れ、著しい外観破損がないこと
下取り申込み機種に記録されているメモリ・データが消去できること
改造していないこと
お客様が下取り申込み機種の所有権を有していること
電源ボタン・リアカバー・充電口のキャップ・電池・アンテナなど、購入時に本体に付属しているものについて紛失していないこと

・主な機種の下取り金額
<au販売機種>
Xperia Z5 SOV32:21,384円
Galaxy A8 SCV32:17,000円
Xperia Z4 SOV31:16,000円
Xperia Z3:12,000円
isai vivid LGV32:11,000円
<ソフトバンク販売機種>
Xperia Z5:21,384円
Xperia Z4:17,000円
AQUOS Xx2:17,000円
Xperia Z3:12,000円
Nexus 6P:13,000円

まとめ

ここまで、V30+ L-01の詳細を辛口レビューを含めて紹介しつつ、ドコモにお得に乗り換えるための3ステップを紹介してきましたがいかがでしょうか。

V30+ L-01はおサイフケータイやワンゼグなど基本的な機能はしっかりと抑えつつ、VRやハイレゾなど新たな機能にもしっかりと対応しています。しかもただ対応しているだけではなく、ハイレゾ対応のイヤホンの付属やVRに必須となるヘッドセットのプレゼントなども嬉しい特典ですね。

そしてドコモのV30+ L-01に乗り換えるなら、ここで紹介した3ステップを参考にお得に購入していただけたらと思います。

ジョジョスマホであるJOJO L-02Kは1万台限定ですので、是非とも予約しておきたいところ。

機種変更ならドコモオンラインショップがおすすめです!

Pocket


最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

【知っている人だけが得する話】

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ドコモはこちら
→ソフトバンクはこちら
→auはこちら

→おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ケータイ乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう

1 2

関連記事