ドコモ HUAWEI P20 Proの発売日はいつ?スペックや気になる新機能情報

Pocket

2018年5月16日にドコモから夏の新作モデルの発表がありましたよね。

そこにはなんと、HUAWEI P20 Proの文字が・・・。

ドコモユーザーからすれば、機種変更を考えている人もいると思いますし、気になっているところではないでしょうか?

ですが、「いつが発売日なのか?」「どんな素晴らしいスペックなのか」と思考を巡らせている人も多いと思います。

そこで、今回はHUAWEI P20 Proの具体的な発売日やスペック、どこか向上したのかなどを徹底的に調査してみました!

おすすめの検索キーワード
最新iPhoneや2018年夏モデルなどの最新機種購入をお得に手に入れる方法!

機種変更や他社乗り換えでこんな失敗をしていませんか?
  • 有料オプションを契約させられ料金が高くなった。。。
  • 待ち時間や契約時間が長くて、半日かかってしまった。。。
  • キャンペーンや割引がきちんと適用されていなかった。。。

公式オンラインショップなら損することなく、どこよりも賢くお得に機種変更や乗り換え(MNP)ができます。迷っているなら、予約だけでも。オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。

→ ソフトバンクはこちら
→ ドコモはこちら
→ auはこちら

HUAWEI P20 Proの発売日とは?

画像引用元:HUAWEI公式サイト

HUAWEI P20 Proが新商品となると気になっている人も多いのではないでしょうか?

今でもドコモでHUAWEIさんの製品を利用している人がいるかもしれませんね。

さらに、具体的な発売日がわからなかったとしても、とりあえずどの時間帯でもわかったらおしえて欲しいという人もいますので

そこで、ドコモから具体的にいつ販売されるのかも調査してみました!

HUAWEI P20 Proの発売日は「6月下旬」

ドコモが新作の発表をしてくれたことで、HUAWEI P20 Proの発売日も決まっていると思っていました。

ですが、調査してみると、HUAWEI P20 Proの具体的な発売日についてはまだ非公開であることがわかりました。

近い日付として、6月下旬には発売されるということですので、気になる人は随時チェックが必要になると思います。

5/16日に行われてた新作説明会でもHUAWEI P20 Proの具体的な発売日については触れられていませんが、モデルによっては発売日が既に発表されたものも・・・。

6月下旬とはなっていますが、もしかしたら少しくらいは早くなるかもしれませんし、今後のドコモの動向は見守っておきたいところですね。

HUAWEI P20 Proの基本スペックとは?

画像引用元:HUAWEI公式サイト

発売日が6月下旬となると、少し先のためまだ情報の開示が行われていない部分もあるかもしれませんが、現在わかるところに関しての基本スペックを紹介してみたいと思います。

進化し、魅力的になったHUAWEI P20 Proの基本スペックをご覧ください。

HUAWEI P20 Proの基本スペック

製品名 HUAWEI P20 Pro
発売日 2018年06月下旬
キャリア ドコモ
価格 10万4000円前後
シリーズ HUAWEI P
OS Android 8.1、EMUI 8.1
CPU(プロセッサー) HUAWEI Kirin 970 オクタコア 2.36GHz A73/1.8GHz A53(クアッドコア) + i7コアプロセッサ
内部メモリー 128GB
外部メモリー
RAM 6GB
バッテリー容量/急速充電 3900mAh、HUAWEI スーパーチャージ
防水・防塵・耐衝撃機能 IPX7、IP6X(IP67)
セキュリティ 指紋認証(正面に設置)、顔認識
ホームボタン 指紋センサー
モニター/画面解像度 6.1インチ、フルHD(2244×1080ドット)、408ppi、比率18.7:9
液晶パネル 有機EL OLED FullViewディスプレイ
HDR動画再生対応
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
NFC(FeliCa/おサイフケータイ)
Bluetooth ○(4.2)
GPS
テレビ
ハイレゾ ○(FLAC対応)
画素数(背面/アウトカメラ) 4000万画素 1/1.7型(RGBカラー) F1.8+2000万画素(モノクロ) F1.6+800万画素(望遠) F2.4
対応ISO IS0 102400
動画/ハイスピード動画 4K(予想)、960fps
その他の背面カメラ機能 電子式手ブレ補正(EIS)+光学式手ブレ補正(OIS)を組み合わせた「AI手ブレ補正(HUAWEI AIS)」
画素数(正面/インカメラ) 2400万画素 F2.0
各種センサー 加速度、コンパス、ジャイロ、環境光、近接、HALL、赤外線(IR)リモコン
その他 AI機能、PCモード、ライカブランドのレンズ:VARIO-SUMMILUX-H 27-80mm F1.6-2.4 ASPH.
コネクター USB Type-C
ヘッドホンジャック -(USB Type-Cの変換アダプターで対応)
スピーカー Dolby Atmosサウンド
74mm
高さ 155mm
奥行き 7.9mm
重さ 180g
カラー ブラック、ミッドナイトブルー

いかがでしょう?といっても、スペックだけ見たとしても充分すごいことはわかると思うのですが、ちょっとだけ、HUAWEI P20 Proの特徴を紹介したい思います。

一覧表を見るのも楽しさはありますが、HUAWEI P20 Proのびっくりするような特徴を紹介してみたいと思います。

HUAWEI P20 Proの特徴とは?

スペック表だけではわかりにくい人も多いので、まずは、その特徴を紹介してみたいと思います。

特に夏モデルとして販売されるまでまてない!という人に魅力的なHUAWEI P20 Proの特徴などをしっかりとご紹介したいと思います。

HUAWEI P20 Proが発売されたらすぐ購入したくなるような魅力は3つです。

HUAWEI P20 Proの特徴①:こだわりのカメラ

HUAWEI P20 Proの最大の特徴と言えばカメラです。

3つ並んだ高品質のLeicaカメラと、横向きに配したロゴはユーザーがデジタルカメラを構えるようにホールドすることを想定した結果のようです。

デジタルカメラではなくとも、写真を撮るのが楽しくなるというが、それがHUAWEI P20 Proのデザインコンセプトの一つになっているようです。

もちろん、デザインコンセプトとなっているだけではなく、高い技術でカメラを搭載しているため、画質が高く迫力のある写真を提供してくれるんです。

HUAWEI P20 Proの特徴②:スマホを快適に

購入して一定期間経過するとどうしても携帯がかくついてるという人も少なくないと思います。

そんなかくつきを防いでAIと独自の機械学習するためアルゴリズムにより、2年経過しても購入直後のさくさく感が持続することをコンセプトに作られています。

そのため、いつでもさくさくと利用することができ、ストレスを感じなくともよいと言われています。

HUAWEI P20 Proの特徴③:世界第3位の実力

出荷台数が多いことから、世界第3位の実力といわれています。

確かに、出荷台数が多いことは人気の秘密とも直結してきますよね。

さらに、防水防塵、FeliCa、受信時最大988Mbps、4対応で約6.1インチ超ワイド有機ELディスプレイを搭載しているのも人気の秘密です。

HUAWEI P20 Proと他の機種との違いとは?

魅力的になったHUAWEI P20 Proですが、どれくらい魅力的になったのかわからないですよね。

そこで、HUAWEI Mate 10 Proと比較してどれくらい機能が向上しているのかを確認してみましょう。

製品名 HUAWEI P20 Pro HUAWEI Mate 10 Pro
発売日 2018年06月下旬 2017年12月01日、2018年05月18日(ソフトバンク)
キャリア ドコモ SIMロックフリー(nanoSIMx2)、デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)、デュアルSIM・デュアルVoLTE(DSDV)対応
価格 10万4000円前後 8万円前後
シリーズ HUAWEI Pシリーズ HUAWEI Mateシリーズ
OS Android 8.1、EMUI 8.1 Android 8.0、Emotion UI 8.0
CPU(プロセッサー) HUAWEI Kirin 970 オクタコア 2.36GHz A73/1.8GHz A53(クアッドコア) + i7コアプロセッサ
外部メモリー(microSDカード)
内部モリー 128GB
RAM 6GB
バッテリー容量、急速充電 3900mAh、HUAWEI スーパーチャージ 4000mAh、HUAWEI スーパーチャージ
防水機能 IPX7、IP6X(IP67) IPX5/IPX7・IP6X(IP67)
セキュリティ(生体認証) 指紋認証(正面に設置)、顔認証 指紋認証(背面に設置)
ホームボタン/ホームキー 指紋センサー オンスクリーンキー
モニター/画面解像度 6.1インチ、フルHD+(2244×1080ドット)、408ppi、比率18.7:9 6.0インチ、フルHD+(2160×1080ドット)、402ppi、比率18:9
液晶パネル 有機EL OLED、FullViewディスプレイ
Wi-Fi 追記予定 IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
受信時最大 988Mbps(ドコモ) 500Mbps
送信時最大 75Mbps(ドコモ) 50Mbps
キャリアアグリゲーション 追記予定 2CCA、3CCA対応
対応バンド LTE:1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/32/34/38/39/40/41 FDD-LTE:1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/26/28/32、TDD-LTE:34/38/39/40/41、WCDMA:1/2/4/5/6/8/19
NFC
おサイフケータイ/FeliCa
Bluetooth ○(予想) ○(4.2)、aptX/aptX HD/LDAC対応
ハイレゾ ○(FLAC)
GPS
テレビ(ワンセグ/フルセグ)
各種センサー 加速度、コンパス、ジャイロ、環境光、近接、HALL 加速度、コンパス、ジャイロ、環境光、近接、HALL、気圧、赤外線リモコン
画素数(背面/アウトカメラ) 4000万画素 1/1.7型(RGBカラー) F1.8+2000万画素(モノクロ) F1.6+800万画素(望遠) F2.4 1200万画素(RGBカラー) F1.6+2000万画素(モノクロ) F1.6
オートフォーカス 4-in-1 ハイブリッドフォーカス(像面位相差AF+コントラストAF+レーザーAF+デプスAF)
手ブレ機能 電子式手ブレ補正(EIS)+光学式手ブレ補正(OIS)を組み合わせた「AI手ブレ補正(HUAWEI AIS)」 光学式手ブレ補正
動画/ハイスピード動画 960fps 4K動画対応
画素数(正面/インカメラ) 2400万画素 F2.0 800万画素 F2.0
その他 AI機能、PCモード、Dolby Atmosサウンド、ライカブランドのレンズ:VARIO-SUMMILUX-H 27-80mm F1.6-2.4 ASPH. AI機能、PCモード、ライカブランドのレンズ:SUMMILUX-Hズミルックス
コネクター USB Type-C
ヘッドホンジャック -(USB Type-Cの変換アダプターが同梱)
74mm 74.5mm
高さ 155mm 154.2mm
奥行き 7.9mm(カメラ部に出っ張りあり)
重さ 180g 178g
カラー ブラック、ミッドナイトブルー ミッドナイトブルー、チタニウムグレー

一覧表をぱっと見た印象としては、実際のところあまりスペックには違いはないように感じますがそうでもないようです。

逆に、一覧表を見慣れている人は比較表を見ただけで、いくつか違いが見えてきた人もいるのではないでしょうか?

意外と違っていることが多かったりするので、項目をピックアップして紹介しますね。

HUAWEI P20 Proの前機種との違い①:シリーズ

今回比べたのは、HUAWEI P20 ProとHUAWEI Mate 10 Proです。

なので、シリーズに差があるのは当然のことですね。「HUAWEI P20 Pro」はHUAWEI Pシリーズ、「HUAWEI Mate 10 Pro」はHUAWEI Mateシリーズのスマートフォンです。

HUAWEI Pシリーズは写真・ファッションがテーマとなっているので、高性能カメラだけでなく持ちやすさ、使いやすさも考慮してコンパクトなボディサイズが特徴です。

一方で、HUAWEI Mateシリーズは技術・ビジネスがテーマとなって作られているため、最先端の技術が投入されるハイスペック機で、大画面の大型ディスプレイや大容量バッテリーが特徴になっています。

HUAWEI P20 Proの前機種との違い②:ディスプレイ

HUAWEI P20 Proは6.1インチ(2244x1080px)比率のディスプレイを搭載していますが、「Mate 10 Pro」は6.0インチ(2160x1080px)で比率18:9です。

やや小さめなのが特徴ですね。

ですが、どちらも縁・枠(ベゼル)などのフレーム部分を狭くしたベゼルレス・デザインとなっており、画面を広く利用することができるのも、HUAWEI P20 Proの特徴です。

画面を広く利用できることで、写真加工の幅が広がったり、SNSを見るときのストレスもかなり軽減されますよね。

さらに、ディスプレイ上部にはiPhoneのような切り欠き部分が設置されており、ディスプレイの形も4隅が丸まった形状なのが特徴です。

HUAWEI P20 Proの前機種との違い③:処理性能

 

HUAWEI P20 Proは、AI処理に特化した「NPU(ニューラル・プロセッシング・ユニット)」を内蔵しているため、さくさくと利用できるだけでなく省電力化もできるんです。

さらに、インターネット接続によるクラウドベースのものでなく、ローカルベースでAIの処理を行うこともできるので、速度や安全性の面で優れたパフォーマンスが可能です。

これにより、今開いているカメラ処理を瞬時に行うことができる画像認識や、タイムラグが短く即座になる音声認識などが利用できます。

こういった点を考慮してみるとHUAWEI P20 Proがかなり優秀なのがわかりますよね。

まとめ:HUAWEI P20 Proで魔法を上手に使って楽しい毎日を

ということで今回はHUAWEI P20 Proについてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

ドコモから夏モデルとして発表されるという声があったことでかなり期待している人も多いのではないでしょうか?

ですが、HUAWEI P20 Proの発売日はもう少し先なのでまだまだ購入するまでには期間がありますが、その魅力がしっかりと紹介できていたら嬉しいなと思います。

カメラにこだわりたいという人や、画面は大きな方が良いという人など様々だとはおもいますが、HUAWEI P20 Proはどんな人にもおすすめできる高性能な機能を搭載しています。

今のスマホが、処理スピードの劣化も激しく、カメラ機能もあまり充実していないという人は、ぜひこちらのHUAWEI P20 Proを購入してみてはいかがでしょうか?

HUAWEI P20 Pro以外のドコモ新機種2018夏モデル

ドコモ Galaxy S9 / S9+の発売日はいつ?スペックや気になる新機能情報
ドコモ Xperia XZ2の発売日はいつ?スペックや気になる新機能情報
ドコモ Xperia XZ2 Premiumの発売日はいつ?スペックや気になる新機能情報
ドコモ Xperia XZ2 Compactの発売日はいつ?スペックや気になる新機能情報

最新機種の予約・購入はドコモオンラインショップがおすすめの理由

ドコモで賢く機種変更するにはドコモ公式のオンラインショップを利用することが重要です。こちらの記事では、ドコモの機種変更にかかる費用を0円にしたり、最大で3万円得する方法を紹介しています。ドコモの機種変更で3万円もお得になる完璧な3ステップとタイミング

ドコモオンラインショップだと予約待ち人気機種が早く入手できるってホント?
ドコモオンラインショップと店頭で機種変更はどちらが安い?
ドコモ MNP引き止めポイントは最大いくら?貰えないときの対処法

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

【知っている人だけが得する話】

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。 最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

→ドコモはこちら
→ソフトバンクはこちら
→auはこちら

→おとくケータイで乗り換えでキャッシュバックをもらう
→ケータイ乗り換え.comでキャッシュバックをもらう
→SMARTPHONE STOREでキャッシュバックをもらう

関連記事