ドコモのXperia XZ1 Compact 機種変更!絶対お得な方法とは

2.Xperia XZ1 Compact へお得に機種変更するには?

それではXperia XZ1 Compactに機種変更をする方法について解説いたしましょう。どの方法で機種変更すれば良いのか?また機種変更の注意点についてなどを色々と解説いたします。

2-1. 機種変更はドコモオンラインショップで行う

Xperia XZ1 Compactへの機種変更は
ドコモショップ
家電量販店
ドコモオンラインショップ

などがありますが、この中で一番おすすめなのはドコモオンラインショップでの機種変更です。

ドコモショップや家電量販店で機種変更をする場合は「頭金」と言う本体価格以外の料金が発生するケースがあります。

この「頭金」店舗側で値段が決められるというもの、言わば店舗側が利益を出す為の経費と言っても良いでしょう。「頭金」の値段は、多くの家電量販店では3000円、ドコモショップの場合は5,000円が相場のようです。

ドコモオンラインショップで機種変更すると「頭金」は回避することができます。

3,000円、5,000円という金額はかなり大きいので、余計な出費を抑える為にはドコモオンラインショップでの機種変更は必須と言っても大げさではありません。

また不要なオプションに加入する必要がないのもドコモオンラインショップの魅力です。

機種変更する際、「初回月は無料なので・・不要なら1ヶ月後にでも解約してくれたらいいから」と言われ不要なオプションに加入させられた事がある方も多いでしょう。

これは「レ点ビジネス」と呼ばれるものです。新契約・機種変更時に、契約者数を獲得のために加入させた、無料月後の解約忘れユーザーを狙ったところもあります。無料月後に即、解約できれば問題ありませんが、意外と解約忘れは多いのです。

ドコモオンラインショップで機種変更をすれば、不要なオプション加入も回避できます。不要なオプションには加入しないので、解約忘れをしてそのまま不要なオプション料金を払い続ける事も起こりません。

また、ドコモオンラインショップでは契約プランなども自身で決めることが出来ますし、タイミングが良ければオンラインショップ限定キャンペーンなども利用できます。さらにドコモオンラインショップでは機種変更にかかる事務手数料も無料ですので、その点もメリットは大きいです。

オンラインですので、すべてがネット上で完結し実店舗に行った時のような煩わしい待ち時間もないですし、近くにドコモショップも家電量販店もない方や多忙で店舗まで出向く機会がない方には、ドコモオンラインショップで機種変更し、自宅受け取りする事をオススメします。

当然、ドコモオンラインショップは24時間手続きが可能です。忙しい方や店舗まで足を運ぶのが面倒という方にはまさに打って付けです。24時間いつでもネットで全ての手続を済ませる事ができ、待ち時間もないのです。送料も全国無料です。

在庫の有無もすぐに確認でき、在庫そのものも安定していますのでXperia XZ1 CompactやiPhone X と言った人気機種も比較的入手しやすいです。

デメリットは少ないですが、実店舗ではないため、ショップの店員さんと直接、対面で話ができない為、オンラインでの手続きに慣れていない人には、やや不安があるかもしれないといった点でしょう。相談できません。

しかし、そういった不安を解消するため、ドコモオンラインショップではチャットによる相談もできる機能がありますので、この点の不安はクリアされていると言えるでしょう。

また、ドコモオンラインショップに関する質問などはドコモオンラインショップセンター(0120-131067)に電話をして聞く事も可能です。

オンラインでの手続きという都合上、その日のうちに使用することができないという点も若干のデメリットではありますが、状況にもよりますが、ほぼ翌日には届きますので、これも然程のデメリットではないでしょう。

手間や手数料、時間を節約できるという大きなポイントを鑑みればやはりドコモオンラインショップで機種変更する事をオススメします。

2-2. 機種変更の時期や機種変更にかかるお金に注意する

機種変更する際には機種変更をするベストなタイミングがありますので見極めが重要です。機種変更時発生する料金も考慮して機種変更しましょう。

おそらく、多くの方は2年縛りのプランで契約されているのではないでしょうか?2年縛りの契約期間中に機種変更をした場合は違約金が発生します。

さらに端末を分割払いにしていた場合は違約金の他に端末の残債も当然、あります。端末代金の支払いを分割で払っている方は「端末代金の残債はないかか?」という事にも注意する必要があります。

もしも現在使用している端末のの残債が残っているままXperia XZ1 Compactに機種変更した場合、Xperia XZ1 Compactの機種代金と月々の使用料金だけでなく、現在使用している端末の残債も同時に支払うという事になります。

くどいようですが、やはり機種変更はドコモオンラインショップでするのが良いですね。

2-3. キャンペーンやプログラムを上手く利用する。

キャンペーンや様々なプログラムを上手く利用するのもXperia XZ1 Compactをお得にゲットするには必要不可欠です。2017年末日の段階で確認できているキャンペーンやプログラムを紹介いたします。

まずは下取りプログラムです。下取りプログラムは今持っている端末を下取り申込みをしすると、携帯電話などの購入代金から最大46,000円(税込)を割引するというものです。2017年9月22日から続いているプログラムです。

下取りプログラムの割引は「機種変更時に前機種を下取りし購入代金から割引を受ける」「機種変更後に郵送してポイントによる還元を受ける」という2つの方法があります。

下取り可能な機種の条件は、正規店で購入された機種が大前提です。下取りはドコモの端末だけでなく、au や SoftBank の機種も下取り対象になっていますので機種変更のみならず、MNPによる機種変更にも大いにメリットがあります。

5年位前の古い機種も下取り対象となっているのも有り難いです。他社からのMNPはもちろん、ドコモユーザーでならば、特にこの下取りプログラムを利用しない手はないと言えます。

オンラインショップを利用して2台以上購入した場合でも適応されます。その場合、翌月の利用料金の減額による還元としてキャンペーンを受けることが出来ます。

ドコモは他のキャリアに比べ、下取り金額が高額に設定されているので、このプログラムを上手に利用すれば、Xperia XZ1 Compactを実質0円で購入できる可能性もあります。

下取りプログラムは、画面割れのある端末も下取りOKですが、この場合は最大下取り価格より30%ほど安くなります。

家族まとめて割は家族と一緒にシェアパック加入で対象機種を購入すると、その場で1台あたり5,184円割引になるお得なキャンペーンです。家族で同時に機種変更を考えているのであれば是非活用しましょう。

2017年12月1日(金曜)~2018年1月31日(水曜)という期間限定ですがドコモオンラインショップで手続きするのであれば「ドコモオンラインショップ9周年感謝祭」を利用しましょう。

「ドコモオンラインショップ9周年感謝祭」とは5,400円(税込)以上の対象機種を購入したユーザーの中から抽選で9,999名に最大9万ポイントをプレゼントするというものです。

同じく家族向けのキャンペーンですが、家族の中でドコモ以外のユーザーがいて、その家族をドコモにMNPさせたいと考えているのであれば「ドコモの家族紹介キャンペーン」(2017年12月1日~2018年3月31日)の利用がオススメです。

「ドコモの家族紹介キャンペーン」は他社からドコモへ乗りかえ、または新規契約する家族を紹介すると、1人の紹介につき、dポイント(期間や用途限定)10,000ポイントが貰えるという内容です。

適用条件は「紹介者がdポイントクラブアンケートに回答、もしくはまたは店頭にてキャンペーンにエントリーする事」「紹介された家族が他社から乗りかえまたは新規契約のうえ、対象機種を購入すること」「購入月の翌月1日時点で紹介家族が紹介者と同一シェアグループにご加入していること」の三点です。

ポイント進呈時期は、購入月の翌々月上旬で 進呈ポイント有効期限は以下の通りです。

2017年12月購入 : 2018年7月31日(火曜)
2018年1月購入 : 2018年8月31日(金曜)
2018年2月購入 : 2018年9月30日(日曜)
2018年3月購入 : 2018年10月31日(水曜)

ご自身が25歳以下もしくは家族の中に機種変更やドコモへのMNPを検討している人がいるのならば「ドコモの学割」(2017年12月27日~2018年5月31日)を利用しましょう。

「ドコモの学割」は25歳以下の方には、1年間毎月のご利用料金を1,500円割引し、同じシェアグループの方全員に、dポイント3,000pt(期間・用途限定)をプレゼントするという内容です。

若い方だけでなく60歳以上の方へのキャンペーンも用意されています。「シニアはじめてスマホ割」(2017年6月1日~2018年2月28日)です。「シニアはじめてスマホ割」とは60歳以上の方が、ケータイからスマホに変えて、家族と一緒にドコモなら、月額800円からスマホが使えるというものです。
1人で使う場合も月額3,380円から利用できます。

適用条件は「60歳以上であること」「FOMAからXiへの契約変更または他社ケータイから乗りかえでの新規契約」の二点です。

さらに「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」、「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」、「シンプルプラン(スマホ)」のいずれかを契約、2年定期契約なしの場合は、ハーティ割引のお申込みが必要です。

次回、新機種に機種変更する際にお得にできるようにしたいのであれば、機種変更プログラムに加入しておきましょう。

機種変更応援プログラムは、プログラム料金を一定期間支払うと、24か月の割賦支払終了を待たず、気軽にお得に最新機種に機種変更することができるプログラムです。2015年9月25日から実施されています。

加入条件は、対象機種の購入とXi契約をすることです。プログラム利用料金は月額300円、最大課金期間は24か月(機種変更ごとに1か月とカウントします。)

全てのドコモショップ、ドコモ取扱い店舗、ドコモオンラインショップでのみ申込み可能です。機種購入と同時にプログラム加入を申込んでください。

2-4. dカード GOLDを利用しよう。

「dカード GOLD」は、ドコモユーザー向けのクレジットカードです。特典も満載なのでドコモ利用者ならばメインとして持つことをオススメします。既にメインのクレジットカードをお持ちの方もサブカードとして持っても決して損はないと思われます。

dカード GOLDの特典は「ドコモの料金の10%をポイント還元」「カード発行で10000円相当が還元」「機種購入から3年間は最大10万円分を補償」「利用額に応じて毎年2万円の機種割引があ」などです。

ドコモ携帯やドコモ光の利用料金に応じて毎月dポイントが10%還元されます。スマホ利用&ドコモ光利用で毎月20,000円の利用料金ならばなら、年間で24,000ポイントが貯まるという計算になります。2年間なら48,000ポイントですね。

さらにカードの発行&利用で1万円相当のキャッシュバックが貰えます。また、年間の利用額の条件を満たせば、毎年5月~6月にスマホの割引に使えるクーポンを貰う事ができます。額は10,800円~21,600円です。

また、端末購入から3年間はその端末の紛失・故障について最大10万円の補償がついてきます。

まさにドコモユーザーへの特典満載なドコモユーザー必携のクレジットカードカードと言えます。ちなみにdポイントは機種変更の際に機種の割引にも使えるのでお得です。

ここまでの解説で「dカードGOLDがお得なのは分かったけど、なんでdカードGOLDでお得に機種変更できるの?」と思われた方もいらっしゃると察しますのでカラクリを説明します。

例えばiDで機種代金を一括払いした場合などは、dカードGOLDを使えば最初に貰える1万円キャッシュバックを使って機種代金を1万円割引にすることが可能です。

さらに貯まったdポイントや貰えるクーポンを使えば、次回の機種変更時に機種代金を大幅に割引することも可能ということです。

例えば、年間ポイントが2年で48,000ポイント貯まって2万円のスマホクーポン券を貰った場合は2年後の機種変更の際に68,000円もの値引きが可能になります。

次回の機種変更時にもお楽しみがいっぱいなdカードGOLD、是非活用しましょう。dポイントはドコモ商品への交換や値引きだけでなく様々なポイントとの交換もできるので本当に持っていて損はないでしょう。

2-5. 料金プランや有料オプションを見直そう。

機種変更と同時に料金プランを見直す事も機種変更後お得にXperia XZ1 Compactを利用する為に大切な事です。ドコモの料金サービスは基本的に基本プラン+パケットパック+spモードで構成されます。

この「基本プラン」と「パケットパック」を見直すことがポイントです。特にパケットパックは実際に自身がどれだけデータを利用しているのか再確認が必要です。

店頭での機種変更の場合、実際のデータ使用料より大きな容量のパケットパック契約を勧められる事が多々あります。2GB前後使用している方の場合は5GB、5GB使用している方には20GB、シェアパック10GBならシェアパック15GBを勧めるのが相場のようです。

よりデータ容量の多いパケットパックを契約してもらった方が当然ながらキャリア側にメリットがあります。ドコモに限らずですが、いかに大容量のプランを契約してもらうかが携帯会社にとっての課題なのです。

2GB契約で容量オーバーが多々ある方ならば、一つ上のプランで契約するのが望ましいですが、2GBで充分収まっているのに5GBを契約している場合などは明らかにあっていないプランなので冷静に見直し料金の払払いすぎを回避しましょう。

どれくらいのデータ量を利用している把握し、プランやパケットパックを選択することが大切です。データ量についてはMy docomoアプリやMy docomo(ウェブ)から確認できます。

仮に契約するデータ容量を最適化できた場合(正しく選択できた場合)、毎月の節約額は以下の通りになります。

料金プランも同様、自身の通話状況を把握し「カケホーダイ(月2,700円)」「カケホーダイライト(月1,700円)」「シンプルプラン(月980円)」吟味しましょう。

ドコモオンラインショップならば、この点においても有効です。店舗ですと時間も気になったり、自分で決める煩わしさから店員さんのオススメプランに決めてしまう事があります。

ドコモオンラインショップなら、時間を気にせず店員さんに気を使わずに自身で自由にプランが選択できますので機種変更はドコモオンラインショップが一番でしょう。

オプションサービスの見直しも大切です。前述の料金プランやパケットパック同様、店舗では加入を勧められる事が多々あります。

前回の機種変更時にオプションは加入を勧められた方は、機種変更の際に今加入しているオプションが必要か見直し不要ならば解約しましょう。不要なオプションを解約する、不要なオプションをつけないだけで約1万円は節約できるとの話もあります。

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!
携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


【知っている人だけが得する話】
最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

1 2 3

関連記事