ドコモからワイモバイルに乗り換え(MNP)徹底解説!お得な方法とは

ドコモからワイモバイルにMNP乗り換えを検討しているという人も多いのではないでしょうか?

その理由は、無線通信業界でも話題を集めている格安SIMがあるからだと思いますが、ドコモからワイモバイルにどう乗り換えればお得なのか気になるはず。

なので、ドコモからワイモバイルへの乗り換えのオトクな方法を紹介してみたいと思います♪

ドコモからワイモバイルにMNP乗り換えする前にまずは必要な費用の確認!

ドコモからワイモバイルにMNP乗り換えするまえに、まず確認したいのが解約にかかる費用です。

乗り換えにはお金がかからないと思う人もいるかもしれませんがそうではありません。残念ながら手数料などがかかってしまいますので、しっかりと確認しておきましょう。

かかる費用は3つ

ドコモからワイモバイルにMNP乗り換えする際に具体的にかかってくる費用は以下の3つです。

 金額
 MNP転出手数料 2,000円
事務手数料 3,000円
 解約金(違約金)  9,500円~

上記がドコモからMNP乗り換えする際に必要になる費用です。

転出手数料と事務手数料だけでも5,000円はかかりますね。そして、2年以内に契約を解除してしまった場合に限り解約金(違約金)9,500円程度かかってしまいます。

「9,500円~」にしている理由は、以下の二つに関しては契約していた期間により価格に変動があるからです。

  • Xiデータプランにねん
  • 定額データスタンダード割

最終的には9,500円になりますし、9,500円になってしまった後振り出しに戻るなんてことはありませんので、2年以上経過すれば解約金は9,500円となります。

もちろん、契約更新期間の2ヶ月間であれば、解約金(違約金)は発生しませんので、My docomoから契約更新月を事前に確認しておきましょう。

費用を抑えるなら月中~月末の乗り換えがオトク

費用がかかってしまうのは仕方ないことなのですが、出来ればお得なタイミングでMNP乗り換えしたいですよね。

乗り換えをするのは解約期間の2ヶ月間に行えばよいとして、契約プランで日割りになるものを把握することが重要なポイントになります。

そこで、自分の契約しているプランを確認し直してみましょう。

【日割りなし】

  • カケホーダイプラン
  • カケホーダイライトプラン
  • シンプルプラン
  • シェアパック
  • データパック
  • シェアオプション

【日割りあり】

  • spモード
  • 携帯補償

ちなみに、日割りになるものは利用料が高額にならないものが多いです。

日割りなしのプランが多いことや、高速データ通信容量を使い切ることを考えると、月中や月末に乗り換えの手続きをするのがお得でおすすめです。

持っている端末がワイモバイルに対応しているか確認

ドコモからワイモバイルにMNP乗り換えするにあたり、現在使っている端末を利用する場合には、その端末がワイモバイルに対応しているものなのか確認する必要があります。

ちなみに、ワイモバイルの公式サイトには接続実績のある他社端末というページが設定されているので、そのページを確認することで自分の端末がワイモバイルのSIMに対応しているかを確認することができます。

例としてワイモバイルで使用することができるドコモ版iPhoneを紹介します。

  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone SE
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s

上記に該当するものであれば、iPhoneはワイモバイルにMNP乗り換えした際でも端末をそのまま利用することが可能です。

注意していただきたいのは、iPhoneの場合にはSIMサイズは「nano」という点です。

注文時に間違えてしまうと挿入することができませんので注意して下さいね。

端末を利用する場合には「SIMロック解除」する必要がある

端末が利用できることで、端末代金がかからないのはドコモからワイモバイル乗り換える最大のメリットともいえますが、ドコモ端末を利用するためにはSIMロック解除をする必要があります。

ドコモの初期設定ではドコモのSIMカードしか使えないように“SIMロック”がかかっています。この状態でワイモバイルのSIMカードを挿入しても利用することができません。

そこで、ドコモとの契約が続いている間にSIMロックを解除しておくことをおすすめします。ちなみに、SIMロックを解除することのデメリットは基本的にはありません

しいてあげるなら、他社のSIMカードに差し替えることで、これまで使っていたアプリが一部動作しなくなったり、ドコモからサポートが受けられなくなります。

店頭や電話でも解除することは可能ですが、My docomoから簡単に無料でSIMロック解除を行うことも可能です。

周波数帯が対応しているか

都心部に住んでいるという人は問題ありませんが、そうでない人は注意が必要です。実は、都心部では使えるものでも、山間部では電波が繋がらないこともあるようです。

なので、自分の持っている端末がワイモバイルのエリアと一致するかを確認することが大切なんです。

ドコモのarrows Tab F-02Kを例に紹介してみたいと思います。

ワイモバイル ドコモ

(arrows Tab F-02K)

2.5GHz
2.1GHz
2GHz
1.7GHz
1.5GHz
900MHz
800MHz

今回のarrows Tab F-02Kの場合では、1.7GHzしか対応していないことがわかると思います。

ということは、1.7GHzのエリアでしか使用することができないのですが、ワイモバイルがどのエリアで1.7GHzを利用しているのかわかりませんよね。

実は公式ホームーページで調べることができるので、自分の周波数帯がわかったら公式サイトで確認してみてくださいね。

ドコモからワイモバイルにMNP乗り換えする際にお得なのは店舗?オンラインショップ?

ドコモからワイモバイルにMNP乗り換えするならお得に乗り換えたいものです。

ワイモバイルには店舗とオンラインショップが用意されているのですが、どちらで申し込みをするのがお得なのでしょうか?

店舗で申し込む時のメリットとデメリット

ではまず、ワイモバイルの店舗で契約を申し込む時のメリットとデメリットを確認してみましょう。

【メリット】

  • 店員さんに質問できる
  • 実物を見ることができる
  • 口座振替も対応している
  • 頭金が不要
  • 購入直後から使用できる

【デメリット】

  • 頭金が必要となる
  • 時間にとらわれる
  • 不要なオプションやサービスに加入させられる

店舗での申し込みの最大のメリットは店員さんに確認できることと、実物を見て触ることができることです。

ネットでの購入は「イメージと違った」と残念な気持ちになったことがある人もいるはずですが、実物を確認できればそんなことはありませんよね。

さらに、購入後すぐに使用したり、端末購入の場合には端末がすぐに手元にあるのも理想的です。

オンラインショップでの購入の場合には、発送までに時間がかかるため、手元に届くのは購入直後ではありません。なのですぐ手元に欲しい人にもおすすめです。

オンラインショップで申し込む時のメリットとデメリット

では続いて、オンラインショップで申し込みをした際のメリットとデメリットも確認してみましょう。

【メリット】

  • 頭金が余分にかからない
  • 時間にとらわれず購入可能
  • 不必要なサービスの勧誘なし
  • 疑問点はチャットで確認できる
  • 近くに店舗がなくても購入可能

【デメリット】

  • 設定は自分でする必要がある
  • 購入には本人名義のクレジットカードが必要
  • 手元に届くまでに時間がかかる

メリットとしては、頭金が余分にかからず、時間に余裕がない人でも購入しやすいという点だと思います。

しかも、確認したいことはチャットを利用することでいつでも確認することが出来るほか、店舗が近隣にないという人でも気軽に購入することが可能です。

ですが、届いてからの設定は自分でする必要がありますし、手元に届くまでには基本3日程度はかかると考えるとすぐに利用することはできませんよね。

さらに、購入するのであれば本人名義のクレジットカードが必要となるため、クレジットカードを持っていない場合には購入することができないんです。

以上が店舗とオンラインショップで購入する上でのメリットとデメリットです。実際にどちらがお得かといわれるとキャンペーンに違いもあるので難しいですが、自分に合った方でよいと思います。

店員さんと話しながら設定まで行いたいという人であれば、店舗を、そして、普段忙しく店舗に行けない人やスマホ設定は自分でできるという人は、オンラインショップでの購入がおすすめです。

ドコモからワイモバイルにMNP乗り換えする方法とは?

では、上記の確認事項が済んだら実際にドコモからワイモバイルにMNP乗り換えする手続きに移りましょう。

ドコモからワイモバイルにMNP乗り換えするためのステップは4つです。

  1. MNP予約番号の入手
  2. ワイモバイルへの契約申込
  3. 新しいSIMカードの受け取り
  4. 回線の切り替え

簡単4ステップでドコモからワイモバイルにMNP乗り換えすることが可能です。それぞれのステップごとに詳しく解説します。

ドコモからワイモバイルにMNP乗り換えするためのステップ1:MNP予約番号の入手

MNP乗り換えを行うためにはまず、「MNP予約番号」の入手が必須です。

MNP予約番号を取得することで、現在利用している電話番号をワイモバイルでも引き続き利用することができます。

  • My docomo
  • 電話
  • ドコモショップ

MNP予約番号は上記の3つの方法で入手することが可能です。

ドコモショップの場合は来店して店員さんにお願いしておくだけで大丈夫です。マイドコモの場合にも時間にとらわれず簡単に入手することができます。

電話の場合には、以下の場所に電話することでMNP予約番号を入手することが可能です。

  • ドコモ携帯:151
  • 一般電話:0120-800-000
  • 受付時間:9:00~20:00

ちなみに、電話でMNP予約番号を入手する場合には、あらかじめ紙とペンを用意しておくことをおすすめします。

ドコモからワイモバイルにMNP乗り換えするためのステップ2:ワイモバイルへの契約申込

ドコモでMNP予約番号を入手できたら、次はワイモバイルへの契約申込みです。このワイモバイルへの契約ですが、早めに行うことをおすすめします。

その理由はMNP予約番号の有効期限は15日で、期間内にワイモバイルとの契約が無い場合にはキャンセルとなります。

MNP予約番号は再取得することが可能ですが、面倒ですし早めに契約をすすめるのがおすすめです。ちなみに、申し込む際には以下のものを用意しておいて下さい。

  • 本人確認書類
  • MNP予約番号
  • 本人名義の銀行口座またはクレジットカード
  • 銀行届け印

ちなみに、ネットで購入する場合には本人確認書類、MNP予約番号、クレジットカードのみ必要となります。上記の4つは店頭で購入する際に必要になるものです。

ドコモからワイモバイルにMNP乗り換えするためのステップ3:新しいSIMカードの受け取り

ワイモバイルと無事に契約することができれば、インターネットでの購入の場合、最短で翌日には新しいSIMカードが到着します。

ちなみに、ドコモで使用していた端末を利用しない場合には端末も購入していると思いますが、こちらに関しても翌日には新しいSIMカードと一緒に到着します。

ただ、翌日というのはかなりスムーズに契約が進んだ場合のみです。3日程度は到着までに時間がかかると思っておいてよいと思います。

店頭での購入の場合にはそのままその日に受け取ることができますよ。

ドコモからワイモバイルにMNP乗り換えするためのステップ4:回線の切り替え

店頭であればそのままドコモからワイモバイルへの回線の切り替えを行ってもらうことが可能です。

ですが、インターネットで購入した場合には端末が届いた2日後に自動で切り替わります。ですが、それまで待てないという人も多いですよね。

その場合には、ワイモバイルオンラインストア事務局に一報いれることで、時間指定して回線切り替えを行うこともできます。

【ワイモバイルオンラインストア】

  • 電話番号:0120-200-128
  • 受付時間:10:00~19:00(元旦以外は営業)

ちなみに、回線切り替えのための電話をするなら必ず契約者本人が行って下さい。そうでないと、切り替え手続きを行ってもらうことができません。

回線の切り替えまでおわればドコモからワイモバイルへのMNP乗り換えは終了です、その後は初期設定などを行って下さいね。

ドコモからワイモバイルにMNP乗り換えするときは余裕をもって

ドコモからワイモバイルにMNP乗り換えするのはたいして難しいことでもないと思います。

ですが、ワイモバイルにMNP乗り換えする際には余裕をもって行動する方がよいので、注意点を2点ほど紹介します。

回線開通で契約成立

ワイモバイルへの申し込みをしたらすぐに契約が成立しているものと思っている人もいるようですが、そうではありません。

契約が成立するのはあくまで回線が開通したタイミングです。オンラインショップでワイモバイルに申し込みをしてから回線が開通するまでにはある程度時間もかかりますよね。

なので、そういった点も考慮して申し込みを行うのがおすすめです。

ちなみに、ドコモはいつ解約になるのかと不安になる人もいるのではないでしょうか?

MNP予約番号を入手すると解約になるのかと思う人も多いようですが、そうではなくこれも回線が開通したタイミングで解約となりますので、ご安心下さい。

MNP予約番号の有効期限

先ほどもちらっとだけ紹介しましたが、MNP予約番号には有効期限があるんです。

ちなみに、その有効期限は15日で、有効期限内にワイモバイルの回線を開通させないと持っているMNP予約番号が無効となります。

期限が切れてしまうとドコモが解約になるのかと思うとちょっと不安ですよね。ですが、MNP予約番号が期限切れになってしまってもドコモは解約にはならず、契約が継続されるのでご安心下さい。

そして、有効期限が切れてしまった場合は同じ手順で再入手すれば大丈夫です。

ワイモバイルのオンラインショップでMNP乗り換えする場合、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っていることが契約の条件となります。

有効期限が10日間残っていない場合には再入手が必要となりますので、MNP予約番号を入手したら早めに契約申込みをおこなってくださいね。

まとめ:ドコモからワイモバイルにMNP乗り換えして快適な毎日を

以上、ドコモからワイモバイルにMNP乗り換えする方法をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

乗り換えってなんとなく難しい印象がある人も多いと思います。ですが、実際に手順を見てもとても簡単に乗り換えできることがわかりますよね。

そして、ドコモからワイモバイルにMNP乗り換えするにあたり一番重要なのはタイミングです。あらかじめタイミングを決めておき、余裕を持って行動することでお得にスマートにMNP乗り換えすることができますよ。

ワイモバイルに乗り換えて、お得に快適に無線通信を利用してみて下さいね。

Pocket

スマホの教科書おすすめ情報!
携帯乗り換えならオンラインショップを利用する理由

年々、減少傾向にありますが、携帯乗り換えによるMNPキャッシュバックでお得にスマホの機種変更ができます。その中でもおとくケータイは実績多数で安心、かつ、キャッシュバックも業界の中で最短の2ヶ月とおすすめです。

おとくケータイの紹介記事はこちらをご覧ください。おとくケータイ.netは安心?契約する前に知っておくべき全知識

おとくケータイ公式サイトはこちら


【知っている人だけが得する話】
最新iPhoneや2018年夏モデルなど最新機種の購入で失敗しないために

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

最新機種を予約するなら、必ずオンラインショップを利用しましょう。

オンラインショップなら頭金も0円でかなりお得です。最新機種を最短で手に入れるためにも、まずは予約だけはしておきましょう。

機種を選んで電話番号だけ入力すれば、料金プランなどを確認することができます。(3分程度)

関連記事