ドコモユーザーのかたで、「引き止めポイント」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

言葉からもなんとなく想像できるかもしれませんが、MNP乗り換えようとするユーザーを引き止めるためにポイントを配るというもの。

そのポイントは最大○万円なんていわれていますが、そのポイントも必ずもらえるものではないんです。

とはいえお得に機種変更するためにはできるだけMNPの引き止めポイントをもらっておきたいものです。

そんなポイントが最大何ポイントもらえるのか、そしてもらえないときの対処法はあるのかという点について詳しく紹介したいと思います!

そもそもドコモのMNP引き止めポイントとは?

ドコモから乗り換えを行った人で、引き止めポイント(クーポン)をもらったことがある人もいるのではないでしょうか?

もちろん、乗り換えたけど何もいわれなかったという人もいれば、引き止めポイントをもらって機種変更に切り替えた人もいると思います。

ですが、ドコモのホームページを確認しても「引き止めポイント」といった記載はありませんし、本当にそんな制度があるのかと疑問を抱く人も多いはず。

そもそも、そんなお得なポイントがあるのでしょうか?

「乗り換え」や「MNP」を伝えるとオペレーターから話が出ることも・・・

他社に乗り換える時にお得な方法といえばなんといってもMNP乗り換えです。

そろそろ新しいスマホや、iPhoneが欲しいという人もいると思います。そんなMNPで他社に乗り換えようと思っている人には見過ごせないのがこの引き止めポイント。

5~6年前に始まったとされる制度のようですが、そのベールは謎に包まれています

その理由として、同じように問い合わせても引き止めポイントをもらえる人と、引き止めポイントをもらえない人がいるんです。

引き止めポイントをもらうためにはどんな条件があるのかリサーチしてみましたが、ドコモでMNP引き止めポイントをもらえる条件は不明でした。

ですが、機種変更の際にお得なドコモポイントがもらえるわけですし、試す価値は充分にありますよね。

ドコモでMNP引き止めポイントをもらう方法とは?

では、具体的にドコモでどうすれば引き止めポイントをもらうことができるのでしょうか?

引き止めポイントをもらえる人ともらえない人がいるということは、何か条件があると思うのですが、それについてはわかりません。

長年使用すれば必ず20,000ポイントもらえるわけでもないというのが中々難しいところです。

詳しい条件については謎が多いところですが、まずはMNP引き止めポイントをもらうための手順から確認していきましょう。

ドコモインフォメーションセンターに問い合わせをする

まずは、自分がMNP引き止めポイントをもらうことができるユーザーなのかを確認するために、ドコモインフォメーションセンターに電話をしてみましょう。

  • 電話番号:151(ドコモ携帯から)
  • 電話番号:0120-800-000(他社・一般電話から)
  • 受付時間:9:00~20:00

ドコモ携帯から電話する場合には、お手持ちのスマホで「151」と入力するだけでドコモインフォメーションセンターに繋がります。他社や一般電話の場合にはフリーダイヤルを活用して下さい。

すると、オペレーターに繋がりその場で「自分がMNP引き止めポイントをもらうことができるユーザーなのか」を確認してもらうことができます。

ドコモのオペレーターと直接話す

電話が繋がったら、音声ガイダンスに従いオペレーターに繋いでもらいます。

メニュー番号としては「4⇨2」の順番に押せばつながります。そして、ポイントとなるのは、電話番号を変更しない(MNP)で他社に乗り換える時の予約番号を発行してもらうところに電話することです。

そしてオペレーターと話し、自分がMNP引き止めポイントの対象者であれば、どうやらポイントを勧められることがあるようです。

他社にMNPで乗り換えたいこと伝える

オペレーターと繋がったら、他社へ乗り換えたいなどのことを話してみて下さい。すると、オペレーターからはいくつか質問があります。

  • なぜ他社へ乗り換えたいのか
  • どのキャリアへ乗り換えるのか
  • どの機種を利用するのか

などといった旨を聞かれます。その他にも2年縛りの契約が満期を迎えていない場合にもいわれます。

それは、MNPしてしまうと機種代金だけが残ってしまうのでその支払いがあるという注意点などを丁寧に説明してくれるんです。

そして、その後です。

ポイント発行できるユーザーかどうかも調べてもらうとができますので、それであなたが当てはまるユーザーならMNP引き止めポイント(最大20,000ポイント)の話をされるはずです。

最大20,000ポイントももらうことができるようですが、ドコモでは契約期間などによってもらえるポイントにも違いが出てくるようです。

口コミによると、5,000ポイントだったというユーザーもいれば、10,000ポイントだったというユーザーもいるため、何を基準に最大ポイントがもらえるのかは不明です。

ですが、必ずしも全員がこのポイントの話がオペレーターから提案されるわけではなく、そのまま話が進んでしまうこともあるため、話の提案がされなかった場合にはうまく何もせずに電話を切る方向で進めて下さいね。

無事にドコモからMNP引き止めポイントが貰えたら次のステップに進みましょう!
ドコモの機種変更で3万円もお得になる完璧な3ステップとタイミング

【番外編】自分がMNP引き止めポイントをもらえるユーザーか確認できる?!

電話をすることで自分がMNP引き止めポイントをもらえるユーザーなのかを確認することも出来るのですが、なんとなく電話が恥ずかしいという人もいるはずです。

そんな人にはまずWEBで自分がMNP引き止めポイントの対象ユーザーなのかを確認してみるのもおすすめです。

  1. My docomoからドコモオンライン手続きをクリック
  2. ページを下にすすめると「ご契約内容確認・変更」があるのでクリック
  3. ページを読みすすめると「携帯電話番号ポータビリティ予約」があるので申し込みをクリック
  4. 解約手続きをクリック
  5. ポイント残高や月々サポートなどの確認をして、同意にチェックを入れて次へをクリック
  6. MNPの際にかかる費用の表示があるので同意にチェックを入れて次ぎへをクリック
  7. 諸注意などが表示されるので同意にチェックを入れて次へをクリック

上記の手順後の画面に「これまでのご愛顧に感謝をこめて、お客様に今だけのお得なお知らせがございます。是非下記までお問い合わせ下さい」と表示された場合はMNP引き止めポイントの対象者ということです。

ちなみにその後は、「WEBで特典の案内を見た」と電話でオペレーターに伝えると最大20,000ポイントの付与がされるようです。

ですが、公にされていない制度なだけあって、手続きしたWEB上でも自分が何ポイント付与されるのかどんな特典なのかという点については確認できませんでした。

もちろん、先ほどのメッセージが表示されなかったとしても、オペレーターに電話するとMNP引き止めポイントをもらうことが出来る対象者だったというケースもあるようです。

謎の多い制度ではありますが、自分が対象者だった場合には機種変更もかなりお得になりますので試してみる価値はありますよね。

ドコモのMNP引き止めポイントがもらえないときの対処法は?

WEBでもメッセージが出なかったし、オペレーターからも引き止めポイントの話がなかった」と落ち込んでいる人もいるのではないでしょうか?

長くドコモを利用しているだけというわけでもないですし、短いからMNP引き止めポイントがもらえないというわけでもないのが現状のようです。

ですが、もうそうなると自棄になってしまいそうですが、謎の多い制度な分、対処法もあるようなのでいくつか参考程度に紹介したいと思います。

何度か挑戦してみる

単純な方法かもしれませんが、実は期間を空けて何度かオペレーターに電話をかけると、引き止めポイントを付与される場合があるようです。

なので、一度断られたからという理由で諦めなくても、何度かかけてみると成功してポイントがもらえる可能性もあります。

ちなみに、付与できるポイントがないといわれてしまった場合でも、オペレーターによっては、「長年ドコモを利用されているという点を考慮してあらためて確認します」といって保留になることもあるようです。

そして保留後のオペレーターとの電話で、5,400円のクーポンであれば発行できるという回答をもらっている人もいますので、少しでもお得に機種変更したい場合には試してみるのもよいですね。

実際に何度か電話をかけることで引き止めポイントをもらえたユーザーも多いんです。

他社に乗り換えたい理由は素直に話す

対策法になるのかもしれませんが、ドコモのMNP引き止めポイントを最大ポイントの20,000ポイントもらえたという人の多くは、素直に理由を話している人が多いです。

  • 他社の方がお得になるので
  • 口コミで見たのですが自分はもらえますか
  • 機種変更したいと思っている

遠回しないいかたをするよりも素直にはっきりというほうがもしかするともらえるのかもしれません。

もちろん必ずではありませんし、いってもポイントがもらえないこともありますので注意が必要ですが、はっきりとオペレーターに伝えてみて下さいね。

質問のように聞いてみるのもよいと思います。ネットで見たけどどうなのか?という切り出しでもよいと思いますよ。

それでもダメなら思い切ってMNPする

ドコモでどうにもこうにも引き止めポイントがもらえそうに無い場合は、思い切って他社にMNP乗り換えするのもおすすめです。

MNP乗り換えをすることができれば、月々の料金が安くなったり、より自分に合ったプランも見つけることができるかもしれません。

ちなみに、auに乗り換えるなら「auオンラインショップ」、ソフトバンクであれば「おとくケータイ」を利用するのが一番お得な方法です。

auオンラインショップのメリット

  • 頭金がかからない
  • 時間に縛られない
  • 強制的なプランの加入なし
  • 回線セールスなし

auオンラインショップのデメリット

  • 店員の対応なし
  • 直接質問できない
  • 直接商品が見れない
  • 端末が届くまで時間がかかる

auオンラインショップのメリットとデメリットは、auオンラインショップのメリット・デメリット徹底解説をご覧ください。

ソフトバンク乗り換えはおとくケータイのメリット

  • 店舗に行かず手続きが可能
  • ソフトバンク機種は全て取り扱い
  • 公式キャンペーンとサイト独自のキャンペーンが併用可能
  • キャッシュバック金額が多め
  • スマホの月額料金が安い
  • MNP転出費用を上回るお得な特典
  • 一括0円機種がある

おとくケータイのデメリット

  • 見積りがないと詳細がわからない
  • 会員になる必要がある
  • 基本パックの加入が必須

MNPでお得に乗り換えたい方は、MNPキャッシュバックで最高に得するための全知識!乗り換え方法で金額がこんなに違う!?をご覧ください。

それぞれ上記の様なメリットとデメリットがありますが、ドコモで引き止めポイントがもらえない場合には乗り換える方がお得になることもありますよ。

特に、オンラインショップで買い物をすれば自分のプランに合わせたものを購入できるのでおすすめです。

ドコモでMNP引き止めポイントをもらうことができたら・・・

対策法をとらなくても、なぜかスムーズに引き止めポイントをもらえる人もいるようです。

口コミを確認していると、最大ポイントよりも多くもらったという口コミもありましたが、基本的には最大20,000ポイントのようです。

そして、ポイントをもらうことが出来たとしてどのように利用するのがよいのでしょうか?

引き止めポイントをオトクに活用するなら「ドコモオンラインショップ」

引き止めポイントの金額に関しては、ユーザーごとに違いがあり、同じ金額ではないですが、せっかくもらったドコモポイントを有効的に活用するのであれば、ドコモオンラインショップがおすすめです!

ドコモオンラインショップを活用すれば、以下のようなお得な特典もあるんです!

  • 頭金なし
  • こと務手数料は特別価格
  • 送料無料
  • dポイント利用可能
  • 選べる受け取り方法

とっても魅力的です。ドコモオンラインショップと引き止めポイントを上手に活用して、機種変更すれば新機種に関してもかなりオトクに購入することができそうです。

しかも、ドコモはドコモオンラインショップでXi⇨Xiの機種変更であれば通常店舗であれば2,000円のこと務手数料が必要なところを0円で機種変更をすることができるんです。

さらに、受け取り場所が指定できるのも魅力的です。本来であればドコモショップで受け取るのが普通かもしれませんが、ドコモオンラインショップであればその限りではありません。

自宅を設定することもできるため、余計なオプションに加入する必要もなくとてもオトクです。

さらに、2,500円以上の購入の場合には全国どこでも送料無料で届けてもらうことが可能です。

ちなみに、2,500円に満たない場合には、コンビニ受け取りが500円、メール便が200円ほど手数料がかかることになっています。

ですが、初期設定などに不安があるという人であれば、受け取り場所をドコモショップに指定することで、そういった手数料が無料になるだけでなく初期設定などの手続きのサポートをしてもらうことも可能です。

ドコモオンラインショップでは、この他にもたくさんのお得情報があります。こちらの記事を読んでいただき賢く機種変更をしてください。ドコモオンラインショップがおすすめ!機種変更するメリットと手順

全ての機種ではないこともある

ドコモオンラインショップでさっそく買い物をしようと思った人もいるのではないでしょうか?

確かに引き止めポイントは機種変更に使えるのですが、なんと機種によって割引額が異なり、それぞれに対象の機種がある場合も・・・。

あるユーザーは、5,000円引きの対象機種と10,000円引きの対象機種を紹介されたようです。

そういった点からも、ドコモの引き止めポイントはまだまだ謎が多いことがわかりますよね。

さらに、ポイントの期限が翌月末までであることもいわれたそうで、どの機種でもよいというわけではない場合もありますので、オペレーターにしっかりと確認しましょう。

まとめ:ドコモで引き止めポイントをもらって有効的に活用しよう!

以上、ドコモの引き止めポイントについてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

ドコモの引き止めポイントについてはまだまだ謎のベールに包まれている部分がほとんどのようです。

というのも、ユーザーがオペレーターに引き止めポイントがもらえる条件を聞いたところ、「公表しておりませんので」と内容は教えてもらえなかったようです。

さらに口コミでは、ドコモショップの店員さんに聞いても「わからない」といわれてしまうほどなので、本当にもらえる基準などがわからないんです。

長年ドコモのユーザーだともらえるというわけでもありませんし、何が条件なのかはまだまだわからないことだらけのようです。

ですが、最大で20,000ポイントもらえるという点は周知されているようですので、該当ユーザーだった場合には20,000ポイントゲットしてオトクにドコモオンラインショップで機種変更してみてくださいね。

キャリア乗り換え(MNP)で知っておきたい情報

携帯キャリアを乗り換えることをMNPと呼ぶことは知っていても、MNPには最高に得する方法と危険な落とし穴の両方があります。上手にMNPできればメリットはたくさんありますが、正しく理解しないで目先の金額だけでキャリアを乗り換えてしまうと料金が高くなることもあります。
MNPとは何?キャリア乗り換えでお得な事例と落とし穴の回避策を紹介
MNPには手数料がかかる?解約手数料を抑える2つの方法【全キャリアガイド】
ドコモ MNP転出にかかる費用と時間は?期限が過ぎたら再発行手数料が必要?

MNPの手続きについて

MNP予約番号をたった5分で取得する3つのポイント!全キャリアの乗り換え方法
乗り換え(MNP)手続きの全手順を徹底解説!1時間得するもっとも効率的な方法

Pocket